久しぶり

テーマ:
久しぶりです~
最近は歌に夢中です~同時に生活リズムが無茶苦茶になってしまいました(;´Д`)
二度目の失恋は思ったよりも早かったw相手は彼女が出来たことに何ヶ月前からすでに薄々気付いたけれど、やっぱり実際聞いたときは結構辛かった…幸いきっちりと心の準備ができている故に比較的に冷静でいられる。所詮もう知っていたことだから。
この前何ヶ月ぶりに会えた、意外だった…まさか会えるとは思わなかったからすっごく動揺した、反射的に避けたかった…
友達として優しくされた、けれどそれが余計に辛かったw優しさは罪だね(自分が弱いなだけなのに)w
本当に申し訳ないと思う。相手は私を大切な友人として見ているのに、私はそんなくだらない理由で相手を避けようとする…どうか気づかないで欲しい、けど多分気付いたかもしれない…私にとって彼は好きな人である以前はとても大切な友人、だから傷つけたくない、そんな自分勝手なくだらない理由で傷つきたくない。自分の弱さが嫌い。自分はまだ彼が好きということを思い知らされた、簡単に消せるものではなかったと知っていたけれど、思った以上にその感情が強かったみたいw
とある歌詞を思い出す、切なくて、惨めてさ。会ったときは切ない、今振り返ってみるとそんな自分は惨めだと思う。
けれど大丈夫。もう二度目だから、それにもう会う機会なんて、あまりない…誰かを好きでいるのは習慣にってしまう、けど逆に言えば、その習慣が消えれば自ずとも思いは薄れてゆく、やがて消えてただの友情に戻れる。
いつ誰と出会うのは縁…出会った時はまだ子供だった…好きになったと気付いた時は既に抜け出せなくなった、抜け出せなくなったと気づいた時は既に違う世界にいた…そして今の自分では届かない、掴めないて気づいた…ずっとその背かなを追いかけていた、とても悔しかった…本人は気づいていないけど、私は彼から色んなことを学んだ…心から、すごく、すごく感謝している。
きっともう20時間寝てないから、頭がおかしくなったからに違いない、こんなことを書くなんて。
恋愛をしてみたい、自分がそういう機会がないと分かっているからそう言える、皮肉だね…
所謂男性にとっては恋人になれない性格w恋愛ケージが存在しないタイプw対象外w昔の自分の望みが叶ったとも言えるかも知れないw私のような面倒で嫌な奴はきっと一生独身に違いないwけれど青春を、まだ若い時に、恋愛を体験してみたい。
イメチェンは少しずつ進行中、体重はもう昔の三分の一、正常まであと25…
勉強はもっともっと努力が必要、残るのは主に共通科目の洗脳コース…
10月残りの4科目全部合格しないといけない…
歌は声や才能のボーナスがないので、地道に努力を重ねて地の底から這い上がるしかない。高音も低音も上手く歌えない音痴にとっては…今の努力がまだまだ足りない。人一倍に努力しないと上達できない。目指すは両声類。この前とあるQQグループに入って沢山仲間ができてとても幸せ。しかも皆すごく優しくていい人、この幸運に感謝する。
また色々変なこと言ってしまったorzやっぱ私馬鹿だ、何を書いてもついつい長くなってしまう。
AD
詞・曲 アコギP

あなたの歌に 出会えて
もうすこし がんばってみようと

こぼれそうになる 涙こらえて
生きていこうと そう思ったんだ

作り物の 電子の声だと
笑う人も いるのかな?

でも どんな声より
わたしの胸に 響いた
それは 大切な歌声

つらいとき 楽しい歌を
かなしいとき しあわせの歌を

泣きそうなとき 勇気の歌を
聴いて わたしは元気になれました

あなたの歌に 出会えて
大好きな歌に 出会えて

だから がんばってます
すこしずつ 笑えるようになりました

あなたの歌に 出会えて
もう 5年が過ぎました

ちょっとだけ 大人になれました
ちょっとだけ 強くなれました

ときおり あなたの歌を
大好きな あなたの歌を

自分の声で 歌っています
動画サイトの 片隅で

ちゃんと笑顔で 楽しい歌を
思い込めて しあわせの歌を

胸を張って 勇気の歌を
へたくそなりに 歌っています

わたしの声に 出会って
もうすこし がんばってみようと

思ってくれる人が
いるかも……なんて
ちょっとだけ 夢を見ながら

らら らららら ららららら
らら らららら ららららら
ららら らららら ららら ららららら

大好きな あなたの歌を
AD
詞・曲 アコギP

生きていくのが つらいよ……だなんて
そんな言葉を 誰もが 飲み込んで
歩いて 歩き続けて 笑えるようになったの
苦しんでいるのは あなただけじゃない

がんばれ がんばれ
あなたを 待ってる人がいる
あなたの笑顔を 待ってる人がいる

苦しいときには 涙を流せばいい
つらいときには 思いを叫べばいい
疲れてないふりなんか しなくてもいいんだ
弱さを見せても 誰も笑わない

がんばれ がんばれ
あなたを 待ってる人がいる
あなたの笑顔を 待ってる人がいる

いつか あなたも きっと出会うよ
命をかけても 守りたい 大事な人に
強く 強く 抱きしめてあげてね
すべてをかけて 守ってあげてね

がんばれ がんばれ
がんばれ がんばれ
あなたの笑顔を 待ってる人がいる

がんばれ がんばれ
がんばれ がんばれ
がんばれ がんばれ
がんばれ!

がんばれ がんばれ
がんばれ がんばれ
がんばれ がんばれ
がんばれ!

最初はWikiに投稿したかったけれど、海外からの投稿は禁止されていますって書いてあったので、とりあえずここに保存しておきます。
AD

今日友たちの引越しを手伝った。そして…男性陣は頼もしかった。私は女性である故、男性陣の配慮で、あまり力仕事を手伝えなかった。

男性よりは非力(腕相撲をしたことある、並の女の子よりは力あるけど、やはり男性には敵わない)…悔しい…女性扱いされると複雑の気持ちになる(嫌なわけじゃないけど…)
迷う…護られる側の人になれないのなら、少なくとも護側に居たい(とある女の子が言った、護られるのは女の子の特権…)

親友のお陰てちょっと少女化したけど、やはり時々今日みたいに自分の女性的な部分を受け入れられない…

私は、自分が女性であることを捨てた、甘さと一緒に、いえ、甘さを消すために捨てたといった方がいいでしょう。私は護側、だから甘えてはいけないと、自分を戒めてきた。ずっと男性のつもりで居た(と言ってもユリになったわけじゃない)、頼れる人になりたかった。頼るより、頼れる側の人になりたかった(お姫様になれないのなら、せめて騎士になりたかった)。けれど、それも出来なかった…何をやっても中途半端…

とある男性友人に聞いた、彼が言うと、私は女性の感じがしない、男性の感じもしない。じゃあ、私は一体何なんでしょう(我侭の時はちょっとだけ女の子らしいだそうだ…)。まあ、あの人も結構中性的だけど…外見、身長や体が男性らしいけど、声や、話し方、趣味などはなんとなく男性の感じがしないというかなんというか…声は男性にしては細めてちょっと高い、時々「やだ~」とかすごく女の子っぽい発言をする。萌え萌えや平野綾さんが大好き、萌え萌えキュ♥とか、ぴゅあぴゅあ~とか、俺はピュアだ、とか、そういう発言をしたりする…カラオケでふわふわタイムとか萌の歌ばっかり熱唱したり…==|||

彼に聞いたのは間違いだなのかも…けど、彼は結構KYの同時に結構素直だから…率直の意見が聞けると思う…

そう、彼はKY…ドM、受け…なんか思い出すと腹が立つ…けど不思議に本気で嫌いになれない…どっちかとういうと、無性に「いじめ」たくなるタイプ…==;なんとなく、そんなに遠慮しなくてもいいかな、とか思ってしまう…だから、時々「いじめ」混じりで我が侭を言ったりする(からかうつもりで)、異性にこんなこと出来るのは彼だけでしょう(彼はとてもタフで、何を言われても全く動じないの上、KYだから…会ったときの挨拶は「何しに来た」とか…)…ちょっと危ないのは時々甘いたいという衝動がある…妙な親近感がある。とは言っても、それは恋じゃないと思う…好きな人に、アイドルの妄想をする時、本気で彼女出来るのって心配してしまったり、ストレートに男性の感じがしないと言ったりすることは出来ないでしょう…

話題が完全にずれてしまったね…

私の好きだった人、社会経験豊富で、面白い人、はじめての失恋。今はもう大丈夫。誰にも気づかれることなく、片思いは終わった。(友たちが、彼のことが好きと私に相談してきた、私が最善の選択をした、それが、彼女を手伝うこと…)

皮肉なことは、私の心の鎖を外したのは、彼(Bさん)に惹かれる前からずっと好きだった人。失恋した時、私を救ってくれた人も彼(Aさん)…博識で親切な勉強家、私が自分で頑張って作った初めての男性友人。最初に話すとき、彼の緊張の表情も覚えてる、、彼の真剣な表情、怒ったときは怖いけど…彼の優しい声が好き(聞く機会があまりないけど)、最近は何故か、彼と一緒にいるときは緊張する(前はそんなに意識したことがなかったような…何が月の間あまり合う機会が無くて、この前まだ会えるようになって、暫く…)友たちにバレたことで、彼への気持ちを無意識に抑えているきらいがある…誕生日を一生懸命に選んだ、偶然に彼を見かけて、ぎゅっとして、挨拶出来なかったり、彼が飲み物を買うとき自然に私の分まで買ったことにぎゅっとしたり、、夜遅いから私をバス停まで送っり、バスが来てから帰ったことに動揺したりした(彼が私に好意を持っているとか変な勘違いはしてません)…彼を尊敬している。私は…どうせい叶わない思い…だから、何時訪れるか分からない失恋を待つだけ、そして、彼が素敵な彼女を出来る時は、笑顔で心から祝福することを決めた。

最近はイメチェンをした。さっき言った、親友の影響でもあるが、もともとの原因は失恋…気分替えと、初めて失恋した彼に刮目させるほどのいい女性になりたいとか(ただのなんとなくの負けず嫌い、けど、断じて彼に未練があるわけではない)…実際、服とか選ぶとき頭に浮かんでいるのは何時もずっと好きな彼(A)…と言っても、服はすべて自分の好みで選んだ。大体彼の好みなんて知らないし、わざわざ聞こうとも思わない…どうせい叶わぬなら、私は自分のままでいる。服も、髪型も、彼は一度もコメントをしたことがないし…(一度だけ、友たちにこの髪型女性らしいでしょ?って聞かれて、彼はうんと言った、一瞬ぎゅっとした…)彼はきっと私を友たちとしか見ていないでしょう(私のような人なんて)…他の可能性を考えるのが怖い…告白はしない…決して…未来のない私には、彼を幸せにすることが出来ないから…だから…私は…今の道を選ぶ。先生に、実はそういうのを楽しんでいるのではないかって聞かれた、実は彼の側にいたい、優しい声をもっと聞きたい、もし私が普通の未来のある女の子なら、もし私は彼を幸せいにすることが出来るなら、恐らく今と違う選択肢するでしょう。(因みに彼は私より7つ年上)彼は私の憧れでもある(博識で親切でりっぱな大人の感じがする)、前は、これはただの憧れなのではと迷ったけれど、流石憧れだけでそこまでの症状が出ると思えない…

