食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:


最近は、マンガもあまり読まなくなって(とはいえ、同世代のオバサンの中ではいつまでもマンガに親しんでいる一人かも知れませんが(^-^;)きているので、連載継続中のもの以外の作品にはかなり疎くなっていると思います。そこで、「マンガ大賞」にノミネートされた作品などは、その中から気になるものをチョイスさせて貰って自分にとっての新しい作家さんの発掘と致します。

本作も2013年マンガ大賞ノミネート作です。何が引っかかったかといえば、リアル猟師奮闘記という副題。仕事柄、冬にはいわゆるジビエという野鳥獣の料理を提供するため、猟及び猟師さんには、多少とも関心を持つ次第です。

作者の岡本氏は猟師マンガ家だそうで、ご自分の猟の様子、そして獲った獲物を捌いて調理して食べて、味の感想までをつづった狩り&野生グルメ日記を展開していて現在第3巻までコミックスが出ています。まだ1巻を読んだだけですが、岡本氏が猟を始めるに至ったいきさつ、初めて手に入れた銃(これは空気銃なんですが、これでも猟ができるんですね!)、狩猟免許を取る様子、初猟などなど、興味深いエピソードがいっぱいです。

鳩やウサギ、カラスまで撃ち落とす岡本氏。また先輩のベテラン猟師の猟話も豊富です。解体・調理の絵もありますが、氏の絵柄はどちらかといえば、上手いリアルな絵というよりは、味のあるさっぱり(?)した絵ですので、それなりに書き込まれている動物の絵もわりとかわいらしい感じがします。あまり残酷な感じはしません。食べ物として、山から動物を少し分けて頂くという、昔からの人の営みとしての猟師の姿が感じ取れるからかも知れません。

これから猟師になってみようと考えている向きにも、お役立ちの一冊かもですね!
自分、猟師になる気はありませんが、猟師さんから鴨とか分けて貰いたいです。売り先に困ったら、ヨロシク!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

チップのムニエル
阿寒湖産チップのムニエル、アーモンド・バターソース

こんにちは、マダム・カザマです。
いいお天気ですね。相変わらず風も爽やかで行楽日和(^-^)

このところ、とても久しぶりにご来店下さったお客さまが幾組かございました。
一組は、ご両親とお嬢さんの三名さま。お母さまが、「15年ぶりに来ましたよ。」とにこにこしておっしゃいました。前回はお母さまの還暦祝いでお越しだったとのこと。懐かしそうに色々とお話しして下さいました。お帰りの際に、「また15年後に来ますよ。その頃は車椅に乗ってるかもしれないけど、きっと来ますから!」 はい、お待ちしてます!とにこにこしてお見送りしましたが、内心「こちらも危ないかもー」と思いました(^_^;
もう一組もご年配のご両親がいらっしゃいました。こちらは「20年前に来た事があります。」とのこと。一度いらして下さっただけで良くぞ覚えていて下さっていると、嬉しいやら、感心するやら。お帰りの際に「また来ますね!」とおっしゃって下さいました。思わず、「なるべく早くいらして下さいね!20年後にはもう当店は無いと思います(笑)」と、お答えしてしまいました(^_^; 「もっと早く来ますよー。20年後じゃ、こちらも、、、(笑)」 お互いに大笑いしながら、お見送りいたしました 
なるべく長くお店を続けたいと思ってますが、どうかお早めに皆さま、お越し下さいね


今月いっぱいで終了するお料理のご紹介です。ぜひお早めにどうぞ!
阿寒湖産チップ(ヒメマス)のムニエル、アーモンド・バターソースです。ヒメマスは陸封型のベニザケで小型のものです。繊細で柔らかな身は、色合いも大変美しくとても美味ですね!阿寒湖では5月の上旬から7月中旬が漁期でこの時期は新鮮な天然ものを楽しめますので、当店も毎年6月にメニューに載せております。
すでにご紹介したマリネもご用意しますが、1尾ごとムニエルにするお料理もオススメですね!
チップの皮目を香ばしく焼いて、焦がしバターにレモンをぎゅっと絞ったまろやなコクと酸味のムニエル・バターにスライスアーモンドを加えて、香りを出します。ふわっと焼けた優しい味わいののチップの身に皮目とソースの香ばしさが加わり、大いに楽しんで頂けることと思います。

チップのムニエル
阿寒湖産チップ(ヒメマス)のムニエル、アーモンド・バターソース
アラカルト ¥2800
ディナーC¥8400のお魚料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エゾアワビのソテー
エゾアワビとホワイトアスパラガスのソテー、肝風味バターソース

こんにちはマダム・カザマです。
本日も爽やかな風の吹く気持ち良い一日でした。
店前では、先日ご紹介したししとうが花を沢山付け始めました。街路樹の下に移植したワイルドストロベリーも実がなってます(^-^) ほんとに良い季節です
ししとうの花ワイルドストロベリー

6月も終盤となりましたので、この週末にお楽しみ頂きたいお料理のご紹介を致しますね。
露地物ホワイトアスパラガスもそろそろ終わりが近づいて来ました。畑からは、終了のお知らせが来たところもあります。甘くて美味しいホワイトアスパラガス、お名残惜しゅうございます~。皆さまも、思い残すことなく沢山召し上がって下さいね
エゾアワビとホワイトアスパラガスのソテー、アワビの肝風味バターソースをお勧め致します。小ぶりですが、そのまま焼いても柔らかく仕上がり、きゅっとした歯ごたえと噛むごとに味わえる磯の香り。1個丸ごとのソテーに、肝のピュレとバターを合わせた風味豊かでコクのあるソースを添えました。そして、横には存在感のあるホワイトアスパラガスのソテーです。アスパラには、定番のソース・オランデーズを合わせてあります。北海道の初夏ならではの組み合わせですね! ぜひ、舌鼓を打って下さい

エゾアワビのソテー
エゾアワビとホワイトアスパラガスのソテー、アワビの肝風味バターソース
アラカルト ¥3000
ディナーC¥8400の前菜としても、ご賞味頂けます。
■アラカルト・ディナーCともにエゾアワビをご指定お願い申し上げます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

真ゾイのグリエ
真ゾイと夏野菜のグリエ、エストラゴンの香りのソース

こんにちは、マダム・カザマです。
またこのところ、涼しくなってしまいました。エアコンなしで快適な気温ですが、まさか夏が終わったんじゃないだろうなと、疑惑も抱いております(^-^;

先日来よりランチタイムが盛況続きでありがたいのですが(ディナーはそれほどでもないので、皆さまヨロシクお願いします!)、仕込みに追われ続けております。定休日もシェフともども店に出掛けて、シェフは仕込みにワタシは営業日にできない掃除をしたり、デザートを作ったりと良く働いていると自分でも(笑)、思いますー。
やはり、北海道は観光のハイシーズンでもありますし、ご旅行のお客さまも多くランチのご利用も多くなっているのでしょうね。特に週末のランチのご予約はお早めにお願い申し上げます。


北海道の美味しいお魚料理をご紹介いたしましょう。
真ゾイと夏野菜のグリエ、エストラゴンの香りのソースです。ソイは青ゾイ、シマゾイ、黒ソイなど種類がありますが、真ゾイは中でも味が濃くしっかりした身質で美味です。今は良く揚がっているようで、価格も落ち着いております。バリッと皮目をグリエして、しかし中身はホックリと、良い加減に焼き上げております。ほどよい脂が皮目にジュウジュウと浮かび、香ばしい香りがしますよ!茄子やトマト、椎茸、ズッキーニなどの野菜のスライスもグリエして、プロバンスのミックスハーブで南仏の香りを出します。そして、香草のエストラゴンをソースに使い、夏のリゾートを思い浮かべながら、召し上がって頂きたいと思います

真ゾイのグリエ
真ゾイと夏野菜のグリエ、エストラゴンの香りのソース
アラカルト  ¥2000
ディナーB¥5800のお魚料理としても、ご賞味頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シシトウ
シシトウの鉢植え

良い季節になって、植物が元気いっぱいです。気温も高く、雨も時々降って、みんなどんどん育っているこの頃です。
新しく仲間入りしたシシトウの鉢植えです!
シシトウ

自分、シシトウが好物なので、生ったもぎ立てのシシトウを食べたくて(笑)、花屋さんに頼んでおいたのです。ちょっとした観葉植物みたいで、店前の飾りとしてもバッチリです。盗まれるのが心配で夜は、店内に入れてます(^-^;
生ったら、揚げ出し豆腐と一緒に頂きたいです
揚げ出し豆腐

ハーブの寄せ植えプランターもわさわさ茂って来ました。パセリやミントはどんどん摘んでいきますけど、この不思議なハーブはどのように使ったらよいものか、、、?

カレーのハーブ
カレープラント。その名前のようにカレーの香りがします。消臭作用もあるので、ポプリにするのも良いとされています。へーー、初めてお会いしたハーブさんですね。ヨロシク

去年の秋に、プランターのハーブを店先の街路樹の根元に移植しておいたものが、根付いて育って来ました。プランターのままでは越冬が難しいので移植してたのですが、あの厳しい冬を乗り越え、決して良い土でもないスペースで、けなげにも、、、(T-T) ハーブたちの強さに感動です。

タイム

タイムは芝桜のように広がって可憐な薄紫の花を咲かせてくれました。花が種になってこぼれて、また増えてくれるでしょう。放っておいても自分で増えてくれるので手間が掛からずラクチン!自分向きです(笑)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

牛テール肉のブレゼ
和牛テール肉のブレゼ、赤ワイン・ソース

こんにちは、マダム・カザマです。
だんだん暑くなってまいりましたので、休憩中に冷たい飲み物が欲しくなるようになりました。ということで、アイスコーヒーのご用意が始まりましたよ。お客様にお出しするためのご用意ですが、実はほとんどワタシ用に作っているようなものです(^-^; お食事の締めくくりは夏でもやっぱりホットのコーヒーや紅茶のご用命が多いものです。でも冷たい飲み物が欲しいなという時は、アイスコーヒーあり〼アイスコーヒーアイスコーヒーアイスコーヒーアイスコーヒーアイスコーヒー インフィニさんの豆を使ったバッチリ苦く落とした大人のアイスコーヒーですよ(^-^) アイス・ティーもでき〼。


ディナーよりお肉料理をご紹介いたします。
道産和牛の骨付きテール肉を使いました煮込み料理です。和牛テール肉のブレゼ、赤ワイン・ソース。骨付きのテール肉を関節で切り分けて一人前の分量とします。赤ワインでじっくりち煮込みますと、お肉はほろりと骨からはずれるように柔らかくなりゼラチン質とあいまってとろりとした口当たりです。赤ワインの風味もしみこんで、これはもうワインが止まらない味わいですね

牛テール肉のブレゼ
道産和牛テール肉のブレゼ、赤ワイン・ソース
アラカルト ¥2600
ディナーB¥5800のお肉料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

若鶏のキエフ風
若鶏ささみ肉に香草バターと豚足を詰めて、キエフ風

こんにちは、マダム・カザマです。
今日は暑さもあるけれど、風が強くて湿度も低いそんな一日でした。プランターや植木に水やりするのも、気持ち良いお天気です。週末は雨になりそうなのがちょっと残念ですが、ここのところ乾燥気味なので植物には恵みの雨になることでしょうね。
お祭りには雨が降る、というのも定説のようですが週末は北海道神宮例祭(札幌まつり)ですね。中島公園の出店も楽しみにしている方もいらっしゃるでしょう。知り合いのお店の幾つかは、お祭りに合わせてかお休みを取っているとろがあります。慰安旅行にいらっしゃるのかな。羨ましいな(^-^; 
当店は、平常営業いたしております。土曜日はほぼ満席に近いご予約を頂いております。日曜日はまだ余裕です。よろしくお願いします!

さて、ランチメニューより一品ご紹介です。
若鶏ささみ肉に香草バターと豚足を詰めて、キエフ風です。広げた鶏肉にエスカルゴ・バター(パセリとニンニクを混ぜ込んだバター)と、豚足を煮込んでそのゼラチン質で固めたゼリー寄せを包みます。脂身がなくたんぱくな鶏肉ですので、エカスルゴ・バターのコクや豚足のコリコリねっとりの質感が、食味をアップしてくれますね。小さなラグビーボール状に形を整えて、パン粉をつけて焼き上げます。中にバターを詰めたお肉をパン粉焼きするものをキエフ風と言ってますね。熱々に、お好みでレモン汁を絞ってどうぞ!

若鶏のキエフ風
若鶏ささみ肉に香草バターと豚足を詰めて、キエフ風
アラカルト¥1800
ランチA¥1800・B¥2300・ディナーA¥4000のお肉料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨年末頃出た高村薫さんの新刊です。
2000年12月に起きた、世田谷一家4人殺害事件を下敷きにしているもので、高村作品ではおなじみの合田雄一郎刑事が登場いたします。

実際に起きた事件は未だに未解決であり、時折報道にも登場する忘れられない戦慄の事件です。また遺留品が沢山あるにも関わらず犯人を特定できないという難事件、幼い子供たちまで手にかけた犯人像はどんな人物なのか、という世間の関心も高い事件といえましょう。

本書では、強盗殺人を起こす二人の人物が最初に登場し、微にいり細に渡って、その人物像が描かれてゆきます。また、彼らが残す数々の遺留品、近隣で目撃された車両、被害者宅からの人物関連等々、捜査官たちの綿密な捜査活動の成果で、二人の犯人は逮捕されました。

この過程で分厚い上・下二巻の上巻一冊が費やされ、リアル感のある警察捜査を堪能できます。
そして、お話はこれから、、、いったい何故、二人はこんな犯罪を起こしたのか。
我々が実際に日々起こる、数々の事件のニュースを見ながら、思うのは、知りたいのは、これです。いったいどんな人間が、このような残虐な、そして愚かとしか思えない事件を起こすのか。何が彼または彼女をそうさせたのか。何を考えながら、そのような行動をしたのか。何も考えていないのか。心は無いのか。

本作も一つの答えではあるでしょう。そういうこともあるのかも知れない。
しかし、人間の心の闇は本当に見通せないものでしょうね。

ともかくも、自分、こういう犯人にやすやすとやられはしないぞ、という決意を身震いしながらいたしました(^-^; 変だな、と思ったら素手で様子を見にはいきませんよ!

フライパン
先日、一人で家にいた時、誰も来る予定が無いのに玄関が開けられた音がしました。様子を見に行こうと思い、武器を探してこの業務用フライパンを右手にぶら下げて行きましたよ。そうっと玄関に行ったら、ご自分の家と間違えたらしいご老人が一人、とまどったご様子で立っていました(^-^; 不戦勝ですね(笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


先週、いつものなにわ書房に立ち寄ったら、、

(4丁目のリーブルなにわさんは惜しまれながら閉店しましたが、こちらの東光ストア円山店内のなにわ書房さんは元気に営業中です。なお、円山クラス店さんも、お洒落なカフェ併設で元気に続行中。オンライン書店や電子書籍を利用しても、やっぱりリアル書店は我々には必須の存在です!)

「ピアノの森」
新刊が出てました!即買い!!
このお話は、やや恵まれない生い立ちのピアノの天才・カイ少年が、阿字野(引退した元天才ピアニスト)に見いだされて、ピアノで世界に出る、というものですが、ただ今ショパン・コンクールのファイナルに勝ち残っている、という状況です。

優勝候補の中国人ピアニスト、パン・ウエイの圧倒的な演奏を軸に展開する23巻です。クラシック音楽に疎く、ピアノ曲も演奏も良く分からない自分ですが、感動のあまり泣けました(T-T) という状況に、どちらかというと(笑)と、付けたいくらいですが(^-^;

そして、ついにカイの演奏が始まり、またまたオーディエンスの心を鷲掴みにする展開、そして、あっ! 会場が大変なコトにーー!!
というところで続く、、、はぁっ~~~~

次のコミックスが出るまでに、この昂揚感がどこかに飛んでしまってますからね(^-^; 全巻そろったら、通し読みせねばなりません(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

冷やし中華
冷やし中華(賄い)

昨日(6月9日)、今季初の冷やし中華デーでした。毎年、初日を記録せずにはいられない(笑)冷やし中華デーですが、昨年も6月9日でしたので、ちょっとビックリしました。そして、昨年は寒かったそうです。今年は上々の冷やし中華日和でした。いつものまるちゃんの冷やし中華、酸味のきいたスープでやや震えが来ましたー


最近、facebookの方でチョコチョコっと身近な話題をアップしたりしてますが、よろしければこちらにどうぞ↓
https://www.facebook.com/naomi.kazama.5
お友達リクエストもぜひ お待ちしてます(^-^)
(ただし今、なりすまし友だちとか、架空友だちのリクエストが横行しておりますので、リクエスト下さる際には、メッセージも一緒に頂けますとありがたいです)

ということで、最近facebookにアップした話題で、まだこちらに書いていなかったことです。

チェリー
去年初めて試したさくらんぼのジャム、ずっと倉庫においてましたが、最近使ってみたらなかなか美味しかったので、今年もやってみることにしました。まずはアメリカンチェリーから。
ホッチキスみたいな道具で種抜きをします。なかなか楽しい。時々種が抜けず残ります(^_^;

チェリー
このレシピでは2日に分けて、煮ていきます。この写真は2日め、30分くらいアクを取りながら煮込みます。あとは、煮沸したガラスびんに詰めて保存です。何も、1年も保存する必要は無いのですけどね、昨年は作ったはいいがどう利用しようかあまり考えが浮かばなかったので、放っておいたわけです(^_^;

で、今年、こんなお菓子を作ってみました。

ガトーバスク
ガトー・バスク
フランスのバスク地方の郷土菓子です。とっても素朴な感じのお菓子ですね。なかにカスタードクリームを入れて焼くレシピもあります。バスク地方はサクランボの産地なので、さくらんぼジャムを入れるレシピも。自家製さくらんぼジャムの使い道、見つけた!って感じですね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)