【事故続き】ロシア補給船、打ち上げ失敗

テーマ:


ロシア補給船、大気圏で焼失 ISSへの打ち上げ失敗(12/2)

ロシア宇宙庁(ロスコスモス)は1日、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて同日打ち上げられた無人貨物輸送船「プログレス補給船MS-04」が、発射直後に大気圏中で燃え尽きたと発表した。宇宙旅行の安全性に対する懸念が強まるのは必至だ。

ロシア02

同庁が出した声明によると、同船は何らかの異常が発生したことにより、ロシア・トゥワ共和国にある無人山間地帯の上空約190キロの地点で焼失した。破片の大半は、大気圏内で燃え尽きたという。

ロシア03

同庁はこれに先立ち、プログレスMS‐04がカザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地での打ち上げから6分23秒後に交信が途絶えたと発表していた。

同庁は、打ち上げ失敗により「ISSの通常運用とクルーの生活に影響は出ない」と説明している。プログレスは昨年4月にも打ち上げに失敗し、地球に向かって降下、分解していた。これについてロシアは、同船を搭載していたソユーズロケット側に問題があったとしている。(AFP)

落下していくソユーズの一部




AD