食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

ゴールデンカムイ

2016年マンガ大賞を受賞作。

ということもあり、前々から読んでみたいと思っていて、年末に立ち寄ったレンタル店にて1巻から11巻までまとめ借り(^-^; おかげで楽しいお正月休みとなったものデレデレ

 

北海道の先住民族アイヌの暮らしや文化を非常に丁寧に描いているという事も話題になっていて、それも興味深かった。物語の時代背景は明治末期、日露戦争の後で二〇三高地の戦いを経験した復員兵たちや北海道各地の監獄に収容された囚人たち、開拓民、アイヌ民族など様々な人々が登場する。

復員兵の一人、「不死身」の異名を持つ杉本佐一は戦死した親友の妻の病を治すための金を得ようと北海道に砂金採りに来たが、アイヌが隠した莫大な埋蔵金の噂を聞きつける。埋蔵金のありかを網走監獄を集団脱走した囚人たちの身体に入れ墨として描いた図面があり、全員の入れ墨を集めるとその場所が判明するというものだ。杉本はヒグマに襲われた時に助けてくれたアイヌの少女アシパと知り合い、彼女の父親が金塊を集めていた一人であり、金塊を奪いに来た者に殺されたという話を聞いた。そこで二人は協力して奪われた金塊を探すことにした。

 

というような、流れなんだけど、まず各々のキャラクターが個性的な奴らばかりで本当に面白い。

特にアシはまだローティーンの可愛らしい少女なんだけど、幼いころから父親に連れられて山で狩りをしてきた凄腕の猟師だ。彼女がアイヌの狩りや料理、文化を(我々読者にもわかりやすく楽しく)杉本に教えてくれる。鹿や熊やキツネやリス、山鴫(も!)などなど色々な動物を獲ってさばき、皮から肉、骨まで余さず食べたり利用したりする。肉を叩いてすり身状にしたチタタプを煮込んだ汁ものオハウを野外で作って食べるシーンなどあまりにも旨そうだ。食事への感謝の言葉「ヒンナ」を言いながら食べる楽し気な風景が頻繁に出てくる。

 

そんなアイヌ文化を中心に当時の北海道の厳しい開拓時代を描きつつ、金塊にとらわれた荒くれものどもの血みどろの戦いが物語の中心だ。入れ墨を背負った囚人たちと第七師団の軍人たち、そして実は生き残っていた(!)新選組副長・土方歳三が永倉新八とともに金塊争いに絡んでくる。波乱万丈、荒唐無稽、変態男たちも山ほど出てきて、残虐な殺し合いもてんこもり、だがしかし、とてつも無く面白い!

 

心のすさんだ元兵隊や囚人たちが、天真爛漫で狩猟の達人、自然とともに生きる強いアイヌの少女アシパと触れ合ううちに、だんだんと人が変わって来るのも愉しいところである。

まだまだ先が長そうな物語、オバサンの楽しみも一つ増えたなニヤニヤ

 

 

ダンナの食事当番: アムシペのオハウ(笑)

毛蟹の甲羅汁。テレビで見て美味しそうだったのでと、ダンナが作ったもの。味噌仕立てでバター風味、大根が入ってあっさりめでなかなか美味しかった。

「ヒンナ、ヒンナ!」デレデレ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

面白いマンガはないかねー、と物色していた所に今年のマンガ大賞受賞作のニュースが飛び込んできた。なんでも小説家志望の女の子が主人公だと。テレビでちらりと見た限りでは、地味な見かけのヒロインだ。どんなお話かそれ以上の予備知識は無かったけれど、書店の平棚で見つけたので、とりあえず1巻と2巻を購入。なんといってもマンガ大賞受賞だし、ハズレはしまい。

 

はい、昨日残りの3~6を大人買い(小さいけど)、はまって一気読みして、娘(30代最後)と妹(50代最後)と姪っ子(20代)にもオススメした次第(笑)

娘に何が面白いのかと問われ、「キャラだ。」と答える。いや、ストーリーもむろんの事ではあるけれど、

こんなキャラクター見たことない、初めての、つまりそれを日本語ていうと「破天荒」ってやつね。

 

