食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:


これを読んで、ブログに感想を書こうかどうしようか、ちょっと迷ったのだけど、、、

ニューヨークの人気レストランのシェフ、アンソニー・ボーデインが暴く、レストランの裏事情。ジャンキーなコックや、なかばイカレた皿洗いたちが、ファック・ユー!と喚きたてながら料理を作っているキッチン。なぜ月曜日のランチに魚料理を注文してはいけないかの理由を教えてくれる。レストランの現場がこんなだったと知った読者は、もうレストランに行こうと思わなくなるのではないか。こんなキケンな書物を紹介してはいけない。焚書にすべきではないか!

などとチラと思ったのではあるが、もちろんこれが全てのレストランの共通項ではないことは、賢明な読者諸兄には明白なことと推察するものだ。

育ちは良いが、ちょっと不良なボウヤが夏休みのアルバイトで入ったレストランのキッチンでコックの仕事に惹かれてその道に進み、紆余曲折を経て、その間には素人なオーナーの店を何軒もつぶし、最低なところまで落ちそうになりながら、目覚めて頑張り、繁盛レストランのエグゼクティブ・シェフになる、といったサクセス・ストーリーでもある。

この著者本人の話も面白いが、彼が尊敬するシェフ、スコット・ブライアンに関する話もなかなか興味深い。これから一流を目指す若い料理人が読んだらいいかも。かもね。絶対いい、と保証するものではないからね(^_^;

ともかくもレストラン業界に身をおく人や、レストランのお客になるのが好きな人には、かなり楽しめる本ではあるかな。


ビリー7日間:継続成功。しかし、特に痩せなかったことを告白する(^_^; 始めたところにちょうどあるセールの景品で新型の体重計が届いた。体重・体脂肪の他にも色々と基礎代謝だとか内蔵脂肪率だとか計れるもの。体重は減らないが(どころか増えた日も!)、基礎代謝の数字が日々高くなる。骨格筋率も。これは、筋肉がついてきた証拠かな?前の日苦しくてちょっとしか出来なかったエクササイズが今日は、少し余計に出来る。少しラクに出来る。という変化が日々あらわれるのが嬉しい。はまりますねえ~(^_^; 中毒患者みたいに、やめられなくて(笑)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ベクシル

ベクシル 日本鎖国2077

3Dライブアニメという手法の、ものすごくリアルなSFアニメ。

これは全く自分の趣味の範囲の映画なので、こっそり一人で観に行ったもの(^_^; 館内も結構年令層の高い一人客が多く、席数の少な目のスクリーンではあったがそこそこ席が埋まっていたのにもちょっと驚いた。こういうの好きな大人って案外多いのねー(笑)


しかししかし、この映像は実に素晴らしい!こういうSFストーリーの実写を日本で作っても、きっとリアル感に乏しい、チープな出来になるという気がするけど、アニメなら!フルCGならではの、人の細かな動作やアクション、メカニックの迫力、大きなものを大きく見せる力がある。実写以上のリアルさに感嘆だ。


ストーリーやキャラについては、幾分物足りない点がある。既存のSF作品を彷彿させるようなシーンや衣装、例えばマトリックス。それからジャグというそれ自身機械の部品が寄り集まって、竜巻のような存在となり襲ってくるようなモノで、造形も悪くないし迫力満点。けど、コレってなんかに似てるなーと考えていたら、グリードを思い出しちゃったよ!くねくねしながらすごいスピードで襲いかかってくるところがソックリじゃなーい?


とはいえ、やっぱり技術の進化ってスゴイ!こういう表現法はSFの持つイマジネーションを具現化するのに、最適のやり方かも~。次も度肝を抜かれるような、もっと進化した作品を見せて貰いたいな!



ビリー:応用プログラムに進む。今日からダンナは脱落(^_^; だってビール飲み過ぎだものー。倒れてもらっても困るしな。

みなさん、基本プログラムが一番キツイのよ、っておっしゃるから安心して始めたら、、、うそ~。キツイって応用プログラム。もうヘロヘロで、途中ついていけないトコロが3個くらいあり(笑) 終わったら太ももがヨレヨレ。ヒー。ボルビック、がぶがぶ飲んで、ワイン飲んでリラックス。うーん、明日の計量もあんまり期待できないかな(^_^;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


木骨石造り倉庫

旧小樽倉庫跡の運河プラザ中庭にて



朝里川温泉で汗を流したあと、小樽築港駅へ。

ショッピングセンターやフードコート、ヒルトンホテルなどがあるウイングベイ小樽では、マリーナを眺めながら軽食休憩。ますますお天気は良くなり、風も吹いて気持ちの良いテラスだ。
ウイングベイ小樽 マリーナ

