食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

白糠産エゾ鹿ロース肉のポワレ、フランボワーズ・ヴィネガーのソース

 

こんにちは、カザマです。

あまりにも早い雪の訪れに、樹木も準備が間に合わなかったみたいですね。まだ銀杏の樹も黄色がかった緑の葉を付けたまま、雪の中に立ち尽くしています。積もった真っ白の雪が少し溶けてシャーベットのよう、その上に葉が散らばって美味しそうなかき氷みたいに見えてなりません(^-^; いつにない景色の冬の始まりですね。

 

 

本日のご紹介は、白糠産エゾ鹿ロース肉のポワレ、フランボワーズ・ヴィネガーのソースです。

北海道のジビエといえば、エゾ鹿が筆頭に挙げられるでしょうね照れ カザマでは白糠町のハンターさん集団兼解体所の(株)馬木葉さんよりエゾ鹿を仕入れております。解体の処理の良いエゾ鹿の肉は臭みなど全く無く、赤身肉のため脂肪分が低くヘルシーですが、パサつくことも無く柔らかでしっとりした肉質です。牛肉の脂肪の甘みの旨さとはまた違った、肉本来の鉄分を感じる旨みがあります。シーズンにはぜひ新鮮な鹿肉をお試しくださいね!

 

ロースの部位を使ったエゾ鹿のポワレを、フランボワーズ(木苺)・ヴィネガーの甘酸っぱい味わいのソースでお召し上がり頂きます。赤身肉に相性の良い組み合わせですよ。真狩産の根菜をはじめとした甘みと旨さを増してきた冬野菜やキノコなどをたっぷりと添えて仕上げました。美味しいです音譜

 

白糠産エゾ鹿ロース肉のポワレ、フランボワーズ・ヴィネガーのソース

アラカルト ¥3800

ディナーC¥8500のお肉料理としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

agneauさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント