アフロは一日にして成らず。

ベーシスト藤村英志(アフロ藤村)のブログです。
主に音楽の事に関して書いていきます。
バンド「プレタポルテ」をメインにサポートなどで都内中心に活動中。
巨大なアフロ目指してます。


テーマ:
こんばんは。

昨日は更新をサボってしまいました。
ちょっと個人的に悔しい事が何個か続きまして、少しダメージを受けていました。

理不尽な事っていうのもこの世の中多いですよね。

僕なんかの悩みは可愛いもので、
世界中には理不尽なことがたくさん起きていると思います。

現象として出てきているのはミクロな事かもしれないですが、
元をたどれば、原因の根っこが深い事っていうのもあるのかなと思います。


自分がコントロールできない問題に対して
頭を悩ますのは時間の無駄かもしれませんが、
わかっていても悔しいし、考えてしまう時ってありますね。




さてさて、そういう訳で、
ちょっと考えてしまった事。


今日はちょっと、
ミクロとマクロの話について書こうかなと思います!

くれぐれも「アフロ」じゃないですよ!\(◎o◎)/笑

(やっつけ悪循環。)




僕自身は現在都内のM大学で経済学を勉強しています。

2年休学ののちに復学して、ヒーヒー言ってます。

2年間音楽のことばっかりやっていたので、
全然こちらの勉強はしていなくて、

戻ってきてからは、より専門的な勉強に入っているので、
忘れていることが多くて、泣きたくなる事も多いです。

現在も音楽と並行してやっていて、授業に出ない事もあったりするので
そんな優秀な学生という訳ではないかもしれませんが、

今の自分や周りに何か活かせないかなーとは思っています。



そんな僕が勉強している経済学。

ミクロ経済学」と「マクロ経済学」というのを1、2年生の時に習うのですが、
ミクロとマクロの違いはそれぞれ文字通り、取り扱う単位の違いですね。





そんな経済学の中で取り扱う概念に「合成の誤謬」という言葉があります。

「ミクロ単位で合理的な行動をとることが、
必ずしも、同じようにマクロ単位で合理的であるとは限らない」

といったものですが、




この言葉を説明する際に
良く取り上げられる例として、「貯金」というのがあります。


現代においては

いつ何が起こるか、分からない世の中ですし、
子供を育てることなども考えると、

色々なことが起こったときに備えて、

それぞれの人間が住んでいる家の台所事情。

「家計」などのミクロな経済主体単位で
支出を削減して貯金する事は、
その主体にとっては良いことかもしれません。

しかし、どの家計も同じように貯蓄しようとして

消費を減らして節約してしまうと、
「モノ・サービス」を売っている企業の売上が減ってしまうために、

その企業に所属している労働者の家計での所得が減ってしまいます。
そして、社会全体(マクロ)の経済規模は縮小してしまいます。


結果、社会全体という視点から見ると、
「家計(ミクロ)」では合理的なはずの「貯金」という行動をしてしまうと、
「社会全体(マクロ)」での貯蓄は減ってしまいます。

つまり、悪循環を生みます。






この「合成の誤謬」とはちょっと違いますが、
似ているもので高校あたりの授業でやったであろう「囚人のジレンマ


協調する方が裏切り合うよりもよい結果になることが分かっていても、
皆が自身の利益を優先している状況下では、互いに裏切りあってしまう」
というようなジレンマを指す。
(wikipediaより引用。)


詳しくはリンクより。

追記ですが、「ライアーゲーム」などが
この「囚人のジレンマ」を間接的に扱っていると思ったのですが、

検索したら興味深い記事があったので紹介します。
http://blogs.yahoo.co.jp/nonakajun/59346771.html


ライアーゲームのBGMカッコ良いんですよね。中田ヤスタカさん。












個人が利益を優先した結果、
結果的に全体が損をしてしまうという点で似ていると思います。





個人にとって良いこと(快・得・善)である事が

必ずしも
集団にとって良いことである訳ではなく
むしろ、悪いこと(不快・損・悪)であったりする事もあり、

集団に悪影響を与えた事で

それが結果的には自分に悪影響で返ってくるって事は
現実的にあるのかなって思います。




だからといって、
例であげたような貯金とかも必要なことだったりしますし、

合理的な行動を我慢するっていうのも、辛い事があるのかもしれません。
(もちろんケースバイケースですが!)





