食べて飲んで観て読んだコト+レストラン・カザマ

読んだ本の勝手な感想を中心に、日々の行動のあれこれを綴る。
フレンチレストラン・カザマのお料理ご紹介。


テーマ:

卵のふわふわ  宇江佐真理


八丁堀の廻り同心、椙田(すぎた)の家で、お嫁さんののぶは、舅の忠右衛門や姑のふでに可愛がられている風にお話は始まった。江戸の武家のお宅で美食家らしき主とカワイイお嫁さんのエピソードを中心に、美味しい食べ物と一家の暮らしぶりを活きいきと描き出すお話かな、と少し拍子抜けした気分になったが、、、。のぶの夫である、同心のお役目を務める正一郎が、このホームドラマを変えてしまった。のぶと結婚する前に、好きあっていた女性に裏切られ、傷ついていた彼はどうものぶを愛せないでいるらしい。少なくとも、のぶは自分に対して優しい言葉一つ掛けるでもなく冷たい正一郎のことを、悩んで暮らしていた。


やっぱり、大好きな宇江佐さんの小説だわ~。読み進めるほどに、この若い夫婦がどうなってしまうのか気になって、もうページを繰る手が止まらない。

舅の忠右衛門の一風変わった人柄と、姑ふでの謎の出自も読者心をくすぐり、もちろん美味しいものがうまく絡むエピソードも楽しい。各章は、それぞれ美味しい食べ物がタイトルとなっている。


「秘伝 黄身返し卵」

「美艶 淡雪豆腐」

「酔余 水雑炊」

「涼味 心太」

「安堵 卵のふわふわ」

「珍味 ちょろぎ」


いずれも、高価なご馳走ではないけれど、ふっと人の心をやさしくしてくれるようなそんな美味しそうな食べ物。

のぶは、好き嫌いがとても多くて、それも夫に嫌味を言われる一つであるが、だんだんと食べることのありがたさと幸せにも気づいていく。「いただきます」は、誰に向かって言う言葉なのかを、忘れないようにしないとね。



夕食:映画に誘発されて、近所のイル・メルカート へ。厨房が見えるカウンター席で気軽なご飯と赤ワイン。楽しいねー(^-^)

カウンター席 フォカッチャをつまみながら、シェフお勧めの赤ワインで。

生ハムサラダ パスタ 仔羊のロースト

生ハムとトマトとモッツァレラチーズのサラダ。牛すね肉のラグウソースのパスタ。仔羊のロースト。

いずれも、赤ワインによく合うお料理。

こちらのKシェフには、7月に二人目のお子さんが生まれたばかり。おめでとうございます!!しばらくは、子育てに専念するマダムに会えないのは寂しいけど、Kシェフ男の子に恵まれて張り切ってる感じがひしひし。一姫二太郎で、お上手だわ~(^-^)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


070729_152313.JPG

日曜日の昼下がり、青空の下でJAZZを聞いてますー。すごい心地良さ。資料館裏庭にて。


青空

昨日の雨が上がった後は、爽やかな青空が広がってはや秋の気配?(^_^; こんな空の下で、ライブを聴けるなんて。この後仕事がなかったら、もっといいんだけど。

ビール カンパーイビール

ほらほらね、日曜日だしこういう人も多いのよー。そう?んじゃ、ワタシも1本だけ頂くわねニコニコ


sapporocityjazz いぶし銀のようなこのトリオ+1、すてき。すんなり今日の雰囲気に引き込まれて、いい気持ちに。

ジャズ水 お水もJAZZ仕様。


今年から始まったこのイベントは、なかなか魅力的。メイン会場のテントには行けなくても、身近なところで気軽に聴けるのがいいわね。来年も楽しみ音譜


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

パリジュテーム4区

パリ・ジュテーム


パリ・フリークなお友だち達が、みんなとっても良かったと言っていたこの映画、封切時には見逃してしまって。そしたら蠍座 にかかっているのを発見して、今度こそと朝一の上映に駆けつけた。

最近、この朝一一人映画にはまり始めた気配(^_^; ふだん休日の午前中は掃除・洗濯に費やすのだけど、観たい映画がある時は前の日に頑張って掃除しちゃったりして、当日は朝食を片付けてダンナを火打石で(勝負に勝て!)見送ったら、即自分もお出かけ。シネコンでも朝割りがあったりして、お得だしね!


蠍座は館主のポリシーが強く反映された館として、知られているらしい。シートもゆったりして脚も窮屈じゃないし、なかなかいい感じ。この日は二度目だけど、くしくも初めてここで観たのはパリところどころ という、やっぱりパリのあちこちを切り取ったオムニパスだった。古い映画で、いかにもなパリの雰囲気に満ち満ちていたが、実は後半居眠りしてしまったコトをここに白状する(^_^;


で、パリ・ジュテームは5分間のショートフィルムが18編。たった5分なのに、様々な人生をすくいとって見せてくれ、今度は居眠りしませんでしたー(笑) 5分の後に、なんというか前向きな未来がかいまみえるような気持ちよいお話も多かったし、遊び心もある映像やセリフが楽しいもの。


パリ・フリークには、パリの街角を見るだけでもシアワセな気分がするかもね。最初の映像でここはパリのどこかを当てっこするなんてのも、パリ・フリークには楽しいゲームじゃない?かくいう自分、3つしか分かりませんでした~。でも、当たったのが、大好きなマレ、このカーブした狭い路地みたいな道路とこの建物の佇まいは、絶対マレ!と思ったらやっぱり!で、シアワセ。単純なものよね(笑) 後の2つは、モンマルトルとセーヌ川。観光客だわね(^_^;

この記事トップの画像がマレのもの。はい、ゲイのお話だったの。マレはそれで有名な街だし。あと、独特の帽子をかぶったユダヤのおじさん達。


パリジュテーム12区 こちらは、パスチーユ。

自分としては、このお話が一番好きだった。ある中年の男性が、奥さんのなにもかもに飽いて、若い美人の情熱的な愛人と一緒になるために、レストランで離婚話を切り出そうとしたら、奥さんは泣きながら白血病で余命いくばくもないという診断を下されたことを打ち明ける。男性は驚き、そして・・・。いいお話よ~。でもそう思うのは、自分自身が中年のルーティンな奥さんという立場だからかな(笑)で、レストランでワインを飲みながら食事、というシーンを見ると猛烈に自分もビストロかどこかで赤ワインを飲みながら、ご飯を食べたくなるってものなのね。その晩は、近所の気さくなレストランで赤ワイン、飲みましたとも(笑)



昼食:母とシェラトンホテル札幌の和食店雪花 で、鰻御膳。暑くなったし精をつけなくちゃー。
鰻御膳 白焼きでさっぱりと。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

岳(4) 石塚真一


ボランティアの遭難救助員にしてスーパー・クライマー、島崎三歩。

山登りをしない自分には、人がなぜ危険をおかしてでも山に登りたいのか、わからないけれども、このコミックにおいては人は様々な理由で山に登る。いうなればそれぞれの人生の数だけ、山に登る理由があるようだ。

そして、(このコミックのテーマからして)必ず、事故がおこる。日程や実力に無理があったのか、天候悪化のためか、ふとした不注意のためか、落ちる、滑落する、崖が崩れる、雪崩が起きる、体力の消耗で動けなくなる。


高所から転落した登山者が身体中骨折して、不自然にねじれた姿勢で倒れている姿。このような怪我人を見たことは無いのでリアルなのかどうか分からないが、なるほど崖から落ちてあちこちぶつかれば、このような無残な姿になるものだろうと納得のできる、背筋の寒くなるような画ではある。


懸命に救助に向かうも、間に合わず亡くなってしまうシーンも数多い。三歩はほとんど山の上で暮らしているような山を愛するクライマーであり、どのクライマーにも情愛を持って接し、山はいいよ、山においで、というスタンスは変わらない。けどねー(^_^;

山は厳しい面もり、生半可な気持ちで行くところでは無いだろうから、かくも不運なクライマーたちが登場するわけで、読者としての自分は読めば読むほど、ひー、山になど金輪際登らないっと固く心に誓うことになるのだが、それでいいのかな?(笑)


さて、シリーズも4巻となり、1巻で遭難救助がメインの部署に新たに配属された若い婦警さんの椎名クミちゃんも、スゴイ成長振りだ。三歩を師匠に山登りを習うだけあってか、女だてらに目を見張る救助ぶり。遭難するくらいだから、難所でありヘリが飛べないくらいの悪天候の中、遭難者4人をたった一人で安全な場所まで引率して登りきる。4人は高齢で、内一人は疲労から倒れそうになり一時は心停止状態に陥るなど、ものすごい困難な状況を乗り越えるクミちゃん。いやー、若い女の子が一人でこんなにできるのー。漫画とはいえ、すんごいじゃない?これでもクミちゃんはまだまだ修行中の身なのね。

いや、だからね、その師匠の三歩っていったら、スーパー・クライマーなのよ。ええ、もう人間じゃなくて、仙人のレベルだねー(^_^;


ともかくも、暑い夏にぞーっと涼しくなれたコミック富士山




試食:釣り新聞のお料理コーナーの取材があり、用意した鮎料理をライターのIさんと一緒に試食。ライムの酸味をきかせた胡瓜の淡い緑のソースがきれいで爽やかな味わいが鮎に良く合って、好評。クリームソースで和えた胡瓜のスライスもいいアクセントに。夏向きの一皿ですね。
釣り新聞の料理

試飲:Menetou-Salon 2005 Domaine de Chatenoy

ロワール地方のソーヴィニヨン・ブラン種の白ワインで、この爽やかさはこの上ない。フレッシュな柑橘系のフルーツと青いハーブの香り、キリッとした酸味で、魚介類のマリネや酸味のあるソースの魚料理にはぴったり。今回の鮎料理とは見事なマリアージュで、シアワセ(^-^)
メネトゥー・サロン

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

傷城 金城武 傷城 トニー・レオン
傷城 (傷だらけの男たち)


金城武vsトニー・レオン。これは、たまりませんでしたワラブラブ!

香港ノワールものってことで、目を覆いたくなる流血シーンもたっぷりだったけど、場内ほとんど女性客(笑)


二人は警官、トニー・レオンのヘイが上司、でも金城武のボンとは親友同士のように息が合う仕事ぶり。


メガネを掛けると若い頃の石坂浩二みたい(^_^;な、端正なマスクで冷静なヘイが、確保した女性連続暴行殺人事件の容疑者に対する狂気のような暴力。のっけからこのアンバランスな人格に掴みこまれ、トニー・レオンの押さえた演技と爆発の演技にうならされる思い。


対して甘い甘いマスク(にウットリ)のボンは、帰宅すると両手首を切って死んでいる恋人を発見。愛しい人を失うのが、こんなにつらいものだなんてと泣く姿に、胸が熱くなるオバサン(笑) そのショックから警察を辞めて、アル中の私立探偵になったボン。


ヘイの妻となったスクツァン(シュー・ジンレイ)の父親が惨殺される事件が起こり、死亡した犯人が発見されるも、真相は別にあるのではないかと疑う彼女は、ボンに事件の捜査を依頼する。この事件において、観客には真犯人は誰かという点は、先に明らかにされ、その動機の解明が謎解きとなっている。その調査の過程で、恋人の死から立ち直れずにいるボンの傷、仕事も順調、妻との幸せな新婚生活を送るヘイがかいま見せる狂気と謎の行動が示す傷を、なんともいえない哀愁をもって描き出しているのね。傷ついた男たちの切なさが、もう~たまりませんて!

