2013-02-12 16:59:19

お菓子作文の審査会

テーマ:ブログ
今日は「お菓子作文コンテスト」の最終審査会でした。

全国の小中生から2万つの応募がありました。

小中生の最優秀作文各1つと優秀作文各10つが選ばれました。

私は最優秀の二つの作文を朗読しました。

会場の皆さんが泣きそうになるほどの感動的な作文でした。

一般発表はこれからです。

入選された方にはおめでとうございます。

参加した全ての子供達には感謝です!

photo:01



photo:02



photo:03



photo:04



作文の多くは家族とのふれあいが書かれてありました。

心温まるエピソードが多く、

読んでいて、

優しい気持ちになりました。

おじいちゃん、おばあちゃんとのエピソードも多く、

家族の長生きは子供達に恵みを与えてる実感をしました。

被災地からの作文も多くありました。

お菓子を通して人生を学ぶエピソードが特に感動的でしたね。

これは素晴らしい企画ですね。

毎年続けて欲しいです。

入選された作品は小冊 にまとめられる予定です。

新聞などでお知らせが出ると思います。

機会があったら、

是非読んで見て下さいね。

審査会、お疲れ様でした。



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

アグネス・チャンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

8 ■無題

お菓子は凄く身近なものだから
人それぞれエピソードなり
思いなりそれこそ星の数ほどありますよね。

7 ■人は育てるもの

こんばんは、アグネス!どうやら僕のお母さんも、松山市のカトリックの看護高校をびりながらも面倒見てくれる数学の先生がいて、卒業できたようです。ほっとしますね!作文コンクールだったようですが、人として大切なのは、率直で正直な文章が書けることだと思います。どうしても文章には人柄がにじみ出るものです。僕もお母さんからその点は受け継いだのだと思います。そして、ローマ法王もお疲れのようですが、人の誠を説くカトリックが、発達障害を持つ僕のお母さんを決して見捨てなかった、ということです。僕は退学してしまい、全てを失ったかのようでしたが、人間としての原点、「優しい心」に立ち返るときが来たようです。人は育てるものです。質問を禁じたり悪い評価をするひとたちに医者をやる資格はありません。いや、生きる資格すらないでしょう。子どもやお年寄り、障害のある人たちなどは、敏感に人間の質、魂の質を見分けるものです。学校の先生も本来ならば、その子どもの持つ賜物を見極め、しつこいほどにモニターして一人前になるまで影で見守るものだと思います。僕の関わった先生でも守り抜いた人たちがいるのです!これから何をするのか、誰と生きるのか、どこの土地に住むのか、決まっていないように思われても、がんばって努力をして、何より優しい人であればもう、神に計画されているのだと思います。『春なのに』という歌がありますが、これは卒業の歌です。無事会うべき人たち、会わなければならない人たちと会えますように・・・再会もありますように・・・見捨てていない人たちがいることを実感しています。アグネスも僕が会わなければならない人なのです。ありがとう!

6 ■聴きたいな^^

アグネス♪さんの朗読^^

聴きたいですねぇ♪

♪アグネス♪ママ餃子♪

今日も おかわり♪ですv^^

お菓子と餃子は別腹よ♪

5 ■無題

お菓子と言えば明後日バレンタインデーですね!!

貰って嬉しいチョコレートは市販のチョコレートです!!

オラは今年も貰えないけどね;_;

4 ■お菓子作文是非読んでみたいですね

お菓子作文是非読んでみたいですね。

私もお菓子作りが好きなのでとても関心があります。

お菓子を通じて家族との触れ合いが持てるなんていいですね。

私もこういった作文を励みにしてこれからもお菓子作りを頑張りたいですね。

子供たちの純粋な心が伝わってきそうな企画ですね。

是非これからも続けてくださいね。

明日はいよいよ抹茶のガトーショコラを作りますよ。

オーブンも治ったのでケーキを焼くのも大丈夫です。

出来たらディズニーのタッパーに入れて14日に王将のあの人に渡しますね。

またこれ以外にもいろいろなお菓子を作りたいですね。

まずは杏仁豆腐に挑戦したいです。

16日に南京町に行くのでそのときに月餅を買ってこようと思っていますよ。

美味しい月餅があれば嬉しいですね。

昔横浜の中華街に行った時に月餅を沢山買ってきて女子部の友人に上げたことがあります。

それと中国の陶器の湯のみ茶碗も買ってきましたね。

また横浜の中華街にも行きたいですね。

あの時は従姉妹が美味しいラーメン屋さんに連れて行ってくれたのですがその時に蛙の料理があって食べたかったのですが叔母に引き止められた思い出があります。

小学校の担任の先生が中国の話をしてくれたことがあってその時からですね、中国に関心を持つようになったのは。

高校の時に日中国交正常化になってニュースや新聞を一生懸命読みました。

まだその頃は信仰は持っていませんでしたが、後年日中友好の経緯を知り、感動した覚えがありますね。

韓国もそうですね。

高校時代の友達が在日の子だと分かったり、身近に韓国を感じる機会が多かったですね。

中国も韓国も文化の大恩のある国です。

今はいろんな問題で揺れたりしていますが、根本は変わらないと思いますね。

一時のゆらぎに惑わされずにこれからもアジアの平和のために私もできることをしていきたいですね



3 ■お菓子の作文に涙?

お菓子を通じての家族模様ですね(^o^)/。
二万通の中から選ぶのも大変でしたね~(^o^;)。
いいのが集まりましたか?
機会があったら、読ませていただきま~す。
お菓子を食べながら…(^o^;)。
お疲れさまでしたm(__)m。
(=^ェ^=)

2 ■二万って凄いね

お菓子に関してはみんな話題が多いね世代年代違うとまた違うし
アグネスお疲れ様でした

1 ■無題

御菓子と一言で言ってみても


奥が深いんですね(^^)


家族と食べたり作ったり色々でしょう


作文是非読みたいです

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース