週2回以上更新☆フィリピン留学/クラーク/ブログ/ネイティブマンツーマンレッスン☆TOEIC900点・IELTS7.0突破と親子留学専門!!

ネイティブマンツーマンレッスンでバイリンガルを育成するAELCは、外国人が多く入学する学校!ネイティブ講師とのTOEICとIELTS保証コースでスコアアップ!アメリカ大学院進学・MBA獲得!クラーク唯一のTOEIC公式試験会場!インターナショナルスクール☆


テーマ:

アメリカ留学よりもAELC!フィリピンでネイティブ講師とのマンツーマン留学を提供していますクラークAELCのブログです。

 

今回は、外国人が多く集まるAELCベトナム人生徒さんの留学体験談を紹介です!!

____________________________________________________________________________________________

 

今回の留学は私にとって初めての留学で、三カ月間このフィリピンで留学しました。
もともと文法などの知識はありましたが、リスニングやスピーキングに関してはほぼゼロの状態からのスタートでした。というのも、ベトナムで英語を勉強していた際、ベトナムの英語の先生の発音が分かりずらかったからだと思います。ですので、英語だけを使ってコミュニケーションをとるこの環境に来ることが最初はとても心配でした。そして、話をする際に勘違いしてしまったらどうしようなどの心配もまたありました。


AELCに来た最初の印象は、思っていたよりも規模が小さかったです。ですがいいポイントもたくさんありました。まず一つ目は、AELCにいるみんながとてもフレンドリーで親切だったということです。先ほど述べたように自分の英語力は乏しく、自分の言いたいことを考えたり、相手が言いたいことを聞き取るのにかなり時間がかかってしまいした。ですが皆親切に接してくれそれがやる気にもつながりました。


AELCには韓国人や日本人、台湾人、中国人、ベトナム人といったたくさんの国籍の生徒が在籍しており、とても英語を勉強するのにいい環境で、自分もコミュニケーションをとれるように頑張ろうという気になることができました。


私は4つのマンツーマン授業があり、そのうちの一つはネイティブのマンツーマンでした。彼は特に発音や文の作り方について教えてくださり、今になっては他の人と前のように時間をかけることなく話すことができるようになりました。

ほかにもフィリピンで忘れられない素晴らしい思い出を作ることができました。
パラワンといった世界的にも有名な島に行くことができました。フィリピンに留学しているからこそできる体験であり、留学を考えている人に対してかなりおすすめのスポットです

 

 

 

 

最後になりますが、このAELCでのフィリピン留学は私の人生においてかけがえのないものとなりました。AELCにはとても質の高いネイティブ講師が揃っています。もし留学を考えている人がいたらぜひ候補に入れていただきたいです。





 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

問い合わせはこちらから
↓ ↓ ↓
aelc.jp@gmail.com

AELCのホームページを新しくしました!
↓ ↓ ↓
http://aelc.jp

フェイスブックでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/aelc.jp/

 



ツイッターでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓

https://twitter.com/aelc_jp


AELCでTOEICを受験しよう!!(日程等)

↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/aelcjapan/theme-10085353871.html


英語修得の裏ワザ!フィリピンの語学学校「AELC」へ行ってきた!!☆配信中☆
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=vyYTQKpu8bg

 

 

 

AELCのユーチューブを楽しもう☆

https://www.youtube.com/channel/UC82pWZ-xjZr7H6pRzTuvSqQ

 

 


フィリピン留学口コミサイト(AELCの口コミをみつけてね)
https://schoolwith.me/countries/PH
 
  

親子留学専門エージェント

http://www.pana-tag.com/


 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アメリカ留学よりもAELC!フィリピンでネイティブ講師とのマンツーマン留学を提供していますクラークAELCのブログです。

 

本日は、セブの学校を6カ月経験しその足でAELCに来て勉強しているYutaさん(仮名)にきていただき「もっともっとAELC!」と題して対談をさせていただきました。

 


SHIO 今日は、忙しい中本当にありがとうございました。

Yuta いえいえ、ぼくでよかったらなんでも聞いて下さい。

SHIO ありがとうございます。

SHIO 丁度、ここクラークAELCで2週間が経ちましたね。

Yuta そうです!

 

 

現在大学で英語を専攻している3年生、そしてセブに6カ月学んだのちにAELCのネイティブマンツーマンレッスンに挑戦!


SHIO アメリカ人、イギリス人のネイティブ講師とのマンツーマンの授業はいかがですか?

Yuta 正直、ネイティブ講師の話すスピードについていけずに苦労しています。

SHIO Yuta くんは、フィリピン留学を始める前は、英語は初心者でしたか?

Yuta いえ、初心者では、ありません。実は、現在大学3年生ですがその大学を休学しています。またそこで、英語を専攻しています。セブの学校に通っているときにIELTS6.5を取得できました。

SHIO IELTS6.5は、すごいですね!また英語を専攻しているんですね。そしたら初心者じゃないですね。初日に行われるレベルチェックテストの結果は、いくつでしたか?

Shota レベル4です。(レベル8まで分けられている)

SHIO AELCのレベル診断は、スピーキングに重きを置いています。そして少し辛口で有名なのですがレベル4だとかなり高いですね。なるほどだからネイティブの講師も通常ペースに近い形で話してくれているのだと思います。たしかコースは、ネイティブオンリーコースでしたよね。(ネイティブマンツーマン3コマネイティブグループ2コマ)

Shota そうです。

 

 

アメリカ留学よりフィリピン留学のマンツーマンに興味があり念願かなってのフィリピン留学を実現した!

