食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:


ファンタジーといえば、小野不由美さんの「十二国記」シリーズのファンですが、なかなか続編が出なくて寂しい思いです。
ここではないどこかの世界を舞台に壮大に描く物語は、作家の想像力の偉大さに感服してしまいます。ワタシたちの生きているこの現実ではない世界で、人のようで人でない者たちが、うつつと背中合わせになったような社会を築き、特殊能力を使いながら、ワクワクするような冒険を見せてくれ、そして人としてのあり様を、作家さんの持つ哲学をもストーリーに織り込んできます。すぐれたファンタジー小説を読んで心を遠くに遊ばせるのは、本当に楽しい事です。
 
こちらの「八咫烏シリーズ」は、まだ若い作家さんで、なんと20歳で本作をもって「松本清張賞」受賞という快挙をとげたということ。色々な方のレヴューを拝見すると若さゆえの「物足りなさ」があるというご意見も見受けられますが、そうだとしてもこの世界観の構築は素晴らしいと思います。烏に変身できる人たちの住む高い山に築かれた住居や朝廷の描写、平安時代を思わせるきらびやかな姫たちの衣装、韓ドラ時代劇のような(個人的好み(^-^;)権力争いなどなど、とても楽しい読書でした。

「烏(からす)に単(ひとえ)は似合わない」
八咫烏一族の宗家の若様のお妃選びが行われます。ある名家の姫君の視点からストーリーが語られ、可憐で美しいこの姫君に感情移入しながら読み進みました。この可愛らしい姫様が選ばれるといいのだけど、、、。ラストで、ある種のどんでん返しが!あっ、と世界が裏返ったような気分になりました。作家さんにやられましたね(^-^;

「烏(からす)は主(あるじ)を選ばない」
こちらは続編ですが、前作のお話の続きではありません。同じ時間軸の物語を別の人物の視点から、語ります。先のストーリーでは、肝心の若様がほとんど登場せず、お妃選びをする本人が出てこないでどういうこと?、という疑問が解消され、朝廷での権力争いが重層的に示されて、登場人物の色々な謎が明かされていくミステリー仕立てのお話がまた、楽しい。前作でのあの出来事の裏はこういうことだったのね、という作りがなんとも面白いです。

この二編は続けて読むのがオススメですね!
崖から飛んで烏に変身して羽ばたいてゆく、八咫烏一族の人々としばしのお遊び、いかがです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


友人が貸して下さりました!ありがとうネ
素晴らしく面白かったですよ。さすが本屋大賞受賞作です!

強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるがー!?厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまるー。(「BOOK」データベースより引用


主人公のヴァンも犬に噛まれて謎の病を発症するが、なぜか治癒し生き残り、その時から不思議な力が自分に宿ったことを自覚します。ともに生き残ったユナとともに、トナカイや飛鹿(ピュイカ)を飼育して暮らす若者トマの家族と合流して森での暮らしが始まりました。

もともとヴァンは飛鹿乗りの一族でしたので、飛鹿と深い絆を作り育てていくやり方をトマの一族に教えてゆきます。この森の暮らしの描写の素晴らしいこと、飼育する動物たちへかける愛情とそれに応える動物たちの信頼。森に繁茂する植物の様子、季節や天候、狩り、採集。自然にそって生きる人々、飛鹿を一生懸命育てていく若者たち。
ヴァンのイメージは、ほどなくヒュー・ジャックマンになってしまい(笑)、自分の脳内ではこの王国の山の中を自在に駆けるヒューの顔をしたヴァンが、住みついてしまいました。

また、もう一人の主人公、オタワル王国のホッサルという若き医術師がこの謎の病黒狼病の治療法を求めて活躍をします。アカファ王国とツォル帝国、そしてオタワル国という複雑な歴史と政治的駆け引きを背景に、物語は進んで行きます。

征服者と被征服者、古くから住んでいた土地を追われた民たち、新しく移住してきた民たちとの軋轢、そういったものが生み出してしまった不幸な出来事がだんだんと読者の前にも明らかになり、ヴァンとホッサルの進む道がいつしか出会った頃には、、、。

