食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

活オマール海老のシヴェカナダ産活オマール海老のシヴェ、菜の花を添えて

こんにちは、マダム・カザマです。
ご無沙汰している内に、もう2月も最後の日となりました。寒い冬に耐えている日々ですが、さあ沖縄の名護キャンプも終わりいよいよ球宴シーズンが始まりますね!注目のルーキー、大谷選手の動向が毎日報道されており人気も過熱気味ですが、やっぱりワタシとしても応援気分でいっぱいです
 立派な体格にまだあどけなさを残すカワイイ顔、真摯に野球に取り組む姿勢、実力が垣間見える練習風景に、期待が高まっておりますよ 早く試合で投げて打つ姿が見たいものです! また、WBCに出場する稲葉、中田の両選手、楽天のマーくん、そして、メジャー2年目のダルビッシュ投手の活躍にも目が離せませんね。球春、大いに楽しみです。


明日からもう新しい月になりますので、早速3月のメニューよりお料理をご紹介して参ります。
まずはこちらから。カナダ産活オマール海老のシヴェ、菜の花を添えてです。
オマール海老は札幌の業者さんが輸入して生け簀に生かしてあるものを仕入れますので、身はプリプリで、海老好きにはこたえられない美味です!
シヴェとは、ジビエ(狩猟で獲る獣類)を赤ワインで煮込み、その血を使う野趣ある調理法ですが、オマール海老や伊勢海老の料理名にも用います。海老の頭や殻をミルポワ(香味野菜)とともに炒めて赤ワインとポルト酒を入れて煮出します。煮詰まったら漉して、バターでモンテして仕上げます。白ワインを使う場合もありますが、今回は赤ワインでしっかりした濃い味わいのソースにいたしました。赤ワインの酸味とともに海老の風味がふわっと残る美味しいソースですよ(^-^)

活オマール海老のシヴェ
カナダ産活オマール海老のシヴェ、菜の花を添えて
アラカルト 半身¥2800 1尾¥5000(2名様でシェア頂けます)
ディナーC¥8400のお魚料理としても、ご賞味頂けます。
アラカルト・ディナーCともご予約をお願い申し上げます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仔羊ジゴ
足寄町石田めん羊牧場産・仔羊ジゴ(もも肉)のロースト

こんにちは、マダム・カザマです。
引き続き、忘れ物ネタです(笑)
自宅の賄いの買い物にスーパーマーケットに出掛けました。基本的に1週間分の買いだめをするので、エコバッグ2つがパンパンになる大荷物で、その日は大雪でもあり、タクシーで帰ろうと思いました。ちょうど乗客を降ろすタクシーが目の前に停まりましたので、ラッキーとばかり下車するのを待っておりました。乗りこもうとすると、忘れ物のストールが座席に!慌てて先客を呼び止めました。
「お客さま!お忘れ物・・・(はっ)」 ここは我が店ではないのに、、、、習性ですね(笑)


先日ご紹介した足寄町石田めん羊牧場さんの仔羊料理、本日はジゴ(もも肉)のローストをご紹介致します。もも肉は、なるべく大きなかたまりでじっくり焼き上げるのがいいですね!外側はこんがり、中はロゼ色に仕上がります。美味しい仔羊のジュをたっぷり含んで、しっとりした食感です。仔羊の骨などを焼いて香味野菜と煮出した出汁(ジュ)をベースにマデラ酒で風味を付けたソース、そして付け合せにはほっくりと焼いた甘いじゃが芋、インカのめざめを添えました。北海道の美味をご堪能下さいね。

仔羊ジゴ
足寄町石田めん羊牧場産・仔羊ジゴ(もも肉)のロースト、インカのめざめを添えて
アラカルト ¥2600
ディナーA¥4000・B¥5800のお肉料理としても、お選び頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鰊のマリネ
鰊のマリネ、アンディーブとリンゴのサラダ仕立て

こんにちは、マダム・カザマです。
帰宅してからテレビを見ながらソファの上でうたた寝をしていると(日課です(^-^;)、、、夢を見ました。
どこかへ出掛けた帰りに羽田空港にいるようです。東京が大雪で、飛行機が運休になりました。これは今日札幌に帰れない、困った。自宅に連絡したりホテルを取ったりしようと思い、携帯電話を取り出そうとしてはっとしました。コートのポケットに入れていたのですが、そのコートを着ていない。そうだ、コートを預けていたんだった。はて、どこに??

大いにうろたえましたよ(笑) ワタシはあんまりケイタイを活用できていない方なんですが、それでもイザという時は頼りになるケイタイです。どこかに置き忘れたりしたら、大変ですね!

当店にも、時々ケイタイのお忘れ物があります。お帰りになったお客様を追いかけてお渡しできることもありますが、後で発見してご連絡をお待ちすることもあります。一度、タクシーに置き忘れてご自分のケイタイに電話をして、電話に出たタクシーの乗客の方に届けて貰った方もいらっしゃいました。その場合、乗客の方のタクシー運賃や時間補償を請求されていらしたようです。タクシーに忘れた場合は、タクシー会社に連絡して後程ドライバーさんに届けて貰った方が良いと思いますよ。そういうこともありますので、タクシーの領収書は必ず貰っておきましょう。
とにかく、ケイタイやデジカメ、メガネ、ハンカチなど、取り出して使うコトが多いものは忘れがちです。ご用心を

今、鰊(ニシン)漁真っ盛りですが、大漁で嬉しい限りです。型も良く、新鮮な鰊がお安く入ってきます。年明けから春先まで毎年、鰊のマリネをご用意するシーズンです。今月は、鰊のマリネにサラダをたっぶり添えた前菜をお出ししています。観光客の皆様にも、大変ご好評を頂いており、北海道ならではの美味しい魚を楽しんで頂けて嬉しいですね。サクサクしたアンディーブ(チコリ)の歯触りもよく、クリームドレッシングで和えた甘酸っぱいリンゴのサラダをソースのようにして、鰊のマリネをお召し上がり下さい。

鰊のマリネ
鰊のマリネ、アンディーブとリンゴのサラダ仕立て
アラカルト  ¥800
ランチA¥1800・B¥2300・ディナーA¥4000の前菜としても、ご賞味頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
足寄産仔羊のソテー 
足寄町石田めん羊牧場産・仔羊骨付きロース肉のソテー

こんにちは、マダム・カザマです。
昨日、市内のホテルを会場に「食クラフェスタ」という催しがあり、ウチのシェフも参加して参りました。道内の生産者やシェフ、食の関係者の方々が一堂に会し、食材の紹介や交流をするというものです。食材の試食もでき、生産者の方と直接お話しもしてなかなか有意義だったそうです。道産の美味しい食材の情報はいつも求めておりますが、ウチのシェフはわりと出不精なので(^-^;、こういう催しに参加できてありがたいです。いくつか欲しい食材に出会えたそうなので、当店のお料理となって登場する日がワタシも楽しみです。


道産の仔羊は、当店でも欠かせない食材の一つですが、今日ご紹介の足寄町石田めん羊牧場産のサウスダウン種の仔羊もとても気に入っているものです。羊特有の香りは優しいですが、肉の味わいがしっかりして程よい弾力もあり、口の中で噛みしめるとじわじわ美味しさが出てきます。
こちらの仔羊は、骨付きの枝肉で仕入れますので、部位ごとに調理していくつかのお料理に仕立てます。
骨付きロース肉の部位は、ソテーしてお肉の香ばしさ、風味脂身の甘味とを引き立てます。こんがり焼けたお肉の旨み、骨ぎわの脂身のついたお肉の甘さをお楽しみ下さい。付け合せには、真狩産のユリ根とパンチェッタのコロッケ、たっぷりの温野菜を添えております。
足寄産仔羊のソテー 
足寄町石田めん羊牧場産・仔羊骨付きロース肉のソテー
アラカルト ¥4000
ディナーC¥8400のお肉料理としても、お選び頂けます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベカス
山シギ(ベカス)のロースト、そのレバーとフォアグラ風味のソースで

