言語分析未来予測

言葉で表すもの全てが分析可能です。言葉での分析は予測的な文章となります。


テーマ:
謎すぎる!ブスと付き合うイケメンの心理とは
「あなたはどうしてロミオなの?」シェイクスピアの古典に始まり、世の中は不思議なことばかりです。斎藤工..........≪続きを読む≫ 「おブス女子をカノジョに選ぶイケメンって何者なの?」

◆美女と野獣の逆バージョンカップルに「ファッ?」
街を歩いていると、超絶イケメンと、顔面偏差値は決して高くない女子のカップルをちらほら見かけます。

イケメンのブス専男子に共通する特徴としては「タイプの顔が変わっている」、「尽くされるのが好き」などが挙げられるのだそう。

そして、先ほども挙げたように、イケメンのブス専は「尽くされるのが好き」な男性が多く見られます。


http://ameblo.jp/ageishi/entry-12180442507.html
女性は、その同性を「ブス」と言うけれど……
2016-07-14 10:54:51



 科学的かつ生物学的には一瞬で好みの異性のフェロモンを嗅ぎ分けているわけで、見かけの容姿は第三者には見せかけに過ぎない。
 それ以前に同姓を「ブス」とはっきり言ってしまう、それも陰口で、という人間性が嫌われるも自分が彼女になれなかった原因でもある。
 それも、イケメンのブス専男子、などとイケメンもこき下ろす否定グセは、恋愛にしても、それ以前の異性との会話でも好感が生まれない原因でもある。

 せめて自分が「イケメン」と思っているのなら、悪口ではなく褒めるべきではないか。感情が素直に表現できない、何か障害のようなものすら感じられる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
謎すぎる!ブスと付き合うイケメンの心理とは
「あなたはどうしてロミオなの?」シェイクスピアの古典に始まり、世の中は不思議なことばかりです。斎藤工..........≪続きを読む≫ ◆美女と野獣の逆バージョンカップルに「ファッ?」
街を歩いていると、超絶イケメンと、顔面偏差値は決して高くない女子のカップルをちらほら見かけます。



 そもそも女性が言うところの同性の「ブス」と、男性が感じる異性の「ブス」では、大いに違う、ということがある。
 どうして女性がお互いの欠点をこれほど見逃さないかと言えば、化粧は対同性間での競争であるからだ。女性は他の女性よりも綺麗になりたい。だから美女は見逃すのである。比べることが辛いから。
 女性が美女になりたいのは、ファッション雑誌で見るモデルのような容姿だろう。そのようになりたいと思う。

 男性はというと別にモデルのような女性と付き合いたいとは思ってない。
 たとえ大ファンのAV女優がいたとしても付き合いたいとは思わない。
 例えば男性は太った女性を簡単に「ブス」だとは思わない。
 人を引き算でマイナスばかりを見ていくのは、非常につまらない選択をすることになる。これは正論ではなく「結局、人にはマイナス面がある」という結論となってしまうからだ。
 足し算で人のいい面を見ると、人への好意も高まるはずだ。精神的にもいい効果があるに違いない。

 付き合っている以上、その女性のいいところがあるに違いない。深く付き合ったから分かる魅力もある。外見からは想像できない魅力だ。

◆俺にアタックしない新鮮な存在
イケメンは、自ら動かずとも、どんどん女性のほうからアプローチを仕掛けてきます。一方でおブス女子は、容姿コンプレックスが理由で自らアタックできないタイプが多いです。



 女性のほうからアプローチを仕掛けて来ても話が弾まなかったら意味がない。そう考えると話が楽しいのは美女と、ではなく、話しやすい女性との会話だろう。
 にこやかで面白いと思わせる女性。
 隙のない女性はモテないとよく言うが、隙のある女性はにこやかにするところではないかと思えてならない。それだけで男性は安心できる。
 逆に緊張している女性は、とっつきにくいものだ。

 これは極論だが、と最初から断っておくが、一緒にいて楽しんでくれだり、喜んでくれたり、「幸せ」と感じてくれたりするのであれば、それが男性が満足するものでもある。結局、ここが究極なのではないか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【東京都知事選挙】小池百合子氏 出馬記者会見 2016-7-6
osaka jp



http://ameblo.jp/ageishi/entry-12072206717.html
色の好みと性格分析の訂正
2015-09-12 10:02:08

黄色を好む人=精力的でタフ、野心家でもある⇔なんにでも首を突っ込み、干渉したがり。他人に取り入りメリットを得ようと功利主義。

緑色を好む人=理想家⇔夢見がちな、ことなかれ主義。現実に妥協し・甘んじている。



 心理学者のルッシャーは緑色を好む人は、理想・平和主義で現実主義者、と言っている。
 理想主義と現実主義は矛盾しないと言われているが、ここでは思想的にではなく考えなくてはならない。だからこそ、緑色の好きな人は現実に妥協しなくてはならないことになる。

 黄緑は黄色と緑が混ざった色で、黄色の精力的な行動がより現実的となるはずだ。
 そんな現実的な理想こそ、自然へのあこがれそのものだ。
 黄色が強く見えるのであれば、なんにでも首を突っ込む、性格が現れる。

 緑は傍観的かつ恥じらうような、そんな無責任な傾向があるのだが、黄緑になると黄色の積極性で、周囲の思惑など気にしないで自分の思ったとおりに行動するという、別な無責任性が出てくる。
 東京都知事選挙、出馬記者会見で語っていたのは、まさに黄緑色を好む人の、現実的な理想、そのものだ。
 ただ、政策が他人からの影響であるなら、思い込みでの間違いがある。
 自発性が報酬だけではないのなら、粘り強く苦労する政治家であろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。