食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

新年恒例、三吉神社に初もうで

 

明けましておめでとうございます門松

最近、何事ものんびりモードなので、新年のご挨拶も2日になってしまいました(^^ゞ

お天気も穏やかで暖かなお正月ですね。皆様におかれましても、良いお正月をお過ごしのことと拝察申し上げます。

 

ワタシは31日からお休み体制に入りまして、お昼には母と出かけてまずは「年越し蕎麦」を頂きました。これを済ませておきませんと、長生きしたい母が残念がりますのでね。ワタシとしましても母には長生きして貰いたいですから、31日の第一目標に挙げておきました(笑) あとは、お正月の食材や和菓子など買い込み、母宅での夜の宴会に備えます。宴会といいましても、母とダンナとワタシの3人のささやかなものです。今年のメインは毛蟹でしたが、楽しく過ごして早めにお開きし、残りの時間は自宅で紅白を見ながらウタタ寝というシアワセなひと時(?)を過ごしました。

 

明けて、新年。再び、母宅に出向き新年のご挨拶を交わしお雑煮を頂きましてから、恒例の三吉神社に参拝に出かけました。

最近、新聞の下の方で見た本の広告に、神様にお願いを申し上げる時には、「住所・氏名」を言わないと神様はどこの誰か分かりません、というような事が書いてありました。どなたさまが言ってることか分かりませんが、住所・名前を言ってお祈り、お願いをするなんて初めて聞きましたが、今回つい試してみました(笑)。ですが、なかなか混み合っており、お参りの長い行列ができている中、お賽銭をあげ二礼、二拍手、一礼をして、心の内でごにょごにょ住所や名前を言ってるだけで結構な時間が掛かります。後ろの方に悪くて、肝心のお願いがものすごく簡単なものになってしまいました(^-^; これでは本末転倒ではないか。神様は、住所や名前が無くとも分かって下さるものと信じたいです。

おみくじは、ワタシが「末吉」、ダンナが「吉」と出まして、まあ可もなく不可もなくというところでしょうか音譜

 

さて、お楽しみはこれから。

恒例の元旦の映画鑑賞です。今年は、「バイオハザード:ザ・ファイナル」にしました。このシリーズは全て観てきておりますし、そもそもゲームの「バイオハザード」も好きで昔はよくプレイしていたものです。本作でアリスともさようならという事らしいので、観ないわけには参りません!

元旦とあって、映画館(ユナイテッドシネマ)は物凄く混んでました。座席指定のチケットは手回し良くネットで購入してあるので慌てませんが、生ビールを持って入りたいダンナは大慌てです。先にスクリーンに向かったワタシは、階段の上から眺めると売店の前は物凄い人だかり、列が作れず隙間なく人がいます。人間にたかるゾンビの群れさながらです、失礼!ともかくも、かき入れ時に大賑わいの商業施設を見るのはいいものです。景気がいいですよね(^-^)

映画の感想は、また次の機会にしまして。

 

ダンナは先日某所で、愛用の帽子を失くしてしまったとのことで、サッポロファクトリーに来たので新調しようとお買い物に行きました。気に入った帽子に、手袋も買いましたが、元旦セールのために思っていたよりぐーんとお安く買えてゴキゲンです(^-^) 

ですが、貰った福引券ではハズレのポケットティッシュのみで、相変わらずのくじ運の無さですねえー 一等の5万円が当たれば、新しいソファを買いに行こうかとすぐさま夢を見ていたのですが、5分で夢破れましたー(笑) 購入済の宝くじを調べるのも、怖いですね!

 

「凱風快晴」

そして今日、ワタシは「あっぱれ北斎!光の王国展」を鑑賞しに行きました。

愛読している宇江佐真理さんの代表作「髪結い伊三次捕物余話」シリーズにも北斎が登場しています。時代もの好きの自分には、江戸の風景や人々の様子を北斎の絵で見るのも楽しみでした。丁度最近読んだ「髪結い伊三次」中の北斎は南蛮渡来の藍色の絵具を絵師の修行中の伊与太(伊三次の息子)に見せてくれていたのですが、その絵具を使った濃い藍色が美しい絵を沢山見ることができました。

「神奈川沖浪裏」

お正月に似合う美しい富士山で、目の保養ができましたね(^-^)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

agneauさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります