【春の嵐】18日にかけ暴風雨に注意


西日本で激しい雨 18日にかけ土砂災害などに警戒を(4/17)

気象庁によりますと、前線を伴った低気圧が急速に発達しながら朝鮮半島付近を東よりに進んでいて、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本を中心に雨や風が強まっています。

春の嵐03

午後6時半までの1時間には、鹿児島県阿久根市で32.5ミリの激しい雨を観測したほか、午後3時20分ごろには愛媛県四国中央市で26.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

山口県と広島県では一部の地域で土砂災害の危険性が高まり、土砂災害警戒情報が発表されているほか、山口県では川の水位が上昇し、氾濫の危険性が高い氾濫危険水位に達している川があります。

春の嵐02

低気圧は、このあとさらに発達しながら日本海を北東へ進むと予想され、これから18日にかけては東日本や北日本でも太平洋側を中心に大気の状態が不安定になり、次第に雨や風が強まって荒れた天気になる見込みです。

春の嵐01

18日にかけての最大風速は、陸上は近畿、関東、伊豆諸島、それに北海道で20メートル、九州南部と四国、北陸、それに東北で18メートル、九州北部と中国地方、東海で15メートル、海上は18メートルから25メートルと予想され、最大瞬間風速は30メートルから35メートルに達すると予想されています。(引用終了)

(関連記事) 関東 朝の通勤時に雨や風ピーク

東京都心で2日連続の夏日を記録しましたが、西日本を中心に大荒れの天気となりました。関東地方も今夜から雨脚が強まり、翌朝の交通の乱れに注意が必要となります。十分にお気をつけください。

車とバス衝突 1人重傷、22人軽傷 福岡(4/17)
飯塚01

17日午前7時50分ごろ、飯塚市平塚の県道で乗用車とバスが衝突した。衝突のはずみでバスはガードレールを突き破り、道路脇の田んぼに転落した。この事故で乗用車を運転していた20代とみられる男性が骨盤を折る重傷、バスに乗っていた22人が軽傷

飯塚02

警察などによるとバスは貸し切りで、JR桂川駅から福岡県消防学校に向かっていた。学生など約60人が乗っていたという。警察は乗用車がセンターラインをはみ出したとみて事故の原因などを調べている。(引用終了)

九州地方も大雨となりましたが、大雨になる前の朝方、福岡県飯塚市の県道で乗用車とバスの衝突事故がありました。バスは貸し切りバスでして、消防学校の生徒さん22人と、乗用車を運転していた男性の計23人が病院に搬送されました。

生徒さん22人、西鉄バスのナンバーは「522」、乗用車は主人によりますとホンダのオデッセイでナンバーは「・・・8」でした。数字的にも気になっておりますが、問題は消防学校です。

4月2日の「海底火山噴火は近い?!」において、海底火山噴火の夢をみたAさんからのメールをお伝えしましたが、14日にも再び火山噴火の夢をみたそうです。今回は小石が降ってくる程度の噴火状況で、海底噴火とも違うのですが、どちらの夢も日本で間違いないそうです。

消防学校の生徒さんが乗車しているバスが衝突、生徒さんにケガ人、消火できない火災という意味ではないでしょうか。センターラインをはみ出してきたのは、「ナンバー8」の乗用車です。

そして、通勤のために自宅を出た途端、帰宅する直前の2回、サイレンを鳴らした救急車に遭遇した点も気になるということです。

私見ではありますが、北朝鮮による日本本土攻撃はないと思っているのですが、それよりも自然災害です。益々、「火と水(カミ)」の力が増してきます。油断せずにお過ごしください。

AD