食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-アンストッパブル
アンストッパブル


ペンシルバニア州のとある操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備士の人為的ミスによって無人のまま走り出してしまった。積荷は大量の化学薬品とディーゼル燃料。操車場長のコニーはとてつもなく深刻な事態が発生したことを認識し、州警察に緊急配備を依頼する。その頃、勤続28年のベテラン機関士バーンズと職務経験4か月の車掌コルソンは、この日初めてコンビを組み、旧式機関車1206号に乗り込み職務に就いていた…   

アンストッパブル - goo 映画  より引用


いやもう、暴走する重量級機関車のど迫力!

側線に退避しようとする対向列車は、正面衝突を避けられるか。列車には鉄道見学の児童が満載!

前を走る別の機関車を接触させてなんとか速度を落とそうとするも、不幸な結果に!

疾走する暴走機関車の運転席になんとかして人を送り込んでブレーキを掛けなければ、先にある大曲の地点で脱線転覆はまぬがれられない。そこには多数の石油ガスコンピナートの巨大タンクが林立だ!

ああ~、もうスリル満点で、シートで身体が強張りっぱなしの自分(笑) あー、コワかった。


そして、初対面でコンビを組む二人の主人公はともに困難な人生を抱え、暴走列車の停止に取り組む危険な作業が二人の人生をいい結果に導くストーリーも心地よい。

そもそもここの鉄道会社は、経営難からリストラ断行、年配のベテラン社員が解雇通知を受ける中、新規採用の若手との軋轢が生まれていた。社員の士気も低下し、だらだらした作業から人為ミスが起こり、起こるべくして起こった列車の暴走。会社の利益と自身の保身から、対策が後に回って手遅れにする中間管理職と、この一大事にゴルフ中の社長と、典型的ながら、血流が悪くなった大組織の問題点を、スピーディに描いてこちらも見る者を飽きさせない。

二人の快挙に喝采を送りたくなる、スカッとするエンディングでありましたー(^o^)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「映画」 の記事

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-ドメーヌ・タカヒコ

ドメーヌ・タカヒコの曽我貴彦さん


過日、ワインショップフジヰ さんにて、道産ワインの試飲会があり、参加させて頂きました。

近年、北海道においてワイン作りに情熱を傾ける方々が増えて、レヴェルも上がっているのは周知の事実ですが、この日も個性あるワイナリーが集まり瓶詰前のバレルよりのワインなども含めた貴重な試飲ができました。


■北海道三笠で葡萄栽培から醸造、瓶詰めまでを行うワイナリーのパイオニアとも言える「山崎ワイナリー」

■長野の名門、小布施ワイナリーの御子息、曽我貴彦氏が余市で畑を取得し、昨年苗木を植え、醸造所も開設した「ドメーヌ・タカヒコ」

■三笠でソーヴィニヨンブラン種とピノノワール種だけを栽培する「タキザワワイン」

    ---ワインショップフジヰさんのご案内より引用。


山崎ワイナリーさん以外は、初めて頂くワインでしたが、目を見張るような個性ある旨い!ワインに出会えました。

なかでも、ドメーヌ・タカヒコさんのケルナー
食べて飲んで観て読んだコト-ケルナー
ドメーヌ・タカヒコさんでも自社農園でピノ・ノワールの栽培をしていますが、まだ若木。現在は余市の登地区の葡萄畑の葡萄を買い付けて、醸造しています。白ワインのケルナーと、ピノ・ノワール、ツヴィゲルトレーベとピノのパストゥグランを試飲できました。曽我貴彦さんのポリシーはテロワールを生かして葡萄そのものを素直にワインにするということでしょうか。短時間交わしたお話の中ででは、自分の理解は少ないかもしれませんが、このケルナーはまさにその通りの印象。そして、自分がワインに求める味わいと合致した、素敵なケルナーでした。出荷されたら、必ず買います!畑も見学に行きたいです!


