動画ニュース(31)

ペルーで複数の洪水、数千人が取り残される(3/18)


南米ペルーの首都リマで17日、豪雨の影響による洪水が発生し、道路が流れの激しい川のようになる中、数千人が取り残される事態が発生した。

ペルー01

大雨が数週間にわたって断続的に続いていた人口約1000万人のリマを含む首都圏では17日朝、複数の住宅が浸水の被害を受けた。またリマと中部を結ぶ幹線道路は、土砂崩れによって所々寸断された。

ペルー02

リマ市内のウアチパ地区では、道路が茶色い激流となって車やトラックをのみ込み、救助隊はワイヤロープを張って滑車で住民たちを避難させた。また北部ラリベルタでは洪水で3人が死亡、2人が行方不明となっている。(引用終了)

隕石か、閃光と爆発音に住民らパニック パキスタン北部(3/17)

北部の町ギルギットと周辺地域の住民が明るく光る物体を目撃したのは午後9時ごろ。物体は夜空を切り裂いて遠くそびえる山々の上を飛んで行ったという。

地元住民の男性は「空がピカッと光り、続いて何度も爆発音が聞こえた」とAFP記者に語った。「自宅の屋根に何かがぶつかった気がして家族と外に飛び出したら、近所の皆も家から出てきた。爆発音で谷全体が揺れていた」

他の住民たちも口々に同様の証言をした。物体が「山の方に消えた」数秒後に爆発のような音が複数回聞こえたと話す人もいた。ソーシャルメディア上にも目撃情報の投稿が相次ぎ、不思議な光を撮影したと画像を投稿する人も複数みられた。(引用終了)

AD