食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:
Episode1 月の影 影の海 上・下
Episode4 風の万里 黎明の空 上・下

この高名な人気作、「十二国シリーズ」の事はもちろん知ってはおりましたが、なかなか手が出ませんでした。ファンタジー部門は、特に好きでも嫌いでもないのですが、まあちょっとおとぎ話的な気もしてしまったり、、実際は「ハリー・ポッター」にしても「指輪物語」にしても、とても読み応えのあるどっしりした名作なんてすけどね。

で、本作ですが新潮文庫にて新装版がしばらく前から刊行が始まり、現在短編集を交えて10冊ほど出ています。以前から、書店でチラチラと見ながら迷っておりましたが、ついに決断致しました!そして、はまりました(笑) 最初に2冊買いましたが、その次に書店に行った時は残り全冊大人買いです(^-^; 

以前からのファンの方々には、なんだ今頃と鼻で笑われそうですが、自分としましてもなんで今まで読まなかったかと後悔しきりではあります。しかし、シリーズかなりのものが既刊なので、手元に沢山あり、読んでも読んでもまだある、という大変至福の時を過ごすことができました。ウフフフフ


この世ならざるどこかに、12の国土に分かれた世界がありまして、それぞれの国は天命を受けた麒麟に選ばれし王様に治められています。麒麟は動物園にいるキリンではなく、キリンビールのラベルにあるような聖獣でありふだんは人の形をとり不思議な力を持っています。そんな各国でおきる平穏ではない出来事を描いた壮大な物語。

「月の影 影の海」では、日本の女子高生・陽子が王様に選ばれてしまい、迎えに来た麒麟とともに訳も分からないまま、十二国の世界に連れて行かれ、そしてはぐれてしまいたった一人で敵と戦いながら、ついに王様の地位に就くまで。
「風の万里 黎明の空」は、王位に就いたものの国の事情もまだ理解できず頑迷な官僚たちの意のままになるしかない景王・陽子が、王たるものの為すべきことを民の間に交じって学びながら成長し、国を平定するまで。

沢山の魅力的なキャラクターが登場しますが、陽子を助けてその信頼を得るネズミの姿をした半獣・楽俊が自分のお気に入り 将来、犬か猫を飼うことがあれば、楽俊の名前を貰おうと考えています(^-^) 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

真ダチと帆立貝のムニエル
真ダチと帆立貝のムニエル、柑橘果実の香り

こんにちは、マダム・カザマです。
ここのところ、思いもよらない降雪の被害にあっている地域が多く、TVのニュース映像を見ても驚きの連続です。早くおさまると良いですねー。
本日休日で、ご近所にチーズとワインを買いに出ましたが、強風と雪で歩くのも大変!早々に帰宅して引きこもり中(^_^; 晩御飯は、チーズフォンデュの予定です


オススメの前菜を一つ、ご紹介いたします。真ダチと帆立貝のムニエル、柑橘果実の香りですよ!タチ(鱈の白子)も冬の味覚ですね。寒くて真っ白の世界には、とてもお似合い(^_^; 熱々どとろける様なタチの味わいは寒い日により美味しく感じられるかも知れませんね。表面をカリリと焼き上げて香ばしく香るタチ、中はとろーり、まったりとコクのある旨さです。甘い帆立とともに、魚貝の美味の競演です。焦がしバターにデコポンの果汁をぎゅっと絞り実も飾りました。まろやかなバターと柑橘の爽やかな酸味でお楽しみ下さいね

真ダチと帆立貝のムニエル
真ダチと帆立貝のムニエル、柑橘果実の香り
アラカルト¥1400
ディナーB¥5800の前菜としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エゾ鹿のポワレ
白糠産エゾ鹿ロース肉のポワレ、甘酸っぱいカシスと赤ワインのソース

こんにちは、マダム・カザマです。
ソチ・オリンピックもメダル獲得の日本人選手が出てきて盛り上がって来ましたね!スノーボードの15歳の平野選手はなんともカッコいい滑りでお見事でした スノボを始めるチビッコたちもますます増えることでしょうねー。ワタシも一度スノボをやってみたいと思いながら、もうこんな年になってしまいましたが、仕事を引退したらやってみたいです。現役中は、骨折して仕事を休むはめになるのが怖くてできないんです(笑)