今日がうけたショックは負けず嫌いも原因の一つでしょう…Bさんの負けたくない(そのライバル心はどこから来たか自分もよく分からない…彼女へのではなく、彼への…)、なんとなく彼より頼もしい人で居たい。彼女を一度も嫌いや憎いと思ったことがない、似ている、絶望という暗闇のなかにいる者同士。彼は彼女の光、なんとなく彼女をまもりたいと思う。それに、あの二人の相性がすごくよくて、ずっとラブラブ状態、今となってはもう見ていると微笑ましく、羨ましく思える。私はあの時の自分の選択が正しいかった、これで良かったと、胸をはって言える。

ps.酷く寝不足の状態で書いたので、色々と読みづらくて分かりづらいでしょう、すみません…

世界は美しくなんかない。そしてそれ故に、美しい。
-The orld is not beautiful.Therefore,it is.-

(Ⅱ)
何が正しいのか? 誰が正しいのか?
何か正しいのか? 誰か正しいのか?
-What is "right"?-

(Ⅲ)
知っているのか知らないのか知っているのか
-Where is the terminal?-

(Ⅳ)
“この場所を知らず 夢の地を目指し
夢の地にいて この場所を知らず”
-Wherever Igo,there I am.-

(Ⅴ)
美しいと思うから 美しいと思う
-Have I Ever Seen the Beautiful World?-

(Ⅵ)
誓えないと誓います
誓わないと誓えます

誓えないと誓えます
-I don't trust me.-

(Ⅶ)
生きていると 悲しい
生きていることは 悲しくない
-I am alive.-

(Ⅷ)
想いは 正しく伝わらない
-I knou what you're thinking.-

(Ⅸ)
あなたのその悲しみは やがてあなたになる
-Do You Love You?-

(Ⅹ)
利益は正義を作り 正義は利益を生む
-Hou Much is Your Justice?-

(ⅩⅠ)
この腕で人を殴り
この腕で人を抱く
-Farewell to Arms?-

(ⅩⅡ)
あなたが泣いたり
あなたが怒ったり
あなたが憤ったり
あなたが憎んだり
あなたが叫んだり
あなたが苦しんだり
あなたが悲しんだり
あなたが絶望したり
あなたが決断したりすることは――

あなたが正しいことの証明にはならない。
-Everybody Has the Right to Make Mistakes.-

(ⅩⅢ)
人は、他人の残酷さにはよく気付く。
-It's Hard to Say,But We Are Wrong.-

(ⅩⅣ)
あなたを幸せにするのは
最後はいつだってあなた
-You Are Aiways With You.-.-


久しぶりの更新ですね

ps3を買いました、ついでにテレビを買い替えと思います。今うちが使っているテレビは何年前の480i…TATそのテレビでps3をやるのは流石に…けれど、お金が…( ´Д`)=3

テレビを買ったら、私の貯金は殆ど無くなってしまうでしょう…

というか、テレビを買え替えるお金は私が出すべきではないと思いますが…

まあ、急いでいるので仕方がありません。

あの人が買え替えるのを待ってたら、いつになるやら…

ペタしてね

半分トラウマとなった、前回のアフレコ…


今度は軽音の第二話をやることになった…


私とミチナカは猛烈に反対したが…大将は必殺、白にゃん召喚を使ったので、完敗。白にゃんに敵いません。可愛い女の子が、申し訳ない顔で、どうしても軽音がやりたいって頼んできた…断れない…大将ならともかく…(大将,ごめん…)


かなりのダメージを受けた…その結果、一晩中ドラマを見てた…

午後は玉ちゃんたちと約束があるので、休まずシャワーを浴びて出かけした。


流石にかなりきつい…バスを乗る時少し寝て、体力を回復して、用事を済ませてから桜に戻って、葵ちゃんと一緒に映画を見ようと思ったが、間に合わなかった…

これからやること無いので、一緒に隣のデパートの店をまわった。沢山可愛い物を売ってた。

たまにこういう店をまわって、少女的な部分を目覚めさせるのも楽しいなと思った。


明日二人は買い物に行くらしい、私も行くことになった。前ヴィヴィアンちゃんと一緒にデパートを回った事があります、殆どトラウマになった…

皆の行く場所は、値段的にも、サイズ的にも、恐らく、私に合うものがないでしょう。前、そして恐らく今度も、私は男性の役を演じるのでしょう…皆が服とかを選ぶのを見て、意見を聞かれて、荷物係りになるでしょう。

どうせい行くなら、今度は、女性として楽しんでみようと思う…(多分無理けど…(^_^;))


実は、明日は思いっきり寝たい…けど…とにかく、頑張ってみる…今日みたいに楽しくすごせればいいな。

もうダメ…頭が回らない…眠り…寝る…


PS:最近ミチナカをからかうのは面白くて面白くて…腹黒と毒舌属性が増えてるような気がする…まずいな…

今度の活動で提案したお笑いは次回の活動でやることになった。ミチナカと相談した結果、国慶節が終わった後、皆一緒に考えることにした。(皆の意見…ややこしくなる予感がする…ちゃんと決められればいいけど)

後、カラオケの事…今度こそ、ルカさんの歌が聞けるといいな~(国慶節の休みの後になるでしょう)

木曜日に何か用事があるような気がする。。。けど、どうしても思い出せない…引っかかる…


(大将と白にゃんはまさに最強コンビ(-_-;)…その決断力、行動力…(-_-;)…)




ペタしてね

アフレコ、今度をは三度目…前回で気づいたが…私の意見はただ事をややこしくするだけ、皆を困らせるだけということを...

だから、今回は最小限の発言しかしないつもりだった…けれど、友達が悩んでいるのを見てると、ついつい口を出してしまった…結局、やはり、友達を困らせるだけだった…思い知ったから

アフレコとかは好き、皆と一緒に何かをやるのが楽しい。けど、今それはトラウマになった…前回は色々あって、…しんどかった。そして何より、私の意見は皆を困らせるだけという事を思い知ったから…

今度もついつい同じ過ちを繰り返してしまった…本当にごめん…口を出してしまったのは友達の悩んでいる姿を見たくないからなのに…逆に困らせてしまったなんで…皮肉だね…



前も言ったがと思うが、私は先生に甘えんぼって言われたことがある。それは私の悪い癖、仲のいい友達とかに無意識に甘えてしまう…それは迷惑だから、やってはいけないと注意したつもりなのに…



この前皆と一緒に居過ぎて、楽しさに溺れて油断してしまったでしょう…ついつい普段の見せない腹黒い一面も見せてしまった…


頭を冷やして、気を引き締めなければ…(反省中…)


久しぶりに自分が嫌になる…





ペタしてね

素晴らしい。

皆、頑張った甲斐があった。

両チーム、もし較べるなら、こっちの方が上だと思う。平均レベル他に、努力度や練習時間や真面目さ、どれも勝っている。

午後四時、本番の時、私たちは二番目。想像以上に順調に進んでいる。練習の時よりも。なので、いつものペースでアニメに高度集中できた。私も、当然死ぬほど緊張したが、仲間の存在が心強かった。我ながら、焦らずミスもなくちゃんとすべての台詞を言い終わった。

当然、評判は良かった。まだこういう機会があればいいな。皆と一緒に何かをやり遂げる事。

当然本番の時は声なしで。知り合いが人の声を聞こえないほど小さくして、背景音をできるだけ残るバージョンを作ってくれた。感謝する、前よりも集中できた。

あっちはただアニメの声を小さくしただけ、人の声はまだ少し聞こえる。実は、こっちの方が逆にやり難い。声優の声を待つと、遅れてしまう、完璧にタイミングをつかむことは至難の技、いっそ完全に消してしまえば、たとえ少しタイミングがずれても、普通は気付かないでしょう。そして、タイミングがずれれば、無意識に正そうとする、ミスが生まれる。影響される。実にやり難い。

最近、pspを買った、WIIも買うつもり。皆と一緒に遊べたらいいな。

勉強を再開したいが、今の寝不足疲労状態はさすが...実に忙しい。

王先輩はこの前のある大学のアフレコ大会で見事に一人で三役を演じる事で優勝、しかも、二位や三位は第二外国語学院、同時通訳専門の学生。吉さんの話によると、同時通訳は中学から、すべに6年も日本語を勉強したという。流石私が見込んだ人。

とても残念な事は、吉さんは今日が本番だと知らなかった。もし彼女がそのことを知って、先輩を誘って一緒に来たら、きっといいアドバイスを聞けるというのに。先生たちのコメントはよく出来ましたやいいよやよく頑張ったねが定番なので...