 

SHIO 今回フィリピンへの留学目的はどのようなことだったのでしょうか?

 

Yuta 大学で英語を専攻しているわけですからどこかのタイミングで留学しようと考えていました。実際、ぼくの友達もほとんどが留学をしています。アメリカ留学、イギリス留学そしてここフィリピンですね。

 

SHIO フィリピンに留学を決められた理由はどのようなものですか?

 

Yuta やはり費用が安いのとマンツーマンレッスンが中心だからです。今回、親から支援していただいていますが説得しやすかったです。(笑)もちろん、話を切り出す際は、すごく緊張しましたが。

 

SHIO そうですよね。私も前の学校とAELCでたくさんの大学生を見てきました。フィリピン留学は格安とはいっても大学生たちにとっては、やはり高い。そのため親にお願いしないといけないケースがほとんどです。ある人は、親と喧嘩したが最終的に頭をさげて渡航を許してもらった。ある人は、説得するのに6カ月かかったなどいろいろ聞いています。親は、子供が一番大事ですから知らない国へ子供が行くとなれば、本当に心配になる。実は、費用の問題よりもそこら辺が親が反対する理由だったりします。だから留学目的を懇切丁寧に説明することが必要だと思っています。

 

 

 

 

ネイティブマンツーマンレッスンでフィリピン人英語のなまりを実感

 

SHIO 話はもどりますがネイティブオンリーコースを選んだのは、どうしてですか?

Shota セブでは、スパルタの学校でした。そこでインプット中心に勉強しました。最後の7週間は、アウトプットをAELCのネイティブ講師にお願いしようと思いました。

SHIO そうなんですね。それで現在、ネイティブと戦っているわけですね。

Shota そうです。ただ思っていた以上に、苦労していまして。。

SHIO フィリピン人講師の英語とは違うということですか?

Shota まったく違います!発音、アクセントそれになんというか言葉の深みが別物です。セブのスパルタ学校では素晴らしい講師陣がいてIELTSのレベルもあがりましたが、授業自体は、聞き手側に回る先生が多く、自分で自分の英会話のレベルを図るものがそこにはなかったです。なんというか悪く言えば授業慣れしている先生が多いなということです。また発音、アクセントに繋がりますがよく言われる「フィリピン人英語の訛り」ですね。前の学校では、フィリピン人の英語は、うまいなと感じましたがでもいざ、AELCでネイティブ講師と話すとそれらなまりがあったのだと感じます。
現在、ネイティブ講師との会話にこれだけ苦労している状況ですのでもう少し早めにAELCの英語の先生とマンツーマンを経験したほうがよかったと正直思います。

 


日本の大学では、英会話を学ぶことが困難!

 

SHIO でも大学は、英語を専攻しているんですよね。大学にはネイティブの講師はいないんですか?

Yuta います。でもグループレッスン中心でどうしてもその英語の先生は、先ほどいった聞き手の姿勢をくずしません。何十人も生徒がいるので当然だと思いますが。だからAELCのようなネイティブ講師とマンツーマンが受けれる学校は良いと思います。正直いって、日本の大学の英文学科にはこのような環境はありません。

SHIO そうですね。ぼくは、フィリピンの語学学校を合計3校経験しましたが本当にネイティブのマンツーマンを用意している学校は、貴重だと思います。実際、私自身もYutaくんと同じようにネイティブの人たちの英会話にすごく苦労した経験があります。本物の英語だ!みたいな(笑)びっくりした経験を持っています。話は戻りますが大学では、英語習得は難しかったですか?

Yuta そうですね。当然、他の学部と比べれば英語力を身に着けるカリキュラムになっていますし、また英語をうまくなりたいという生徒が来るのでやる気があれば絶対に英語力はどんどん伸びていくとは思います。ですが今回留学に来てみていろんな苦労をする中で理想と現実のギャップは結構あると思いました。だからこそ留学は大切だと思います。

 

 

 

英会話を身に着けたいのであればマンツーマンで英語をどんどんしゃべることが大事!


SHIO AELCのフィル先生がよく「英会話を身に着けたいのであればどんどん英語を人前で話しなさい」と言っています。


Yuta たしかにその通りですね(笑)分かりやすい。


SHIO 笑 でもYuta くんは、これまでIELTS6.5を獲得しました。AELCには、よくMBAなどの取得のためにアメリカ、イギリスなどの大学院に入学を目指す方が来ます。その方たちは、AELCのネイティブ講師と学べるIELTS保証コースを受講します。IELTSのスコア6.5は、それらアメリカやイギリスなどの英語圏の大学院に受験をするときに必要な英語力と言われています。そのくらい高い点数ですが。

Yuta そうですね。そこが難しいポイントなんです。やはり実際のネイティブとの英会話力をつける要素は、試験とは、別のところにあるのかなと感じています。それこそフィル先生が言っていたどんどん話すことが大事だと思っています。それができるのがマンツーマンですし。

 

 

 

ライティングに力をいれよ!語彙力を伸ばせ!時間は、飛ぶように過ぎる!毎日日誌を書いてマンツーマンを最大限に有効活用せよ!