こんにちは、マダム・カザマです。
2月も後半に入り、雪も寒さもまだまだですが日が長くなって参りましたね。夕方が明るいです。春に少しずつ近づいているという嬉しい気持ちになれます(^-^)
冬はジビエ(狩猟で獲る野鳥獣)の季節ということで、山鳩や真鴨のご注文をよく頂いております。そろそろジビエの季節も終盤に入ってきましたので、ご希望の方はお早めにお越し下さいね。
今季の山鳩の仕入れは終了させて頂きました。ただ今ご予約頂いている分のみのご提供となります。他のご用意は、フランス産青首鴨のロースト、白糠産えぞ鹿のローストとなります。よろしくお願い申し上げます。

ベカス
野鳥料理ファンには特別の人気があるのが、ベカス(山シギ)です。少量ですが、入荷致しました。ご予約によりお取り置き致しますので、ご希望の方はぜひお知らせ下さいませ。

ベカスは、レバーとフォアグラのペーストをベースにした、濃厚なソースでお召し上がり頂きます。小さな鳥ですので、1羽一人前でのご用意となります。ベカスは頭ごとローストするのが通常で、頭もパリパリと食べてしまうんですよ。ワイルドだぜ~♪ すみません(-_-)

山シギ(ベカス)のロースト、そのレバーとフォアグラ風味のソースで
アラカルト 1羽 ¥9000


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ショコラ
ジャック・ジュナンのショコラ

今日はヴァレンタイン・デーでした。新聞やラジオでも、街に出かければデパートでも、チョコレートの話題で賑やかでしたね。
当店でもディナータイムにいらしたお客様がすべてカップルという、ヴァレンタインらしい夜でした。皆さま、お幸せにお過ごしください

上の写真は、ワタシからシェフへのプレゼントです! な~んてウソ(笑) 自分用でーーす
いつも愛読しているブログ、フランス漂流生存日記こんな社長でごめんなさい!~の社長さんが経営のインポートショップでパリよりお取り寄せしました、ジャック・ジュナンのショコラ・アソートです。この社長さんが、世界一美味しいと言ってるので好奇心で買ってみました!それに2年ほど前、パリにアパルトマンを持っているというお客様からも、今一番はジャック・ジュナンと教えてもらったことがあります。どれだけ美味しいのか、、、でもまだ食べていません。自分のショコラ鑑定能力には全く自信がナイので(^-^;、ショコラに詳しいお友だちと一緒に味わおうと思ってます。お友だちに会うのは来週なのですが、とりあえずどんなショコラか箱を開けてみました。美しいですねー。頂くのが楽しみです(^-^)


ウチでもヴァレンタインのショコラは、プレゼントするものではなくこの時期にしか買えない高級ショコラを自分のために買う日、となっておりますよ。ウフフ。あ、でも
シェフにも1粒くらいは、恵んであげるつもりではおりますー(笑)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マリーゴールドホテルで会いましょう

夫を亡くしたイヴリンは、ネットで見つけたインドの高級リゾートホテルで余生を送る事を決める。イヴリンと共にインドに向かったのは、7人の老人たち。しかし彼らを待っていたのは、ホームページとはまったく違うボロボロのホテルだった…。理想に燃える支配人のソニーは調子の良い言葉で客たちを納得させ、7人は渋々このホテルで暮らし始める。イヴリンは前向きにインドに馴染もうとし、7人の同居人とも積極的に交流を始める。
マリーゴールド・ホテルで会いましょう - goo 映画 より引用


リタイアしたシルバー世代に流行している外国でのロングステイ。日本だけじゃあないのですね。イギリスの老人たちのインド・ロングステイぶりが楽しめました。
かくいう自分もアジア・ロングステイに憧れている一人(^-^; ロングじゃなくても、厳寒の冬に1か月くらい南の島に逃避したいもの南の島

インドの素敵なお屋敷を改装したシニア向けホテルの美しい佇まいの写真に惹かれて行ってみたら、ビックリのオンボロホテル。というキャッチコピーのこの映画ですが、いやいや、ステキですよ、このホテル!そりゃあ、家具はホコリにまみれて壊れていたり、ドアの無い部屋だの、お金を払って泊まるホテルとしたらサイテーだけど、コロニアル風?というのかな、クラシックで広くてゆったたりした中庭や、屋上には素晴らしい眺めのテラスもあって、パラソルを立ててお茶ができる。いつもワイン飲んでる人も~。いいなあー、行ってみたいなー