先輩の夢は声優になること、彼女ならきっと大丈夫。今度彼女は五月、学校の代表として、全国スピーチ大会に出るらしい。前三位に入ったら、無料で日本に行けるらしい。彼女ならきっと大丈夫だと信じてる。

やっぱり私はまだまだだな...

ちなみに、私の役は甘楽。監督によると、よかったらしい。






ペタしてね

老龍さん、いつもありがとうございます。それを聞いて、ちょっと安心しました。色々考えましたが、やっぱり先ずそれを受ける事にした。国家承認の学歴なので、合格すれば大学だけでなく、仕事も探せますので。時間がかかると思いますが、受ける価値があると思います。(自信はありませんが、頑張ってみます)

前回の配役の事は意外にあっさりと解決したが…まだ後で詳しく…

独学試験の勉強を実行に移したので、最近は忙しくて忙しくて。。。
もう寝る時間も惜しいぐらい。
と言うけど、やっぱり自業自得のところもある...
やることが多すぎ。たまったアニメ、勉強、取りにいかなければならない雑誌、他色々...
勉強の方は、方法わからないので、教科書の練習と問題集を全部やることにした。それが、思ったより時間がかかる。一課は3ユニット。約5.6時間ぐらいはかかるでしょう。普段、アフレコの練習もあるので、日本語学校に行かなければならない、家に着いたら、もう十時…
最近は寝ても寝ても疲れが取れない…今日も…折角の休みなので、体力を回復しておこうと、二度寝をしたら…起きたら、もう22時でした。

デュラララのアフレコ
監督は、まだ主人公の役の事を気にしている。いや、すごく気にしている...彼女はやはり配役を変えたい。けど今更配役を変えるのはよくないと思う。彼女は焦ってる。実は、この前まで、私も焦ってる。けど、勉強ともう一組が私の手伝えを断ったおかげて、大分冷静になった。けど、彼女は逆でした。
事の発展はある意味私の予想通りでした。早めの練習、練習時間の確保...
今度の活動の時間は なんと4月18日でした。予想より10日くらい早くなってる。
練習の時間が明らかに足りない。もう一組はまだ殆ど練習していない...
私にやっぱり配役を変えたいと言った時の彼女は辛そうでした。何とかしてやりたいが…
先生の意見を聞いた。先生も今更配役を変えるのはよくないと思っている。けど、あくまで、決定権は彼女にある。もし彼女が、どうしても配役変えたいっていうのなら、多分実際、誰も反対したりしないでしょう。気持ちはともかく。
気持ちはわかる。一人は、間違うところはいつも一緒。何度言っても無駄。彼女の言葉で言うと進歩がない。もう一人は...(-_-;)ちゃんと勉強しるかどうかも疑問...
仕事だったら、外されても当然ですが。こういう活動は質より、皆で楽しくやることの方が大事とされている。
もし最初から、主人公を他の人(彼女の考えでは私)に任せたら、こんなやり難いことにならなくて済んだでしょう。彼女を責めるつもりはないが。一度やりたい人に任せて、途中で、あなたは実力がないから外すってのはちょっと酷だと思う。彼女は、あの二人はそんな人じゃない、他の役にまわしてもきっと頑張る、きっとわかってくれる、きっと気にしないと言ったが。確かに、頑張るでしょう、異議はないでしょう、けど、気持ちの方はどうでしょうか。彼らは、役が難しくても、一度も諦めようとしなかった。最初からやりたいと言った、だから...それを考えると、どうしても...
けど、彼女の気持ちはわかる。そして、彼女は今苦しんでいる。私はどうすればいいのでしょうか。何かできる事はないでしょうか。
もう、どうすればいいのかわからない...
私、口下手なので、色々と上手く伝えられない。どうしよう...
如何しよう...どうすれば...