SHIO ただ一方でマンツーマンレッスンを沢山受ければいいというものではないと思いますがいかがですか?

Yuta その通りだと思います。マンツーマンを多く受けたからといって英語力が劇的に上がるわけではありません。毎日ちゃんと語彙力を伸ばすための予習復習をしなければ絶対に英語力は伸びないと思います。ネイティブ講師との会話の中で語彙力を伸ばす必要性をさらに感じていますし、そうですね、この語彙力のなさがネイティブ講師との英会話を難しくさせている原因かと思っています。

SHIO 私も同感です。留学すれば必ず英語力は伸びるという考え方は持たない方がいいですね。日本人は、思っている以上にネイティブと会話をするための語彙のストックを持ち合わせていません。また一つのテキストから得られる語彙数は、そんなに多くありません。テキストや学校から与えられたものだけを必死にやって結局語彙数はさほど伸びなかったなんてよくある話です。また日常の英会話には3000語程度の英語でいいなんて参考書を町中でみますがあれはぼくから言わせれば英語力ともともと持っている方の勝手な視点というかひとまず購買意欲をあげるための手段というか。やめたほうがいいと思いますね、いいかげん(笑)実は、ネイティブとの実際の英会話には10000語から20000語が必要とされています。ちなみにTOEICが4000語、IELTS6.5が8000語程度と言われています。また諸説あるようですが英字新聞を辞書を使わずにスラスラ読めるようになれば10000語に到達するようです。ネイティブとの英会話をするには私たちが思っている英会話へのイメージと大きな開きがあるのが現状です。実際AELCには、よくTOEIC900点以上の方やYutaくんのようにIELTS6.5レベルの方が学びに来ます。彼らの留学目的は、スピーキング力の改善だったりします。試験高得点者でも語彙力が足りていないケースです。やはり語彙力を伸ばすことはもっとも大事だと思いますしそこをクリアすればネイティブとしっかり英語でやり取りできるイングリッシュワールドが待っているとそう確信することが大事だと思うべきです。さて話は少し変わりますが、ぼくは、マンツーマンの授業に毎日日誌を書いていくことをおすすめします。

Yuta 日誌ですか?

SHIO そうです。その日あったことを事細かに書いていく。例えば、「蚊が自分の腕にとまって血を吸っていた」とか「今日の天気は、晴れで温度は、25度でした」なんていう事実や感じた事などをなるべく包み隠さず書いていくそしてマンツーマンの先生に文法や表現方法などを修正をしてもらう。先生に修正してもらうと今度はその修正された文章が日常の中で自信をもって使用していける言葉に変わるわけです。日本人の英語に対する苦手意識は、その英語に対して「これいったら変な顔されるんじゃないか」という不信からくるものが一つです。日本語と英語では文法がかなり違ったりするので不信になるのもしかたがないのかもしれませんが。

Yuta そう言われてみればそうですね。不信かもしれません(笑)いやいや笑えないです。本当に。

SHIO また日誌を書くことで英語の先生とのマンツーマンで話すネタができます。ネタができるということは、どんどん英語を使うチャンスが増えるということです。日本語でさえ人と話すときにすぐ間が空いてしまうことを思い出してください。友達と居酒屋で沈黙になったことはありませんか?そう考えると英語でネタもなしに話すなんてかなり難しいことにトライしていることなのです。というか不可能なことなのです。だから日誌を書くことをおすすめしています。かくいう私も日誌をしっかり書いてマンツーマンにのぞんでいました。書けば書くほど、ページが多ければ多いほどマンツーマンレッスンが楽しくなりました。

Yuta かなりいいアドバイスかもしれません。まだまだネイティブマンツーマンレッスンを使いこなせていなかった気がしてきました。

 

若者はどんどん海外に打って出よ!AELCはそういう人材を育てる語学学校!

 

Shio Yuta君は、AELCでの留学のあとどんな計画を立てているんですか?

Yuta 実は、1年間休学をとってフィリピン留学に挑戦しました。AELCを卒業したあとは、3カ月ほどまだ休学状態なんです。だから何をするか具体的には考えいませんが、ぼくにとってネイティブと話すことが予想以上に重要だと分かりましたので今のところオーストラリアかカナダのワーホリに行こうかななんて考えています。

SHIO そうなんですね。復学したら就職活動をする予定なんですか?

Yuta 復学してもまだ3年生の状態なのですぐにというわけではありませんが、4年時にはおそらくそのまま就職活動しようと思っています。できれば、海外に駐在できるような仕事か海外出張の多い会社で英語をしっかり使用していきたいですね。

SHIO AELCの一つのモットーは、自国の利益にとらわれずにグローバルに活躍できる人材を育てることです。Yutaくんのような若い人たちには海外にどんどん打って出てほしいと思います。また日本の企業でもまだまだ英語を話せる人の需要が上がると思っています。実際、日本の大手企業の管理職には、まだ英語が話せない方たちが多いようです。管理職の方たちが英語が話せないので英語を話せる新卒を取りたがらないという話もあるくらいです。ですのでこれは、苦労して留学を勝ち取っと若者たちにとっては、チャンスだと思います。どんどん挑戦してもらいたいです。

本日は、いろいろ話しをしてもらって本当にありがとうございました。

Yuta こちらこそいろいろアドバイス含めありがとうございました。

 

 

 

