食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:


抹茶のムース

抹茶のムースとバニラ・アイスクリーム

こんにちは、マダム・カザマです。
またまた冷え込みましたねー(^_^;) 本当に今年は寒いです~  昨夜お越しになったお客様は札幌近郊のE市にお住まいですが、携帯で撮った氷点下20°近くまで下がった寒暖計の画像を見せて下さいました。札幌はだいたい-10°前後ですから、まだまだたいしたことないみたいです(笑)。
そんな中、昨日の札幌ドームではダルビッシュの会見があり、10000人もの人が訪れたとのことですね。外は寒いけどドームは熱かったようです。ワタシも今朝の新聞でダルビッシュの言葉を読みながら、なぜか目頭が熱くなってしまいました。うーーん、そんなに熱烈なファンというわけでもないのに、なんというか身内を送り出す親族のような気持ちになってしまっております(笑)

しばらくぶりにデザートのご紹介をいたしますね。
当店では定番のクレーム・ブリュレやココナツのブラマンジェが人気なのですが、他にも色々とご用意していますよ。
上のデザートはちょっぴりほろ苦い抹茶のムース、鮮やかな緑色がきれいですね。さっぱりしたデザートを召し上がりたい方にお勧めかも。バニラのアイスクリームを添えました。
 
栗のパイ 
マロン・ムースのパイ包み、塩キャラメル・ソース
こちらは栗のムースと刻んだ栗をパイに包んで焼きました。塩味のきいたキャラメル・ソースとバニラ・アイスクリームがのっています。15分ほどお時間を頂きますので、お早めにご注文下さいね。

デザート各種 ¥500
ランチB¥2300・スペシャル・ランチ¥3200
ディナーB¥5800・C¥8400でお選び頂けます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


八角と真ダチのポワレ

八角のポワレ、種マスタードソース、真ダチのムニエル添え

こんにちは、マダム・カザマです。
うかうかしている内に、またブログの真が空いてしまいました。一日の過ぎるのはなんて早いんでしょうね!
先週は、ダルビッシュのテキサス・レンジャーズとの契約成立で持ちきりでしたねえ。ワタシも大方の日ハムファンの皆さんと同様、ダルがいなくなるのは日ハムにとり痛手ではあるけれど、メジャーで大活躍する姿を見たい、という期待を大きく持っています。今シーズンはメジャーの試合も気になる日々になりそうです。
ダル、メジャー・リーガーたちをきりきり舞いさせてくれー!
Yes, YU can!!


さて、お料理ご紹介に参ります。冬の魚介界のスター、八角と真ダチがバッテリーを組んだ一皿ですよ(^-^)
八角は固い殻のような皮を持ち羽のようなヒレもある変わった外観の魚ですが、その身は脂がのっていても上品な旨味の美味しいものです。 召し上がりやすくすっかりフィレにおろして、ポワレしました。真ダチはこんがりとムニエルにします。軽く焦げ目がつくようにしっかり焼きますと、表はぱりっと香ばしく、中は熱々にとろーりといった具合に仕上がります。真ダチはちょっと苦手、と思っていた方もぜひお試しくださいね。
種マスタードの酸味のあるソースでお召し上がり下さい。
八角と真ダチのポワレ
  
八角のポワレ、種マスタード・ソース、真ダチのムニエル添え  ¥3000
ディナーC¥8400のお魚料理としても、ご賞味頂けます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
山ウズラのロースト 
山ウズラのロースト、マスタード・ソース

こんにちは、マダム・カザマです。
今日は定休日でしたが、午後から自宅でのんびり過ごしてました。お茶にカリントウで読書など、、、ちょっと渋いですかね(^-^;
夜はシェフの実家の兄からもらった毛蟹を頂きました。う~ん、やっぱり産直はマイウ~

冬はジビエ(狩猟の野鳥獣)の季節ですね。今月はヨーロッパ産の山ウズラのローストをご用意しております。焼くと甘い香りがただよって食欲をそそります。白身ですが、やはり野生なので肉に弾力があり旨味があります。柔らかな酸味のマスタード・ソースを合わせました。冬野菜やじゃが芋のグラタンを付け合せに、お楽しみ下さい。
山ウズラのロースト 
山ウズラのロースト、マスタード・ソース  ¥2600
ディナーB¥5800のお肉料理としても、お選び頂けます。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
カスベのムニエル
真カスベのムニエル、香草風味のバターソース

こんにちは、マダム・カザマです。
ようやく寒さも一段落という感じですね。札幌は穏やかな天気で道路の雪もゆるんでいますが、岩見沢方面の大雪はすごいですね。お住まいの皆さまはさぞ大変なことと思います。以前札幌でも郊外に住んでいた頃は、道路わきに背丈の2倍くらいに積まれた雪にうんざりしていたものですが、今年の岩見沢はそんなもんじゃあないですね。玄関前に積もった雪で家から出るのもままならない様子、そろそろ雪雲にはご遠慮願いたいですね!

今月、お客様にご好評の真カスベのムニエル、香草風味のバターソースをご紹介いたしましょう。
カスベとはエイのことで、ヒレの部位を用います。むっちりと身厚な真カスベのヒレをたっぷりのバターでムニエルにいたします。香草と白ワイン、フュメ・ト・ポワソン(魚出汁)、焦がしバターをレモン汁でしめて、香ばしいバターソースとします。酸味とコクのあるソースが真カスベの身を引きたてて、白ワインもすすんでしまいます。ヒレの軟骨ごと召しあがって下さいね!

カスベのムニエル 
真カスベのムニエル、香草風味のバターソース  ¥1400
ディナーA¥4000・B¥5800の前菜としても、お選び頂けます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
海の幸プラトー 
冬の海の幸のプラトー、パリのブラッスリー風に

こんにちは、マダム・カザマです。
今年もカザマ恒例の冬の海の幸盛り合せプラトーの季節がやって参りました。フランスに行くと必ずブラッスリーに行って生牡蠣や海の幸盛り合せを食べずにはいられないのは、何も我々だけではナイと思います。先日もこのプラトーを前にして歓声を上げ、「遠いヨーロッパまで行かなくともカザマで食べられる~」と、大喜びのお客さまがいらっしゃいました(^-^) 新鮮な海の幸を存分に楽しんでくださいね!

海の幸プラトー
厚岸町・溝畑さんの殻付き生牡蠣を筆頭に、ずわい蟹脚甘海老のフリットアサリ貝ムール貝(モンサンミシェル産)、帆立と北寄貝のマリネ、そして今年は新顔の殻付き生雲丹もデヴューしました。浜中町・散布(ちりっぷ)より直送です。殻は小ぶりなのですが、実入りはいいものです。というのもこちらは養殖のウニで、餌には良質な昆布のみを与えているお嬢さん育ち。上品なウニの甘い味わいだけを楽しめますよ!

海の幸プラトー 
冬の海の幸のプラトー、パリのブラッスリー風に  ¥3800(お二人様用の量です)
ディナーC¥8400の前菜としても、ご賞味頂けます。
こちらはご予約によりご用意致しております。当日では材料が揃わないことがございますので、なるべくお早めにご予約下さいませ。また、天候その他の事情で入荷が無く、内容が変更になることもございますのでご了承下さいませ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
牛バラ肉のポトフ

牛バラ肉と冬野菜のポトフ
こんにちは、マダム・カザマです。
しばらくのご無沙汰でしたー(^-^; 年のせいでしょうか・・・・なかなかいつものリズムに乗りきれずあたふたしているウチに早や1月も半分が過ぎ去ってしまいました。いやはや(笑)
それにしても、寒い日々が続きました
「寒くて寒くて暖房機のおはようタイマーを入れずにはいられない日々ですが、いかがお過ごしでしょうか。」こんなご挨拶文を入れたくなるワタシの毎朝です。みなさま、風邪などにやられてはいませんでしょうか?凍えてシモヤケなど作ってはおられないでしょうか?ワタシは元気です!(^-^) 今月のお料理ご紹介、エンジンかけます!