さて、ディナーC¥8400のお肉料理、白糠産エゾ鹿ロース肉のポワレ、甘酸っぱいカシスと赤ワインのソーをご紹介いたします。
冬の猟期は白糠産のエゾ鹿をメニューに載せますが、ぜひ季節の味わいとして沢山の方に楽しんで頂きたいですね。先月のエゾ鹿料理とはまたスタイルを変えまして、エゾ鹿の鉄分を含んだ赤身の肉の風味に良く合うベリーのソースに致しました。カシスの実とリキュール、赤ワインを使った甘酸っぱさのあるソースがエゾ鹿の味わいを引き立ててくれますよ ぜひ、お試しくださいね。

エゾ鹿のポワレ
白糠産エゾ鹿ロース肉のポワレ、甘酸っぱいカシスと赤ワインのソース
アラカルト ¥3800
ディナーC¥8400のお肉料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仔羊のメダイヨン
石田めん羊牧場産仔羊ロース肉のメダイヨン、マスタードと赤ワインのソース

こんにちは、マダム・カザマです。
雪まつりの頃にいらっしゃる遠来のお客さまが今年もみえました。ロシアからのご夫婦です。ご主人が少し日本語をお話ししますが、ワタシはロシア語は一つも分からず、英語も通じないので、いつもご注文を伺うのは大変です。でも今年はタブレットの助けを借りることが出来ました!以前にトリ肉はあるか?と聞かれた記憶があったので、山ウズラをお勧めしてみようと思いました。ウズラという日本語は分からないと言われたので、タブレットでウズラのロシア語を検索してお見せすると、無事ご注文となりましたー 良かった、良かった、タブレットさま、ありがとう


ディナーC¥8400のお肉料理をご紹介します。二種類からお選び頂けまして、その一つが足寄町石田めん羊牧場産仔羊ロース肉のメダイヨン、マスタードと赤ワインのソースです。石田さんの仔羊はサウスダウンという種のもので、優しい羊の香りが良くて、噛みごたえが心地よい弾力があり噛んでじわじわと旨みが出る美味しさを持ちます。骨付きロース肉の部位を用いまして、骨から外した肉をくるりと巻いて丸い形(メダイヨン)に整えて焼いております。薄く肉の残った骨も焼いて添えています。骨際の肉も美味しいですからね!粒マスタードの香りの赤ワインソースで、どうぞ。

仔羊のメダイヨン
足寄町石田めん羊牧場産仔羊きロース肉のメダイヨン、マスタードと赤ワインのソース
アラカルト ¥4200
ディナーC¥8400のお肉料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

オマール海老のカダイフ
カナダ産活オマール海老のカダイフ仕立て、パプリカの香り

こんにちは、マダム・カザマです。
さっぽろ雪まつりのお客さまもけっこういらしてますねー(^-^) とっても暖かそうな分厚いコートを着てらっしゃるのですぐ分かりますよ(笑)
しかーし、首都圏の雪の影響で飛行機が欠航、ということでご予約がキャンセルになったり日時が変更になったり、色々と大変です ご旅行の皆さまも大変ですよね。お天気の回復をお祈りします!

前記事の続きです。
ディナーC¥8400のご紹介です。前菜の次は、コンソメ・スープまたはオニオングラタン・スープのいずれかお好きな方をお選び下さいね。
そして、お魚料理はカナダ産活オマール海老のカダイフ仕立て、パプリカの香りをご用意しております。カダイフとは、小麦粉でできた素麺みたいな細い生地で、衣のようにして素材に巻きつけて揚げたりします。サクサクパリパリした食感が楽しいですよ。今回はオマール海老の身に巻きつけてカリリと焼き上げました。海老の風味とカリカリしたカダイフの香ばしさはとっても相性良いですねー(^-^) パプリカのピュレにオレンジの果汁とオリーブオイルを加えたソースを添えています。パプリカの甘青い香りとオレンジの柔らかな酸味がまた、このカダイフに合うんですよ!ぜひ、お試しください~

オマール海老のカダイフ
ナダ産活オマール海老のカダイフ仕立て、パプリカの香り
アラカルト ¥3200(要ご予約)
ディナーC¥8400(要ご予約)のお魚料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フォアグラの包み焼き
フォアグラ、黒トリュフ、アーティチョークのパートフィロ包み焼き、ソース・ペリグー