食べて飲んで観て読んだコト-山崎ワイナリー ピノノワール 山崎ワイナリーさんのピノ・ノワール’08。こちらもなかなか!山崎ワイナリーさんのケルナーも自分はファンでして、毎年必ず購入してますが、このピノも買う事にします! 酸味が柔らかくエレガントに仕上がってますねー。


そして、タキザワワインさんのソーヴィニヨン・ブラン。まだ瓶詰前のものとはいえ、その香り、ポテンシャル、国産のソーヴィニヨン・ブランとして、目を見張る旨さでありました。タキザワワインさんのワインとオーナーさんの写真も撮ろうと思ったのですが、たくさんのお客さまが集まってしまい、カメラが近づけませんでした~。残念!畑は、三笠の山崎ワイナリーさんの近くとのこと、ぜひ訪問させて頂き写真はその時にたくさん撮らせて頂こうと思います。


北海道産のワイン、これからますます楽しみです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シンギュラリティもコンクェストもなんのことやら、、、と思いつつ読み始めました。あんまり難しいSF用語は分からないんです(-ー; でも、このお話はスター・ウォーズとか他の宇宙ファンタジーものみたいに、とても楽しく読めます。


ある時、地球から見る空が禍々しい紫色に染まってしまいます。物理学者、科学者たちが色々と調査した結果、平行宇宙のなんらかの行為の結果が影響しているらしい、このまま放置すればこちらの地球も滅亡に至る、との結論が出ました。そこで、滅亡を回避するための方法をみつけなければなりませんが、人類の頭で考えていてもらちが開かないので、人工知能を開発して演算させようではないかという事になりました。

そして、最高速の演算能力を持つ人工知能「メサイア」と、美少女の姿を持つ人工精神「アマテラス」が完成し、どちらが人類の未来を任せるに足る存在か、あるいは機械など信頼できないからあくまでも人間の脳で考える、という派閥に分かれたのですね。


人工知能または人工精神、どちらも素晴らしい演算能力を持ちますが、そこで問題になるのがシンギュラリティの概念です。シンギュラリティとは、技術的特異点と訳されるそうですが、科学や技術が進歩していった結果、ある時点からそれまでの人類の考え方や状態がガラッと変わってしまう事を意味するみたいです。自分も良く分からないのですが・・(^_^; そして、コンクェストは克服するという意味ですから、その特異点を人類が制御できるかどうかということでしょうか。


このお話には、スーパーコンピューターに人類を支配されるのではないかという心配と、それを克服するにはどうすれば良いか、というテーマがあります。人工精神アマテラスには誰にも愛されるような可愛らしい見かけの身体と皮膚感覚も与えられ、それらより人類に対する愛情と一体感を持てるように作られました。このアマテラスが人類を守りたいという思いで戦う活躍で楽しめる宇宙活劇となっていますが、なかなか含蓄のある深い世界観があり面白いSFでした。技術が進んだ結果、映画のターミネーターみたいな機械に人類が支配される未来が来ては、困りますからね。



賄い:たらこのパスタ。
食べて飲んで観て読んだコト-たらこのパスタ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-滝川先生 滝川裕三ジャズギターライブ


鬼(?)のいぬまに、夜のお楽しみをこっそりしていた自分ですが、あの記録的な大雪だった夜もまた雪崩のように降りしきる雪をかき分けて、最後のお楽しみに出掛けたのでありました。

ウクレレを習っている滝川裕三先生のソロ・ライブがあると聞き、一緒に師事している同級生であるお客さまご夫妻をお誘いして、初めて先生の演奏を聴けることとなり、とても楽しみにしておりました。ライブはホテル・ニューオータニのバー・オークルーム でありました。


ライプの前に、軽くディナーをご一緒しましょうと、近くのクロスホテルのイタリアンレストランAgora で待ち合わせ。とても仲良しなお客さまながら、改めてレストランで会食というのは初めてなので、食前酒で乾杯し、お話もはずんでとっても和やかなひとときでした。


食べて飲んで観て読んだコト-アゴーラ 食べて飲んで観て読んだコト-アゴーラ

唐辛子を練りこんだパスタと、、、留寿都産豚肉のローストを美味しく頂きました。


その後、ニューオータニのバー・オークルームに移動し、、、相変わらずすごい雪でしたが、ほんの一丁の距離なので無事に到着。
食べて飲んで観て読んだコト-マティーニ

マティーニを頼みましたー。酔っ払わないように気をつけなくては(笑)


滝川先生のスタンダード・ジャズの華麗なアレンジに聴きほれる、(普段の自分にはなかなかナイ(^_^;)スタイリッシュなオトナの夜となりましたよ。

いつまでも初心者を名乗らねばならない、情けないウクレレ練習生の自分ですが、少しでも進歩できるようにまた明日から練習を重ねようと、心に誓いました。誓いは簡単なんですが・・・(笑)


滝川先生がバンジョーを担当するジョニー黒田&ディキシー・プリンス の20周年記念ライブも1月23日(日)にBUDDY BUDDY というお店であります。自分もぜひ行ってみたいところなんですが、その日は仕事があり残念ながら行けないです・・・。代わりにここでちょっと宣伝しておきますので、ご興味のある方はぜひどうぞ!

1月23日(日)19:00 チケット前売り¥2000 当日¥2500

BUDDY BUDDY 札幌市中央区北2条東1丁目パラダイスビル(開店17:00)

TEL 011-271-8882


もう一つ、滝川先生が講師を務めているRISE音楽教室 もただ今、新入学生募集中です。自分も通っている所ですが、お友達紹介キャンペーンのチラシを貰いましたので、入学ご希望の方がいらっしゃれば、ぜひご紹介させて頂きます(^-^) 滝川先生は、ギター、ウクレレ、バンジョーなどを教えて下さいますが、教室では他の楽器も各種色々習えます。プライベートのマンツーマンで指導して頂けますので、初心者でも安心です。この自分も続けていられるのですから、その点は保証いたしますね!

音楽を聴くことはとても素敵なことですが、楽器を触って音を出すこともとても気持ち良いですね~。この年で初めて触ったウクレレで上達は四苦八苦ですが、気長に楽しく練習してますよ。貴方もいかがですか!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-ラテアート

卯年なので、可愛いウサギのラテ・アート


さらに夜の一人遊びが続く自分、、、フフフ、お楽しみはまだまだあるのよ(^-^)

いやしかし、本日は遊びというよりは、お勉強に来たとも言える。

去年、初めてこちらのお店Bar Sorriso(バール ソーリッソ) を訪れた時、エスプレッソの美味しさに感心して、ちょっとエスプレッソについて教えて貰えたらなあ、、、なんてずっと思っていたの。このお店もまた、ご近所、自宅からほんの1丁ほどで職場からの帰り道でもある。

そして、もう一つの大きな理由は、こちらのバリスタさんはイケメンなんである(笑) なんでしょうか、年の初めからイケメン・ウォッチャー化しているこの自分(^_^;


食べて飲んで観て読んだコト-ソーセージ いきなりエスプレッソというのもつまらないので、まずは赤ワインを注文しておつまみにイタリア産ソーセージを頼んだら、初めて見るような大きさのソーセージ。この直径を見て!

さあ、ワインを飲みほしてエスプレッソをお願いする。

食べて飲んで観て読んだコト-エスプレッソ これこれ。ああー、やっぱり美味しい。なんてまろやかなコクだろうか。苦味よりは、コーヒーの豊潤な凝縮したエッセンス、という感じなのね。

もちろん、とても高価そうなエスプレッソ・マシーン、豆をひくグラインダー、イタリアより輸入の特別な豆、そしてバリスタの技術。それらが全てがあいまってのこのお味なのは、理解しているけれど、それでも自分のエスプレッソがほんの少しでも近づけないか、何かヒントが得られないかと、一生懸命質問してみる自分(^_^; そんな自分に丁寧に色々お話して下さるバリスタ、うーん、やっぱりイイ男だ!


さて、そのイケメン・バリスタとは、この方だ!
食べて飲んで観て読んだコト-オーナー

写真の腕がイマイチで残念。実物はもっともっとイイ男だから!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-沖縄3兄弟

沖縄3兄弟と楽しむ沖縄のオバアの味


夜の一人遊びを満喫している自分である(笑) 今日はかねてより気になっていた、自宅近所にある沖縄料理のお店沖縄styli酒(おきなわんすたいりっしゅ)てぃんくてぃんく に寄り道を。

左から長男・次男・三男の気さくな3兄弟が楽しくおもてなしをしてくれるので、自分のようなオバサンが一人で行っても愉快なひと時を過ごせたのよ。ほーんと、楽しくて美味しいお店。


何をかくそう、いやまたしても隠すつもりは無いが、沖縄旅行をしたことの無い自分、沖縄料理は初体験なの。札幌にも沖縄料理店は幾つもあるのに、なかなか行くチャンスが無くってね。で、今日はぜひとも憧れの代表的な沖縄料理を試してみようと、意気揚々と訪問。


このお店は南一条通りに面したビルの地下にあるのだけど、この通りもここ西19丁目あたりは、ちょっと暗めでややディープ感も漂う独特の雰囲気なのね。この先は裏参道になってお洒落感も出てくるのだけど、ここはちょっと違う意味で面白いエリア。そして、ビルの地下へと階段を下りて行くと、、、なんてかね、自分の若かりし頃の昭和40~50年代の懐かしい空気感が(笑)