さあ、そんな寒い日にぴったりのお料理です。牛バラ肉と冬野菜のポトフでございます。
寒いと熱々の汁物、食べたくなりますよねー。脂身と赤身が層になったショートロインという部位を使いました。煮込んで柔らかく旨味のある赤身ととろける脂身が美味しいんです。肉や野菜の滋味が溶け込んだスープも後を引きます。蕪やプチヴェール(ブロッコリと芽キャベツの掛け合わせ)、人参、キャベツなどその日の冬野菜をたっぷり添えてお出しします。寒さに負けない栄養を取りましょうね

ポトフ
牛バラ肉と冬野菜のポトフ ¥1800
ランチA¥1800・B¥2300のお肉料理としてもご賞味頂けます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ミッション・インポッシブル
ミッション・インポッシブル ゴースト・プロコトル


毎年恒例のお正月映画鑑賞はコレだ!
トム・クルーズのはまり役IMFのエージェント、イーサン・ハントの手に汗握るアクション連続のミッション・インポッシブル。お正月でふやけてちょっと眠たい体をシャッキリさせてくれるのである。

えーと、ストーリーは、核戦争を起こして世界をリセットさせるという野望に取りつかれた男を阻止しようというのが今回のミッションである。まずはソイツをあぶりだすためにクレムリンに潜入するのだが、うまくいかずにクレムリンが爆破されてしまう。この爆破シーンも壮絶・迫力!ロシアは爆破はアメリカの仕業と決めつけ、アメリカ政府はそれを否定するためにIMFに「ゴースト・プロトコル」指令を発動し、IMFを解体してしまう。ハントのチームはオフィシャルな後ろ盾を失ったまま、核弾頭ミサイルを発射しようという男を追いかけるのだった。

なんといっても見どころは、ドバイの超高層ビルブルジュ・ハリファの壁面をよじ登るトム・クルーズのスタントだ。吸着手袋をはめて目がくらむ高さのガラス窓を這い上がり、片方の手袋が故障してくっつかなくなりさらにハラハラさせられる。いやもう高所恐怖症の方なら見ていられないシーンだ。自分、高所好きなので大丈夫(笑)。ドバイの砂嵐の強烈さも見逃せない。周りも良く見えない砂嵐の中でのカー・チェイスも大迫力。

ハラハラドキドキはここだけではなく、全編目の離せないデンジャラス・シーンの連続で観る者の気を休ませない、超高躁(ハイテンションの造語のつもり)なアクション映画でありました。

俳優陣もなかなか魅力的!ハント・チームのエージェント、ジェーン・カーターのポーラ・ハットンはアクションもいいけど大金持ちのパーティに忍び込んだ時のドレス姿も色っぽくてステキ。同じくエージェント、ベンジー・ダンのサイモン・ペッグもいい味わい。この人は「宇宙人ポール」に出ているので、そちらもぜひ観たいところだな~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

明けましておめでとうございます!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げますーラブラブ


札幌は穏やかな新年の日を迎えました。

昨年は、30日で仕事納めでしたが、ディナータイムにも食いしん坊な美食家のお客さまたちにお越し頂き、シェフは大わらわで厨房を走り回りました(笑) 仕事納めにふさわしい牡蠣や海の幸、魚まるごとのココット焼きやジビエ料理などなどオススメ料理がお客さまのテーブルを彩りました。昨年1年間のご愛顧に心より感謝申し上げます。


大みそかは、母宅で年越しでした。シャンパンが気に入った母とビールの缶を幾つもプシュプシュ開けるダンナ、酔っ払いのダンナと年寄りの母は、何度も同じコトを繰り返し、ちっとも話が先に進みません(^_^; いい加減眠くなった頃いつの間にか年を越して、、、母宅を辞して自宅(すぐ裏なんですが)に向かって歩いていると、ちょうど除夜の鐘がゴーン・・・・と。いい雰囲気でした。


新年はまた母宅で、お雑煮をご馳走になったあと、ダンナはいそいそとお出かけ。初打ちでしょうか。ワタシは、昨日ついに決心して購入したパソコンの設置をする予定です。新しいパソコンを触るのが楽しみ~音譜 それでは、作業にかかります! 

また皆さまとは、ネットのあちこちでお会いいたしましょうビックリマーク


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)