もののけ

昨夜の「金曜ロードショー」で【もののけ姫】を放送してましたね。シシ神の夜の姿が【ダイダラボッチ】です。

「葉月の始まり・・・百合、桃、富士(88)、九重」でご紹介しました30日夜に観た番組内で、「どこかの県でダイダラボッチに関係したお祭りがある」・・・判明いたしました。三重県志摩市大王町波切で行われる「わらじ祭」でした。

もののけ姫02
もののけ姫03

【乙事主(おっとこぬし)】は事代主神(ことしろぬしのかみ))を指すと思われます。事代主神は大国主神の息子にあたります。大王町には烏帽子岩があるので【エボシ御前】にも通じます。タタラ場は出雲ですし、出雲国と志摩国とは地名も共通する点が多いです。

「波切の神様」を見ましても神様のオンパレードでして、古代イスラエル人が海のシルクロード経由でたどり着いた地なのではないかとも思ってしまいます。星神社や春日社もあります。

また、ダイダラボッチ伝説は「もののけ姫」だけではなく「ゴジラ」のモデルだったようですし、志摩の神々はギリシャ神話にも似ているとか?ご紹介しますサイトはとても詳しく解説されていますのでご一読ください~。(映画シン・ゴジラって?)

「三重県志摩市HP」より転載します。

わらじ祭りは古くは「ゆやの祭りと」言われ、三重県志摩市大王町波切(なきり)で毎年9月の申の日に行われる大草鞋を中心とした祭りです。(略)わらじ祭りのハイライトは、わらじを稚児が曳くわらじ曳き神事、わらじを海へ流すわらじ流し神事です。

現在の言い伝えではにダンダラボッチの民話が元になっているとされています。八大龍王に追われて波切にやってきたダンダラボッチが韋夜神(いやのかみ・地域の信仰上では八大龍王の徳叉迦の孫にあたります)に一計を講じられ退散するという物語です。

わらじ祭

≪ダイダラボッチの民話≫

その昔、大王崎の沖、大王島に身の丈三十尺(約10m)一つ目の大男が住んでいたそうな。その一つ目、片足の大男の名は、ダンダラボッチ、またの名をダンダラ法師(ダンダラホーシ)と言い、時々波切里の浜に来ては大風を起こし、大波を起こし娘をさらうわ様々な悪さをしておった。

このダンダラボッチ、その昔、熊野に住んでおり、そこで悪さをしでかしたのか熊野の神様、八大龍王に追われ、この波切の先の島、大王島に移り住んできたそうじゃ。さて、困り果てた村の衆は、産土神の韋夜神さま(いやのかみ)に助けを請うた。韋夜神様は二人の男と一人の娘を使わされたそうな。

あるとき、ダンダラボッチが里に下りてくると、娘が大きな筵を編んでおった。「それは何じゃ」とダンダラボッチが娘に尋ねると、「千人力の村主が履く草鞋じゃ」と答えた。さらに先に進むと、大きな竹篭が於いてあったそうな。

わらじ

実はこの竹篭、魚を入れる大きな魚籠であったわけじゃが、不思議に思ったダンダラボッチは、村人に「あれは何じゃ」と尋ねた。 すると村人は、あれは「千人力の村主の煙草入れじゃ」と答えた。今度は、大きな布みたいなものが干してある。

実は、小魚を捕る大きな網だったわけじゃが、またダンダラボッチは村人に「あれは何じゃ」と尋ねて見ることにした。すると村人は「千人力の村主の褌じゃ」と答えた。

自分より大きな大男が里にいては今まで悪さをしてきたダンダラボッチはどんな罰を受けるかも知れない。あわてたダンダラボッチは一目さんに退散し逃げていったそうな。逃げていった先は桑名とも言われているそうな。

さて、この村人と娘、実は韋夜神の化身だったそうじゃ。村人は、ダンダラボッチが戻って来ない様、毎年九月の申の日に大きな草鞋を流し、波切には千人力の大きな大男がいるぞと脅したそうな。これがわらじ祭りの始まりだそうじゃ。

このダンダラボッチ、波切で悪さをしでかした名残が、港の入り口にある、烏帽子岩。うんこだそうじゃ。また、大きな足跡を残し、港の魚市場付近には足跡の付いた岩があったそうな。

「巨人伝説ダイダラボッチ(水木しげるアニメ)」より
ダイダラボッチ02

≪出雲国と志摩国の対比表≫

(→の左が出雲国、右が志摩国≫

◎須賀→須賀(波切)、須賀社(磯部)
◎意宇(おう・ダイダラボッチがいた地域名)→和具大島、老、大里、横山
◎桧山(地域名)→磯部町桧山・浜島町桧山路
◎上迫子川→迫子川
◎新羅(ダイダラボッチが引き寄せた土地)→鳥羽市白木町
◎岩倉(地域名)→鳥羽市岩倉町
◎赤崎(地域名・松江市、米子市に多い地名)→鳥羽市赤崎町
◎石部神社(元出雲系の神社)→石部(磯部の古名)
◎沓掛(石部神社のあるところに見られる地名)→沓掛(磯部町)
◎魚切→魚切(波切の飛鳥時代における地名)
◎片田(松江市西忌部町)→片田(志摩市志摩町)


他には、「波切の神様たち」「波切の信仰と神事」「波切の神様たちと小説・アニメ」「ギリシャ神話と志摩の神々」が掲載されていますので、ご興味のある方はご覧ください。

AD