追記

グループ授業を提供するアメリカ留学を検討している方にぜひアメリカに行かずにAELCに来てほしい。理由は、いたってシンプルでAELCのアメリカ人講師やイギリス講師とのネイティブマンツーマンをその3分の1の費用で体験できるから。また、現在フィリピンの語学学校は、300以上と言われています。その中AELCのようなアメリカ人講師やイギリス人講師のネイティブマンツーマンを提供しているのは、非常に少ないです。おそらく5校前後です。実は、ネイティブグループ授業すらない学校がその大半をしめます。つまりグループレッスンのネイティブ授業ではなく、英語訛りのあるフィリピンマンツーマンでもないネイティブ講師とマンツーマンを提供しているAELCでの留学が世界的にみても理想的な留学スタイルなのです。ぜひ本物の英語を習得したい方、海外MBAを習得できる英語力を得たい方は、AELCでスタッフ一同お待ちしています。

 

問い合わせ 

↓ ↓ ↓ ↓

aelc.jp@gmail.com

 

スカイプ

↓ ↓ ↓ ↓

ID:aelc_japan

 

 

 

(AELC日本人スタッフプロフィール)
名前 SHIO  年齢 38歳 男性
大学では、ロシア語を専攻。現在、AELCにジェネラルマネージャーとして勤務し日本とベトナム市場を担当。フィリピン留学は、セブが1校、クラークを2校経験。ネイティブ講師とマンツーマン留学のAELCとフィリピン人講師100%の学校2校をそれぞれ1年半ずつ経験した。フィリピン人講師の質の高いマンツーマンレッスンを身をもって体験するも英語を学ぶ上でネイティブ講師との授業の必要性またネイティブ講師とのマンツーマンができるフィリピン留学を強く訴える。学校内の一般留学者や親子留学生のためのカウンセラーとしても活躍。

 

今後テーマにしていきたい候補

#グループ留学のアメリカ留学よりもフィリピンで最強イングリッシュワールド#IELTS高得点でMBA取得を狙え#親子留学#最強幼稚園カリキュラムで子供をバイリンガルに育てる#外資系企業で生き抜け#TOEIC900点を超えろ#外国人生徒多数#ネイティブマンツーマンで世界No.1のESL語学学校を目指す#本物の英語!#ワーホリに最適#ビジネススクール#海外就職#海外旅行#なんでアメリカ留学するの?費用カリキュラム、AELCのほうがいいじゃない#アメリカ学費#アメリカ留学太る#アメリカ英語#欧米英語#2カ国#実践的な英語#クラークフィリピン

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

問い合わせはこちらから
↓ ↓ ↓
aelc.jp@gmail.com

AELCのホームページを新しくしました!
↓ ↓ ↓
http://aelc.jp

フェイスブックでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/aelc.jp/

 



ツイッターでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓

https://twitter.com/aelc_jp


AELCでTOEICを受験しよう!!(日程等)

↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/aelcjapan/theme-10085353871.html


英語修得の裏ワザ!フィリピンの語学学校「AELC」へ行ってきた!!☆配信中☆
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=vyYTQKpu8bg

 

 

 

AELCのユーチューブを楽しもう☆

https://www.youtube.com/channel/UC82pWZ-xjZr7H6pRzTuvSqQ

 

 


フィリピン留学口コミサイト(AELCの口コミをみつけてね)
https://schoolwith.me/countries/PH
 
  

親子留学専門エージェント

http://www.pana-tag.com/


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィリピンでネイティブ講師とのマンツーマン留学を提供していますクラークAELCのブログです。

 

こんにちは!

現在大学を休学中、フィリピン留学ドハマリ中のクラークAELC学生マネージャーのShotaです炎炎

 

Hot air baroon fastival 

に参加してきました!!

このホットエアーバルーンフェスティバルはクラークで年に一度行われる一大イベントです!!

今年は2月9日から2月12日までの

4日間開催されました

日本では体験できない

最高の時間を過ごすことができました!

 

年一度の大イベント

年一度の大イベント、さらに最終日

ということもありかなり人が多かったです。

AELCからは車で15分程度で行けます!

かなり近かったですが渋滞がありました。。

 

ゲートは朝の4時に開かれ

参加費は350ペソ(790円くらい)です!

中に入らず気球だけ見て写真を

撮りたい方はゲートの外にいれば

ただで見ることもできます(^_^)

気球に乗ることもでき事前予約制で

7000ペソ(16000円)程度かかるそうです。

めちゃめちゃ乗りたかったですが断念。。

人生で一度は乗ってみたいですよね!

 

バルーンは様々で、犬の形や家の形、コカ・コーラの形をしたバルーンもあり面白かったです。残念ながらこの日は重量や風などの影響でコカ・コーラのバルーンは飛びませんでした。。(笑)

 

 

 

様々なアクティビティも

何も知らずに行ったので、

バルーンだけかなと思いきや

中には様々なアクティビティがありました!!

