トルコ式風呂 ハマム

テーマ:

この滞在中に是非行ってみたかったのが「ハマム」

トルコ式のお風呂のことです。


観光ガイドなどに載っている観光客の多いハマムへ。


マッサージつきと、オイルマッサージつきと、何もナシがあり

マッサージつきを選択しました。

チケットと箱を渡されて脱衣所へ。


脱衣所は共同で、大きな赤いチェックの綿の布を渡され着替えます。

パンツは履いたままでOK!


ハマムへの扉を開くと、もわ~っと湿気ガ身体にまとわりつき、

生暖か~い感じ。

部屋は広く、中央に大きな石でできた台があり

天井はドーム型になっています。


台の上に赤い布を敷いて寝そべります。

石の台は暖かく、まるで岩盤浴のよう。(行ったこと無いですが。。。)

じんわり身体を温めていきます。

15分くらい経つとドーッと汗が出て来ます。(きっと岩盤よくもこんな感じなんでしょ?)

サウナのように息苦しくないし、部屋も広く天井が高いので

とーても気持ちが良かったです。


さて、いよいよマッサージ。

おばちゃん登場です!!

あえてその風貌は説明いたしません。


「ここで寝ろ」と指示されたので、彼女に従い横になりました。

するとばしゃ~っとお湯を体全体にかけられました。

びっくりした~。

そして、チケットと一緒に渡された箱から垢すり用の布を出し

マッサージ開始。

ごしごし全身を垢すりすり。

トントンと叩かれたかと思ったら、「うつぶせになれ」の合図。

彼女に従いうつぶせになり垢すりすり。

強すぎず、弱すぎず、絶妙のタッチ。

さすがベテラン風おばちゃん。

またトントンと叩かれ「座れ」の合図。

両腕を垢すりすり。

「日本人?」と聞かれたので「そうだ」と答えたのににこりともしない。

こわいよーおばちゃん。

すると「横になれ」の合図。

お湯をまたバシャーとかけられたら、

次は大きなタオルのようなものを泡立てて再びマッサージ。

この泡立ちようがすごいのなんの。

本当にあわあわ。

全身あわあわ。

マッサージと言えるほど、マッサージではなかったですが、

身体をすりすりしてもらうのは気持ちが良かったです。


さて次の合図は「こっちへ来い」

何かと思ったら、蛇口のところで座り、シャンプータイム。

いきなりお湯を頭からバシャー。

容赦ないんです。

頭もぐちゃぐちゃぐちゃと泡立てて、

またバシャーン。

かなり適当ーーー。

と思ったところで終了。


おばちゃん、サンキューね。ほんと。


またしばらく石の台で休み、上がりました。


汗をかいて、垢すりもしてもらって、お肌がつるつる♪


昨日のバザーの疲れも取ることができてとってもよかったです。


不思議と男性には人気の無い「ハマム」

どうやら髭を生やしたおっちゃんが垢すり&ハードなマッサージを行うようです。


女性には大変お薦めです!

一度は体験すべきかも!!






AD

コメント(10)