食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

当ブログに、何か美味しいものを探しに来られた方には大変申し訳ない記事を続けて書かせて頂きます。元々個人的な記事を綴るブログに表の顔のレストラン記事を合体させたものだから、こういう類の記事を書くときには自分でも不都合を感じます(笑) 書きたいコトをちょっとばかり遠慮してしまうもので、軒を貸して母屋を取られた状態に陥っておりますね(^-^; またいずれ、ブログを分離しようかなーと思いつつ、とりあえず続行中!


さて、前記事の変態的な巨人漫画の次は、ゴキブリ漫画です。ゴキブリ嫌いな方なら、本書に触れるコトもままならないかも知れません。それほど見事な、素晴らしい、まるで肉体を研ぎ澄まされたオリンピック選手のようなゴキブリが多数登場です。

火星を人類が住める場所にしようとある種の苔とゴキブリを放った火星改造計画。ゴキブリの繁殖力の強さと黒さを利用して、火星を黒くし、太陽熱を吸収して火星の温度を上昇させ、最適な状態になったら、出向いてコキブリを駆除し、人類の星にしようという壮大な計画です。さて、遠目から見ても黒い星となった火星に、西暦2599年、選ばれし15人の若者達は重要任務の遂行を期待され、有人宇宙船『バグズ2号』に搭乗し、火星へと向かう。かの地で彼らを待つ、想定外の進化を遂げた生物の正体とは…!?(amazonより引用)
ゴキブリは進化し、人間サイズにでかくなり、知能も持ち、信じられないほど強くなっていました。駆除するどころか、ほとんどの乗組員たちはこてんぱんにやられあっさりと殺されてゆきます。彼らも、ただの人間ではない。昆虫の特性を利用して、尋常ならざる能力を持った改造人間たちだったのにもかかわらず、、、、

という、超ゴキブリ対超人類たちの戦いの物語です。小ちゃくても、気味悪い忌み嫌われるゴキブリがその生命力の強さはそのままに、かしこく大きくなったら、人間など適いません。昆虫の力をプラスした改造人間でさえ、そうやすやすとは勝てないくらいです。という設定の面白さに加え、画の素晴らしさ、そして、昆虫の知識も得られるという、虫好きのオトコのコたちには、たまらない作りの漫画です。
2013年版「このマンガがすごい!」オトコ編で1位、というコトもうなづけるというものですね!

ゴキブリには愛着ないワタシも、はまっておりますー。
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日(7月28日)の北海道新聞、スポーツ欄の野球ニュースで巨人-中日戦を伝える記事の見出しは進撃の巨人でした。セ・リーグトップで快進撃を続ける巨人軍の記事見出しで進撃の巨人という言葉は当たり前とお思いでしょうが、自分には改めてコミックス・進撃の巨人の人気と浸透ぶりを垣間見る笑いが漏れる見出しでありました。

本書をご存じない方にはなんのことやらですが、アニメ版も放映中とあり、はまっている人も多いと聞きます。いや、すでにかなり前からのヒット作で今頃読んでいる自分など遅い、遅い、という感じですが、新聞の見出しにも使われた今、本作は広く人口に膾炙されていると言えますね。
実際、異常に面白いです!

時代背景、場所は不明ですが、ヨーロッパ中世のような、あるいはもしかすると遥か未来ににおいて若干退歩した人類世界かも知れません。そこに、突然巨人が現れて人類を捕食し始めました。思考能力は無く、本能で人間を見つけるとつかみ上げ食べてしまう巨人たちになすすべもない人類。どうにか、周囲に高い壁を築き巨人を締め出すことに成功し、限られた土地の中で細々と生き続けて100年が過ぎました。その間、調査兵団を組織し、壁外に出て巨人たちを調査して来ましたが、その度に多大な犠牲をはらってきましたが、巨人を退治する術は得られません。

こんな世界観の中で、才能や特異な出自を持つ若い兵士たちが巨人と戦うストーリーです。
まあこの、まずは巨人たちのキャラクターがなんとも不気味。小さいもので3mくらいから、5~6mクラスの大きなもの、さらには超特大の巨人も出ますが、ほとんどは普通の中年のおじさんがむおーんと大きくなったような体形と容姿で、裸でズシンズシンと歩きます。ホントに不気味。フツーのおっさん顔が(笑) なにもことさらにお化け顔でなくとも、コワイということがよーく分かります(^-^;

色々と、恐ろしい巨人の襲撃があるのですが、10巻まで読むと秘密が、なんとも驚愕の秘密が分かり始めました!
そして、今コミックス11巻めが発売されるところです。今から手にするのが待ち遠してくたまりません。
はまりましたー

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

パッションフルーツ
パッションフルーツのアペリティフ

こんにちは、マダム・カザマです。
昨夜は花火大会でしたが、皆さま楽しまれたでしょうか?雨も時折ぱらついたようでしたが、なんとか持ったみたいですね。夜半からはかなり強い降りとなりましたから、良かったです。ワタシは仕事でしたから、毎年花火大会にはご縁が無くて残念ですが(^-^;

暑いさなかに爽やかで美味しく感じられるアペリティフ(食前酒)をご紹介いたします。

パッションフルーツ
フレッシュのパッションフルーツを使った、とても香りのよいお飲物です。果汁とパッションフルーツ・シロップ、そしてオレンジのリキュールのグランマルニエをソーダで割ったカクテルです。甘酸っぱくて、とても爽やかな夏向きの味わいでオススメです!
アルコールの苦手な方には、リキュール抜きでお作りしますので、皆さまでお楽しみ下さいね。
パッションフルーツのアペリティフ ¥700


7月も最後の週末となりました。8月1日(木)からは、当店24周年記念月の謝恩メニューが始まりますよ 気合の入った、メニューをご用意して皆さまをお待ち申し上げます。
メニュー予告はこちらからどうぞ。

8月よりご用意いたします、アペリティフのベリーニです。桃のピュレをシャンパンで割ったカクテルです。お昼のベリーニ・ランチ¥3200でサービスいたします。ノン・アルコールでもご用意しますので、こちらも皆さまでお楽しみくださいませ。

ベリーニ
桃のシャンパン・カクテル ベリーニ ¥1200
桃のノンアルコール アペリティフ ¥700
8月のお勧めシャンパン ヴーヴ・エレオノール ¥1000

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
平目と帆立貝、北寄貝
平目と帆立貝、北寄貝のムニエル、ウニ風味のソース

こんにちは、マダム・カザマです。
お店のお休みに、早速大通公園のビヤガーデンに行きました
この日は蒸し暑い一日でしたので、本当に生ビール日和!ジョッキをグビグヒいきましたよ~

ビアガーデン大好きなビールを手に満足のシェフです
皆さんはもう、いらっしゃいましたか~?


さて、7月の営業も最後の1週間となりましたが、今月の美味しいものまだの方はぜひ、お越し下さいね。お待ちしております。
本日は美味しいお魚料理をご紹介いたします。
平目と帆立貝、北寄貝のムニエル、ウニ風味のソースはいかがでしょうか。日本海側で揚がる平目はしっとりふっくらした身で、帆立貝や北寄貝は甘く、香ばしく焼き上げております。さらにウニのピュレを使ったバター・ソースで、旨みがアップです道産の美味しいお魚料理をお楽しみくださいね(^-^)

平目と帆立貝、北寄貝
平目と帆立貝、北寄貝のムニエル、ウニ風味のソース
アラカルト ¥2300
ディナーB¥5800のお魚料理としてもご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

仔牛フィレ肉のポワレ
仔牛フィレ肉のポワレ、ほうれん草のフラン添え

帽子
お忘れ物情報です!ふつうお忘れ物があれば、ご予約時に頂いたお電話番号に連絡して対処するのですが、たまたまご予約なしでランチタイムにご来店頂いた初めてのお客さまでして、ご連絡のしようがなく、、、(^-^; 取りにいらっしゃるかとお待ちしているのですが、3週間ほど経過してもご連絡が無いのでブログに載せてみました。事務所がお近くとおっしゃっていらしたので、気づいて頂けるといいのですが。細身の男性の方、紺色のBEAMSのお帽子、お預かりしてます!また、お知り合いでこんなお帽子を被ってらした方にお心当たりがあおりでしたら、ぜひお知らせしてあげて下さいませ。よろしくお願いします


さて、7月も残り少なくなって参りましたが、まだまだ美味しいものございます(^-^)
今日は、お肉料理をご紹介いたしましょうね。
仔牛フィレ肉のポワレ、ほうれん草のフラン添えです。オーストラリア産の柔らかな仔牛フィレ肉は、若牛なので脂肪が少なくさっぱりとヘルシーな味わいです。トマトとマッシュルームを使ったまろやかな酸味のあるソースと、ほうれん草のピュレに卵とクリームを加えて蒸したフランを付け合せました。どなたにも好んで頂けますお料理と思います。ぜひ、どうぞ。

仔牛フィレ肉のボワレ
仔牛フィレ肉のポワレ、ほうれん草のフラン添え
アラカルト  ¥2600
スペシャル・ランチ¥3200、ディナーA¥4000の主菜としてもご賞味頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

キンキのポワレ
根室産・キンキのポワレ、シャンパン・ソース

こんにちは、マダム・カザマです。
大通公園の納涼ビヤガーデンも始まりました
ワタシもいつ行こうかと楽しみにしております 皆さまも、もう既に足を運ばれた方もいらっしゃるかもしれませんね。札幌の夏のお楽しみ、ですから~


今月のオススメお魚料理をご紹介いたします。
根室産・キンキのポワレ、シャンパン・ソースです。キンキはなんといっても北海道の高級魚の一つ、十分に脂がのりながらもとっても上品な味わいの白身は、キンキ大好き!というファンを多数持っています(^-^) またカマの旨味もたまらなく、骨までハラバラにして後にはもう食べるところが一切無いという、猫またぎ状態の食べ上手なお客さまが沢山いらっしゃいますよ。
当店では、キンキには定番ですが、やはり酸味とコクのあるシャンパン・ソースが一番合うかと思います。ぜひこの組み合わせで召し上がって頂きたいですね

キンキのポワレ
根室産・キンキのポワレ、シャンパン・ソース
アラカルト ¥3000
ディナーC¥8400のお魚料理としても、ご賞味頂けます。

■貴方のための新鮮なキンキをご用意するために、事前にご予約下さいませ。
平日のご来店では前日までに、日・祝日のご来店では、2日前までにご予約をお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

小鳩のロースト
ブレス産・小鳩のロースト、ソース・サルミ

こんにちは、マダム・カザマです。
先週末は、沢山のお客さまにお越し頂けまして大変ありがとうございました。祝日もある連休でしたので、ご家族連ご旅行のお客さまなど、皆さまくつろいだお食事を楽しんで下さったことと思います。その後は、ワタシどもも店連休を頂きまして、仕込みなど仕事もあったのですが(^-^;、夏の美味しくて滋養のあるコレを頂いたり、リフレッシュいたしましたよ♪
うな重


今週も当店のお料理ご紹介、参ります!
ブレス産小鳩のロースト、ソース・サルミはいかがでしょうか。
冬はジビエの野生の山鳩をご用意いたしますが、それ以外の季節はブレス産の小鳩をお勧め致します。力強い野趣あふれる山鳩の風味に対して、ブレス産の小鳩は半野生の飼育ですが、やはり風味は上品です。鳩の鉄分の味わいは十分ありますが、なんといいますか洗練された都会的(?)な風味ですね。表現が下手ですみません(^-^; 鳩のガラや内臓を濾して、赤ワインでつなぐソース・サルミでご用意致します。ぜひ、ボルドーのメルロ種が多めの赤ワインやブルゴーニュの赤ワインとともに、お楽しみください。

小鳩のロースト
ブレス産・小鳩のロースト、ソース・サルミ
アラカルト  ¥2800
ディナーA¥4000・B¥5800のお肉料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドメーヌ・タカヒコ葡萄畑
ドメーヌ・タカヒコさんの畑

ちょっと遅いリポートとなりましたが、7月3日に訪れた余市のドメーヌ・タカヒコさんのピノ・ノワールの葡萄畑です。今年は春先は寒かったのですが、その後好天が続いて葡萄の生育は順調です。この日は友人たちと一緒に、畑で葡萄の樹の誘引作業のお手伝いをさせて頂きました。張ってあるワイヤーからはみ出て外側に倒れそうな枝があれば、ワイヤー内に入れてあげる作業です。すくすく伸びる葡萄の樹に囲まれて、清々しい気持ちになれました。これは7月の始めですので、今現在はもっと大きく伸びていることでしょうね。

葡萄の樹
小さな葡萄の房ができています。この日はようやく花が咲き始めた段階でした。線香花火の火花のような小さな花が開き始めていました。この数日後には、満開になっていたとのことです。

試飲
作業後には、タカヒコさんのワインを試飲させて頂きました。いま飲んで美味しいもの、まだまだ待った方が良いもの、抜栓後にかなりの時間がたっていても美味しいもの、など色々試飲できて参考になりました。

からあげうに丼かき揚げ

余市の中根酒店さんに教えて頂いたお店でランチ。中根さんで購入した農楽蔵(函館)さんのシードルを持ち込みで楽しませて頂きました~♪
左は大きくてカラッとした衣が美味しいから揚げ。 右は、友人が頼んだ余市産のうに丼です。自分のは、帆立と海老のかき揚げ丼、巨大なかき揚げに驚きました!こちらのお店はなんでも量がたっぷりで安くて、地元産の新鮮な美味しいものを楽しめます(^-^)


木村農園
余市の木村農園さんの畑

木村農園さんにも伺いました。こちらの広大な畑には、シャルドネ、ケルナーとピノ・ノワールが植えられています。どこまでも続く葡萄の樹の連なりは、フランスのワイン産地のような風景でとてもステキです。整然と整えられた美しい葡萄の樹です。こちらの畑には樹齢30年を超えるピノ・ノワールがあり、太くゴツゴツした幹の古木を見ることができますよ。