到着してビックリしたシニアたちも、なんとかここで暮らして行かなくちゃと街に出かけます。いきいきと街を楽しみ、新生活をブログに書いたりするイブリン(ジュディ・ディンチ)がカッコいいですー。先日、007のMのジュディを観たばかりですけど、本作のジュディもサイコーです。自分も後10年したら、ジュディみたいなシニアになっていたいものです!←ムリ(笑)

老いらくの恋を楽しみたいシニアボーイや金持ちの男と結婚したいシニアガールみたいにお洒落して出かける元気者や、インド育ちで若かった時の恋人との再会を願うシニアも。どのシニアたちもイキイキして可愛くまた切なくて、観ていて心がホロホロしました。
マギー・スミス演じるミュリエルも良かったです。存在感がさすがですねー。とにかくいぶし銀の演技が魅力の名優揃いの本作です、おもいっきり心ゆだねて楽しめますよ。

自分もあと一息でシニアの仲間入りする年令となりました。もう少ししたら、映画もシニア料金で楽しめるステキな世代になれます。今日、入場券を買う時に、係の方に「シニア、、、じゃないですね?」と問われました。もう外見だけなら、シニア料金通用しそうだな



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)/二ノ宮 知子


NEXSUS7を購入して以来、一応毎日嬉しげに持ち歩いております。しかしやはり、スマホ同様使いこなせているとは言えないあり様ですね(^-^; 便利なのは、メールチェック。スマホでも出来てるけど、やっぱり画面が大きいのでラクです。ネットサーフィンももちろんラクラク。メールとサイト閲覧に関しては、もうスマホはなくてもいいかと思えます。というか、元々スマホでメールやネットってあんまりしてないですしね。スマホは自分には豚に真珠くらい不要品かも(笑)

で、タブレットは、メールチェックの他にはやっぱり読書ですね!紙の本と電子本とどちらが良いかといえば、うーん、タブレットちょっと重いし、持ちにくいし、充電も気になるし、紙の本の方が好きです。
でも、電子本、どこにいてもすぐ買えてすぐ読める、読み終わっても邪魔にならない、タブレット以外の端末(スマホとか)でも読める、この便利さもいいものです。特に旅行の時などいつも文庫本を4~5冊荷物に入れてますけど、これからはタブレットに何十冊でも(笑)入れてけるというのはいいですねー(^-^) しかも保管場所はクラウドだから、端末の容量を気にすることもないですしね。
だけど、電子本は、面白かったからといって人に貸すことができないのは寂しいものがあります。基本的には、一人で楽しむというなにか孤独なものを感じますねー。
あと、地下鉄などで文庫本を読むのは平気ですが、タブレットを取り出して読むのはちょっと恥ずかしい気がします。長距離の列車内や飛行機なんかだったらいいけど、通勤電車程度ならスマホがせいぜいかな。でも地下鉄でじっとスマホを見つめてる姿にも抵抗感あり。オバサンとITの関係は、なかなか難しいモノがあります(笑)

さてさて、タブレットでマンガはどうかと、購入してみました。それにしても、電子本の価格って面白いですね。発売後時間が経過すると安くなっていくみたいで、購入のタイミングを計りたくなってしまいます。でも新刊も読みたいし、これも悩ましい(^-^;

「のだめカンタービレ」には、はまらせて頂いた二ノ宮知子さんの新しいマンガ、87CLOCKERSはコンピュータものです。マシンを早く走らせることに血道をあげ、世界規模で競っているマニアたちの習性を描いたものです。正直、さっぱり分かりません(笑) ですが、マンガとしては、なかなか面白く、楽しく読んでいるうちにコンピュータに詳しくなれる、、、、わけないですが。あまりにもマニアックですが、業界の方々ならばなお楽しく読めるのでしょうかねー。

