南極海で調査捕鯨をしていた捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に侵入したなどとして、艦船侵入や傷害など五つの罪に問われた反捕鯨団体「シー・シェパード」の元船長、ピーター・ベスーン被告(45)の第3回公判が31日、東京地裁(多和田隆史裁判長)であった。

 ベスーン被告は弁護側の被告人質問で、昭南丸に酪酸入りのガラス瓶を発射して乗組員にけがを負わせたとされる点について、「シー・シェパード側から『酪酸は人体に無害だ』との説明を受けており、けがを負わせるつもりはなかった」と述べ、改めて傷害罪について無罪を主張した。

 多和田裁判長は冒頭、ベスーン被告に「団体の主義主張を述べたり、調査捕鯨を討議したりする場ではない。裁判に関係ないことを述べれば、供述を制限することがある」と宣告した。

生安課巡査長が中3女子にわいせつ行為(産経新聞)
種牛「忠富士」が感染、残り5頭は経過観察(読売新聞)
口蹄疫 家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市(毎日新聞)
<覚せい剤取締法違反>川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑(毎日新聞)
<特定外来生物>オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
AD