自分はその中で

シューティングをやってきました銃

実弾ではないですが本物の銃のようにかなり

重い銃を使い的に当てるゲームを体験しました。

日本ではめったに

できない体験することができました。

 

他にも乗馬体験や、ラクダに乗ることができる

アクティビティもありました。馬

飛行機の展示や

車の展示もありとても面白かったです

 

 

 

最後にフィリピン料理を楽しんできました。

中には、レストランも並んでおりフィリピン料理が楽しめます。

 

自分のお気に入りはフィッシュボールです

魚の肉をボール状に丸めたもので、これは一緒に行ったAELCのフィリピン人スタッフがお勧めしてくれました!なんと一本15ペソ(35円くらい)!かなり安いです

↓   ↓    ↓    ↓    ↓    ↓

 

今回クラークに来て初めてこのようなイベントに参加することができ最高の体験ができましたグラサン

フィリピンの文化も楽しむことができいい思い出を作ることができました。

この時期に留学される方がいたら

皆さんにもぜひ機会があれば参加していただきたいですビックリマーク

 

 

 

(日本人マネージャーのプロフィール)

名前:SHOTA 現在大学を休学中。大学では、経済学を専攻。3年生。大手商社への就職を目指しており何か自分の強みをもたないといけないと思う中、親友にフィリピン留学を紹介され現在までにセブで2校の学校を2カ月づつ経験した。そして2017年1月クラークにあるネイティブ講師とマンツーマン留学ができるAELCの学生マネージャーに就任した。またこれまでにTOEIC600点から810点まで伸ばすことに成功。直近では、ネイティブ講師との会話にまだまだ苦労しながら毎日勉強に忙しい日を送っている。のほほんとしているように見えるが以外にやることはやる堅実派。自身の体験を交えてAELCの生徒へのカウンセリング挑戦中。

 

 

 

 

 

 
 

 

 

問い合わせはこちらから
↓ ↓ ↓
aelc.jp@gmail.com

AELCのホームページを新しくしました!
↓ ↓ ↓
http://aelc.jp

フェイスブックでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/aelc.jp/

 



ツイッターでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓

https://twitter.com/aelc_jp


AELCでTOEICを受験しよう!!(日程等)

↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/aelcjapan/theme-10085353871.html


英語修得の裏ワザ!フィリピンの語学学校「AELC」へ行ってきた!!☆配信中☆
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=vyYTQKpu8bg

 

 

 

AELCのユーチューブを楽しもう☆

https://www.youtube.com/channel/UC82pWZ-xjZr7H6pRzTuvSqQ

 

 


フィリピン留学口コミサイト(AELCの口コミをみつけてね)
https://schoolwith.me/countries/PH
 
  

親子留学専門エージェント

http://www.pana-tag.com/

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

フィリピンでネイティブ講師とのマンツーマン留学を提供していますクラークAELCのブログです。

こんにちは、日本人マネージャーのSHIOです☆


「だからクラーク!もっとクラーク!」と題して

AELCでは、実は、日本ではあまり知らていないフィリピンクラーク周辺のおすすめ観光地やおすすめスポットの情報提供を開始しました。そこで本日は、昨日、学校から2時間半ほどで行ける「青い海」に行ってきましたのでその行き方の紹介です。

行ってきたのはSan Antonio Zambales(サンアントニオ ザンバレス)にある「Pundaquit Beach(ポンタッキビーチ)」。正確には、そこからボートで行けるCamara Island(カマラアイランド)を満喫しました。

 



以下、行き方です。


学校からDAU(ダウ)高速バスターミナル(ジプニー2回乗り換え20ペソ)(46円くらい)

DAU(ダウ)高速バスターミナルからOlongapo(オランガッポ)行きビクトリーライナーに乗車しOlongapo(オランガッポ)高速バスターミナルで下車(140ペソ)(322円くらい)

Olongapo(オランガッポ)高速バスターミナルでIba(イバ)行きのビクトリーライナーに乗車しSan Antonio 高速バスターミナルで下車(58ペソ)(133円くらい))

San Antonio(サンアントニオ)から近くにあるトライシクル乗り場でトライシクルに乗車しPundaquit Beach(ポンタッキビーチ)へとお願いする。(60ペソ)(138円くらい)

Pundaquit Beach(ポンタッキビーチ)へ到着後、Camara Island(カマラアイランド)へ行くためにボートを依頼(ビーチ周辺にたくさんボートで送ってくれる人たちがいるので探す心配することはない)(5人乗り1000ペソほど(2300円くらい))

Camara Island(カマラアイランド) へ到着(エントランス料金60ペソ(138円くらい)

 

今回費用(交通費+エントランス費用) 

 

716ペソ(ボート以外)(往復)+200ペソ(5人乗り1000ペソで今回一人だったので割る5人で計算)=916ペソ(2106円くらい)

 

移動時間(片道) 約2時間30分

 

学校からDAU(ダウ)高速バスターミナル(ジプニー2回乗り換え20ペソ)(46ペソ)

フィリピンクラークにはダウという北はバギオ方面また南はマニラ方面に行ける大きなバスターミナルがある。AELCから30分ほどで行ける。このダウターミナルへの行き方さえ攻略できれば東西南北ルソン島を満喫できるのである。またフィリピンのバスは、非常に安いことでも有名。例えばマニラなんかには140ペソ(322円くらい)ほどで行ける。

 

 

DAU(ダウ)高速バスターミナルからOlongapo(オランガッポ)行きビクトリーライナーに乗車しOlongapo(オランガッポ)高速バスターミナルで下車(140ペソ)(322円くらい)
フィリピンには何社かバス会社があって今回のSan Antonio Zambales(サンアントニオザンバレス)へはビクトリーライナーというバス会社。行先は、Olangapo(オランガッポ)です。オランガッポには、水の都スービックへ行く際にも使用するターミナルである。