「飲みにくさが酒の旨さだ」そーなのよ、皆さん!飲みやすーい=旨さ、じゃないって、分かるのがオトナ(笑)

またこの映画の製作当時、SARSで痛めつけられた香港の街の傷をも表現しているとのこと。画面に映し出される香港の街並みもまた、一つの出演者といえるかもしれない。


大満足で映画館を後にした自分だが、一つよく分からない登場人物がいて、それはニット帽をかぶった怪しいオトコ。結局あれは誰だったのかが、気になってネットで検索してみたところ、その点を話し合っているサイトを発見! ふむふむ、なるほど、そうかっえっ いやー、皆さん、よく見てますわね。ダメだな、自分(笑) 後でDVDが出たら、もう一度見ようっと!



昼食:マビの台所 にて、冷麺とビンバのランチセット。映画館スガイシネプレックス札幌 を出た後、ポールタウンのワインショップフジヰ で、ワインを物色して、行きつけの本屋リーブルなにわで文庫本とコミックスを購入。蕎麦でも食べようと思っていたのだけど、ふとソロモン亭 移転の後に開店した新しい韓国料理店を思い出し、冷麺もいいなと思った次第。
冷麺セット しこしこ冷麺はやっぱり夏のお昼にぴったり。ビビンバの味付け具合も結構いい感じ。美味しかったです(^-^)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

バンケット、エントランス

レストラン・バンケットのお洒落で可愛らしいエントランス。


真夏の吉日、またしてもシャンパーニュの会が賑々しく、いやかなり騒々しく、開かれたのはレストラン・バンケット 。テラスもある、スッキリとした店内にはお昼の明るい日差しが差し込んで、まことに心地よいお店である。

メンバーのみなさんそれぞれお忙しい中、万障繰り合わせ、体調を整え、さあ昼から飲むぞ、とばかりに集まった総勢6名、いやその騒々しさはきっとナニゴトかと思われたに違いない。中でも一番騒々しかったのは、自分ではなかったかとやや反省(^_^; オバサンてこうなのよ、許してね~(笑)


ジョセフ・ペリエ シャンパーニュの会のためにシェフが用意してくださったジョセフ・ペリエ。さあ、カンパーイ。

ガスパチョ カルパチョ イカとエスカルゴ

メロンを浮かべたガスパチョから始まりい。メロン+ガスパチョ=スイカの味?お試しあれ(笑)

茄子と魚(なんだか忘れました)のカルパチョ。オレンジやらナスタチウムやら色々な風味で。

イカとエスカルゴのブルギニヨン。
プティ・ブルジョワ ロワールのプチ・ブルジョア。爽やかな酸味で、夏向きな白ワインね。


クロガシラ お魚料理は、クロガシラのポワレ、甘海老のリゾット添え、レタスのソース。

イタリアワイン 赤ワインはイタリアを。ラディーチ・タウラージ1998。程よい濃さとふくよかな口当たり。
鶏のスペシャリテ こちらのシェフが働いていたフランスの三ツ星レストラン、ミシェル・ゲラールで出していたお肉料理だそう。「生ハムとチーズを詰めた鶏胸肉のロティ、鶏レバーソース」レバーソースはとてもクリーミイ。

デザートはかわいい瓶入りのカフェオレプリン。

こちらは、プチフールのマシュマロ。
マシュマロ

いやはや、話題は多岐に渡り、盛り上がったの何の。美味しいお酒とお料理(と、お喋り)で至福のひと時。お店には、お騒がせしまして恐縮でしたが、本当にありがとうございました。ごちそう様!


で、用事のあるメンバー以外は、お店からすぐの自分宅にお立ち寄り頂き、ゴロ寝を決め込んでいたダンナを交えて、またもや飲む・踊る・喋る・寝るのゴキゲンな二次会、いつまでも明るい夏の一夜に続いていたのだった・・・。みんな、楽しかったね!またね!