ネタバレなしでオススメするから、どうぞ真顔 ←マジ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本での活躍を描く「BG」完結巻!!!
雪祈が小さな頃から目標としてきた日本一のジャズクラブ「So Blue」。
病欠ピアニストの代打でそのステージに上がった雪祈は、全身全霊で演奏しようとする。
その結果、「So Blue」での大・玉田・雪祈トリオのライブが実現することに。
すべてが大きく動き出そうとしていた
その時ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(裏表紙より引用)

 

宮本大がサックスと出会い、自分の全てをサックスに注いでいく人生を熱く描く本作は、読む方も大の演奏に耳を澄まし(聞こえないのだけども聞こえるのだ)、捉われてしまう、ジャズの魅力を伝えてくれる。何も分からない所から大が一人で練習し、師や仲間と出会い急激に成長していく「日本編」が10で完結。

サックスの大とピアノの雪折、ドラムの玉田のトリオは、次第に注目を集めついに「So Blue」でのライブが決まり、その前々日の夜、その時-------!

って、作品紹介文とおんなじ文章書いてしまったけど(^-^;、本当にその時、その瞬間のショックといったらなかったのよΣ(゚д゚;) 

思わず「そんなーっ!!」と、絶叫して、同じ部屋で昼寝をしていたダンナを驚かせたもの(笑) ここへ来て、そんな展開、作者もあんまりというもの。あんまり過ぎるので、もちろんこれから読む方のために具体的には書けないが、もう泣けますね(T-T)

 

で、大はさらに自分のジャズに磨きをかけるために、日本を飛び出し外国へ。

これが、新展開の「ブルージャイアントシュプリーム」編の始まり。右も左も分からぬ外国で、自分のサックスを聴いて貰うために孤軍奮闘する大にハラハラしながらの。

ああ、本当に面白い!

 

 

なにげに書店に寄ったら、この2冊が並んでいて、10の方には完結と書いてあるし、どうなってるのかとレジに持って行って若い書店員さんに聞いてみた。

「成長編が完結して、今度は外国編が始まってその1冊目がこちらですよー。」と教えてくれて、「これ面白いですよねえ!ワタシもまだ読んでないんで、早く読みたくて照れ

 

意見の合う書店員さんにレジ打ちして貰えて良かった。

こんな事でも嬉しいマンガ好きの自分なんである(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
最近ネットで結構沢山の本を買い込んでしまったので、読むものには事欠かない。
なので毎週買い出しに行くスーパーマーケットの2階にある書店には行く必要がナイとは思ったのだが、つい習慣で(というかひょっとして好きなコミックスの新刊が出てないかなと思い)寄ってみたら、見つけたのが本書だ。
 
これが出版されたという話は何かで見ていたのだが、ふーん、というくらいの反応。
大ヒットしたマンガであるし、連載当時もちらちらとは読んでいた。大ヒットしたドラマの方は、あんまり見ていなかった。
でももちろん、どんなにこのマンガもドラマも人気があったかは知っている。ストーリーもなんとなく分かる。カンチとリカのお話し。ドラマは織田裕二と鈴木保奈美だったよね。たしか真顔
 
ということで、その日、その時、その場所で、他に買うものも無かったので、つい購入してしまったといわけ(^-^;
 
50歳になったカンチとサトミのご夫婦。シングルマザーのリカ。離婚調停中の三上。
といったあの時、青春を共有したみんながオジサン、オバサンになって登場。
そしてなんとカンチとサトミの娘さんとリカの息子さんがお付き合いしていて結婚したいと言って来ることから、みんなが再会することになる。
 
50歳になっても、昔と変わらずリカに振り回されるカンチだけど、50歳の皆さんはまずまずいい感じの大人になっていて、読後感は大変爽やかでありました。25年前のコトもあれこれ思い出されて、懐かしい気分になったことだ。
 
懐かしいと思う人が多いのか、さっきネット書店をチェックしてたら、どうやら紙の本の方はただ今品切れ中らしい。重版出来の印刷待ちであろうか。電子版は販売中ですよ!
またしてもヒットを飛ばした柴門センセイですね音譜
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

「波よ聞いてくれ」は札幌が舞台のご当地漫画。というのでどれどれと「1」を購入して、当然のごとくはまった自分。「ご当地」の部分もなかなかに楽しめるが、むろん天才的な絵の上手さとストーリー、科白廻しの妙にはこたえられない。舌なめずりしながら味わえる漫画だな!

