全身の動きと触覚をリアルタイムでコンピューターに取り込める衣類型の計測装置「サイバーコピースーツ」を開発したと、東京大の原田達也准教授らが23日、発表した。手足に目印を付けてカメラで動きを記録する装置は、映画やゲームのCG(コンピューターグラフィックス)作りに応用されているが、触覚と同時に計測できる衣類型装置は世界初という。
 人間が座ったり、ほかの人を抱き起こしたりする際には、身体各部の触覚を頼りにバランスを取り、力の入れ具合を調節している。この装置は、その触覚制御を人型作業ロボットもできるようにするのが主な目的。介護や社交ダンスが上手な人に着てもらい、動きのこつを解明するためにも使えるという。 

【関連ニュース】
【動画】ロボット力士が熱戦=優勝は高校生ら、国技館で大会
赤ちゃん型ロボット開発=はいはい、顔の表情も
未来のカメラ、ロボット登場=開幕まで100日、日本館アピール
ロケット発射、ネットで体験を=人気ゲーム3作目
ロボット力士が熱戦=優勝は高校生ら、国技館で大会

足利事件再審 無罪に涙ぐむ支援団体の西巻さん(産経新聞)
<郵政改革>連立の火種あらわ(毎日新聞)
防大卒業式で「防衛費削減演説」? 最高司令官・鳩山首相が力説(産経新聞)
糖尿病治療+観光ツアー、徳島県が世界にPR(読売新聞)
「5年以内にiPSバンクを」=山中教授、再生医療学会で-広島(時事通信)
AD