今晩は

犬種紹介2回目は
シー・ズー
についてです。
 



シーズーは起源がチベットと言われており、
一説ではチベット由来の

ラサ・アプソ

 

と、
中国在来の

ペキニーズ

 

の混血したものと言われています。

また中国皇帝に寵愛を受けた
宮廷犬として有名です。
正確な呼び名は
「獅子狗(シー・ズー・ゴウ)」ですが、これは中国で最も神聖な動物として
讃えられている「獅子(しし)(中国読みでシーズー)に由来しています。

中国とチベットの国交の際に、
献上物としてシーズーが贈られるのが大きな名誉とされていた程
尊ばれていた犬です。
1920年にイギリスが侵攻してきて北京の紫禁城を占領した際に
ほとんどのシーズが殺されたという辛い過去もあります。

その後イギリスに渡り、姿形が似ているために

ラサ・アプソとごっちゃになって混同されていましたが、
厳密に・・・


短肢で短吻(たんふん)のものがシーズー、
長肢で長吻のものがラサ・アプソ
と区分して計画繁殖を行い、別犬種としました。
(短吻種とは眼の前縁から口までが短い犬種です)

1960年にはアメリカにも渡りショーデビューも果たしました。
日本でも
ペットブームの追い風を受けて大きな人気を博しました。
シーズーは「頭部は
ライオン骨格はクマ足はラクダ、歩様金魚と言われ
顔のあらゆる場所に放射線状に毛が生える様が
の花に例えられました。


被毛は上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の
2層からなり、密集した上毛のコートを持っています。
毛色は様々ですが、日本で多いのは
ゴールド&ホワイトブラック&ホワイト
の2色のパターンでしょうか。



性格はのんびり屋で穏やかです。
また陽気で遊び好き、社交的で人懐っこいので
誰からも好かれ、攻撃性も低く噛みグセや無駄吠えも少ないので
小さいお子さんがいる家族などでも非常に飼いやすい性格をしています。

運動量は室内で遊ばせるのと少しの散歩で
十分に足ります。
ただ高温多湿の環境は得意ではありません。
夏場は熱中症にも気をつけなくてはいけませんね。


注意すべき病気として
鼻腔狭窄乾性角結膜炎
などがあります。



オマケ
トリミング後に遊ぶシーズーの
ミルクちゃん



大阪摂津市のペットホテル・トリミングサロン again
 
http://againpet.com/blog/

AD

コメント(1)