「波よ聞いてくれ」1の過去記事はこちら。

 

「2」のストーリー展開のラストシーンにはこれからどうなるのだという、ちょっと引いた部分もあるにはあったが、待望の「3」を手にして、やっぱりまたもや盛り上がる。さらに「1」から読み返してみて、なるほど、こんな所に伏線もあったんだな、と細かい所まで復習だ(笑)

 

今回も、色々と科白廻しを楽しんだが、主人公のミナレが自分のいい加減なキャラを嘆いている中で個人的に受けたのがコレ。

    「 どうしても

     ペアにならない後家くつ下が

     タンスの中に

     10足以上あるし」

自分の所有する仕事用靴下は、黒ばかりで沢山あるのだけど。黒といっても買った時のそれぞれで微妙に生地の風合い、色具合が違うから履くときはもちろんペアで履きたい。洗濯をして干して乾いた靴下たちをペアで揃えるのが大変。両手に一つずつ持って見比べて、、、なのに、いつの間にか相手のいない後家靴下が増えていく、、、、何故に?えー

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


マンガに関わる人々の超骨太人間ドラマ!
「マンガ」は、漫画家だけのものじゃない。
編集者、営業、宣伝、製版、印刷、デザイナー、取次、書店員…。
数えきれないマンガの裏方たちのリレーで、読者の手に届くもの。
そう、裏方の熱き想いがあるからこそ「マンガは売れる」んです!
マンガに関わる一人ひとりの人間ドラマをぐいっと描く本作、
全ての仕事人へのエール漫画です!!!
(楽天ブックスの商品説明より引用)



4月に始まって6月に終わったテレビドラマの「重版出来」、観たいと思っていたのに見逃してしまった・・・。主人公は黒木華、他にもオダギリジョーや松重豊、要潤などなど好きな俳優さんたちが目白押しだったのに~
と、ガッカリしていたのだが原作のマンガがあるコトに気が付いて、1~7巻までのコミックスを大人買い(^-^; 最近大人買いが続いて、おこずかいが無くなってマス(T-T)
ドラマの方は、10月26日にDVDがリリースと知って、カレンダーに○印付けたしね!楽しみ~

で、原作のこのマンガ、相当面白いのであった。
紹介文に「超骨太人間ドラマ」とあるが、確かにドラマは深い。色々と深くて感動もあれば、苦しみもあり、喜びもまた。
でね。絵がまた太いんだな!線が骨太!
このマンガの前に森本梢子「高台家の人々」を読んでたから、なおさら! 太い!
線の数も多くて、時々ナニが画いてあるのかよく分からんくらいだけど、それがまた味わい深いというか。とにかく、深いよー

なにせ1~7巻まで一気読みだから、色々な登場人物、エピソード、どれもキャラ立ちといい、ストーリーといい、面白くて大満足。

それでね、一つ思う所があり。主人公の黒沢心ちゃんなんだけど、柔道でオリンピック目指してた女の子が怪我で挫折して諦めて、出版社に入ってマンガ雑誌の編集者になりました。
ってお話しで、熱血かつ心優しくかつ大喰らいの魅力的な黒沢、新人なんだけど仕事をそりゃー上手く熱血でこなしていくのね。新人の段階でこんなに仕事を上手く乗りこなせるなんて、出来すぎでしょーが。まあ、そりゃね。マンガだし、主人公だし、お仕事マンガの側面もあるし、いや出来て文句もないのだけど。今からこれじゃあ、黒沢心の将来は「伝説の名編集者」ってコトなんだろうねえ。

いや本当に文句なく楽しんだのを前提として。
マンガ作成に付きものの「ネーム」を見て評価するシーンがふんだんに出てくる。新人マンガ家やデビュー前のマンガ志望の人たちが持ち込みする「ネーム」を黒沢ちゃんが担当して、ここがもう少し、とかここをこう直したらどうでしょう、とかアレコレ言うのだけど、こういう評価は新人でも出来るものなんだろうか。いや、編集者じゃなくても、かなりのマンガ好きなんかでも分かるものだろうか。お話の中でも、マンガを書いてる人が、自分のマンガのことは分からないけど他人のマンガのアラは良く分かる、なんて言ってたしね。
黒沢ちゃんも、かなりのマンガ好きなようで、編集者になる前からマンガを愛していて詳しいようだが、こういう人が編集者の立場になったら、正しくネームを評価できるものなのだろうか。

