食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

料理研究家・東海林明子先生の本の第2弾が発売。

お酒好きの東海林先生らしく(笑)、お酒のおつまみがたくさん。眺めているとお酒が飲みたくなってくる(ように先生、狙ってるのね)本である。自分の周りの酒好きは、みな面白くて楽しい人間ばかりなんで、東海林先生もきっとそんな人間の一人に違いない、とふんだ。


食べて飲んで観て読んだコト-牛蒡のサラダ 本の中から、今回自分の作ってみたものは「ゴボウのささがきサラダ」 レシピのミツバを買い忘れたので(^_^;、代わりにアサツキの小口切りを散らしてみた。セロリ、生ハム、ゴボウと生姜風味のマヨネーズがいい感じ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャッキー リゴー, 立花 洋太
ブルゴーニュワイン100年のヴィンテージ―1900‐2005

ワインはもちろんなんでも好きだけどね、特に好きなのはブルゴーニュの赤ワイン!なかでもコート・ド・ニュイのものが好きだな。ワインを飲み始めた頃は、渋めのワインが良くてブルゴーニュワインは酸っぱいから嫌だと、思っていたのが不思議なくらいだ。でもそれはやっぱり、美味しいブルゴーニュに出会ってから、ブルゴーニュのエレガントな魅力に気づいてからのこと。今では、「重いワイン」が好きという人に、ピノ・ノワールの優雅な香りに開眼してくれないかな、と「転向」に力を入れる自分である(笑)


こういう本は、仕事上にも必要といえば必要かも知れないけど、けっこう楽しみで読んでるコトが多い。まずは、自分や家族の生まれ年とか、古い時代のビッグ・ヴィンテージ。それから、近年の自分もワインを扱う者として、経験してきた年の検証。これを読んで、そうそうあの年はこんな気候だったんだな、などと記憶をたどって思い返すのも楽しい。


この本の下敷きになっている資料はかの偉大な造り手、故アンリ・ジャイエの醸造日記というのも、魅力。



夕食:カキフライとムニエル。シーズンなので。
賄い

連ドラ:ダンナのお気に入り「チェオクの剣」。時々一緒にみて、わりと面白いストーリーと思えどはまるほどでは。今週金曜日から始まる「チャングム完全版」の方が楽しみ。またみるぞ(笑)

反省:正月休みをはさんで発注遅れ少々。ライ麦粉切れ、コーヒー切れ、空ビン回収依頼も忘れてビン庫が満杯であふれそうだー(T-T)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今日はワインを飲みに行こう

今日はワインを飲みに行こう

札幌でワインを美味しく飲める59店を厳選

(エムジー・コーポレーション発行 ¥1500)


という本がでましたー。
カザマのページ ウチの店も載せて貰いました。顔写真はダンナです。撮影日、床屋直後で良かった~(笑)

牡蠣のグラタン、シャンパン・ソースの写真が美味しそうです(でもコレはたぶん1月のメニューかな)。


ところで、このブログでよく書いている「シャンパーニュの会」。これは、ワインを愛するマダムたちの親睦会、、、いや飲んで食べて喋り倒す会なんですが、同会メンバーのマダムたちのお店が全部掲載されていました!なんだかとても嬉しいです(^-^)

さて、どれどれがメンバーのお店でしょうかー。探してみてねー。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おいしいもの たべようよ

おいしいもの たべようよ 東海林明子 共同文化社


テレビや新聞などでご活躍の料理研究家の東海林明子先生の初著。

東海林先生と初めてお会いしたのは、3,4年前か、佐藤のりゆきさんのテレビ番組でチーズのテーマの時にちょびっと出して頂いた折に、TV局のスタジオ隣の調理室で準備していた時だった。軽快なベリーショートのヘアスタイルがカッコ良くて、気さくに話しかけて下さった東海林先生はとても印象に残ったのである。

東海林先生  本のページの東海林先生。


当店にいらして下さった時も変わらず、ステキな東海林先生。ある時、息子さん(とてもイケメン、ご著書によると、ピザなんかをささっと作ったりする料理上手でもあるらしい)といらして「本を出したので、息子がそのお祝いをしてくれるのよ」と、おっしゃったのだ。息子さんは大変親孝行でもある。


この本は、お料理のレシピはもちろんのこと、東海林先生の人となりもわかる。テレビなどでファンになった方にはとても楽しいものだろう。

さて、自分も早速この本をパラパラと見て、「カラフルきんぴら」を作ってみた。ピーマンと白滝も入れるのだけど、白滝なかなか美味しい(^-^) 

キンピラ  きんぴらでワインを飲むのも好き。


夕食:豚肉生姜焼き、きんぴらゴボウ、フキとさつま揚げの炒め煮、あげとワカメの味噌汁

飲物:Chateauneuf du Pape 1990 ドゥヴィル家 まろやかな熟成感もあり、まったり濃くて、きめ細かく強いタンニンと南仏らしい甘味。

【ドゥヴィル】Chateaunuef du Papes [1990]シャトーヌフ・デュ・パブ

反省:ふふーん、躁状態が続いて、反省するコトなし!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)