自分もそこに住み暮らしているような、そんなどっぷりとこの世界観に浸かった読書となりました。本を読んでいない時にも、ふと、ああ早くあの国に帰りたいなどと、故郷を思うよな郷愁を感じたりして(^-^; 

長編でもあり、登場人物も多く複雑でしたので、一度読み終わっておおむね頭に入ったところで、再度読み直しに入りました。誰がどんな身分で出身がどこだったか、なかなか一度目では覚えきれなくて(笑)、頭も固くなれば二度読んでなお、面白くなれるといったところです。
読み応えのある素晴らしい物語でした!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


「鹿の王」が2015年本屋大賞1位に選ばれて、今注目の作家さん。本屋大賞受賞作品は、自分結構読みたくなる率高いです。「鹿の王」は、もしかすると友人が貸して下さるかも知れない情報があり、お待ちすることに(笑)
ということで、先に文庫版が出ているものから読むことにして、本作だ。

どんなお話か全く先入観なしに読み始め、たちまちトリコ
ジャンルとしては、ファンタジーであり、架空の時代の架空の国での壮大なストーリーである。魔法使いや天使は出てこないけれど、大蛇のような闘蛇や、狼かライオンのような体に羽をもつ王獣という動物が出てきて、ヒロインの女の子が深く関わり、それがこの国の政りごとや行く末に影響していく。
読書中の心は、この異世界に飛んでいき、現実のうさを忘れて楽しめること請け合い(^-^;


Ⅰ闘蛇編、Ⅱ王獣編の2冊で一応ストーリーは完結しているが、その後の物語としてⅢ探究編、Ⅳ完結編、さらにⅤ外伝が出ている。早速、本日近所の本屋さんに立ち寄ったのであるが、なんとⅣが売り切れ(T-T) で、さっき楽天さんでクリック!してしまいました(笑) シリーズものは、はまるからコワイー。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


Episode6 図南の翼
Episode8 黄昏の岸 暁の天
Episode5 不緒の鳥
Episode7 華胥の夢

はまりっぱなしで、もう各冊二度ずつは読み、それでもなお十二国記の世界観に浸りたい欲望が消えない自分(笑) いやー、こんなに面白い読書は久々、というかかつてあっただろうか?

「図南の翼」
恭国にはもう20年以上王様が不在なので、国は荒れ妖魔が出没し民の中でも特に貧しい者は身を守る術もなく、被害が甚大だった。麒麟は蓬山にいるが、王を見つけられない模様。そして、王になる自信のある者たちが麒麟のいる蓬山を目指す昇山の日が来て、その中にわずか12歳の少女・珠晶の姿もあった。この珠晶が小生意気でエラそうで、幼いのに王になろうとする無茶な行動に周りの大人たちは驚かされるが、実は世の中の矛盾に深い疑問を抱き、国を立て直す責任を背負おうとしない大人たちに呆れ、恭の民としての義務を果たそうと立ち上がった、ジャンヌ・ダルクみたいなハンサム少女なのだ。「風の万里 黎明の空」は本作より90年後の物語になるが、その中で恭国女王としての珠晶が登場しており、なかなか厳しい威圧的な王様ぷりを発揮している。その登極時を物語る本作では、珠晶の王としての資質を存分に知らされて、リーダーとはかくあらねばならぬ、という素晴らしい物語。また、「東の海神 西の滄海」に登場したキャラが一人、意外な姿で現れるのも嬉しいところ。

「黄昏の岸 暁の天」
これは、泰国の泰麒と王様が行方不明になってからの物語で、自分すでに講談社版文庫で読了済みなのだが、新潮文庫版が発売されたので、もちろんまた購入(笑) だって、山田章博画伯の別バージョンの表紙画が見られるものね!こちらは凛々しい李斎のお姿を拝めるし(^-^)
蓬莱(倭国・現代の日本)に流された泰麒を戻すために各国の王様や麒麟たちが協力する様が描かれ、さらに十二国の世界の決まりごとやタヴーなどが分かって来てますます面白さが増すというもの。