DSC_0255.JPG
せっかくのタブレットなんで、出来ればカラーページを沢山入れてくれると嬉しいかな、と思います。ま、それはともかく、紙のコミックでは既に2巻めが出てるのですが、電子本は未刊です。早く続きが読みたいのですが、紙で2を買うのは悔しい気がします(笑)。電子版も同時発売をお願いしたいものですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ウズラのロースト
ドンブ産ウズラのロースト、フォアグラと鶏ムース包み、マデラ酒風味のソース

こんにちは、マダム・カザマです。
まだまだ寒い日々が続きますねえ。ウチのシェフも○○引が手放せない(というか、足放せないのですが)でいます。冬場は帰りが遅くなる日はタクシーで帰宅するのですが、以前はそういう時は○○引は着用しなかったのに今はしっかり履いています。指摘すると、「現状に順応すると、そこから抜け出すのは難しい。」と申しました。たかが、○○引で、大げさな言いようですね(^-^;


ささ、今日はお肉料理をご紹介しますよ。
ドンブ産ウズラのロースト、フォアグラと鶏ムース包み、マデラ酒風味のソースです。
こちらは飼育のウズラですが、このドンブ産はちょっと大きめで身の厚みもあり美味です。ウズラは白身の鳥であっさりしていますので、詰め物をしてローストする料理もよくします。
ウズラのロースト今回は鶏肉のムースにソテーしたフォアグラを混ぜてウズラに詰めました。ウズラのジューシーで程よい弾力のお肉の中と柔らかなフィリング、フォアグラのコクが美味しさを増しています。マデラ酒り少し甘みのあるソースと好相性ですよ。

ウズラのロースト
ドンブ産ウズラのロースト、フォアグラと鶏ムース包み、マデラ酒風味のソース
アラカルト  ¥2400
デイナーB¥5800のお肉料理としても、お選び頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


パイ
ロックフォールチーズソースの熱々パイ、パパイヤ添え


こんにちは、マダム・カザマです。
最近、ウチのシェフの話題が全然出ていないコトに気が付きました。これでは、ウチの店にはマダムしかいないと思われてしまいそうです(^-^; もしくはワタシがシェフを無視している冷たい仲の夫婦だと推測されているかも知れません。そんなことは決してありませんので、今日はシェフの話題から入ろうと思います!
シェフは、朝起きて居間に入り、テレビのスイッチを入れると、ソファの上に横たわり目をつぶっています。先日はイビキをかいていたので、朝ご飯が出来たと起こして「イビキかいて寝てたね。」と言うと、「オレはイビキなんてかいてない!」と寝ぼけまなこで否定しました。シェフは自分が眠っているコトに気づいていないようです。自分が眠ってるか起きてるかも分からないなんて、シェフもだいぶん老人力が付いてきたみたいですね。我々は仲良しの老夫婦になって来ました


今日ご紹介するお料理は、シェフが師匠から伝授された一品です。師匠は、フランス料理界の重鎮だった方で人格も素晴らしく、ワタシは2~3度お会いしただけですが、シェフからいつもお話しを聞いていましたしずっと尊敬してましたが、2年前に亡くなられました。師匠のレシピはシェフが大切にしていて、時折メニューに載せたりしますが、このロックフォールチーズソースの熱々パイ、パパイヤ添えもその一つです。
ブールチーズの王様とも言える素晴らしく美味なロックフォールチーズをクリームでなめらかなソースにして軽くレモン汁を絞ります。何層にも上がるサクサクのフィユタージュ(折りパイ)の焼きたてを置き、カットしたパパイヤを散らします。
ロックフォールチーズのまったりした旨みとコク、軽い塩味にパパイヤの甘さが絶妙で、サクサクのパイとともに口に運ぶと、もう手が止まらない至福の美味しさです!もちろんパンですくって食べても美味しくてたまりません(^-^) ロックフォールチーズはクリームでマイルドになっておりますので、ブルーチーズが苦手と思う方も、ぜひお試し下さい。ましてやブルーチーズ好きの方は、一度召し上がると虜になること間違いナシです

パイ
ロックフォールチーズソースの熱々パイ、パパイヤ添え
アラカルト  ¥1400(パイを上げる都合でご予約頂けるとありがたいです)
ディナーB¥5800の前菜としてご賞味頂けます。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)