・・・実は、この後三次会も。近所のラブラドーラにて。なーんかデジャヴだなあ。春にもこんなことがあったような・・(^_^;
生ハム パエリャ カヴァ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

前々からこの作家の本には、興味をそそられてはいたのだけど、小難しいんじゃないかなあ、、、とエンタメ読者な自分は腰が引けていたもの。いつも利用している中央区民センター図書室の蔵書には、新刊についている帯を表紙裏に貼り付けてあるので、本選びの参考にしているのね。で、この本の帯のあおり文には、「とことん面白く、たっぷり読みごたえ!」とあって、「とことん」や「たっぷり」が好きな自分(笑)、ついに手に取ったという訳。

大正解ニコニコ


心配していた文体はとても平易で、登場人物たちのキャラはたち、主人公の弁護士フランソワに感情移入もしやすくて、またルイ12世統治下のフランス、そして汚水垂れ流しの臭いセーヌ川が流れるパリ、カルチェラタンの描写も生き生きとして、とても楽しめた。


ルイ12世から離婚の訴訟を起こされた、王妃ジャンヌ・ド・フランスは徹底抗戦の構えだったが、王を恐れる弁護士や証人たちのために、たった一人で戦う事態。さる人物の介入で、フランソワ・ベトゥーラスに弁護の依頼があり、ジャンヌ王妃の父、ルイ11世に私怨のあるフランソワは逡巡するも結局弁護を引き受けた。


胸のすくようなフランソワの鮮やかな弁護が、実に面白い。こんな法廷があるのなら、傍聴してみたいもの。現実の法廷はどんな感じか、一度傍聴に出掛けてみようかなとフト思ったほど。裁判員制度も始まるし、裁判を見学してみるのも、いいかもしれないな。


若い頃に別れたベリンダとのことを、ひきずっているフランソワやベリンダの弟、王妃ジャンヌ、それぞれの過去の清算と、再生が心地よいラスト。最後に明かされた、フランソワの驚愕(マジ、うわぁ~叫びと思ってしまった)の不幸な過去。確かにたっぷりな読みごたえで、他の著書にもチャレンジしたい。



試飲:Nuits-St-George 1er cru 2001 Antoine Chatelet
nuit-st-george あまやかな果実味がとても心地よい。すいすいと飲み過ぎてしまいそう(笑)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

アドレナリン

アドレナリン


休日の夕方は、ダンナと合流してアクション映画の鑑賞。「夫婦50才割引」を使うために、一緒に観る映画を選ぶときには、たいがいダンナの好み優先となるのが常。とはいえ、アクションやSF大作は二人とも好むところなので、問題は無いんだけどね。


で、今回はアドレナリン。トランスポーターでファンになったジェイソン・ステイサム主演ということで、楽しみにしていた本作。

マフィアのボスに中国製の毒薬を注射されてしまった殺し屋。その毒薬はアドレナリンを放出している限りにおいては効果を停めることができるので、興奮状態を続けながら敵を探し、解毒剤を手に入れるためにロスの街を暴走する、といったストーリー。


このアドレナリンを出すために、なりふり構わず走り、叫び、飛び、カーアクションから銃撃戦、トースターで手を焼き、果ては衆人環視の中華街での行為、などなど生き長らえるためなんだからなんでもアリだろ!的な開き直りアクションの数々。いやでも、そこまでなにも、と自分。病衣はいいけど、パンツまで脱がなくてもな(笑)


アイディア一つですべて押しまくる豪腕が笑えるけれど、成功したかどうかビミョーなところ(^_^;

自分としては、ステイサム次回作に期待したい。



試飲:Champagne Gobillare Brut Tradition とてもバランスのとれた味わいで、柔らかな果実味が魅力的なシャンパン。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

それでも生きる子供たちへ

それでも生きる子供たちへ


ルワンダの少年兵、タンザ12歳。

サラエボの窃盗団家族の元で父親に盗みを強制されるマルヤン15歳。

イタリアのチロ少年は、窃盗団の最下層。一人指で影絵を作って遊ぶ彼は何を考えて。

ブルックリンのブランカは、アル中で薬中でHIVの両親を持ち、みずからもエイズ・ベビーと苛められるけれど、どうしようもない親だけど、この家族には愛がある。

ブラジルの貧民街からは、発展する摩天楼が望めるが、ビルーとジョアンの兄妹には無縁の世界。廃品を集めて僅かなお金に換えて、たくましく生きている。
それでも生きる子供たちへ ビルーとジョアン。


