早期健全化団体の奈良県御所市は10日、財政再建を進めるため、東川裕市長の今期(2012年6月任期満了)の退職金1138万円を支給しない条例改正案を、14日開会の定例会に提出すると発表した。

 首長の退職金全額不支給は県内初という。

 市長退職金の全額カットは3月に総務省に提出した「財政健全化実施計画書」に盛り込まれており、東川市長は「職員給与や教育委員、消防団などの報酬を厳しく抑えている中、自らが率先して人件費抑制に努める必要がある」と述べた。

 このほか、市立小林、幸町、石光の3保育所と大正幼稚園の4施設を統合し、大正幼児園(仮称)を整備する事業費1億7000万円を含む、1億7535万円の一般会計補正予算案など計17議案を提出する。

口蹄疫 拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)
広がる「スポーツごみ拾い」 競技感覚で環境意識向上(産経新聞)
会期延長問題「話し合いが何らかの形でつく」(産経新聞)
自殺率・出生率、秋田県が15年連続全国最悪(読売新聞)
宮崎で新たに感染疑い、新富町の1農家で豚(読売新聞)
AD