シアトルコーヒーのホットドッグをほおばる自分と、クルーザーが並ぶ美しいマリーナ。


休憩後、JRで小樽駅へ。駅からぶらぶらと坂道を下り小樽運河の方へ。前回小樽に来たのは、3年くらい前の3月だった。季節はずれの小樽は閑散としてもの悲しい雰囲気だったが、シーズン真っ盛りの今は違う。駅前にも通りにも、観光客はあふれ、地元の若いコたちもたくさん歩いている。とても賑やかで明るい街だ。


出抜小路を見学してみたが、まだ時間が早くて営業中のお店は少ない。空き店舗も目立ち、ちょっと寂しい感じも。ここは今渦中の石屋製菓の社長さんが音頭とって作った商業施設ということだが、当然石屋製菓の売店は見当たらず残念な気持ち。地元の経済界にも大きな影響があることだろうし、早い時期の立ち直りを願うもの。


歴史的建造物だらけの小樽である。旧小樽倉庫は明治26年に立てられた木骨石造造りという建築物だそうで、小樽や札幌産の軟石の外壁、屋根には福井から運ばれたシャチホコが上がっている重厚な造り。この記事トップの画像は運河プラザの中庭から屋根を見上げたもの。この倉庫の一棟には小樽総合博物館があり、せっかくなのでちょっと見学。

北前船の模型や、北のウォール街と呼ばれるほど繁栄した頃の詳細な地図、商店の店先の再現、ニシン漁で賑わっている様子など様々な展示物がある。
小樽総合博物館 博物館入り口で。手に持つ袋にはお約束の土産物、ご当地マグネット(笑) マグネット収集家のダンナは土産物店のチェックを欠かさず、どこからか見つけてくる情熱の持ち主。


そして、今夜の夕食は、色内の一軒家レストランマンジャーレTAKINAMI にて。やはり軟石の外壁を持つ雰囲気あるお店では、パスタやピザ、フレンチお惣菜やパエリャなどの洋食を頂ける。

白ワインとビールを一杯貰って、そのあとはローヌの赤ワインを1本。あちこち歩き回って疲れたカラダが癒されますね~(^-^)

旬のサンマと茄子の香草焼き(写真撮り忘れ)を、パクパク頂いて、次が鴨のテリーヌ。
マンジャーレタキナミテリーヌ ビーフシチュー

ダンナのメインはビーフシチュー。そして、自分の「あったまったーレ」が、土鍋に入ってグツグツ煮えたぎりながらの登場。トマト味の大切りの肉や野菜がたっぷり入った煮込み料理は、わりにあっさりしたスープも美味しく煮卵が入っているのもちょっと嬉しい。イタリア風おでんのイメージとのこと。真冬に頂けば、さらに嬉しいお料理だろうな。ボリュームもたっぷりなので、2~3人で食べてもいいかもね。それをほとんど一人で食べて満腹である。また太った気がする(^_^;

あったまったーレ

暗くなり始めた小樽を後にして、JRで帰宅。桑園駅まで45分くらいか。近いなー、小樽。


自宅で一休みしていると、ダンナがビリーのDVDをスタートさせた。えっ、今日から入隊?!酔っ払いの盆踊りみたいな動きのダンナと並んで、ブートキャンプ!ヒャー、すごい汗だ!こりゃー、効くかな?

、、、と期待するも翌日体重を量ってみたら、前日より増えていた!ビリーも腹いっぱい食べて飲んでの食生活の前には、かなわないってコトね(笑)これからは、食事も減らしてがんばろう~、イエー、ヴィクトリー!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

シグナル食堂

朝里駅前のシグナル食堂、なんて味わい深いたたずまい!


朝里駅で途中下車したのは、ただもうこのシグナル食堂のツブ焼きとおでんが食べたかったため。期待どおりのお店と切り盛りのご夫婦のありように感動。海水浴のおともに熱々の香ばしいツブ焼きと味噌だれのおでんは、欠かせないものねー。
ツブ焼き おでん

絶妙な味付けのツブ焼きと、甘い味噌だれのおでん。おにぎりも欲しくなるなー。ここは食堂なので、ラーメン他色々とお食事メニューもあり。
ビールとともに 朝里の海岸にて

ビールを持って、海岸へ降りてみる。ウニがいそうかな?

降りそうだったお天気も持ち直して、ジリジリと照りつける太陽がけっこうな暑さで汗をかいてしまった。

ということで、早速朝里川温泉で、日帰り入浴を敢行!