「不緒の鳥」
短編集、全四編が収められていて、そのどれもが素晴らしい、人の営みの深みを描いていて何度読んでも飽きさせない。何をもって人は生きてゆくのか、人として生きるのに何が必然なのか。十二国の世界で生きる民のお話なので、不条理な掟や王命などに従わされたり、独特の風習や文化があっても、現代の我々が生きているこの現実世界でも同じ人の心や苦悩に共感する。まことに大人の楽しめる小説である。
どのお話についても語りたい(笑)けれども、きりが無いので一つだけ、「落照の獄」では、「死刑制度」についての話。なんの罪もない人々を二十人余りも殺し、果ては八歳の少年の持つ十二銭を奪って殺した極悪人を巡って、遺族や民は死刑を望み、だがここ柳国には王が死刑禁止を定めた法がある。刑罰を決定する役職にある男の苦悩を緻密に描き出している。極悪人に死刑を望むのは本能、しかして人を殺したくないと避けるのも特殊な者を除いては本能。ここで王が決めた死刑廃止に従わざるを得ないのであれば、また簡単なのだが、最近この国の王はおかしいのだ。お伺いを立てても「任せる。」としか仰せにならない。法治国家として名をはせた優秀な王様だったのに。120年ほど国を治めたら、どうやら飽きてしまったらしい。王様にやる気がないと、やっぱり国は傾く。この国ももう荒れ始めている。そんな状態で、死刑執行してしまったら、この先歯止めが利かなくなり極刑の嵐が吹き荒れる国になる可能性もある。と、主人公の男は思い悩み、犯人の男に会ってみようと思うのだが、、、。
本当に何度読んでも、(他3編も同様に)示唆に富む心に深く残るお話だ。

「華胥の夢」
こちらも短編集で全5編が収められている。
こちらは、長編に登場するキャラクターたちのその後、とか、他国の王様のお話などで、十二国の世界観の補強をできるこれまたファンにはたまらない物語である。
これまた語り始めたらきりが無いのであるが、自分としては才国が気になるところ。悪い王様に抵抗していた若き俊英が麒麟に選ばれて新王となったものの、政ごとは上手く運ばず、国はちっとも良くならない。あげくの果てに麒麟が失道し、王は苦悩のあまりとんでもないことに手を染める結果となった。で、次に王様になったのが、若き前王の叔母にあたる黄姑という老婦人。この才の女王様は、「風の万里 黎明の空」で海客の鈴が助けを求めて訪れた王宮で会った人物。鈴が会った時には、才国はすでにかなり落ち着きを取り戻している様子で、黄姑は民に慕われている徳のある王様と書かれている。この時点で即位後20数年くらいと思われるが、そんな短期間で国を建て直したとは、いったいどのような善政をしいたのか、大変に興味があるというもの。いつかこの国の顛末も読ませてもらいたいものだなあ、、、(夢のまた夢かな(^-^;)

ああ、語れば本当にきりが無い(笑) お付き合いありがとうございました!

おまけ
あんまり楽しいので、景王陽子さまに遊びにいらして頂きました。
「王様、よくいらして下さいました。」
「Agneau、今日はお招きありがとう。礼を言う。」
「いえいえ、なんのおもてなしもできなく、、、。」
「お礼に何か望みを叶えよう。何がよいか?」
「では恐れ多くも、、、あのう泰麒はその後、どうなりまして?
「・・・悪いがそれは言えぬ。今しばらく待つように。」
「かしこまりて。」

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
  
 

十二国記シリーズの販売中のものはすべて読了しまして、ただ今二巡めの読書中(笑) このシリーズは定期的に読み返すファンが多いと聞いておりますが、2度目の読書はまた格別です。最初の新鮮な面白さはもちろん最高ですが、すべて読み通して十二国の世界観を色々と知った上で、また読むのも実に楽しいものがあります。この後も再読を重ねるごとにまた発見がありそうで、このシリーズは古本屋行には決してならない自分の愛蔵書になること決定ですね!