いやいや、マンガだから。そういう設定だから。そうだよね。
いや、そうなのだろうか。コドモの頃からのマンガ好きとして、マンガ雑誌の編集者ってやっぱり憧れの職業の一つであったしね。うーん、そっちの道に進む努力していたら、どうだったろうか(笑)
ホント、この太いマンガは、余計な(楽しい)ことを考えさせてくれるワ!
☆5コ付けちゃお(笑)


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
最近、気になっていたコミックスがあり2冊をamazonで取り寄せた。
一つは、「重版出来」。6月に終了したドラマの原作マンガで、ドラマも観たかったのに、いつの間にか開始していて見損なっていたもの。
もう一つが、本作「高台家の人々」。こちらは映画化されてただ今上映中。ちょっと観たい気もするが、迷っているところ。

森本梢子作品といえば、どれも大ヒットマンガだけれど、「ごくせん」には、はまったものだ。全冊購入したうえ、何度も読み返した(笑)
それなのに、最近とんとご無沙汰で、本作のこともチットモ知らなかった。映画のことはテレビでチラチラと見たが、原作が本書ということも気づいたのが最近のコト。とりあえず、コミックスの①を購入してみた次第。
そして、当然はまったので、昨日書店に出向き、発行済の②~⑤まで大人買い、、、ってほどの冊数じゃないんで、良かった(笑)

妄想が趣味の地味系女子・平野木絵はニューヨーク支社からやって来た超イケメン社員・高台光正に突然食事に誘われ、驚く。実は光正には、ある特殊な能力が!それは光正の妹と弟にも---(コミックス裏表紙の紹介文より引用)

わりと他愛ないほのぼのラブ・コメディなんだけど、この主人公・木絵の妄想がはんぱナイ。何度大笑いしたコトか(´∀`) (`∀´) (´∀`) (`∀´)  
さすがに森本梢子作品!昨日購入後から読み始め、今朝はダンナ健康診断の検査があり、朝食抜きであったため、朝ごはんの支度不要を幸いに目覚めた直後から読み続け、朝から爆笑しつつ、⑤まで読了。まだお話しは続くようだが、コミックスはおそらく来年の発売だろう。この淋しさの穴は、同じ森本梢子作品の「アシガール」で埋めようと決心したのである。今日、書店に走る自分が目に浮かぶ。

人間、たまには爆笑して、ナニカ辛いことを忘れて乗り越える必要あり。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


じゃんぽ~る西さんのコト、覚えているゾ!
2008年の4月にパリの迷い方というコミックスを読んだ。
読んだ年まで分かるのは、ブログを書いてるおかげ(笑)
パリの迷い方の記事は、こちら↓
http://ameblo.jp/agneau/entry-10085357653.html

パリの迷い方では、漫画家で独身青年である西さんが、漫画の研究のためパリにしばらく滞在した時のことを漫画にしたもの。カルチャーギャップ満載の楽しい漫画である。一番はフランス人の挨拶であるところのビズに関するもの。自分の琴線にもその話題が触れたとみえて、過去記事でも書いてあった。

さて、その独身青年であった西さんが、いつの間にか結婚されていた!しかもフランスの女性と。さては、パリ在住が長くなり現地の方とご縁ができたのかと思ったが、違った。帰国して日本で知り合ったフランス人キャリアウーマン(ちょっと年上)とご結婚されたのであった。

その家庭内でのカルチャーギャップ、それは主に(ビズを含む)愛情表現について。
奥さまから受ける愛のコトバ、愛の触れ合い、褒め言葉にとまどいまくる、じゃんぽ~る西さんが、可愛くて笑えます(^-^)

テュエ スーペー!(あなたは素晴らしい!)
テュエ ジニアル!(あなたはすごい!)
テュエ ボー!(あなたはかっこいい!)
こんな風にいつも言ってくれるんだそう・・・・。良いような、わずらわしいような(笑)

