食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:
 
最近ネットで結構沢山の本を買い込んでしまったので、読むものには事欠かない。
なので毎週買い出しに行くスーパーマーケットの2階にある書店には行く必要がナイとは思ったのだが、つい習慣で(というかひょっとして好きなコミックスの新刊が出てないかなと思い)寄ってみたら、見つけたのが本書だ。
 
これが出版されたという話は何かで見ていたのだが、ふーん、というくらいの反応。
大ヒットしたマンガであるし、連載当時もちらちらとは読んでいた。大ヒットしたドラマの方は、あんまり見ていなかった。
でももちろん、どんなにこのマンガもドラマも人気があったかは知っている。ストーリーもなんとなく分かる。カンチとリカのお話し。ドラマは織田裕二と鈴木保奈美だったよね。たしか真顔
 
ということで、その日、その時、その場所で、他に買うものも無かったので、つい購入してしまったといわけ(^-^;
 
50歳になったカンチとサトミのご夫婦。シングルマザーのリカ。離婚調停中の三上。
といったあの時、青春を共有したみんながオジサン、オバサンになって登場。
そしてなんとカンチとサトミの娘さんとリカの息子さんがお付き合いしていて結婚したいと言って来ることから、みんなが再会することになる。
 
50歳になっても、昔と変わらずリカに振り回されるカンチだけど、50歳の皆さんはまずまずいい感じの大人になっていて、読後感は大変爽やかでありました。25年前のコトもあれこれ思い出されて、懐かしい気分になったことだ。
 
懐かしいと思う人が多いのか、さっきネット書店をチェックしてたら、どうやら紙の本の方はただ今品切れ中らしい。重版出来の印刷待ちであろうか。電子版は販売中ですよ!
またしてもヒットを飛ばした柴門センセイですね音譜
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

agneauさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります