食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

アスパラガスのスープ
ホワイトアスパラガスの冷製ポタージュ・スープ

こんにちは、マダム・カザマです。
先日まで寒い、寒いと言っていたのに、急に暑くなって、、、昨日などもう少しでエアコンのスイッチに手が伸びそうでした(^-^; 
一転、今日は風が冷たくて肌寒い感じ、雨の予報もありますしお天気が目まぐるしいです。それでも、やっと初夏ですね!

ホワイトアスパラガスも露地物が入荷になりました。土の中で太く育ったホワイトアアスパラガスの滋味あふれる味わいは格別ですね。北海道の初夏の味わいそのものです。
色々な調理でホワイトアスパラガスを存分に楽しんで頂きたいと思います

毎年、ホワイトアスパラガスの冷製ポタージュ・スープが始まると、初夏が来た、と嬉しくなります(^-^) これから気温が高くなれば、この爽やかでほんのり甘い冷たいスープがとても美味しく感じられますね!
ぜひ皆さま、お越し下さいね~

アスパラガスのスープ
ホワイトアスパラガスの冷製ポタージュ・スープ
アラカルト  ¥800
各ランチ・メニューでご賞味頂けます。
ディナーでもご用意しているメニューがございます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


楊逸 選 日本ペンクラブ編のアンソロジーで「女性作家"食と恋"の小説集」という副題がついています。
「食と恋」 これはもうついつい引っかかってしまいますねえ(^-^) しかも表紙に並んだ女性作家達のお名前にも惹かれます。買うしかなかったです(笑)

どれも期待どおりの「食と恋」のお話が並びましたが、中でも幸田文「台所の音」には感服いたしました。小さな料理屋を営んでいる夫婦のお話です。腕のたつ板前の夫とその仕事を手伝う妻でしたが、夫は体調の不良を訴え床についてしまいました。病の床から、妻が仕事で立てる「台所の音」聞き、妻の心の内や料理の技量をこまやかに聞き取ってゆきます。
夫は不治の病で、妻は医者からそれを本人には隠し通すように言われます。その妻の微妙に揺れ動く心が、包丁の音や鍋や皿を動かす音、天麩羅を揚げる音に表れ、夫はその変化はなんだろうと考えながら、床から妻に仕事を教え続けます。
うーん、こんな風に静かに仕事を教えて貰えたらいいなあ、、、と思わず我が身と照らし合わせ(笑)
短編ながら、この夫の修行時代や二人の元妻のこと、前の店でのこと、そして今営んでいる店と使っている手伝いの若い女性やその気になる男のことなど、ふわっと浮かび上がってくる小世界に魅了されました。



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

毛蟹のビスク
毛蟹のビスク、ぼたん海老と毛蟹、帆立貝を浮かべて

こんにちは、マダム・カザマです。
第55回さっぽろライラックまつりも始まり、道都・札幌の夏の観光シーズンもスタート!なのでお天気の方ももっと初夏らしくスカーッと晴れて欲しいですね。ライラックの開花も遅れています。当店の前の小さなライラックもまだ蕾状態です。ぐんぐん暖かくなれば一気に咲くと思うのですけどね。
初日に大通公園7丁目会場のワインガーデンに立ち寄って来ましたが、道産ワインの種類も激増、食べ物やさんもまた激増して、楽しいお祭りムードがいっぱいでした。お客さまもかなり来てらっしゃいました。美味しいワインとつまみのこのイベントは初夏の大きな楽しみですね


当店にも観光客のお客さまが多くいらしてます。昨日は香港からご旅行のご家族も。とても感じの良いご家族で、お料理も道産ワイン(千歳ワイナリーさんのピノ・ノワールをボトルで)も存分に楽しみ喜んで下さいました。

お料理も北海道の美味しいものを沢山ご紹介したいですね。
毛蟹のビスク、ぼたん海老と毛蟹、帆立貝を浮かべて、はいかがでしょうか。
毛蟹をつぶしてとった出汁をベースにした蟹の旨味たっぷりのスープ、ビスクを作り、そこにぼたん海老・毛蟹の脚、帆立貝の貝柱とコライユを入れてさあっと火を通します。スープ皿にビスクを注ぎ、魚介を盛り付けます。
北海道の美味しい海の幸の旨味がぎゅぎゅっと詰まった一皿です

毛蟹のビスク
毛蟹のビスク、ぼたん海老、毛蟹、帆立貝を浮かべて
アラカルト  ¥2500(ご予約頂けますと確実です)
ディナーC¥8400(要ご予約)の前菜としても、ご賞味頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

プランター
春の寄せ植え

あまりに寒かったので遅れていた店前のプランターの植え替えが、完了しました
ようやく春らしくなりました(^-^) 色とりどりの小花が植え込まれ、見るだけで楽しくなるようなプランターです。
バージニアストック、ラベンダー、エキザカム、オスラオステルマム、パンジー、スーパーアリッサム、、、、だそうです。もうお花の名前は覚えきれませんねえ(^-^;

プランター

ハーブのプランターもありますよ(^-^) こちらはもちろん料理用です!すくすく育ってます。ハーブ

さて、今日は毎年の恒例行事にしている税務署詣でに行って来ました。税の申告書の提出です。お天気もまずまずでしたので、チャリで行きましたよチャリチャリチャリチャリチャリ

今回は不明の点があったので、職員の方に質問して申告書を完成させました。そして、その点につき税法の改正があったことを教えて貰いました。法令改正があれば、送られてくる申告書にそのあらましが同封されているのですが、なにしろ税務シロウトの自分には、読もうとしても頭が痛くなるような文書です。ほとんどスルーしているので、こんな風に無知でいることもあるわけです。まあ現時点で困るような案件ではありませんが、これを知って損は無い、というか先行きお得である、というありがたい知識を得ました。こういうコトもあるから、税務署には伺うといいですー

川
帰りがけ、橋の上から琴似発寒川を見下ろすと、いつもの年より水嵩がぐっと多いのにビックリです。大雪の影響でしょうね。雪解け水がまだまだ流れているのですね。いつもなら川岸になっているところまで水があり、流れも急です。

川
あっ、釣り人発見 

自宅マンションの小さな庭でも満開の梅が目を楽しませてくれます。良き春の休日でした。梅


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヨイチ・ロゼ
ドメーヌ・タカヒコ ヨイチロゼ サンスフル 2012

こんにちは、マダム・カザマです。
余市町で葡萄栽培、ワイン醸造を手掛けるドメーヌ・タカヒコのヨイチロゼ サンスフル2012年がリリースされました。
白ブドウのミュラー・トゥルガウと黒ブドウのピノ・ノワール、ツヴァイゲルトレーベをブレンドしたロゼワインです。また名前にあるサンスフルとは、亜硫酸無添加という意味です。

作り手の曽我貴彦さんの言葉を引用させて頂きますと、
「思いっきり『独自の世界』を表現しました。ミュラーを醸した時でしか出せない、複雑で不思議な香り、そして磯の旨味を伴う余韻。そこに、ピノ・ノワールとツヴァイをブレンド。不思議と魅惑的な香りになります。」
「優しく美味しいゆるいロゼワイン」
と、おっしゃってます。

ピンク・ローズ色に微発泡の細かな気泡が見えてとても美しいワインです。苺みたいな果実味に爽やかな酸味、お天気の良い日に楽しく飲みたい味わいですね。
曽我さんがロゼワインを作るのは、これが最後だそうです。ぜひ、沢山の方に楽しんで頂きたいです。

ヨイチ・ロゼ
ヨイチロゼ サンフフル ペティアン 2012
(セパージュ ミュラー80% ピノ・ノワール10% ツヴァイ10%)
ボトル¥4600 1グラス¥700


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

地鶏のロースト
岩手産・南部地鶏、胸肉のロースト、もも肉のトマト煮込み

こんにちは、カザマです。
暖かくなりましたね!昨日は20℃超えたとか、どおりで仕事中暑かったはずです。今日もいいお天気で嬉しい1日となりそうです。なんといっても春風が気持ち良いです 風薫る5月、とこうこなくちゃね
お天気が良いせいか、ゴールデンウィーク後静かな日々でしたが、急に忙しくなりました。ランチタイムはご婦人方のおしゃべりでとても賑やかに!こうでなくちゃね


そこで、ランチのメニューよりお料理ご紹介です。
岩手産・南部地鶏、胸肉のロースト、もも肉のトマト煮込みです。メニューにこう書いてあると、「ワタシはトマト煮込みを。」「ワタシはローストを下さい。」とご注文されることがあるのですが、いえいえ、こちらは両方とも召し上がって頂けるメニューなんですよ! 柔らかな胸肉はジューシーにローストして軽いマデラ酒風味のソースを添うています。しっかりした味わいのもも肉は柔らかくトマトと煮込んでカラーピーマンや季節野菜と一緒にココットに盛り込みます。二種の調理、味わいを一緒にや楽しみくださいね。


地鶏のロースト
岩手産・南部地鶏胸肉のロースト、もも肉のトマト煮込み
アラカルト¥1800
ランチA¥1800・B¥2300・ディナーA¥4000のお肉料理としても、お選び頂けます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フロマージュブランのムース
フロマージュ・ブランのムースとキール・ロワイヤルのジュレ

こんにちは、マダム・カザマです。
桜も咲きましたし、心は春爛漫を楽しみたい気持ちでいっぱいです。でも、、、まだ寒いんですよね! 気持ちは春から初夏に向かっているのに、、、。
ということで、キッチンではさっさと初夏向けのデザート考案に励んでしまいました(^-^)

フロマージュ・ブランのムースとキールロワイヤルのジュレです!
フロマージュ・ブランとは、ヨーグルトみたいな風味のフレッシュタイプのチーズです。朝食にジャムやフルーツのピュレをかけて食べたりします。このフロマージュ・ブランをほんのり甘酸っぱいムースにして、シャンパンにカシスのリキュールを入れたキール・ロワイヤルのジュレを作り、フルーツ(ただ今は苺・キウイ・パパイヤ)とともにカクテル・グラスに盛り付けました。優しくてふんわりした甘さと酸味、初夏にぴったりのオススメです

ジュレ
フロマージュ・ブランのムースとキール・ロワイヤルのジュレ
アラカルト  ¥500
各デザート付きのランチ・ディナーでお選び頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エゾヤマザクラ
桜、到着!