「東の海神 西の滄海」は、雁国の物語。延王尚隆と延麒六太が誓約を交わし、荒れた国土を立て直してゆく初期の頃のお話です。

「魔性の子」新潮文庫では、”エピソード0”と位置付けられています。「蝕」で日本に流された戴国の泰麒の物語。

「風の海 迷宮の岸」流された泰麒が戻ってきて泰王を選定するまでのお話。

「黄昏の岸 暁の天」 こちらは近日中に新潮文庫で発売予定ですが、待てなかったので(^-^;既刊の講談社の文庫版をネット購入。「風の海・・」の続きです。
そして、戴国がこれからどうなったのかの続きがまだ出ていなく、ファンは10年ほども待ち続けていると。現在執筆中との話もありますので、楽しみなことです。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
Episode1 月の影 影の海 上・下
Episode4 風の万里 黎明の空 上・下

この高名な人気作、「十二国シリーズ」の事はもちろん知ってはおりましたが、なかなか手が出ませんでした。ファンタジー部門は、特に好きでも嫌いでもないのですが、まあちょっとおとぎ話的な気もしてしまったり、、実際は「ハリー・ポッター」にしても「指輪物語」にしても、とても読み応えのあるどっしりした名作なんてすけどね。

で、本作ですが新潮文庫にて新装版がしばらく前から刊行が始まり、現在短編集を交えて10冊ほど出ています。以前から、書店でチラチラと見ながら迷っておりましたが、ついに決断致しました!そして、はまりました(笑) 最初に2冊買いましたが、その次に書店に行った時は残り全冊大人買いです(^-^; 

以前からのファンの方々には、なんだ今頃と鼻で笑われそうですが、自分としましてもなんで今まで読まなかったかと後悔しきりではあります。しかし、シリーズかなりのものが既刊なので、手元に沢山あり、読んでも読んでもまだある、という大変至福の時を過ごすことができました。ウフフフフ


この世ならざるどこかに、12の国土に分かれた世界がありまして、それぞれの国は天命を受けた麒麟に選ばれし王様に治められています。麒麟は動物園にいるキリンではなく、キリンビールのラベルにあるような聖獣でありふだんは人の形をとり不思議な力を持っています。そんな各国でおきる平穏ではない出来事を描いた壮大な物語。

「月の影 影の海」では、日本の女子高生・陽子が王様に選ばれてしまい、迎えに来た麒麟とともに訳も分からないまま、十二国の世界に連れて行かれ、そしてはぐれてしまいたった一人で敵と戦いながら、ついに王様の地位に就くまで。
「風の万里 黎明の空」は、王位に就いたものの国の事情もまだ理解できず頑迷な官僚たちの意のままになるしかない景王・陽子が、王たるものの為すべきことを民の間に交じって学びながら成長し、国を平定するまで。

沢山の魅力的なキャラクターが登場しますが、陽子を助けてその信頼を得るネズミの姿をした半獣・楽俊が自分のお気に入り 将来、犬か猫を飼うことがあれば、楽俊の名前を貰おうと考えています(^-^) 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アーシュラ・K・ル=グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ゲド戦記全6冊セット

ル=グウィンのSFは幾つか読んだことがあったけれど、この高名なファンタジーは未読だった。アニメの「ゲド戦記」を話題にした事から、親切な友人が貸してくれたもの。ついでに「ナルニア国」も貸してくれたので厳しい現実を忘れて、夢ある世界にしばし浸ろうか*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 友人は「ハリー・ポッター」もあるよー、と。魔法の世界から帰って来られなくなりそ~(^_^;


「ゲド戦記」もさすがに大変面白く、一気読み。人生を生きるための示唆に富んだお話しで、やはり子どもの頃に読んでもっと正しく生きる術を学んでおけば良かったか。自分のイケナイ部分、暗~いカゲの部分と、どう対決するのか。ソレを克服してこそ、偉大な大(賢)人になれるのね。封印してある自分のイケナイ影、育ってないだろな、心配ー。ま、限度超えて酔っ払いさえしなきゃ、だいじょーぶ(笑)、、、かな? 


夕食:鶏ソテー、サラダ。

飲物:Pinot Noir 2003 D. Laurent

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール【2003】(赤ラベル)ラ・トープドミニク・ローラン  赤いラベル。

夜食:ロックフォール、ポテチ鶏塩(たしかに焼き鳥味)

反省:決断を恐れグスグズしていたら、大変なコトに~。それは・・・拷問のような歯痛(T-T) ひー、こんなに痛いなんて。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)