こんにちは、マダム・カザマです。
早速の日本人選手の活躍もあったソチ五輪ですが、皆さまもう寝不足に陥っているのではありませんか~(^-^; ワタシはといえば、開会式も観たかったのですが、つい 睡魔には勝てませんでした、残念。

雪まつり見物とみられる道外からのお客さまもお見受けするこの頃、週末、そして祝日もありますし、牡蠣やムール貝、仔羊、エゾ鹿、そして道産ワインも色々とご用意して北海道の美味を楽しんで頂こうと思います

今月のディナーC¥8400のメニューですが、お客さまにお出ししているのを見ていると、とても美味しそうで~、ワタシもお客さまになれるものならと思ってしまいます(笑) そしてボリュームもたっぷりに見えます。雪まつり見物などで沢山歩いて、うんとお腹を減らしてお越し下さい!

では、ディナーのお料理を順番にご紹介して参りましょう。
一皿目は、なんといきなり海の幸盛合せプラトです。通常のアラカルトよりは量を抑えてありますが、それでも牡蠣、ムール貝、アサリ貝、ずわい蟹、甘えびのフリット、マリネと少しずつ全部乗ってるんですよ!

そして、次に温前菜です。フォアグラ、黒トリュフ、アーティチョークのパートフィロ包み焼き、ソース・ペリグーです。
フォアグラの包み焼き
パンチェッタにソテーしたフォアグラとアーティチョーク、トリュフをのせてくるりと包みます。全体を薄い春巻きの皮のようなパートフィロで包んで、外側をパリパリになるように焼き上げます。とろりとしたフォアグラや、ほんのり甘くてほくっとしたアーティチョーク、パンチェッタの塩味にトリュフの香りが混然一体となってますねー。周りにはトリュフを刻んだソース・ペリグーを添えています。・・・・やっぱりお客さまになりたいです(^-^;

フォアグラの包み焼き
フォアグラ、黒トリュフ、アーティチョークのパートフィロ包み焼き、ソース・ペリグー
アラカルト ¥2500(要ご予約)
ディナーC¥8400(要ご予約)の前菜としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブイヤベース
ブイヤベース・マルセイユ風

こんにちは、マダム・カザマです。
いよいよソチ・オリンピック開幕ですねー 帰宅後のTV観戦が忙しくなりそうです 寝不足が心配ですが(笑)、見事な技とスピード、鍛え抜かれた選手たちの躍動を存分に楽しみたいですね

さっぽろ雪まつりの方も開幕ですが、本当に寒いですね。観客の皆さまは充分暖かくまかなってお出かけのことと思いますが、風邪を引いたり転んだりしないよう、くれぐれもお気を付け下さい。ワタシ? ワタシは雪まつりもTV観光でいいです(^_^;

さあ、カザマでも周年謝恩まつりの開幕中です
2月限定謝恩メニューのブイヤベース・マルセイユ風¥1989もオススメです
早速、召し上がって頂いた二人の美人お客さまにご紹介して頂きますね(^-^)
マダム「お待たせしましたー。ブイヤベースです~(^-^)」

ブイヤベース
「わあ!美味しそう~
「フタを開けたら、いい匂い~

ブイヤベース
「海老や貝やお魚がいっぱいー。」
「わたり蟹や魚のアラでお出汁とってるんですってー。」

ブイヤベース
「ニンニクをぬって焼いたメルバトーストを割ってスープに入れちゃうわね!」

ブイヤベース
「あー、チーズ!わたしチーズ大好き~。グリュウイエールチーズね!スープに入れて溶けたところを頂くと。。。美味しい

ブイヤベース
「わたしはルイユも入れようー。これはニンニクとじゃが芋のピュレとトウガラシが入ってるんですって。スープに入れると、わあ、また一段とまろやかなお味に(^o^)」

この後、お二人は黙々と言葉も無く、召し上がって下さいました(笑) なので以上で解説は終わりです。ご協力ありがとうございました
お好きな前菜と組み合わせたり、ディナーA¥4000に追加してシェアしたり、「牡蠣尽くし¥2500」と謝恩メニューを存分にお楽しみ頂いたり、お客さまそれぞれの召し上がり方で、どうぞ(^-^)