記録的に寒い春の札幌ですが、ようやくエゾヤマザクラが咲きました(^-^) ソメイヨシノの標本木は今日1輪咲いたとのことですが、まだ開花宣言には至りませんでしたが、エゾヤマザクラは一足早く咲き始めています。
ワタシのいつもの撮影地点、札幌市資料館の庭では、満開に近い木や六分咲き、八分咲きの木が混じっており、今週中には咲きそろうことでしょう。

エゾヤマザクラエゾヤマザクラエゾヤマザクラ
今日もお天気は今一つですが、桜の写真を撮っている方が何人かいらしてました。やっぱり桜の花は格別ですね!

そして、今日は母の日です。カザマのランチタイムは、4組のお客さまがお母さまを囲んだお食事の席でした。皆さま楽しそうなひと時で何よりです。
主役のお母さまのデザートプレートを母の日仕様にお作りしまして、記念写真を撮って差し上げたりしましたよ。デザートプレートの写真も撮っておけばよかったなあ、、、残念~(^_^;

そして、ワタシにも母の日のプレゼントが届きました。

ゴディバゴディバ
大好物のショコラです。早速シェフと休憩時間につまみました。ありがとう

皆さまも素敵な母の日をお過ごし下さいね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ヤリイカ、タケノコ、ホワイトアスパラ
ヤリイカとタケノコ、ホワイトアスパラガスのソテー、イカスミの香り

こんにちは、マダム・カザマです。
やっと春らしい爽やかな青空が見られるようになりましたね!これで朝から陽気な気分になれるというものです。昨日はチャリで道庁まで出かけました。

北海道庁 
夕方近かったので写真では良く見えませんが、青い空と白い雲をバックにした道庁赤レンガがキレイでしたので、パチリ。

ワイン&チーズガイド
この冊子を一部頂きに道庁に行って来たのでした。これからますます観光のお客さまも多くご来店される時期ですし、ワイナリーやチーズ工房の事をご質問される機会も多いかと思います。手元において、すぐにお答えできるようにしたいですね!


道産ホワイトアスパラガスについてのお問い合わせも多くなって来ました。新鮮で甘くて歯ごたえのいいホワイトアスアパラ、ぜひ沢山の方に楽しんで頂きたいですね。
そこで、こちらのお料理はいかがでしょうか。
ヤリイカとタケノコ、遠軽産ホワイトアスパラガスのソテー、イカスミの香りです。
もう、タイトルのまんまのシンプルなお料理なんですけど、旬のものばかりを組み合わせて、ソテーして良い香りがするものばかり。お皿を置くと、それぞれの香ばしい香りが立ち上ってえも言われません 正直、焼いて塩・胡椒しただけでも美味しい食材と思いますが、それでは芸がありません。イカスミのソースを添えてみましたよ。このソースは、ミルポワ(玉葱や人参、セロリなど香味野菜)とトマトを焼いて、白ワインとフュメ・ド・ポワソン、イカスミペーストを加えてぐーっと煮込んで濃し、煮詰める、という風に作ります。イカスミの甘みとコク、出汁の旨みが溶けあった美味しいソースになります。
シェフ曰く、このソースをあんまりたっぷり付けるとお客さんがお歯黒になってしまうと困るからと、ハケを使って添えました。白と黒のシンプルな盛り付けです。ワタシ、このお皿好きですね(^-^) 今月、ぜひオススメしたいお料理です。

ヤリイカ、タケノコ、ホワイトアスパラ
ヤリイカとタケノコ、遠軽産ホワイトアスパラガスのソテー、イカスミの香り
アラカルト ¥1400
スペシャル・ランチ¥3200、ディナーA¥4000の前菜としても、ご賞味頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

短角牛のロースト
えりも町高橋ファーム産・短角牛ランプ肉のロースト、黒胡椒の香り

こんにちは、マダム・カザマです。

今日は、お肉料理のご紹介です。
えりも高橋ファームさんの短角牛ランプ肉のロースト、黒胡椒の香りです。
赤身肉が美味しい短角牛も広く知られているところですが、霜降りではないお肉自体の旨みがたっぷりです。今回は、ランプ肉という部位ですが、まさに赤身肉です。脂肪分は少ないので、焼きすぎないようミディアムレアくらいのローストでお出しいたします。程よい弾力があり、噛むと口中に肉の旨みがじわじわとあふれます。焼くときにお肉にまぶした黒胡椒の香りがアクセントです。ソースはシンプルに、フオン・ド・ヴォーベースのマデラ酒ソースを添えました。これで高橋ファームさん自慢の短角牛の美味しさをストレートに味わって頂けること思います!

短角牛のロースト
えりも町高橋農場産・短角牛ランプ肉のロースト、黒胡椒の香り
アラカルト  ¥3000
ディナーB¥5800のお肉料理としても、ご賞味頂けます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)