言語分析未来予測

言葉で表すもの全てが分析可能です。言葉での分析は予測的な文章となります。


テーマ:
選ぶなら「いい男」より、「いい女にしてくれる男」【ムギ子の映画deえいご Vol.1】
ハロージャパン! ライターの尾崎ムギ子です。イラスト/尾崎ムギ子昨年(2015年)9月から連載してい..........≪続きを読む≫  面白いセリフだと思いました。

「“いい男”ではなく、“いい女”にしてくれる男を選んで」


 映画『Black&White』とはハリウッド映画なのかよくわからないが……。

 「世界まる見え テレビ特捜部」なんかの再現シーンが終わって本物の家族が幸せそうに映るんですが、いつもお母さんは太っている人ばかり。
 太っている女性がいい女ではない、とは言いませんが、結婚して子供が生まれて幸せだから「いい女にならなきゃ」とは思わないのではないかと、思ってしまいます。人間、幸せになるのが目的なんだから。

 人生の目的は、いい女になることか、ただ幸せになることか? 答えは簡単ですよね。
 結局、“いい女”は才能で、それは“いい男”でも同じことでしょう。

才能=ある個人の素質や訓練によって発揮される、物事をなしとげる力。物事を巧みになしうる生まれつきの能力。才知の働き。


 生まれつきの能力だったら、やっぱり“いい女”になるのではなく、幸せになる事のほうが正解だろう。
 “いい女”は結婚や恋愛する前から“いい女”であることは間違いはない。だけど“いい女”でなくても幸せにはなれるはず。

 日本のテレビの場合、子供のいる家族が登場すると、これが決まって“いい女”だったりする。それが亭主は決まって“いい男”ではない。太っているか、剥げているかのどっちかだ。
 “いい女”と結婚できて、子供も育てられ、豊かな生活ができる、それなりの資産の持ち主は、それこそ見た目ではないのだろう。当たり前だ。

 また日本のテレビの場合、参加する一般女性は、容姿に自信のある“いい女”ということなのでしょう。
いいね!(7)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
「デブで醜い」と自分を責めてしまう人への処方箋 ~身体編「心穏やかにスリムになる3つの心得」~
職場で太っている自分に引け目を感じたり、プライベートで一緒に歩く友人に劣等感を持ってしまうことありま..........≪続きを読む≫

 テーマは『「デブで醜い」と自分を責めてしまう人』のことについてだが、はじめからダイエットについて書かれている。

http://news.ameba.jp/20160518-194/
「デブで醜い」と自分を責めてしまう人への処方箋 ~身体編「心穏やかにスリムになる3つの心得」~
2016年05月18日 08時00分
提供:WomanNews


【心得1:落とす体重は1カ月に1キロだけ】
【心得2:摂取カロリーの計算はアバウトに】
【心得3:運動はスキマ時間のストレッチだけ】



 文章を書く人にとって最も合理的なことを考えついた時、現実味を無視しても書いてしまうということがある。
 時代劇のドラマで忍者が、育ちの早い植物を植えて、それを飛び越える訓練をする。育ちが早いと言っても、最初は芽が出て膝まで育つ頃は誰でも飛べる。何度も繰り返し、何日も飛ぶのだが、毎日、何度も繰り返していくと、3メートルぐらい育った頃でも、飛び越えることができる、ということだ。
 一日だったら1センチ成長して、一ヶ月だったら30センチ伸びる。10ヶ月で3メートルだ。
 「一日、1センチだったら毎日、楽に飛べるはずだ」と考えるのは誰しも納得できる理屈だが、10ヶ月後、3メートル飛ぶのは非現実的だ。誰しもオリンピック選手になれてしまう。


 1カ月に1キロずつ落としていけば、1年後にはマイナス12キロ、5年後は60キロ、10年後は120キロの減量が可能だ、と書いていいのはフィクションであり、現実的ではない。

 摂取カロリーは大切だとは誰にもわかることだ。しかし痩せるのは消費カロリーが重要で、ハードな仕事をしたときに2キロぐらいすぐ体重は減ってしまう。それも半日でだ。
 代謝しやすくするために筋肉をつけることの方をおすすめする。
 ストレッチだけではなく、ハードな有酸素運動で血液もサラサラになると「ためしてガッテン」でやっていた。
 ダイエットも健康的でなければならない。

 特に食事は習慣が大切であり、糖質制限ダイエットがしやすいのは、他に食べるものが多いので習慣化しやすいからだ。

 『「デブで醜い」と自分を責めてしまう人への処方箋』とは、心的なことであってほしいものだ。テーマが最初からずれてしまっている。
 しかし最近では、女性のほうが、それを利用して頑張ろうとしているところが目立つ。
 太っている女お笑い芸人が増えているからだ。
 彼女たちは「男と付き合ったことがない」ということまでネタにしている。開き直っているようだが、それでいて「男にモテたい」と望んで努力もしている。

 人は大いに矛盾しているが、他人を楽しませることで自分も楽しむ、という精神的にも健全な道は見失っていないようだ。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 今までの自己評価と、世間からの批判のギャップの大きさに耐え切れなくなったから。
 不倫などの世間の批判が、自分の思っている以上に少なかったとしても、今までの自己評価と、現在的な自己批判のギャップが大きくなるほど、これも同じく耐え切れなくなる。
 簡単に言えば、自身に恥じ入った、ということだろう。
 しかし、このままでは前に進めない。

http://ameblo.jp/ageishi/entry-11636543382.html
ちょっと心配な矢口真里さん
2013-10-14 08:10:27

 関係者などに送ったファックスでは、「こんな私を支えて下さり」など自己卑下的だ。
 休業するのは、自分自身のペナルティーでの自罰なのだとしたら、長期休業であるほど苦しみは深い。



 労働の自由・職業選択の自由は人権であり、他人が「まだ早い」、「仕事を始めるべきではない」などとは言えない。
 すべては本人の自由意志で決断されるものだ。

 あまり自分を責めて恥じ入り続けると、いつまでも仕事ができない。
 自分がではなく「相手が悪い」と男に責任を転嫁するほど精神衛生上いいし、自分が被害者なら「強く気持ちを持ってでの復帰」ということで、うまく行きそうだ。

 自分ばかりではなく相手への批判を持つべきだ。
いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。