あふぃりの「あ!」

インターネットの初心者やパソコンが苦手の人でも楽しく学びながら、お金を稼ぐ方法があります。それが「アフィリエイト」その方法を初めからゆっくりと・・



テーマ:

 

ブログのトップページに画像やバナー広告を
アメーバブログのメッセージボード風に設置してみました。

 

トップページの一番目立つ場所になりますので
メルマガ登録フォームやイチオシ商材のLPの
バナー設置などに最適です。

設置自体はindex.phpという場所にコピペ
するだけなので是非挑戦してみてください!

 

アフィリエイトのバナーリンクなどの場合は
生成したフォームをそのままコピペできるのですが

画像や自作バナーの場合は
直接コピペできないので事前に
HTMLタグに変換する必要があります。

 

今回は、固定ページの作成画面を利用します。

 

まず、管理画面の固定ページから新規追加をクリック

メディアを追加 で表示させたい画像を読み込みます。


 

 

 

 

 

メディアライブラリに表示させたい画像が入って
いない場合はファイルをアップロードして下さい。

 

 

添付ファイルの表示設定を

配置→中央

ランディングページなどに飛ばしたいときは

リンク先→カスタムURLで
そのページのURLを記入

サイズは3カラムだと幅を400以下にして

固定ページに挿入をクリック


 

 

 

 

 

 

 

 

固定ページ作成画面にもどって
ビジュアル表示になっていれば画像が
表示されます。

 

画像をクリックすればここでもサイズ調整や
リンクの設定ができます。

 

文字を書き足すこともできますので
自分オリジナルを完成させて下さい。

 

 

さぁ、もうすぐ完成です

頑張ろう (^O^)/ 

 

 

テキストタグに切り替えて表示されている
HTMLコードをすべてメモ帳などにコピーします。

 

作成に使った固定ページは公開せずに下書きで
保存しておきましょう。
後で画像を調整するのに使えます。

 

 

もう一度、管理画面から
外観→テーマの編集

右側にある
メインインデックスのテンプレート
(index.php)をクリック


 

 

 

 

 

 

 

先ず、
メモ帳などにコピーをして
バックアップを必ずとっておきましょう。。
それから

 


<!–▽メインコンテンツ–>
<div id=”main-contents”>の下に

先程メモ帳にコピーしたコードをペーストします。

 


 

 

 

 

 

 

ファイルを更新をクリックして
作業終了です。

 

 

トップページを表示しておかしな所があれば
固定ページで画像を調整してコードを作り直して
みて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。
いつもあなたを応援しています!でゎでゎ♪

 




引用元:賢威6.2ブログトップページをメッセージボード風にカスタマイ・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


2016年があと少しで
過ぎ去っていこうとしています。
あなたにとって充実した1年だったでしょうか?

 

 

首を痛めたり体調面でいろいろ有りましたが

アタリマエのことが

アタリマエにできる

 

 

そのことがどれだけ素晴らしいことなのか

 

すべての事に「感謝」できる

すべての出来事に「意味」がある

素晴らしい「人生」を生きている

 
そんなことが実感できた1年でした。

 

 

 

2017年はどのような1年になるのだろう?

 

ワクワク

ドキドキ

 

 
皆さまも良いお年をお迎え下さい!!




引用元:サヨナラそしてコンニチハ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
man-1207675_640
 
その病院は完全予約制でありました。

 

電話口のむこうで受付けの女性が当日の予約は無理なこと
順番待ちの時間はかかるが予約なしの飛び込み診察が
可能なことなどを丁寧に説明してくれました。

 

休み明けのその病院の待合室は人で溢れかえっていました。

 

座席はつながってはいるものの一人掛け仕様で壁面には
大型ディスプレイによって診察の案内や子供用のアニメが
映し出されています。

 

座席横にはご自由にお使いくださいと書かれた毛布が
用意されていました。

 

何よりスタッフの数が多く問診票の記入の際も患者の所まで
来て問診してくれました。

 

痛みに耐えている患者にとってはそのようなことが
どれだけありがたいことなのかを身をもって痛感しました。

 

当日は緊急手術なども有りかなりの時間を待たされることに
なったのですが不思議と心穏やかに待つことが出しました。

 
先日の病院からの引継ぎはしていないかったので
もう一度レントゲン撮影を行い診察をを受けて頚椎の状態を
確認してからMRIを受けました。

 

撮影したMRI画像には見事なストレートネックに加えて
5番6番部分でくびれるように狭窄した脊柱管の姿や
骨棘で骨の間隔が狭くなっている様子が確認できました。

 

頚椎板のヘルニアは認められませんでしたが学術資料に
使えそうな見事な画像がが映し出されていました。

 

それは「そいつ」の全容が明らかになった瞬間でした。

 

治療方法として保存療法に変わりはないのですが
消炎鎮痛剤が効いていなかったのでトラムセットと
ナウゼリンを処方していただきました。

 

理学療法士によるリハビリの指導をうけながら
現在も戦いは続いています。

 

基本的に変形した頚椎が元に戻ることはありません。
しかしながらようやくパソコンに向かうことも
出来るようになりました。

 
パソコンに向かって作業する。

 

そんな当たり前のことが実は決して当たり前のことでは無いと
いうことを経験したことで

 

私の中に「感謝の気持ち」が溢れてくるのです。

 

 

 

:逆に人生かわれるキッカケになるかも

私はそう思っているよ!

:よし!

そうとしか思えない。

:ありがとう頚椎症!

オフィシャルになるだけ!

ありがとう頚椎症!

:感謝しよう

うん!

それに捻挫じゃありません!

:うん!

打撲でもありません!

:うん!

サーヴェカル スパイン!

 

 

感謝の気持ちを忘れずこれからも精進して参ります。

 

ダラダラとした文章に最後までお付合いいただき
本当にありがとうございました。

 




引用元:「そいつ」は或ることを伝える為にやって来た?
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


お盆休み期間中の整形外科というのは
開院時間からかなりの人でごった返していました。

 

待合室の背もたれのない長イスにつめて着座
する状態は身動きすることさえ気をつかいます。

 

クーラーはフル稼働状態!

 

午前中というのに外気温はすでに30℃を
超えています。

 

今、考えてみると
この状況を許している時点でこの病院の
レベルがわかってしまいます。

 

体の表面が ひ・え・る

冷えると        い・た・い

痛みを緩和するために体を動かすと
まわりに気を つ・か・う

 

 

待ち時間が1時間を過ぎる頃
わたしは苦情を申し出ていました。

 

しかし、毛布などの備えはなくバスタオルを
貸して頂き肩に巻くのが精一杯でした。

 

ここに座っている人たちの多くは体の痛みに耐え
朝早くから診察をうけるのを待っているはずです。

 

クーラーの温度、風向き、体の冷えすぎに
対応する気配りすらない・・

 

この整形外科のレベルはその程度だったのです。

 

4時間かかってレントゲンを撮り終えての
診察の結果は頚椎の5番と6番の間隔が狭まっていて
その影響で痛みが出ているとの診断でした。

 

消炎鎮痛剤のロキソプロフェンと筋弛緩剤のエペリゾン
胃腸薬のレバミピドを処方され

 

経過を見ていこうと保存療法がとられました。

 

しかもその当日にリハビリとして電気治療と
牽引が行われました。

 

激しい痛みのある急性期にリハビリ??

 

多少の知識はあったので不審に感じましたが
「痛いけど伸ばしとこ」医者のこの言葉に

少しでも楽になるのならばと
藁をも掴むおもいで牽引治療を受けたのです。

 

大胸筋から脇を通り上腕から親指にかけて
神経が弾かれるようなピリピリとした痛みが走りました。

 

あぶら汗をかきながらも楽になれると信じ治療を終えました。

が、

その結果は最悪で、症状は悪化しました。

 

消炎鎮痛剤はまったく効かず日に日に
これまでの痛みに加えて神経を弾かれるような痛みも
増大していきました。

 

激しい痛みに身悶えしながらも症状や痛みの緩和法
などを検索していると

牽引の危険性につての記述を見つけました。

記事を読み終えるとヤブ医者の言葉を信じた自分を責めました。

 
_| ̄|〇

 

自分の身は自分で守る。

 

他人に依存し任せてしまうと最終結果責任は
自分が負うというビジネスに相通じる教訓を
学ぶこととなりました。

 

 

自分の症状を調べるうちに「そいつ」の正体らしきものを
見つけ出しました。

 

「そいつ」の名は「頚椎症」

 

加齢変化による頸椎の変形や骨棘によって脊髄や神経根が圧迫
されることで痛みや痺れがおきる症状です。

 

レントゲンの映像から頚椎症性神経根症の可能性が高いと
推察しましたが確定診断するにはMRIによる画像診断が
必要とのことでした。

 

病名が確定したところで治療法が変わる訳ではなかったのですが
自分が安心する為と信頼できる病院で治療して欲しかったので
MRI施設を持つ病院を探しました。

 

皮肉にも見つけた病院は
最初にお盆休みで行けなかった病院だったのです。

 

つづく・・・      あとすこしだけ(#^.^#)

 

 




引用元:わたしが今も戦い続ける「そいつ」の正体とは?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


 
今日のお話は個人的完全雑談になりますのでご興味の
無い方はスルーして決して読まないようお願いします。。。

 

 
今も尚、
私を悩まし続ける「そいつ」の存在に気づいたのは
なかなか寝付けない熱帯夜の続くの8月のことでした。

 

私は、
アフィリエイトを行う愛機のOS移行に伴い
16GBメモリ、2.5GHzクワッドコア搭載の
ハイスペックマシーンへの換装作業に没頭していました。

 

その時のクーラーの設定温度は23℃!

 

直接体に当たる冷風の心地よさが長時間の作業を
可能にしていたのです。

 

体は冷えきり血液の循環は悪くなり、
肩には張りと共に若干の痛みを伴う
コリが発生していました。

 

換装作業は次の日も続き、
作業の合間には肩のコリ解消の為
パナソニック製のハンディマッサージ器を使用しました。

 

ハンディとはいえMAXパワーでタタキ工程を行うと
痛みをこらえるのに油汗ものの衝撃が首、肩を襲いました。

 

肩コリの痛みに加えマッサージ器の使い過ぎの痛みも相まって
憂鬱な時間を過ごしていました。

 

2,3日もすれば良くなるだろうと安易に考えていた私は
日が経つにつれ増していく痛み

 

「どうせ病院いっても湿布もらう位やし我慢するかっ!」
たかをくくっていました。

 

それからです。
「そいつ」が本性むき出しで私に襲い掛かってきたのは!!

 

 
日に日に増す痛みに7日目を迎える頃には
もはや首を回すことも出来ず、

 

とりわけ上を見上げる動作にはムチ打ちのような
激痛が走り

 

左肩から上腕部分には筋肉注射を何本も打ち続けられたような
鈍痛やこむら返りのような筋肉痛

 

立っていても座っていても寝転がっていても襲ってくる
激痛
動いていてもじっとしていても擦っていても襲ってくる
激痛

激しく痛い 
げ・き・つ・う


 

楽な姿勢を見つけても同じ姿勢が続くと痛くなり寝返りさえも
打てずに夜眠ることもままならない。

 

ついには前腕から親指にかけての痺れで腕に力が
はいらなくなってしまいました。

 

さすがに自分でも怖くなり病院に行くことを決意したのです。

 

 

大学病院や大病院は掛かりつけ医療のもと、
紹介状がなければ初診料が割増しになり初診外来は
予約もできず待ち時間が長いので諦めました。

 

ネットでこましな整形外科を検索したのですが
世間はお盆休みのの真っ最中。

 

行きたかった病院とはちがう病院に行く羽目になったのです。

 

 

つづく・・・       のかな?

 

 

 




引用元:2016年8月「そいつ」は突然あらわれた!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。