群馬県立自然史博物館は16日、同県高崎市内を流れる鏑(かぶら)川の川床で02年に発見されたクジラの化石が、新種と判明したと発表した。米専門誌に掲載された。

 発見したのは、同県みどり市総務課職員の清水勝さん(41)。当時は3日に1度は出勤前に発掘に出掛ける化石ファンで、当日は午前2時に起き、約1100万年前の地層が横たわる鏑川に向かった。

 古代のサメの歯を探すのが目的だったが、出てきたのはクジラの頭の部分。群馬県の別名「上毛」と清水さんの名字を冠し「ジョウモウケタス・シミズアイ」と命名され、清水さんは「歴史に名前を残せるなんて」とビックリ。【奥山はるな】

【関連ニュース】
南ア猿人化石:男児が遊んでいる最中に偶然、発見
恐竜:豪で新種のティラノサウルス類化石 南半球で初
雑記帳:新種?肉食恐竜の全身骨格を復元
新種鳥化石:地上走り回る ゴビ砂漠で発見
恐竜絶滅:1回の小惑星衝突が原因 直径10~15キロ

菅氏「鳩山首相は4年続けるべき」(産経新聞)
豪雨で行方不明、ランドセル8か月ぶり発見(読売新聞)
時事通信記者の過労死認めず 「月134時間」の残業は「過重労働」認定(産経新聞)
<山崎直子宇宙飛行士>物資搬入を再開 野口飛行士と作業(毎日新聞)
オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)
AD