 

今回のサンアントニオザンバレエスは、スービックのさらに先にある海岸。「ダウターミナル」と「オランガッポ」は、フィリピン留学クラークを満喫するのであればぜひ覚えておいてほしい名前です。

 

実は、フィリピンのバスは、フィリピンの道路でよく見かけるぼろい自動車とは違って結構きれいでしっかりしている。シートも広くとったものが多くエアコンも完備、時にはWIFIだって使用できるものもある。またフィリピン人は映画が好きなのかバス内のテレビで映画が上映されているのが普通です。バスをおすすめするわけでは決してありませんがぜひ一度は体験してほしい乗り物です。ただしスリなどにもちろん気を付けながら乗ってほしい。

 

また、おそらく皆さまが考えている以上にターミナルにはバスが沢山停車しています。どのバスに乗るのか最初は、分からないでしょう。その時は、バスの社員さんと思われる真っ白な制服を着た人に尋ねてください。フィリピンあるあるですが、突然「どこ行きたいんだ」って聞いてきて案内されたらガイド料金20ペソ!なんてことがよくあります。もし社員かどうか分からない場合?向こう側から話しかけてくる人は、社員ではないと覚えておきましょう。だいたいガイド料などせがむ人は、呼んでもないのに向こうから話しかけてきます。フィリピン人は、基本的にシャイです。向こうから話しかけることは、お金が絡んだ話でないとまずありません。

 

 

 

バスが発進してまもなく乗務員が行先を聞いてきます。オランガッポと伝えましょう。その後整理券が渡され料金を払うことになります。下の写真が整理券です。右側の方、分かりますか?100と40の場所に穴が開けられていますね。そうです!料金が140ペソということです。

 

料金を払うときは、500ペソとか1000ペソの札を渡すのはできるだけ避けましょう。フィリピンでは、日本のように何かあった時を考えて準備をするという考え方がありません。お釣りがなくて処理ができないなんてよくある話です。郷に入っては郷に従えです。フィリピンに来て日本人の考え方を押し付けるのはやめましょう。細かい小銭を用意しておきましょう。

 

1時間30分ほどフィリピンの山の景色を楽しみながら着く先がオランガッポです。

 

 

 

 

Olongapo(オランガッポ)高速バスターミナルでIba(イバ)行きのビクトリーライナーに乗車しSan Antonio 高速バスターミナルで下車(58ペソ)(133円くらい))
オランガッポに到着したらイバ行きのビクトリーライナーに乗ります。同じバス会社ですのでそのバスは目と鼻の先にありますし、バスの社員さんに「サンアントニオ ザンバレス」に行きたい旨を伝えればすぐに案内してくれます。

 

ちなみスービック湾に行くのであればこのオランガッポからジプニーかトライシクルでいけます。イバ行きのバスに乗ればもうポンタッキビーチのあるサンアントニオ ザンバレスまで運んでくれますので安心です。とはいっても、初めて行く方なんかは、どこが到着地点なのか分からないと思いますので予めドライバーか乗務員にそこに行きたいことを伝えておきましょう。そうすれば、到着したときに教えてくれるはずです。

 

料金の支払いもダウからオランガッポのバスの中でしたように同じことをします。整理券を受け取ってその後支払です。58ペソになります。

 

 

オランガッポからサンアントニオザンバレスの景色は、基本は、田舎の風景が続きます。きっと楽しみながら旅をすることができますよ。

 

 

 

 

サンアントニオには、約45分で到着しました。最初の印象は、小さな町というイメージです。でもセブンイレブンがあります。なんだか少し安心しました。

 

 

San Antonio(サンアントニオ)から近くにあるトライシクル乗り場でトライシクルに乗車しPundaquit Beach(ポンタッキビーチ)へとお願いする。(60ペソ)(138円くらい)
サンアントニオからは、近くにあるトライシクル場でトライシクルに乗車します。いよいよポンタッキビーチへ向かいます。乗り場は2箇所ありました。今後の参考にと思いあいみつを取らせてもらった。片方が60(138円くらい)ペソ、もう一方が70ペソ(161円くらい)となったので60ペソのほうにお願いした。

 

ケチな性分の私だけどフィリピンの広い海の近くで生きてきた男たちを目の前にしてあいみつを取った自分があとから恥ずかしくなってきて結局100ペソをそのドライバーに渡した。そうそうトライシクルで一本道に入ったところでエントランス料金がかかりました。20ペソでした。

 

そして10分ほどたってほどなくポンタッキビーチに着きました。

 

 

 

 

ポンタッキビーチで、今までで経験したことがない眩しいくらいのブルーオーシャンとどこか控えめだがどっしと構えた山々たちが出迎えてくれた。

 

海岸の周辺には、たくさんのボートが置かれていてきっとピークシーズや土曜日なんかは、たくさんの観光客を運んでいるのかななんて思ったりもしました。

 

また到着するやすぐに地元の人たちが「Capones か Camara I lslandへ行くのか?行くのであれば俺のボート使ってくれ」って言ってきた。なるほどいつでもそっちに行けると思いひとまずポンタッキビーチを歩いてみることにした。

 

このビーチには、レストランらしきものは、あまりないようでしたが写真は、私が唯一見つけたレストランです。とはいっても到着したのは私の寝坊が理由ですでに午後2時を回っていてあまり散策する時間がありませんでした。もっと時間があればおそらく別のレストランも見つけれたでしょう。

 

竹細工でできたフィリピン伝統のバハイクボという小屋は、たくさんありました。ですので行きしなにスーパーなどで食料を購入してその小屋を借りて楽しむことができると思います。

 

 

 

 

 

 

 

宿泊場所もいくつかあるようです。その中で日本人経営者でしょうか「Ohayo San Beach Resort」というホテルありました。フィリピンの綺麗なビーチにきたのになんかムードが壊れました。でも宿泊施設のほうは、悪くなかったです。2人部屋で1泊1400ペソ(3220円くらい)ですのでかなり安いです。ただし1人であってもその値段です。

 

 

 

 

 

 

しばらくいろいろ歩いて回っていましたが時間も結構早く過ぎてしまうのでボートを借りて「Capones と Camara Island」へ行ってみることにしました。このビーチに来た時に最初に話しかけてくれた少年のお父さんに頼むことにしました。5人乗りで1000ペソ(2300円くらい)だから人数を集められれば高くないですね。

 

 

 

 

最初に見えてきたのは「Capones Island」この日は、もう一方の「Camara Island」のみに行きましたが今思えばこっちの「Capones Island」のほうが浅瀬で楽しかったのかなと思いました。次回トライですね。

 

 

写真からだと少し分かりずらいですが島へ近づくにつれて海底にある岩が丸見えになるくらい透明感のある海水になります。かなり感動しました。そしてCamara Islandには、7分ほどで到着しました。

 

 

 

これが「Camara Island」です!!透明感に泣けてきました。あとここいらの波は、結構綺麗でサーファーにも人気のスポットのようです。

 

 

 

 

 

 

 

結局、ズボンと靴が波に水浸しになってしましたので少し乾かしつつサンアントニオザンバレスのセブンイレブンで購入したじゃがビーを食べて一息ついて帰ることにしました。

 

 


このポンタッキビーチのCamara Islandsは、山に囲まれた静かな場所で波音が永遠と鳴っているようなリラックスできる場所でした。

 

ただ日差しを遮るものがないので帽子やできればパラソルなんかを持ってこればさらに楽しめると思います。私自身は、今度来たときは、シュノーケリングや釣りなんかも楽しみたいです。

 

あと地元の人たちがおすすめするのは、実は、このポンタッキビーチからボートで25分くらいかけて行くことができるAnnawangen Coveという小さな岸辺がため息がでる最強スポットなのだとか。次回が本当に楽しみです。

 

日帰りであれば夜はスービックの海沿いのライブバンドを提供しているレストランなんかによって帰る楽しみ方なんか絶対にありだと思います。今回の旅は、予想以上に満喫できました。

 

アメリカ講師とマンツーマン留学できるフィリピン留学クラークAELCにお越しいただいた際は、英語漬けになってストレスがたまった自分を癒すためにぜひこちらの観光スポットに行ってみてくださいね。ではでは。
 


 

 

 

 

 

(AELC日本人スタッフプロフィール)
名前 SHIO  年齢 38歳 男性
大学では、ロシア語を専攻。現在、AELCにジェネラルマネージャーとして勤務し日本とベトナム市場を担当。フィリピン留学は、セブが1校、クラークを2校経験。ネイティブ講師とマンツーマン留学のAELCとフィリピン人講師100%の学校2校をそれぞれ1年半ずつ経験した。フィリピン人講師の質の高いマンツーマンレッスンを身をもって体験するも英語を学ぶ上でネイティブ講師との授業の必要性またネイティブ講師とのマンツーマンができるフィリピン留学を強く訴える。学校内の一般留学者や親子留学生のためのカウンセラーとしても活躍。

 

今後テーマにしていきたい候補

#グループ留学のアメリカ留学よりもフィリピンで最強イングリッシュワールド#IELTS高得点でMBA取得を狙え#親子留学#最強幼稚園カリキュラムで子供をバイリンガルに育てる#外資系企業で生き抜け#TOEIC900点を超えろ#外国人生徒多数#ネイティブマンツーマンで世界No.1のESL語学学校を目指す#本物の英語!#ワーホリに最適#ビジネススクール#海外就職#海外旅行#なんでアメリカ留学するの?費用カリキュラム、AELCのほうがいいじゃない#アメリカ学費#アメリカ留学太る#アメリカ英語#欧米英語#2カ国#実践的な英語#クラークフィリピン

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

 

問い合わせはこちらから
↓ ↓ ↓
aelc.jp@gmail.com

AELCのホームページを新しくしました!
↓ ↓ ↓
http://aelc.jp

フェイスブックでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/aelc.jp/

 



ツイッターでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓

https://twitter.com/aelc_jp


AELCでTOEICを受験しよう!!(日程等)

↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/aelcjapan/theme-10085353871.html


英語修得の裏ワザ!フィリピンの語学学校「AELC」へ行ってきた!!☆配信中☆
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=vyYTQKpu8bg

 

 

 

AELCのユーチューブを楽しもう☆

https://www.youtube.com/channel/UC82pWZ-xjZr7H6pRzTuvSqQ

 

 


フィリピン留学口コミサイト(AELCの口コミをみつけてね)
https://schoolwith.me/countries/PH
 
  