ブイヤベース・マルセイユ風は、ディナーB¥5800のお魚料理としても、お出ししています。

ブイヤベースブイヤベース
まず、スープ・ド・ポワソンをお出ししますー。メルバトースト、チーズ、ルイユも入れてお楽しみ下さいね。

ブイヤベース
その後、皿盛りで魚貝の方をお出ししますよ(^-^)

2月限定25周年謝恩メニュー ブイヤベース・マルセイユ風 ¥1989(要ご予約)
ディナーB¥5800のお魚料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

牡蠣のワイン蒸し
2月限定謝恩メニュー「牡蠣尽くし」!

こんにちは、マダム・カザマです。
昨日の予告どおり、牡蠣尽くしのご案内を致します

ただ今、カザマでは厚岸の溝畑さんの牡蠣とサロマ湖産の牡蠣をご用意しております。さっぱりツルツルの喉越しが快感の溝畑さんの牡蠣と、塩分と旨みしっかりのサロマ湖産の牡蠣、どちらも美味でどんどん出るので、売切れがちになるのがいつも心配です(笑)
この美味な牡蠣を、色々な味わいでお楽しみ頂ける牡蠣尽くしセットを2月の謝恩メニューと致しましたよ。牡蠣好きは、集え!でございます(^-^)
では、詳細をご紹介いたしましょう~。

殻付き生牡蠣
まずは、なんといっても殻付き生牡蠣(3個)です。厚岸とサロマ湖がミックスになりますので、食べ比べをどうぞ。レモン、エシャロット・ヴィネガーで。

牡蠣のワイン蒸し
殻付き牡蠣の白ワイン蒸し(3個)です。ストーブ社の鉄鍋で玉葱と白ワインで蒸し上げます。牡蠣から出たお出汁と玉葱の風味があいまって牡蠣の身はもちろん、スープもウマウマですー。

牡蠣のチーズ焼き
のチーズ焼き(3個)。剥いた牡蠣にコクテルソース(トマトベースのちょっとピリ辛)、パンチェッタ、グリュイエールチーズを乗せてサラマンドルで焼きます。ソースとチーズが牡蠣に合って、殻にたまった汁もまたウマウマ~(笑)

牡蠣のフラン
最後に、昨日ご紹介しました牡蠣のフランで〆です。色々な牡蠣の味わいをご堪能下さいね

2月限定25周年謝恩メニュー 牡蠣尽くしセット ¥2500(要ご予約)
■ディナータイムのみのご用意となります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

牡蠣のフラン
牡蠣のフラン、牡蠣とムール貝のノルマンディー風

こんにちは、マダム・カザマです。
2月がやって参りました。黙っていてもやって来るものですが、ちょっとひとこと言ってみたいものですね。
寒いよ。寒すぎるよ(-ー; 道が氷だよ!滑るよ・・・。
ふーー、今朝は危うく転びかけましたよ(笑)
そんな愚痴を言ってる間にも時は流れ、さっぽろ雪まつりにソチ・オリンピックと、賑やかになってまいりました。オリンピックのTV観戦が楽しみですねー


さてさて、今月もお料理紹介を始めましょうね。なるべく沢山フログにアップて゜きるようにワタシも頑張りますので、皆さまも見ていて下さいね!
カザマの牡蠣のシーズンも佳境に入って参りました。今日のご紹介は、みんなが大好きな牡蠣のフランですよ!牡蠣をピュレにして、卵とクリームを加えて蒸したものです。なめらかでふんわりした舌ざわりに牡蠣の風味と旨みがやさしく溶けていきます。牡蠣の蒸し汁とお魚出汁をベースにしたクリームソースを添えて、ムール貝と牡蠣の白ワイン蒸しとともに盛り付けます。
生牡蠣も美味しいですが、お料理した牡蠣も楽しいですね

さて、カザマ25周年の2月限定謝恩メニューは、牡蠣尽くし¥2500です。生牡蠣や調理した牡蠣をセットにしてお楽しみ頂けますよ! 詳細と画像は明日のブログ記事でご紹介します

牡蠣のフラン
牡蠣のフラン、牡蠣とムール貝のノルマンディー風
アラカルト¥1400
スペシャル・ランチ¥3200の前菜としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)