葡萄
小さな花が見えますね。今頃はもう、葡萄の房らしい大きさに成長していることでしょう。また見に行きたくなります
今年も収穫の季節には、畑に伺ってお手伝いをするつもりです。本当は毎月のように行って折々の葡萄の姿を見たいものですが、、、
風が吹き渡る畑に立つと本当に、心地よいものですね。ワインがますます美味しく感じられるというものです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

海の幸ロワイヤル
海の幸の贅沢ロワイヤル~フレンチ茶碗蒸し

こんにちは、マダム・カザマです。
なんと!ダルビッシュが故障者リスト入りでオールスター戦での登板が無くなったことにガッカリしていたら、大谷選手もケガをしてしまったとは!短期間の静養で試合には復帰できるということで、まだオールスター戦には出られるかもということですが、ケガは残念です。
ということで3日連続で野球ネタの前ふりになってしまいました(^-^;

さて、海の日を含む連休を前にして、仕込みに余念のないシェフです。お客さまの楽しい休日になりますよう色々と準備しておりますが、連休中はどうしても売り切れの食材なども出てしまいます。
これは、というお料理がございましたら本日、12日(金)中にご予約・ご希望をお知らせ下さいましたら確実です。どうぞよろしくお願い申し上げます!


さあ、こちらのお料理も今月イチオシの一つです。イチオシがいくつもあるのかって?そうなんです(笑)
海の幸の贅沢ロワイヤル~フレンチ茶碗蒸しでございます。ロワイヤルとは、卵で具材をとじて蒸したもので、いわばフランス式の茶碗蒸しです。

海の幸ロワイヤル
具材はこちら、エゾアワビ・帆立貝・北寄貝・ウニ・ずわい蟹・北海シマエビが入るという豪華版です! 卵のお出汁は当店自慢のコンソメ、そしてペルノー酒で風味を付けます。コンソメと海の幸から出るお出汁が混然一体となり、得も言われぬ旨みが醸し出されておりますよ。
いかがでしょうか?

海の幸ロワイヤル
海の幸の贅沢ロワイヤル~フレンチ茶碗蒸し
アラカルト  ¥3000
ディナーC¥8400の前菜としてもご賞味頂けます。
■アラカルト・ディナーCともに事前のご指定をお願い申し上げます。
日・祝等の休日のご来店では、お早目のご予約をお願い申し上げます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

イベリコ豚フィレ肉のロースト
イベリコ豚フィレ肉のロースト、茄子のグラタン添え

こんにちは、マダム・カザマです。
昨日に引き続き、野球ネタですが(^-^;、大谷選手のホームラン写真が北海道新聞の一面を飾っていました! チームも勝利! 大谷選手の活躍には、本当にうれしくなります。二刀流には批判もありますが(もちろん、大谷選手のことを考えての批判ではありますが)、ぜひ達成して欲しいものです。球界の大御所ジーサンたちの鼻を明かしてもらいたいな(笑) とはいえ、いずれ考えを変えることがあったとしても、本人が決めることならそれもヨシです。やりたいように、とことんやって下さい


昨日は店定休日でしたが、業界では色々な催しがありました。試飲会やセミナー、大御所シェフのデモンストレーションなどなど。興味深いイベントばかりでしたが、体は一つなので、ワタシが参加したのはシャブリワインのセミナーでした。6種類のシャブリはAOCが異なるもの、ヴィンテージ違い、畑の場所の違いなどを比較できるもので、分かりやすい講師の方の説明とともに大変勉強になりました。また、帆立貝のフライが出されて、各種の塩(トリュフ塩もあり)を付けて、それぞれのシャブリとの相性を見ることもできました。楽しいセミナーでしたね(^-^)
シャブリワイン



それでは、当店のお料理をご紹介いたします。
イベリコ豚フィレ肉のロースト、茄子のグラタン添えです。イベリコ豚はスペイン産のブランド豚ですが、もう何年も前に、初めてイベリコ豚を食した時には、その豚とは思えないような濃厚な味わいに衝撃を感じたものでした。しばらくの間、はまっておりましたが、北海道産の豚も大変美味しいものが多いので、ここのところイベリコ豚は使っておらず、今回大変久しぶりの登場となりました。部位も、今まで使ったことのないフィレ肉をご用意してみました。ロース肉ですと、サシが入った脂身の旨味が特徴ですが、今回はフィレ肉ですので脂身が少なく、赤身肉の滋味を感じるような味わいです。
付け合せには油と相性の良い茄子を使って、ソテーした茄子にトマトフォンデュをナッペして、グリュイエールチーズをふって焼いたグラタンを添えてみました。全体を、種マスタードのソースでまとめます。ぜひ、どうぞ!

イベリコ豚フィレ肉のロースト
イベリコ豚フィレ肉のロースト、茄子のグラタン添え
アラカルト  ¥2500
ディナーA¥4000・B¥5800のお肉料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)