親子留学専門エージェント

http://www.pana-tag.com/


 

 




 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、SHIOです☆本日は、クラークAELCの親子留学センターで提供しています幼稚園プログラムを紹介します。

 

フィリピンで欧米留学が体験できるネイティブ講師とマンツーマン授業を用意しているAELC親子留学センターには、インターナショナル幼稚園があります。1年間運営されていて親子留学で来られた満3歳から満6歳までのお子様が通うことができます。レベルもアルファベットから必要な子、すでにインターナショナル幼稚園に通っていたまたは通っている子に分かれているので安心です。

 

 

中級者・上級者の時間割表です☆

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

AELC'S BASIC MATH

(AELCベーシック数学)

AELCは、生徒が数学的に物事を考える基礎トレーニングとなる授業を提供します。生徒たちは、物の数え方、パターン化や物の形状などを深く理解できるように考えられたゲームやアクティビティを通して数学的な力を養うことができます。

 

 

 

AELC’S SCIENCE PROGRAM(HEALTH,ZOOLOGY AND BOTANY)

(AELC自然学-健康学、動物学と植物学)

自然学は、健康学と動物学また植物学の3つに分けられます。健康学の授業は、生徒に基礎となる人間の身体の名前やどういう機能を持っているのかそしてどうやってケアをしなければいけないのか気づかせることを目的としています。動物学や植物学では、世界に存在するたくさんの動物や植物がどのような生態で生きているのかそれが人間とどんな関係を持っているのか学んでいきます。

 

 

 

AELC'S SOCIAL STUDIES AND GEOGRAPHY

(AELC社会学と地理学)

AELCは、英語を通して自国の利益のみにとらわれない世界の舞台で将来グローバルに活躍する人間を育成します。生徒に地理学などを通して私たちは、世界に広がるコミュニティの一部であることやすでに所属する家族というコミュニティーの中で協力しながら生きていかなければいけない大切さを一緒に学びます。

 

 

 

 

子供をバイリンガルに!大人の3倍速で英語を習得していくキッズたち!

 

本日は、ここまでです。AELCの幼稚園では、そのほか体育の授業があったり生徒が楽しく英語を学んでいけるように様々な工夫を凝らしています。インターナショナル幼稚園ですので現地に住んで通っている生徒さんも在籍する中で親子留学として来られた幼稚園の生徒さんは、この幼稚園プログラム+フィリピン講師との2コマのマンツーマンを用意しています☆少し大変のように聞こえますが、小さな生徒さんたちは、私たちのそんな心配をよそに大人の3倍速で英語を覚えていきます。この間まで「なんで?」って言っていた生徒が今では「Why?」なんていう感じです。このままいけば確実に将来、バイリンガルなんていう生徒がごろごろしています☆末恐ろしいです。

 

 

今がチャンス!ブームになる前に子供たちへ英語教育を!

日本においてのフィリピンでの親子留学は、まだまだブームはこれからかなと思っていますが昨年の2016年と比べると確実に増えてきているのを問い合わせの多さで実感しています。韓国では、ブームを通り越して今は、フィリピンで親子留学をすることは当たり前になっているようです。

 

先ほど、話しました幼少期の英語を覚える速度は3倍速です。いつも横でうらやましいなって思っている一方でやはり早く英語に触れさすべきだと強く感じている毎日です。

 

ぜひぜひ、フィリピンで欧米留学が体験できるネイティブ講師とマンツーマンレッスンでおなじみAELCの親子留学センターでお子さまと留学を実現してください。AELCスタッフ一同こころよりお待ちしています。

 

 

 

 

(AELC日本人スタッフプロフィール)
名前 SHIO  年齢 38歳 男性
大学では、ロシア語を専攻。現在、AELCにジェネラルマネージャーとして勤務し日本とベトナム市場を担当。フィリピン留学は、セブが1校、クラークを2校経験。ネイティブ講師とマンツーマン留学のAELCとフィリピン人講師100%の学校2校をそれぞれ1年半ずつ経験した。フィリピン人講師の質の高いマンツーマンレッスンを身をもって体験するも英語を学ぶ上でネイティブ講師との授業の必要性またネイティブ講師とのマンツーマンができるフィリピン留学を強く訴える。学校内の一般留学者や親子留学生のためのカウンセラーとしても活躍。

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

 

問い合わせはこちらから
↓ ↓ ↓
aelc.jp@gmail.com

AELCのホームページを新しくしました!
↓ ↓ ↓
http://aelc.jp

フェイスブックでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓
https://www.facebook.com/aelc.jp/

 



ツイッターでAELCを知ろう!!
↓ ↓ ↓

https://twitter.com/aelc_jp


AELCでTOEICを受験しよう!!(日程等)

↓ ↓ ↓
http://ameblo.jp/aelcjapan/theme-10085353871.html


英語修得の裏ワザ!フィリピンの語学学校「AELC」へ行ってきた!!☆配信中☆
↓ ↓ ↓
https://www.youtube.com/watch?v=vyYTQKpu8bg

 

 

 

AELCのユーチューブを楽しもう☆

https://www.youtube.com/channel/UC82pWZ-xjZr7H6pRzTuvSqQ

 

 


フィリピン留学口コミサイト(AELCの口コミをみつけてね)
https://schoolwith.me/countries/PH
 
  

親子留学専門エージェント

http://www.pana-tag.com/

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。