店内は小上がりのテーブル席とカウンター席があり、一人客の自分は迷わずカウンター席へ。写真右端の三男くんと女の子の店員さんが愛想よくお迎えしてくれ、相談しながら食べたかった料理を注文。飲み物はオリオンビールの生。
食べて飲んで観て読んだコト-パパイヤチャンプルー

付きだしの、青パパイヤチャンプルー

いやー、美味しい! 味付けがいい按配よ。薄味だけどお出汁がいい感じ。調理は長男さん担当だそうだけど、沖縄の家庭で食べている味とのこと。運動会のお弁当にはパパイヤチャンプルーは必ず入ってました、と三男くんが語る。


食べて飲んで観て読んだコト-トウフヨウ

これこれ、かねてよりどんなだろうと想像をふくらませていたトウフヨウ

楊枝で少しずつ削って食べて下さい、と。ホントならここで泡盛を頂くといいのだけど、あまり酒豪じゃない自分は残念ながら自重して、、、(^_^; いやーーー、これウマイ!チーズ好きな人なら好き、とよく言われてるけど、確かにウオッシュチーズのエポワッスみたいな濃厚な味わいが・・・ウットリ。チーズと違って臭くはないけどね。


食べて飲んで観て読んだコト-ゴーヤチャンプルー

はいはい、ゴーヤチャンプルーでございますー。こちらもあっさりした味付けながら、やっぱり美味しい。ゴーヤはあんまり苦くないのよ。へー。へー。


食べて飲んで観て読んだコト-沖縄ソバ

で、もちろん沖縄ソバも。

メニューには沖縄ソバとソーキソバがあったので、聞いてみたら同じなんだけどソーキソバの方がお肉の量が多いとのことなので、沖縄ソバの方に。これも旨い!中太縮れ麺はモチモチとして、スープによくからみ、そのスープもまた味わい深く、そしてもちろん柔らかく煮込まれたソーキ、軟骨もゼラチン質もペロリと行きましたよー。ご兄弟は沖縄の名護出身なので、ソーキソバも名護風だそう。名護といえば、我がファイターズのキャンプ地がある所ね。これからファイターズファンの道民が祐ちゃんを見に、どんどん名護を訪れると思うから、名護の皆さん、ヨロシクね(^-^)


このお店は、サンシンを聞かせてくれたり、歌ってくれたり、色々な沖縄をご披露してくれる、楽しくて美味しい所。自分もまた友だちを誘ってぜひ行きたいわね♪

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-キタラ

イルミネーション輝くKitara

何をかくそう、いや隠すつもりもないが、自分今まで一度も札幌コンサートホール Kitara に行ったことが無かった。何分にも夜間も仕事を持つ身、なかなか優雅にコンサートを楽しもうと言うふうにはいかないのである。しかし、1週間ほどダンナが所用で家を空けることになり、仕事の方も夜は休業ということで、それではこの機会に札幌が世界に誇るというコンサートホールに出掛けてみようじゃないかと、思い立った次第。


日程表を見ると、ちょうど良い演奏会があった。PMFチェンバーオーケストラ札幌公演。PMFの修了生で編成されたオーケストラということで、若手ながら世界各地で活躍されている方々とのこと。


日頃よりさほどクラシック音楽に親しんでいるわけでもない自分ながら、初めて生のオーケストラの音に触れてうっとりさせられ、良いひと時を過ごせたと思う。←気取っているが、例によりイケメン・ウォッチングに余念が無く、若き美形の演奏家たちに見とれていたコトを付けくわえておく(笑)


オール・ベートーヴェンプログラム

「コリオラン」序曲 作品62

ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調 作品37

交響曲 第3番 変ホ長調 「英雄」作品55


食べて飲んで観て読んだコト-豊平館

雪の中、ライトアップされた美しい豊平館

キタラに行く途中、中島公園駅から公園内を歩いて行くと美しい佇まいの豊平館 があるので、思わずパチリ! こんな冬の日に真っ白な雪の中を歩いて行けるKitaraってステキですねー(^-^)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

毎年のお正月の楽しみは、箱根駅伝と並び、兵庫・西宮神社の福男選びのレースです。

今年も10日に行われた白熱のレースを、朝のワイドショーで楽しみました。「みのもんたの朝スバッ!」と「スッキリ!」をハシゴしての熱心な観戦です(笑)。

今年の福男レース

http://www.asahi.com/national/update/0110/OSK201101100017.html


今年の一番福を獲得した竹本陵平さん(26才)、おめでとうございます!