宏楽園 宏楽園温泉のお庭にて。広い庭園には桜の古木が多いそうで、春のお花見シーズンには桜を愛でながらジンギスカンを楽しむお客さんで混雑するとのこと。なるほど、手入れのされた庭園は美しいたたずまい。

お風呂はこじんまりとしていたが、内湯と露天風呂もあり、明るい陽光とそよ風の中でつかるお湯は爽快。そして、この昼下がりの時間帯では当然のごとく貸切状態!シアワセ~ニコニコ


この後は、小樽へ向かって出発ー電車



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
狼花 新宿鮫IX /大沢 在昌
新宿署の鮫島警部が活躍するシリーズ9作め。
変わらず孤高の戦いをする新宿鮫こと鮫島の捜査は冴えているが、単純に楽しめるミステリーというよりは、日本における都市学、やくざ社会の変遷、否応なしに増加する不法滞在の外国人と犯罪の問題などについて、作家自身が論陣を張っているかのようだなあ・・・。

国際都市東京における犯罪をテーマにした小説である以上、その背景になる都市のあり様を語るのは必要なことだけど、登場人物みんな語る、語る(^_^; テレビのワイドショーでゲストの評論家やタレントたちが激論を戦わせるがごとく、みんな熱いのよー。鮫もそうだけど、鮫島の同期にして出世頭の香田、元公安で今は国際的犯罪者の仙田、、、もう自分の全存在をかけて犯罪と犯罪取り締まりについての意見が激突。


それがあんまりヒートアップしてるもので、ストーリー展開の方の面白みがややそがれた気分も。鮫島の恋人・晶もちらっと出てくるだけでそれも電話で話すだけ。晶を自分のために危ない目に合わせたくないし、人気ロックバンドのボーカルという立場の彼女に迷惑を掛けたくない鮫島の気持ちは分かるが、本編最後までほったらかしにされてる晶の立場も無いってもの。晶がうまくからんだストーリーの方が面白いんだけどなー。


あと、不法滞在の美人チャイニーズの呉明蘭の扱いにも不満。彼女は自立したくて、ただ愛されて大事にされるだけではなく、女として人として仕事のパートナーとして、認めて貰えることを男に望んでいることを度々口にするけれど、結局は男のエリア内でしか、動けていない。もっと目を見張るほどぶっとんだ犯罪者ぶりを見せ付けてくれたらなあ!


と、不満を持ちながらも大好きなシリーズ、鮫のだんなの孤独なハードボイルドを堪能。あとは自分の問題なんだけど、シリーズ初期のストーリーを忘れてるもので、鮫島と香田の確執や、そもそも鮫がほされてた事件の詳細も思い出せないというていたらくが情けないってコト(^_^;



夕食:パエリャ
パエリャ


悩み:セカンドライフ の入り口から先に進めないコト。パソコンが古いのか?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
五つの星が列なる時 マイケル・ホワイト

イギリスはオックスフォードで若い女性の惨殺死体が発見された。外科医のような正確なやり方で胸郭が切り開かれ、心臓が失われていた。

うーん、実に猟奇的な発端。これにアイザック・ニュートンが傾倒した錬金術研究の話が二重構造となって、物語は進む。そして、占星術にもとづいて決められた日に第2、第3の殺人が行われ、それぞれ違った臓器が奪われていた。オカルトや暗号、現代的な捜査、ニュートンとその仲間が行う黒魔術とそれを阻止しようとする守護者たち。読み進みながら、期待がどんどん高まっていったのだが、、、

ボドレアン図書館の地下に存在する迷路のようなトンネルを、真実を求めて進んでゆく主人公たちはさながらインディ・ジョーンズの冒険のようなドキドキ感もあったのだが、それがいつしかテレビゲームのようなものに感じられて。そう思ったあたりから、物語は急速に終盤に向かい、犯人も動機もなにもかも怒涛のように明らかになってしまった。お膳立てが重厚なわりには、お話の展開が速すぎるような感じ。

何十年、あるいは100年に一度くらいの星の巡り合わせに、何人もの若い女性を犠牲にして、大昔の文献にあるルビー球体とかいう錬金術の要の物体も出てくるというのに、ニュートンも失敗し、また現代の黒魔術もまた守護者により挫折する。

もしも、だ。この黒魔術が成功した暁には、、、それは賢者の石が出現するのだろうが、、、その成功の結果が得られないのは、なんともカタルシスのない物語である。通常は、犠牲者になるはずの主人公側の登場人物の命が助かって、悪は滅び、カタルシスが得られるというものだろうが、この物語は逆のようだ。とにかくこれだけ大げさに準備したんだから、結果を見せてよーて感じ(笑)

