言語分析未来予測

言葉で表すもの全てが分析可能です。言葉での分析は予測的な文章となります。

NEW !
テーマ:


 昨日、急に自動更新が始まって、ソフトの更新には何度も再起動し、30分ぐらいかかったんじゃないかな。
 起動時の壁紙が初めて見る赤は大きな花で、そこでPINでサインインですか。
 タスクバーもちょっと変わったかな。


 outlook.jp の復旧、って停止していたのかな?
 よくわからない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 OSが表示されなくなってパソコンが壊れた模様。
 データをバックアップしていたつもりが勘違いで何も残ってない。
 メーカに修理を求めたが「古いタイプで部品が残ってない」とのこと。メーカーが修理しないなんて、こんなことある? 2度とマウスコンピューターは買わないと心に決める。

 

 マザーボードが壊れたのか、ハードディスクが壊れたのか、よくわからない。
 ともかくハードディスクのデータが取り出せれば、ってことでプロに任せるしかないのか。


2016/09/12 10:25
【デジタルデータリカバリー】ご来社お待ちしております

2)当日のご来社について

プライバシー保護の為、個室対応の完全予約になっておりますので
5分前にはお越しください。

お時間が遅くなる場合はお早めにご連絡ください。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<
【復旧にかかる費用の概算について】
■過去の事例をお調べした範囲での概算金額ですと5万円~50万円となります。
症状によっては概算を超えるものもございますので、見積りご案内時にご説明させて
頂きます。


 5万円~50万円って――いくら請求するつもりだ、って――こんな見積もり初めて見た。
 7万程度のディスクトップパソコンで、こんなに払えるはずないよね。こんなんじゃ個人の顧客満足は得られないと思うけど、貧乏人には関係ないか。


 ってことで、これからはジャンクでマザーボードを変えてみて、もう一度、起動させてみようかと……。まあ、壊れたパソコンであれこれと遊んでみようかと思ってます。
 それにしてもファイルやデータは惜しいが、昔の物として諦めます。新しく、よりよい物をまた作ればいいだけです。

 

 ともかくパソコンは劣化して壊れることがあるようで、新しいハードに変えることは必須のようです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
突然の釈放・・・なぜ? 高畑裕太氏、深々一礼し謝罪(16/09/09)



2016/09/09 に公開
俳優の高畑裕太さん(22)が不起訴処分で突然の釈放となりました。


 なかなかの大声で元気がありながら入院とはどうゆうことなのだろう?
 弁護士が警察の取り調べとは正反対のことを言い出しているのが驚く。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160909/k10010678571000.html
俳優 高畑裕太さん 不起訴で釈放 「申し訳ない」と謝罪
9月9日 18時12分

「女性との示談成立が考慮されたことは事実だと思います。『部屋に歯ブラシを持ってきてと呼びつけていきなり引きずり込んだ』などという事実はなかったと考えています。違法性の顕著な事件ではないと考えております」としています。

所属事務所は、9日、本人との契約を解除したと発表しました。



 無罪であるなら警察が仕立てた冤罪と言いたいのか?
 警察も被害者が取り調べ通りに主張してくれないと公判が維持できそうもない、ということで「勝手にしてくれ」というところだろうか。
 無罪なら所属事務所は、なぜ本人との契約を解除したのだろう。所属事務所が知りえた、契約を解除するだけの事実はあったのだろう。本人しか責任の取りようのない事実だ。もっとも所属事務所にしてみれば契約解除は罰のなにものでもない。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/10/kiji/K20160910013327910.html
高畑裕太、合意と思った可能性 不起訴には示談以外の要因も
前橋警察署から釈放された高畑裕太
Photo By スポニチ


 あくまでも「合意があった可能性」ではなく、「合意と思った可能性」ということで非常に主観的な表現だ。相手があることで、慎重に言葉を選んだと思える。
 「合意」があったのなら、従業員が就業中に客の部屋にやってきて、ということでホテル側の信用問題に発展するだろう。警察での取り調べも虚偽ということになる。
 しかし被害者と示談となったので真実の追及は第三者はできなくなってしまう。前被害者、前加害者に対して二次被害が起こりかねない、ということだろうか。

 しかしながら「強姦致傷は冤罪だったのか?」というのは大問題でマスコミが追及し続けるべき対象であることは違いない。
 22歳の有名な俳優が、ホテル従業員のハニートラップに引っかかった詐欺か、警察が被害者の尋問を誘導した冤罪か、はどちらも事件である。
 それとも単に示談で被害届を取り下げただけで「強姦致傷は事実」だったのか?

 「欲求が抑えられなかった」が事実なら、また再犯の可能性もあるかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。