自民党の与謝野馨元財務相が会長を務める「正しいことを考え実行する会」は17日昼、党本部で会合を開き、最大の目標は新党結成ではなく、執行部交代などの党改革の実現を求めていくことを確認した。その上で、党改革への考えを聞くため、谷垣禎一総裁に出席を要請することを決めた。これにより与謝野氏は、離党を表明した鳩山邦夫元総務相が目指す新党結成に直ちには加わらないことになった。

 会合で、与謝野氏は「新党を目指すということを言っているのではない。自民党の支持率が上がらない現実を、執行部が危機感を持って考えないといけない」と発言した。出席者からは鳩山氏の行動を批判する意見が出た。

【関連記事】
自民・石破氏「賛成も共感もしない」 鳩山邦夫氏の離党表明を酷評
「新党、先にやるからおかしくなる」 舛添氏、邦夫氏との連携に否定的
鳩山邦夫氏 新党は「いばらの道」
邦夫龍馬、離党から一夜で「新党」早くもいかんぜよ!
邦夫氏の突発的行動に周囲は困惑 執行部批判は収まらず
20年後、日本はありますか?

子ども手当法案を可決=衆院厚労委(時事通信)
【十字路】実物大の大仏半身像難波宮跡公園にお目見え(産経新聞)
前原国交相 スカイマークの操縦室撮影「言語道断」(毎日新聞)
「死ぬかもと思ってた」奈良5歳児虐待死の母親(読売新聞)
レセプト審査、査定の判断に「支部間差異」―支払基金の報告書(医療介護CBニュース)
AD