食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:
白糠産エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み、サフラン風味の焼きリゾット添え
 
こんにちは、カザマです。
時々、賄いで有名店の袋入りラーメンを食するのですがね。「純連」とか「白樺山荘」とかそういうブランド・ラーメンです。ワタシとしては、「彩未」のラーメンが結構好きです。醤油も味噌も美味しいです。しかし、ここの実店舗にまだ行ったことが無いのですよー。いつも行きたいなあ、店舗で食べればもっと美味しいのだろうなあと熱望しております(^-^;
 
賄いラーメンの具材は、チャーシュー、メンマ、煮卵の3点は欠かせませんが、いつも市販品のものを入れてました。もっと美味しいチャーシューを食べたいなあと不満でしたので、手作りすることにしました。便利な家電を手に入れたものですから(^-^) 
「電気マイコン圧力鍋」です。昔から手抜き好きなワタシですが、煮物が早くできる圧力鍋も愛用しておりましたけど、重いし、古くなり蒸気が抜けるようになったので、昨年捨ててしまいました。で、電気圧力鍋なるものを新聞の広告で見つけて「これだ!」となったのですよ。これでチャーシューが簡単にできました。その汁に茹で卵を漬けて、煮卵もできました。今のところチャーシューしか作ってないので、使い勝手がどうかはまだまだ判断できませんが、ネットで\12000台で買えたので、この値段ならまずまずです。なお、新聞広告の価格より安かったですよ。最安値化とニヤリ
手作りチャーシュー入り賄いのラーメンです。
 
 
さて、店のメニューの煮込み料理はもちろん手抜き一切ナシです!
本日のご紹介は、白糠産エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み、サフラン風味の焼きリゾット添えです。
おなじみ白糠町の馬木葉さんより、骨付きすね肉を仕入れています。いったん肉を骨から外し、赤ワインに漬け込みます。赤ワインが浸みたところで、肉の表面を焼いた後、骨と香味野菜とともに漬け込んだ赤ワインで時間を掛けて、柔らかくなるまでじっくりと煮込みます。骨からの旨みも出てきておりますね。
 
当店では、「ブフ・ブルギニヨン」(牛肉の赤ワイン煮込み)が定番料理になっておりますが、冬季間のエゾ鹿狩猟シーズンは、このエゾ鹿の赤ワイン煮込みでご用意致します。牛肉と違って脂肪分の少ない鹿肉ですが、この赤身肉は大変しっとりと煮あがっておりますよ。脂身からくるとろりとした食感はありませんが、赤身肉の旨みが凝縮した味わいを楽しんで頂けます。
冬の美味、エゾ鹿肉をぜひお試しください!
 
白糠産エゾ鹿すね肉の赤ワイン煮込み、サフラン風味の焼きリゾット添え
アラカルト¥2000
ランチA¥2100・B¥2500・ディナーA¥4000の主菜としてもご賞味頂けます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

agneauさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります