食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:


第一回大江健三郎賞 受賞作(2007年)ということを文庫版の帯の惹句で知り、手に取った本。大江健三郎氏が認める力に満ちた「文学の言葉」のある小説とは、どんなものなのだろう!長嶋有氏の作品も初めてだったが、とても楽しい読書の時間となった。この賞を受賞した作品は翻訳されて各国での刊行も約束されているそうだが、現代の日本の作家の感性が、ノーペル賞受賞作家である大江健三郎氏のお墨付きでどんどん世界に紹介されるとは、なんて素晴らしい。


「夕子ちゃんの近道」は、連作短編集のスタイル。

古道具屋というかアンティークショップというか、「フラココ屋」という意味もよく分からない店のアルバイト店員を語り手に、その近所の人たち、店舗大家さんの孫娘たち、フラココ屋店主やそのモトカノだのごく小さな世界の日常的なことがらが淡々と綴られているような穏やかな雰囲気。ちょっと人生のスゴロク1回休みといった感じの語り手も謎であるし、ちょっとずつ語られる登場人物の背景ではあるが、それほど深く踏み行ってかかわるわけでもない。でも、みんな少しずつ仲良くなり、気持ちを通わせていく過程が、古い住宅や道具類、住宅街の裏の竹林の小道や、自転車、スクーター、階段やベランダ、遠くをひたひた歩いて遠ざかる犬だの、なんだか心地よい描写とともに、流れていく。


例えば小川洋子さんとか川上弘美さんの作品を読んだ時と似たような、読後感がある。自分がこれらの作品をよく理解できているとは思えないのではあるが、読書はとても心地よい。そんな感じ。



賄い:手羽先の自家製スモーク。
食べて飲んで観て読んだコト-手羽先

ダンナがテレビで見て旨そうだなと思い、やってみたとのこと。なかなか旨いし、思わずビールが飲みたくなる味だったが、しばらく煙臭くて困った。(換気扇が止まっているのに気付かなかったため(^_^;)

もうすぐ夏だなあ、、、大通公園のビヤガーデンも楽しみ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-hakodate

大門の夜のしじまにダンナの笑い声、響く。


帯広では北の屋台 、小樽では出抜小路 、クアラルンプールではジャラン・アロー と、行く先々で屋台街を目指す我々としては、ここで大門横丁 をはずす訳にはいかないのである。ディナーのメンバーみんなでゾロゾロと大門に繰り出して、さらに夜は楽しくなる。生ハムやパテをつまみながらワインを飲める一軒になだれ込んでますます盛り上がったのであった。

みなさん、ホントに楽しかった!ありがとうございますー(^-^)


そして、ホテルに帰り着き、当然一風呂浴びに露天風呂へ。今度はきらめく夜景を眺めながら、昼間の強風もおちついたのでゆったりと桶につかってのんびりと酔いを醒ますことができた。いや~、温泉サイコー!


食べて飲んで観て読んだコト-hakodate ←自分の朝食。

翌朝は、朝食バイキング。なかなかおかずの種類が豊富で美味しかった。汁物も三平汁とカニ汁の二種類があり、甘海老や帆立、いか刺しなどのお刺身も函館らしい充実ぶりで、ダンナなどご飯・汁・おかずのお代わりまでする健啖ぶりだ。かくいう自分も、この後パンとコーヒーまで頂くスゴイ食欲(笑)


帰る前に、函館ワインやジュース、スナッフルズとプティメルヴィーユのチーズケーキなどの買い物を追加して、もう一軒、ここにもー(^_^;

食べて飲んで観て読んだコト-hakodateラッキー・ピエロ  ベイエリア本店

うわー、すごい、観光客がゾロゾロ。修学旅行生もひきもきらず。
食べて飲んで観て読んだコト-hakodate 人気No.1チャイニーズチキンバーガー。

今日のランチはこれ~♪一度食べてみたかったのねー(^-^)

食べて飲んで観て読んだコト-yotei

帰り道も良いお天気に恵まれて、羊蹄山もきれいに見えて。途中の販売所で、苺をたっぷりと仕入れて無事の帰宅でありました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-hakodate

明るい日差しの中、街並みを散歩。


旅先ではもちろんデジカメは手放せない自分であるが、今年の正月にマイデジカメを手に入れたダンナもカメラを構える。お互いに写真を撮り合うその姿は、やはり林家ペー・パー子ご夫妻のようである(笑) 波止場でもやい杭に足を乗せてギターを持った渡り鳥の小林旭風(笑)など、色々なポーズを取って写真を撮り、それはあまりにも恥ずかしい姿であるのでここには載せられないが(^_^;)


食べて飲んで観て読んだコト-hakodate 観光客向けのお店で、松前漬けや塩辛を物色。

食べて飲んで観て読んだコト-hakodate 港と函館山という絶好のロケーションの前では、写真を撮らずにはいられない。


食べて飲んで観て読んだコト-hakodate 待って、待って。どこへ行く~。


食べて飲んで観て読んだコト-hakodate ここは、どこ?

この後、公共の交通機関が大好きな我々は電車通りに出て、十字街電亭から市電に乗車、青柳町で下車して、徒歩2分。着いたところは、、、


食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan

唐草館にて。


一軒家の洋館という、とても函館らしい雰囲気のフランス料理店唐草館 である。

こちらで、ダンナの高校時代の友人夫妻と、そのお友達夫妻と総勢8名でディナー。
食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan シャンパン(と、ビール)でカンパーイ!

なんて、楽しい夜だったこと(^-^)


食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan 食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan 食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan

近海鮮魚盛り合わせの前菜から始まり、近隣の美味しい野菜を使った美味しいお料理。

大沼の山田農場チーズ工房 の山羊のチーズも出して頂き、みんなに大好評。柔らか熟成のとろっとした美味しいチーズ。今度ぜひ、買おうと思った。

食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan ワゴンサービスのデザートにまた盛り上がり(^_^;
食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan ワインもこんなにたっぷり頂いて、全員ゴキゲン~


食べて飲んで観て読んだコト-karakusakan 唐草館のシェフとマダムにも入って頂いて、全員で記念撮影。クラス会のノリだなあ~(^_^;

そして、それから、、、

(続く)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-hakodate

港町で展望露天風呂を楽しむ


5月の連休は、久しぶりに函館に出かけた。森町にあるお墓参りを兼ねて、函館の旧友と会うのが目的。森町に立ち寄るために今回はレンタカーを借りて、ふだんはダンナまかせの運転なんだけど、自分も運転を一部担当。札幌から中山峠までというほんの一部ではあるが、安全運転励行の心がけ。へへっ、自分の運転はけっこう荒っぽいもので、若い頃はややムチャなことも、、(^_^; 心を入れ替えて、冷静沈着、丁寧な運転を致しました。


食べて飲んで観て読んだコト-hakodate

ダンナの実家のお墓がある森町の霊園からは、優美な駒ケ岳が臨める。お墓はみんな、駒ケ岳の方を向いて立てられ、ご先祖様たちは毎日美しい山並みを眺めていらっしゃる。この日は、全道的に大変な強風が吹き荒れた日のため、砂が巻き上げられて山の姿も煙って見えたのがちょっと残念。


食べて飲んで観て読んだコト-hakodate

函館のお宿は、金森赤煉瓦倉庫があるベイエリアに位置するラビスタ函館ベイ 。この画像の後方に写っているホテル。

13階にある大浴場・露天風呂からは函館山と港が一望できるというのが売り。それにつられて、温泉を楽しみにして到着だ。


食べて飲んで観て読んだコト-hakodate

部屋は11階の禁煙ツイン。窓からは港を見下ろす眺望を楽しめる。風は強いものの、良く晴れて爽やかな眺め。

チェックイン後は、早速大浴場へGO!

お湯は茶色でしょっぱい。なんだか効能が強いような気がしてくる(笑)。内湯には、大きな浴槽が二つと、サウナ、普通のお湯を張った一人用のヒノキの桶の浴槽もある。そして、露天風呂だ。岩風呂風が一つと、一人用の桶が三つ、全ての浴槽に浸かりながら緑したたる函館山や青々した海の景色をゆったりと楽しむことができた。ああ~、やっぱり温泉はサイコー音譜

(続く)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-ワインガーデン
今年もワインガーデンへ!


5月20日(水)から始まったライラック祭りに開かれるワインガーデンは毎年楽しみにしているイベントである。今年も、酒豪で美人のお友だちAさんとご一緒させて頂いた。


都合で待ち合わせは夕方となり、会場の大通公園西7丁目に到着すると、人・人・人!もう大勢のお客さんが、しつらえられたパラソルの下でワインやつまみを楽しんでおられる。今年は、お料理のブースも充実しているようで、皆さんご機嫌で飲んだり食べたりしている。とうことで、残念ながら今回は噴水のそばのテーブルを確保することができず、裏のベンチで試飲となった(^_^; ともかくもこの日は雲一つない晴天で、ワインガーデン日和なもので青空の下、どこで飲んでも楽しいってわけだ(笑)

食べて飲んで観て読んだコト-ワインガーデン

こちらは、奥尻ワイナリーさんのピノグリ。なんでも潮風に吹かれて育つ葡萄から作るので、ワインに塩気を感じると聞いていた。どれどれ、グビリ。おおっ、ホントだ~。しょっぱいー、というかとってもミネラリー。へへー、面白いお味でした。

その他色々、ゆっくりおしゃべりしながらワインを頂いている内に、日も暮れてゆきワインガーデンもお開きに。

今年も楽しいひとときだったなあー(^-^)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

鴻池祥肇官房副長官が愛人と熱海に旅行したさい議員パスを使ってJRを利用した、というスキャンダルが話題となった。結局、辞任に追い込まれ麻生首相も任命責任を問われる事態となったのであるが、、

こういうことを国民として、許せないとか、怒らねばならないとか、考えなくてはならないかと思うけど、それとは別に。


たまたま銀行に行ったら、件の記事が掲載されている週刊新潮があったので読んでみた。すると元副長官は、自身の女性好き(昔から愛人はたくさん持っていたそうで(^_^;)は、DNAのなせることだと言い訳していた。