私の手伝えが必要ないと言われた時、正直、ショックでした。下心(この単語を使いたくなかったが…)があるとはいえ、出発点は純粋な善意。あの日は正直、すごく気にしていた。けど、冷静になって、翌日は何もなかったように、あっちの責任者と楽しく話した。

明日も練習がある、白にゃんの決断は...





ペタしてね

人間関係&色々の愚痴と悩み

テーマ:

昨日、教科書を買いに行った、大変だったけど、なんとかそろった。友たちから、高校卒業証明を作ればいいって提案があったが…そんなことをしたら、万が一バレたら、一発アウトだよ...安心できない。やっぱり、時間かけても、確実な学歴が欲しいな。(日本では自考の学歴があまり認められていないらしいが、認める大学もあるでしょう)

買いすぎた、重くて重くて。。。本屋から日本語スクールの15分の距離を1時間もかかった…限界...指が...

帰る時、電話して、でカラスを車でむかえに来てもらった...

今日は2時の授業、3時から練習...のはずだったが、3時過ぎても来ないので、白にゃんにメールした。30分位遅れると彼女は言った。3時40分、再びメール。返答は...今行く…(≡д≡) ガーン。4時20分、ようやく姫様のご到着(-_-;)…

練習に入る、今度の演技は合格。そして、主人公の役の問題...今のその役やってる人は…かなり失礼ですが、酷い…大柄の青年が、声を細めて高校1年生の少年の声を真似する…正直に言うと、怖い…イメージが全然合わない以上、発音や音調におかしなところが...(彼女が思ったより)それで、彼女は割を変えて、私が主人公(話す部分)をやることにした。

それだけだったらまだいいけど、あの二人(心の声を含めて)も主人公がやりたかった。特に心の声の方。挨拶なしでそれを決めると、彼があまりにもかわいそうだ。それに、メンバー募集の時も、そういう行動でちょっとした不愉快があった。めっちゃ心配...

本音を言うと、私も最初からその役がやりたかった。けど…タイミングが悪すぎ。勿体無いです、せっかくいい感じでやってた役が、台詞も大体覚えたのに...二役はダメ、彼女もその役がやりたいと言ったが、それは許さない。彼女も私も(引き受けたら)メインキャラなので、二役は不公平だ。彼女は自分は大丈夫と言ったが、そんなはずがない。台詞の方は彼女が一番多かったからだ、しかも彼女は監督…その役も難しいと思う。なので、誰がやるのも問題。

私にとって、これはチャンス。最初は嬉しかった。けど、どこか違うような気がした。そして、次々と、悩みが出て来た。

凄く揺れた、迷った、悩んだ。考えた末に、やっぱり山先生に相談した。状況を説明したら、やっぱり私の考えが正しかた。だから決めた。明日は、白ちゃんにちゃんと話す(相談)。私たちの性格に似ってるところがあるから、その気持ちもわかる。つまり、真面目過ぎ。やるなら最善を尽くす、最高の作品を作る。のはいいけど、質ばっかり気にしすぎて、大事な事を忘れたのではないか。

いや、これは最初から、チャンスではなく、試練だったのかもしれない。

あとは、監督ですから、練習には遅刻しないで、ちゃんと出るべきではないかと...もともと、練習時間が限られてるというのに...

あと、あるといったもう一組み。最近、あっちの責任者を全然見かけていない。色々と相談したかったのに...私心もあった。あっちで 役をもらい掛け持ちするという。

それに、何より、あの組のメンバーは平均レベル低い…それに、私に声をかけた、つまり、手伝ってほしいという事。アニメは一応決めたらしいが、責任者は何処に行った(-"-)。明日もあえないなら、中国人の先生に頼んで、連絡を取るしかない。まさか、言ってみるだけ とか、もうやらない とか、言わないよな(^_^メ)...

もしそうだったら、もう一本アニメをどうすれば...




老龍さん、いつも、ありがとうございます。えっと、もし例えば、パーマで厚化粧のおばさんが「あら、イケメンのお兄さん、良い店しってるよ」と言いながら、べたべた触ってくる。そういう時の気持ちです。(微妙なたとえですみません)寒いというか、気持ち悪いというか…







ペタしてね