1963年、石川県沖へ漁に出たまま行方不明となり、その後に北朝鮮で死亡したとされる寺越外雄さん(行方不明時24歳)について、兄文雄さん(74)=神戸市=が24日、外雄さんの子供2人を拉致被害者の家族と認定することなどを求める文書を、中井洽拉致問題担当相に手渡した。拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(71)らが記者会見を開き、明らかにした。

 支援団体によると、外雄さんは北朝鮮で在日朝鮮人の妻と結婚、長男と長女をもうけたが、94年に死亡したとされる。文雄さんらは要請文で、外雄さんの問題を拉致事件と認定するほか、戸籍上は行方不明になった日付となっている死亡年月日の変更などを求めた。中井担当相は「警察や法務省と話をして、結論を出したい」と話したという。

【関連ニュース】
拉致問題:安倍政権下で水面下の交渉 市民集会で元秘書
金元死刑囚:めぐみさんに「会った」と証言…中井担当相
北朝鮮拉致:衆院選候補の77%が回答 救う会アンケート
南北首脳会談:韓国で早期開催の見方強まる
日米外相会談:同盟深化の協議開始 普天間移設は平行線

未承認薬・適応外薬検討会議で保険支払い検討を(医療介護CBニュース)
輿石氏「正三角形のかたちで歩んでいかねば」(産経新聞)
<皇太子さま>国民と接する機会大切に 50歳会見(6)(毎日新聞)
日産婦学会が直接支払制度の廃止を要望(医療介護CBニュース)
金元工作員来日へ韓国と協議 (産経新聞)
AD