フォトジャーナリストのジョナサンは、戦地での経験から幻覚にうなされる暮らしだが、ある日森の中で出会った子供たちを追いかけているうちに、いつしか自分も子供に戻って、たどり着いたのは戦場跡地で助け合って暮らしている子供たちのコミューン。

中国の、裕福だが不仲の両親の元で孤独な桑桑(ソンソン)と捨て子で貧しい老人に拾われて育てられている子猫(シャオマオ)の二人の少女が一瞬、交差する。トップの画像は子猫の愛らしい笑顔。

オムニパスのラストのこの作品は行きたかった学校に通う事ができて、希望に満ちた子猫の勉強する姿で終わり、明るい気持ちになれた。


世の中には、こんなことではいけない、と思うようなことが多くあるのに、無力な自分はなにもできないし、というよりは何かをしようとも思わずに日々を安穏と、もしくは自分のことだけにかまけて暮らしている。なのでこういう映画を観ると、後ろめたさが増すのは分かっているのに、観たいのは怖いもの観たさなわけ?いつか一歩踏み出すことができれば、、、



ランチ:クルブ ドゥ レギューム庄司  友人のTちゃんと、待ち合わせてランチ。二人とも外酒が好きって、18年付き合って初めて知ったコト。なーんだ、じゃあこれからどんどん外で飲もうよー(笑)
庄司 パレードビル3Fにあるお店には、テラスがある。ちょっと風の強い日だったけど、暖かな日差しを背中に浴びながら、シャンパンを頂く心地よさ。

使用 こちらは、店名も野菜クラブというお店なので、まず前菜に野菜サラダ。珍しい野菜(サボテンみたいな身厚な葉、青リンゴみたいな酸味のものとか)が幾つか入って大変美味しいサラダ。苺のドレッシングもグー。

ガスパチョ 有機トマトのガスパチョ。

お肉料理 メインの富良野産豚肩ロースのソテー。

フルーツ デザートはフルーツ盛合せ。ふふーん、女性客で満席のワケね。野菜にフルーツは、昨今のキーワードだわね。

会計時にはさらに、フルーツのお土産まで頂けた。サクランボが1パック。もう至れり尽くせり、ね!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

週一の休日は、毎回なにして遊ぼうかと(笑)楽しみなものだけど、たまたま今回は映画三昧になって。

まず、休日前の夜は、DVDレンタルでドリームガールズ を。公開時、アカデミー賞がらみの話題で盛り上がっていたし、観たいなと思っていたのに、時間が取れず観そこなってしまったもの。

これは、面白かった!最初からエフィー役のジェニファー・ハドソンの歌唱力に圧倒されて、映画の世界に引き込まれてしまったの。さすが助演女優賞を獲得するだけのコトがあると唸ったけれど、なんで助演?と不思議感。特に前半では、絶対主役だよねと思う存在感じゃないの。ま、後半ではビヨンセ・ノウルズのディーナがどんどん美しくなって、スターのオーラを出しまくりで、こちらの存在感ももまた・・・(^_^;

ジェイミー・フォックスやエディ・マーフィもなかなか良いし、楽曲もみんな素晴らしくて、こりゃーやっぱり劇場で観たかったね、とダンナとぼやき合う始末。


飲物:映画のおともに、Le Libertin de Lussac 2003 (Lussac Sainte-Emilion)

サンテミリオンの衛星地区リュサックの産で、メルロ80%とボリュームとまったり感のあるもの。こちらも2003年もので、味わいには甘みと凝縮感が強く感じられる。まあ、ぽっちゃりさんだけど、お手頃価格でgood!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)