中堅出版社「幻冬舎」(東京都渋谷区)の預金口座から6120万円を着服したとして、業務上横領罪に問われた同社元管理局長、竹本和博被告(44)=懲戒解雇=に対し、東京地裁は15日、懲役4年(求刑・懲役5年)の判決を言い渡した。稗田(ひえだ)雅洋裁判官は「経理を統括する立場で横領を繰り返し、馬券代などに充てており責任は重大」と述べた。

 判決によると、竹本被告は08年10月~09年3月、34回にわたり同社名義の口座から計6120万円を引き出し、自分名義の口座に入金するなどして横領した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
公金横領:詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋
懲戒請求:弁護士6586万円着服 地位悪用し 愛知
着服:預金2800万円を 摂津水都信金が2職員解雇
啓朋学園寄付金流用:元理事長の上告棄却 最高裁
着服容疑:岡崎信金の元支店次長を詐欺容疑で逮捕

小林千代美議員、13日聴取…違法献金認識焦点(読売新聞)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)
供述調書漏洩事件 ジャーナリストがNHKと和解(産経新聞)
地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分-裁判官、後日作成の書面で・岡山(時事通信)
AD