民主党の小沢幹事長は13日、広島市で記者会見し、自らの資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件について、衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席し、説明する考えを表明した。

 小沢氏は、政倫審での説明や東京地検の事情聴取に応じる考えがあるかどうかを記者団に問われ、「選挙民、国民の皆さんにしっかりと話をすることによって理解と支持を獲得することができると思う」と述べた。

 自らを含む政治とカネの問題が夏の参院選で政権与党に与える影響については、「(影響を)及ぼしていることは間違いはない」とする一方、「きちんと説明すれば、必ず国民は理解してくれる」とも語り、幹事長続投への意欲を強調した。

ダイヤ鑑定 元社員「一律に甘く」 多い日は100個以上(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>袋の穴を発見できず残念 中井公安委員長(毎日新聞)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
パロマ元社長らに有罪=CO中毒死、執行猶予付き-湯沸かし器事故・東京地裁(時事通信)
初期鳥類、羽ばたいて飛べず=羽根が強度不足―英大学など(時事通信)
AD