今までで1番嬉しかったこと

テーマ:

 

お久しぶりです!

なんかこのブログの内容が拳銃強盗や暴動とか暗いものばかりになってる気がするんで、

今回は明るい内容をお届けしようかと思います(^.^)

 

 

実はだいぶ前に静岡新聞に寄稿してました~

まぁ、こーゆうとこにはカッコよく良いことしか書きませんよね。笑

 

そういえば健康フェリア(寄稿文中は健康祭り)についてこのブログで

動機は書いたことがあるものの(https://ameblo.jp/aga1teaga1teagakimakure/entry-12278717015.html?frm_src=thumb_module)

事後報告はFBでしかしてなかった気がするので、簡単に写真と共に振り返ると・・・

 

 

任地の死因の半数以上(第1位の心疾患は43%)を占める生活習慣病の予防を啓発する為に

 

 

現地人医療職ボランティアにも協力してもらい、BMIや血圧を測定し自分の体の現状を把握してもらう身体測定ブース

 

 

炭水化物、油、炭酸飲料とバランスが偏りがちな食生活改善を促す栄養ブース(白衣の2人が後のキーパーソン)

 

 

体育隊員や高校生ボランティアにも協力してもらった運動ブースを展開し、約200人の住民が参加してくれました!

 

 

翌日は日本文化紹介も開催したので、保健・体育隊員だけでなく約40人のほぼ全てのホンジュラス隊員に協力してもらいました!!

 

 

…はい。ここまでが新聞寄稿した通りの良いこと部分です。笑

 

 

悪いこと部分その1

寄稿文には「今後は隊員が派遣されなくても、このような活動を続けてもらえるよう・・・」と書いてありますが、

この時に協力してもらった現地人ボランティアが医療従事者約20人、高校生約10人で

医療従事者はほとんどを僕の友人知人で集めてしまいました。

 

現地人ボランティアも過去最高によく働いてくれたとある隊員がアンケートに書いてくれたように

素晴らしい働きをしてくれました。

しかし、今後の持続可能性を考慮すると僕の友人知人でなく

配属先である保健省県事務所や共催であった市役所の人間をもっと巻き込まねばならなかったのです。

 

実は企画の段階からJICAの人にはこれでは自己満足で終わってしまうと指摘されていましたが、

僕のデスクは思春期クリニックにあるので保健省県事務所の人とは赴任時の挨拶くらいでしか関りが無く、

当時の自分のスペイン語力でこの短期間に新たな信頼関係を作ることは無理だろうという諦めと、

60万もの日本の血税を使っているからどうしても成功させねばというある種の強迫観念から、妥協してしまいました。

 

 

悪いこと部分その2

動機を書いたブログにもあるように、市役所主催のスンバ(踊りの1種)教室とのコラボを最大の特色にしていた

にも関わらず、事前に申請書類も渡したカリスマインストラクター、アレックス・ビンデルが当日遅刻し

雨季特有のスコールが降り出した為にコラボが実現できませんでした・・・

 

もちろん結果的にやって良かったとは思ってましたが、結局それも自己満足なのかもという後悔も少し残りました。

 

 

 

やっとここからが本題の一番嬉しかったこと!笑

 

健康フェリアから9ヶ月経った先月、当時僕の配属先である思春期クリニックで実習生をしており

健康フェリアでも準備ではTVでの宣伝から、本番では栄養ブースを手伝ってもらった大学生(上の写真の女の子2人)から電話があり、

今度高校で健康フェリアを主催するから手伝って欲しいとのこと!

 

 

4月5日、思春期妊娠等についての事前授業を実施し

 

9日後の先週の土曜日、健康フェリアが開催され高校生たちが掲示物を作成し、学習内容を発表してくれました!

 

 

この光景を目にした時の感動は、言葉にできなかった。

 

 

思春期妊娠 ここの制服で作られているのが地味に良い!笑

 

 

性感染症予防 中央のセクシーな絵といつも授業で配布してるパンフレットを置けるのが良い!

 

 

いじめ防止 この無数の手形が確実にどの掲示物よりも手間がかかっている!笑

 

 

応急処置 文字が小さいけどその分情報量は一番多い!

 

 

避妊法について 実物を展示したり(女性用コンドームまで)コンドーム配布BOXまで付いてる!

 

 

発表はこんな感じ。いつも思うけどホンジュラス人て掲示物つくるのと発表(演説)すんのはホントに上手い!

 

そして当事者が掲示物を作成しそれを他の当事者たちへ発表することで成立する

ピア(仲間)エデュケーションという、性教育で最も有効だと言われている手段が成立していることにも感動。

 

 

同任地の後輩隊員も休日出勤させて記念写真。笑

 

 

一応来賓として招待してもらったので、僭越ながら掲示物と発表の評価もさせてもらいました~どれも力作で甲乙付け難い!

 

 

2位の発表と賞品授与をさせてもらったけど、賞品が現金1500円。笑 そして1位じゃなかったから露骨にがっかりされる。

 

 

優勝はやっぱり実物展示が多く、発表も上手かった避妊法チームでした!

 

 

 

そしてまさかの遅刻でコラボできなかった憎きカリスマインストラクター

アレックス・ビンデルによるスンバ教室がここでリベンジを果たす。笑

 

 

あれ以来顔も見たくなかったからスンバ教室行くの辞めたけど、皆いい顔してたから少しは許す気になれました。笑

 

 

そして最後に今回の健康フェリアを企画してくれた教育大学生たちと。

 

僕らが開催した健康フェリアが彼らに何らかの影響を与えられたのか、直接は分からないから

一人で自己満足に浸ろうかとも思ったけど、あの健康フェリアは同任地だった先輩隊員2人をはじめとし、

約40人ほぼ全てのホンジュラス隊員に協力してもらえた結果なので報告させてもらいました。

 

帰国まであと2ヶ月と迫り、持続可能性とか難しいことを考え出すと無力感に打ちひしがれることも多いけど、

いつかこんな形で努力が報われることもあるかもしれないと思えたので、悔いの無いよう駆け抜けます。