そして、今年面白かったのは三番福争いでした。一昨年の一番福を獲得した、東京の消防士・外山哲さん(26才)は、後輩(20才)を成人の記念にと誘って一緒に参加しました。


この後輩がなんと1番くじ(スタート順を決めるくじ引き)を引き当ててスタート、おおむね3番手をキープして走り抜け、笑顔でゴール(待ち受けている神主さんに抱きつく規定)に飛び込もうとしたその瞬間、スタート順70番台から追い上げて来た先輩が横から飛び出して神主さんに抱きついてしまいました。


その時の後輩の驚愕の表情が、カメラにしっかりと捉えられておりまして、何度見ても笑えるシーンでありました。後輩はさぞ口惜しかったことと思いますが、この敗北は先輩との人生経験の差でしょうか。


それにしても、この外山さんは、大変爽やかなイケメン、男らしい職業といい、実にいいオトコと自分の目には映ります。しかし外山さんはまだ独身とのこと、周囲の女性はいったいナニをしているのでしょうか! そう発言しますとダンナは「こいつは性格が悪いんだ!」と言いました。さて、、、?


三番福を目前とした後輩から容赦なく、福をもぎ取った外山さん。でも、勝負は厳しいもの。後輩くんは、来年にぜひ雪辱を果たして欲しいですね。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:


食べて飲んで観て読んだコト-わたしを離さないで
わたしを離さないで


ちょっと前に、1日だけいきなり当ブログのアクセスが増えたことがあり、どうしたのかなと思って検索ワード(検索によりブログにヒットしたキーワード)を見てみたら、わたしを離さないでがその日100件以上もヒットしていてビックリえっ

そういえば、去年からずっと検索ワードの上位にこのキーワードが入ってるので、なんだろうとは思っていたのだけど、、、うかつだった。

自分わたしを離さないでで検索してみたら、なるほど映画化されて話題になっていたのね。日本では春頃公開予定とのこと、これは見ないではおかれないな。キーラ・ナイトレイ(わりと好き)も出ているし。

わたしを離さないで /カズオ・イシグロ

原作を読んだ時の過去記事はこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ちょんまげぷりん」が面白かったので、ついついこちらも。

梅ヶ丘市に転任して来たばかりの高校教師・中島(趣味:バイオリン)は、たまたま聞いたアマ・オーケストラ「梅ヶ丘フィルハーモニー」のコンサートに感激して入団を希望したが、間違って「梅ヶ丘交響楽団」に入ってしまった。「梅響」は、平均年齢は世界最高かと思われる老人ばかりの、演奏もおぼつかないとんでもないオーケストラだった、、、。


「梅響」から抜けたくても抜けられなくなり、コンマスからさらに指揮まで引き受ける事になり困惑する中島は、掛け持ちで「梅フィル」にも入団するが、こちらは団員たちの激しい競争がある厳しいオケ。ついていくために必死で練習するものの、仕事と「梅響」で老人たちの面倒を見ることとの掛け持ちで、中島は心身摩耗状態。

さらにロシアの人気指揮者ゴルゴンスキーが「梅フィル」で指揮をすることになり、ロシアのスパイもやって来て、大騒ぎ。


個性的な老人たちや、音楽の天才少年、中島が憧れる美人教師、さまざまな登場人物がお話を盛り上げてくれ、小さなどんでん返しも幾つかあり面白い。そしてついに「梅響」のコンサートが開かれて、その描写が圧巻。音の無い小説の中の交響曲が素晴らしく響く。クラシック音楽にはたいして素養の無い自分であるが、オーケストラの奏でる音の重なりが目に見えるような気がした。ついキタラに電話を掛けて、コンサートのチケットを予約してしまったくらい、オーケストラを聞きたくなってしまった(笑) 


ウクレレ一つ、今だにろくに弾けないでいる自分であるが(^_^;、それでもメロディーを紡ぐ楽しさ、音楽は楽しんで演奏するもの、というこの本の主題に楽しい気持ちになった。それにしても、でもやっぱり、もっと上達しないものかしらん←練習しろ!



世界一美味しいポテチ: と、売り場のキャッチに魅かれてついつい購入。
食べて飲んで観て読んだコト-ポテチ 120gと多めの量ではあるが、¥399もした。アメリカ産。アボカドオイルを使ったナチュナル・ヘルシーなものらしい。食べた感想は、あっさりめでポテトの味がして悪くないが、堅めのバリバリした食感は自分的にはあまり、、開けたら完食するのが常なのに、残せました(^_^; 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)