自分が何かを我慢していた場合は、
ほかの人の抜けがけという恐れもあるでしょうし、

自分だけが損するという恐怖には
人間はあまり勝てないものだと思います。

どちらかというと、
「赤信号皆で渡れば怖くない。」
「皆で損しよーぜ!」っていう発想になるのかなって。






ここで、ちょっと話はそれてしまうかもしれませんが、
「抜けがけ」というキーワードからなんとなく連想された事を。

「自分に仲の良い友人がいて、その友人と同じ異性を好きになってしまった」
というケースを考えてみました。

友情と愛情の選択にせまられてしまいますね・・・!(๑º ロ º๑)


ここでは選択できる行動には、いくつかパターンがありますよね。

・正々堂々と打ち明けてから勝負する。
・先手必勝。抜けがけする。
・自分は諦める。

などなど

どれを選んでも何かは失ってしまうかもしれませんが
この場合は、自分が何を優先したいかって話でしょう・・・。

まあ、どっちも振られるって事もあるでしょうし、
一夫多妻制(逆も)の国とかだったらどっちもハッピーって事もあるでしょうし。


話を戻します。







ミクロ・マクロという事で
個人・集団の話をしていましたが

これと、同様に「期間」にも同じ事が言えるのかなと思います。



ミクロ(短期的)に良いことがマクロ(長期的)には
悪いことだったりっていう事はありますよね。

極端な例を挙げると、ドラッグなど。

短期的には相当な快楽かもしれませんが
長期的には地獄でしょう。



ここで再び

(いや、これはもちろんネタで、僕はアフロにとっても感謝していますよ。笑)






綺麗事かもしれませんが


ここで、僕が思うのは

個人にとっても、全体にとっても良いことは何かって事を
短期的にも、長期的にも良いことは何かって事を

それぞれの個人が考えて行動したら、
社会はもっとハッピーなのではないか、と思います。




まあ、実際に全員がそれを実現するってことは
無理ってぐらい難しい事かと思いますヽ(;▽;)ノ





僕もそうですが、
「人間誰しも自分が一番可愛い生き物」だと思うので。
(これは本当に可愛いと思っている訳ではなく、
ある程度、DNAというか生物の本能的にしょうがないことだと思います!)


その時の快楽とかにふけりたい時もありますし、
感情とか本能とかもあるので、

どうしてもそういうものに左右はされてしまいます。


間違ってるとわかっていても、事情によって
やむを得なく、行動を選択する場合もあるでしょうし。

その人が置かれている状況、その人の立場とかもありますしね。





全てをハッピーに!
ていうのは難しいと思いますが




自分が好きだったりして、
ハッピーにしたい分野や集団があるなら、

まずは、それだけでもいいと思うので、
ミクロとマクロの両方の視点で考えて欲しいし、
僕もなるべくそう考えたいとは思っています。


まあ、どうしたって、自分がコントロール出来るのは自分だけです。
(とはいっても自分をコントロールするのもなかなか至難の業ですが・・・ヽ(;▽;)ノ笑)

でも、間接的に関わることは出来ると思います。



僕は音楽をしている人間なので、
大きな対象としては「日本の音楽シーン全体」ですね。

もちろん
「音楽活動の中で直接自分が関わる人達」という対象も。

傲慢かもしれませんが、
少しでも良い方向に向かえばとは思ってます。

何をもって「良い」とするかっていう問題もありますが・・・。

直接無理に干渉しようと思うものではありませんけども。
自分に出来ることがあるなら、した方がハッピーですし。


まあ、そんな事思いつつ、
結果的に、自分が学ぶことの方が多いと思いますし、

まず今は自分が力をつけなければ、と思いました。
強く生きたいですね!

経験や能力がなかったとしても
若い人間だから出来ることというのもあると思います!





ちょっと勢いで書いてしまいました。
今日はそのような感じで( ´ ▽ ` )ノ



それでは、おやすみなさい!






γ ⌒⌒ ⌒ヽ
 (  アフロ  )
 (   ミクロ  ) 
(  マクロ )
 ヽ( ´ ー ` ) 一日にして成らず!  
 ( つ旦0)  
 と_)_)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>