可愛い息子さんも生まれて、自宅が仕事場の西さんは、奥さまが働きに行ってる間は子育ても一生懸命。シアワセね、西さん

本書でこんなフランス語を教えて貰った。
barbe de 3 jours バーブ・ド・トワ・ジュール
「3日間伸ばした髭」という意味で、無精ひげみたいなのを生やしている男性がとても多く、フランスではこの「3日ヒゲ」が流行っているらしい。映画などで、こんな感じのヒゲ男性を見ることはある。イケメンがこのヒゲだと、大変にセクシーである。と、自分は思う。濃すぎるのはなんだけど、このくらいのヒゲけっこう好きである(^-^; ウチのダンナにもヒゲを生やして貰いたいのであるが、、、。
ダンナも無精してヒゲをそっていない時もあるが、3日どころか10日たっても、うっすらとしか生えてこないヒゲ。ヒゲの薄いオトコで残念である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


札幌ご当地ものマンガとしても、傑作の部類に入るに違いない、という予感(笑)

札幌3大祭りとは、
1.北海道神宮祭
2.シティジャズ
3.裏参道夏祭り


まあ、他にも色々楽しいお祭り、全国的に有名お祭りはあるけれども、この選もなかなかヨシ!
だが、自分、どれにもほとんど参加したコトが無いのが寂しい 札幌人の風上にも置けないかもしれないが、いずれ山ほどヒマを抱えた老後という人生最後のきらめきの時が来たら、思う存分参加をしたいと夢見ている

本書にて主人公が言及するのは、裏参道夏祭りについてである。確か今年は、7月12日(日)の開催と聞いている。主人公は、ジュピターで安ワインを1本買って、それを飲みながら全屋台制覇にチャレンジした、と語っていた。実に楽しそうである。自分の意見を付け加えるなら、ワインはウチのお取引先である、寿屋さんでも買って欲しい。もっとも自分がお勧めするまでもなく、寿屋さんもお祭り当日の売り上げは素晴らしいものがあるのだろうと思うけれども。ウチにワインの配送に来る社員さんが、夏祭りがコワイと先だって武者震いしておったものだし(^-^;

ご当地ものといっても、それは自分が札幌人だから先に言及したというもので、本編自体もかなーりの面白さ。魅力的キャラのヒロインはじめ、コミックス1巻めにして、ひとくせもふたくせもあるサブキャラ続出。
ストーリーはというと、鼓田ミナレ25歳は札幌のスープカレー店VOYAGERのカリスマ店員。ある日失恋して飲んだくれて、隣にいた客にグチを言っていたところ、ラジオ局のチーフディレクターだったその男にグチを録音されて番組のコーナーで流されてしまった。カレー店ではBGM替わりにこの局の番組を掛けていたので、これを聞いたミナレは怒り心頭でオンエア中のスタジオに乗り込んで行き、、、

次巻を楽しみに待つマンガシリーズのリスト入り確定!早く続きが読みたい~

PS 本編中に、あまりの辛さに泣き出したコドモをあやすために、VOYAGER三大不人気メニューを解説して笑いを取るシーンがある。どんなメニューかと思っていたが、意外なところにそのメニュー解説を発見!本書をお手に取った方は、ぜひお見逃しなく
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



鎌倉を舞台に、4人姉妹と周りの人々の人情、暮らし、恋、仕事が等身大に描かれています。
吉田秋生といえば、「バナナフィッシュ」や「夜叉」などアクション系のマンガで大好きなんですが、「海街」は普通の日本の人々のお話。ガンファイトも超能力もありませんが、人と人の関わりにぐっときて涙することもしばしばな自分です(^-^;

10月に一泊二日のプチ旅で鎌倉の散策を楽しんで来ましたが、帰宅後「海街diary」を再読しまして、実際に見てきた風景が漫画のコマとともによみ返り、さらに楽しい読書となりました。いつか湘南に住んでみたいものです

腰越の「しらすや」さんでしらすを直送してもらい、自宅でもしらす丼を頂きました。

しらす丼

姉妹が大好きな「鎌倉カスター」というお菓子も買ってきました。これ美味しいですよ~

鎌倉カスター鎌倉カスター

鎌倉散歩の様子は、ホームページの「KAZAMA'S旅日記」に載せてみました。おヒマな時にでも、遊びにいらして下さいね(^-^)

鎌倉散歩
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。