お別れ:お好み焼きのせんば。今月の19日に閉店すると聞いて、これは最後に食べなくちゃーだわ、と夜食がてら駆けつけた。以前は自宅がそちらの方向だったので、仕事帰りによく寄ったもの。入居している建物の老朽化のためだそうで、その内また違うところで再開店してくださるかも。

せんば

南9条通と東屯田通の角にある、目立つ黄色の看板。
ハイカラ焼き 上ミックス

左は、ワタシがいつも頼むハイカラ焼き。右は、ダンナのいつもの上ミックス。

しばらく振りだったけど、やっぱりワタシはここのお好み焼きが好きだな~。

イカ焼き お土産

サービスで頂いた焼きタコ。そして、お土産に頂いた記念品。「これは!せんばの灰皿です。」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

噴水

大通公園西11丁目の噴水。涼しい~


暑かったー晴れ 最高気温33度くらい? さすがに日向にいると、干上がりそうな気がしたけど(^_^;先週よりはぐっと湿度が下がったので、カラッとしている。先週は湿度80%、聞くだけでじっとりした不快な気分になったものだけど、今週は40%くらいとのこと、全然違うね!暑くても、じめじめしない、これぞ北海道の夏って感じ。

日陰に入れば風も吹いて涼しいし、緑の木陰で休んでいる市民も。・・・草の上で寝ている人も。寝てるんだろうなー。身体や顔に土がついてるし、靴も片方脱げてるし、うーん、倒れてる?いや、きっと寝てるんだ。そういうことで。←ことなかれ小市民σ(^_^;)


大通公園噴水 最も暑い夏の日のひと時を、大通公園で。

空 市民ウオッチングをしながら西へ。日差しが強烈ー。

資料館 西13丁目の資料館へ。


紫陽花 資料館の庭では、紫陽花が満開。

青空 今日の空はいかにもカラリとしている。風が吹いて案外気持ちよいよ。お盆が過ぎたら秋風が吹くし、今のうちに夏を満喫しよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

52才の大学教授デヴィッド・ラウリーは、教え子の美人学生と強引に関係を持ったばかりにセクハラで訴えられ、大学の査問委員会でも事実を認めるも、皮肉な態度で終始し、謝罪を拒み、職を辞することを余儀なくされる。

初老から老年期にかけての男性の性の問題をテーマにした小説かと思ったが、(それもあるけれど)自分の予想とは違った展開だったな。やはり、ブッカー賞を2度も受賞する作家さんだ、世の中の色々な問題が複雑に絡み合う簡単には読み解けないような、重みのあるストーリー。


自分と同世代の主人公なだけに、この男性がどのように生きて行くのか、本の帯の紹介文には「どこまでも落ちていく」とあり、どんなみじめな人生になるのか、興味をかきたてられたのね(^_^; 

大学を辞めたあと、田舎の農場で生計を立てている、娘のルーシー(レズビアンだが、恋人は既に去っている)の元に身を寄せるが、この小説の舞台はアパルトヘイト後の南アフリカであり、黒人たちの共同体で暮らす娘とラウリーに更なる不幸な出来事が起こる。暴漢に襲われ、家財と車が盗まれ、ルーシーはレイプされラウリーも火をつけられ火傷を負う。ラウリーはルーシーのことが父として心配なので転地を勧めるが、この地で生き抜くことを決意しているルーシーはラウリーの干渉をきっぱりと撥ね付ける。


まあホントにどこにも自分の居場所がないような、ラウリーの困難な人生はどうなってしまうのでしょう!

この年令になって、地位も職もなく、プライドはずたずたで、娘ともうまくいかない。踏んだり蹴ったりのラウリーの苦難は続き、小説のラストはハッピーエンドとは言えないが、そうねー、憑物が落ちた、とでもいうかなにかすっきりした印象で、終わる。


日本人の自分にはとても遠い南アフリカという国で、あまり身近では無いものもあるが、こういう人生の困難はウッカリすると誰の身にも起こりうる普遍的なものとして、自分に引き付けて読むこともできる。

で、色々考えながら読了し、結果、あーあ、人生なるようにしかならないかーと、結論(^_^;





酔っ払い:美味しいもの食べてワイン飲んで、たまたまお隣の席にいらしたステキな女性客お二人と話が弾んで、すっかりチョーシにのったある日の自分。

ウズラロースト お腹にご飯を詰めて太ったウズラくん。あられもないポーズだけど、美味しいの。

シェフとダンナ 忙しいのにシェフにお願いして、記念撮影。酔っ払いでゴメン(^_^;

ここはhofe です。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)