なんでもお祖父さんも女遊びが盛んな方だったとのこと。DNAが原因とは。銀行のロビーで思わず噴き出してしまった。


でもこれはいいセリフかも。今後自分もナニカで失敗した時には、DNAのせいにしたいもの(笑)



食べて飲んで観て読んだコト-アイリスちゃん

残ったパンを時々、大家さんの愛犬アイリスにあげる。このワンちゃんは以前にもブログで紹介したけれど引退した盲導犬でとても賢くて可愛い。「あーちゃん」と呼ばれて、みんなに可愛がられている。パンが大好きなんだそうで、パンを持って行って「あーちゃん、いるかいー。パンだよー」と声をかけると、とっても嬉しそうに飛び出してくるのー(^-^) 自分はすっかりパンのオバチャンとして、認識されているようだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-八重桜

北4条ミニ大通りの八重桜がみごと


昨日予報より雨が早めに降り出したので、今日はまずまずのお天気。毎年恒例の税金の申告に出かけたついでに通り掛かった、ミニ大通りの八重桜が満開でした~桜


食べて飲んで観て読んだコト-八重桜

エゾ山桜やソメイヨシノがあっという間に散ってしまい緑がどんどん濃くなっていくこの頃に、こんなにこんもりと咲いてなんてキレイ。食材の買い物にスーパーに行く途中の南4条通り(3条かも?)の八重桜の並木もステキでしたよ。こうして自分のお花見はいつも、もののついでに(^_^; でも本当に目の保養だわー。

食べて飲んで観て読んだコト-八重桜


食べて飲んで観て読んだコト-lilac

そして次の主役は、ライラックね


あちこちの街角のライラックが咲き始めています。大通に面した幼稚園の園庭のライラックも今日みたら、満開に近く鮮やかに紫と白に染まってました。

自分のいつものスポットは、やっぱり札幌市資料館。日当たりの良い裏庭の南西角のライラックが半分くらい咲いてます。このライラックも毎年写真に撮ってるなー(^-^)

食べて飲んで観て読んだコト-ライラック

前庭のライラックはもう少し。まだ若い木なのね。

食べて飲んで観て読んだコト-ライラック

裏庭のライラックはかなり大きくて、花もたくさんつきます。満開は明日か明後日か。週末にはきっと見事に咲き誇っていることでしょう。


札幌のライラック祭り は5月20日(水)~24日(日)です。今年もワインガーデンがあるので、楽しみ~(^-^) 大通公園の噴水のそばで飲むワインは美味しいのよ(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-GOEMON

GOEMON


ダンナが観たい観たいと言うので、渋々付き合ったのだが、、、

石川五右衛門とか服部半蔵とか霧隠才蔵とか、そういう時代劇はダンナの好きな世界。

ところが観はじめると、これって全然時代劇じゃないじゃなーい!けれん味たっぷりの作り込んだ派手派手CGの世界観は、むしろ自分のテリトリー。全く期待してなかったのに、存分にてんこもりのパフェをなめるがごとく楽しませて貰ったー(^-^) こんな映画なのに、意外やダンナもたいそう面白かったとのこと。今日は円満(笑)


時は桃山時代。織田信長(仲村橋之助)が明智光秀(紀里谷和明・監督本人)に殺されて、豊臣秀吉(奥田瑛二)が天下を取った頃。

民衆が押すな押すなと集まってお城をバックに打ち上がる花火を楽しんでいるシーンから始まり、お城はなんとも異様な和風とも洋風ともいえない様式で、さながらディズニーランドのシンデレラ城が異形に変身したかのようなコテコテの変な世界だ。登場人物のメイクや衣装も中世の騎士風だったり、豪奢なロングドレスや、覆面、マントなどなど、あの時代の歴史上のキャラクターを借りただけの後は思いっきり自由な世界で、五右衛門(江口洋介)や半蔵(大沢たかお)がのびのびと動き回る大活劇だ。

いやもう、イイオトコがいっぱいー。ウヒヒ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

食べて飲んで観て読んだコト-桜

資料館の桜


暖かくなって、ご近所の梅や桜もどんどん咲いて急に華やかになった(^-^)

毎年、資料館の桜の写真を撮っているので昨日、コンビニにおにぎりを買いに行くついでに激写!わりと風があったので花びらのアップを撮るのは難しいかなと思ったけど、どうです!うまい具合に撮れました~。自画自賛(笑)


食べて飲んで観て読んだコト-sakura

四分咲き、七分咲きくらいのものもあり、あと一、二日で見事な満開というところかなー。ちょうど連休ぴったりで、資料館のお花見はお勧めです。

食べて飲んで観て読んだコト-sakura

夕方の光線で幻想的な桜。

食べて飲んで観て読んだコト-sakura

クラシックな資料館の建物とあいまって、写真を撮る人が引きも切らず。

食べて飲んで観て読んだコト-sakura

舗道にせり出した桜のアーチも見事です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)