神奈川県秦野市の元湯陣屋で16日に始まった羽生善治王将(39)と挑戦者・久保利明棋王(34)の第59期王将戦七番勝負(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の第6局は午後6時、羽生が35手目を封じて1日目を終えた。持ち時間各8時間のうち、消費は羽生3時間、久保4時間40分。17日午前9時、再開する。

【ライブ中継】第6局は中飛車から急戦へ

 久保の3勝2敗で迎えた本局は、超急戦になった。羽生はあまり時間を使わず、久保が長考を繰り返したため、両者の消費時間には大きな差がついた。

 昼食休憩のあと、羽生は3三角と打ち、すぐに切った。続いて6六香~8二銀と激しく攻める。久保は2七角と攻防に利かせ、香を打って急所にある先手の桂を払った。

 指し掛けの局面はすでに終盤戦といえるが、まだ実戦例がある。このあと、どちらが「新手」を放って主導権を握るのか。解説の滝誠一郎七段は「虚々実々の応酬で、両対局者の意気込みが伝わってきます」と語った。【山村英樹】

 ◇17日に大盤解説会

 王将戦第6局の大盤解説会は17日午後5時から東京・将棋会館で。丸山忠久九段と本田小百合女流二段が解説する。一般2000円。

【関連ニュース】
【第5局棋譜】羽生王将が飛車取り放置のマジックで逆転
【第5局解説】最終盤まで難解な戦い 畠山成幸七段と振り返る
【第4局棋譜】久保勝利で王将位にリーチ
【第4局解説】久保が初の王将位へあと1勝 安用寺孝功六段と振り返る
【名人戦】三浦八段が初の挑戦者 順位戦A級

鉄砲サミットで古式砲術、彦根城にごう音響く(読売新聞)
芸能人ブログID・パス流出、ホリプロ元社員逮捕(読売新聞)
介護従事者の雇用管理・キャリアアップモデルを策定―特定協(医療介護CBニュース)
築地市場の移転問題 都議会参考人「早期移転を」(産経新聞)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
AD