たゆたう

結婚して3ヶ月目、赤ちゃんがおなかにほっこりできました。

そんな私のゆるゆる成長日記。


テーマ:

先週の木曜から五日間、いくらちゃんが入院してました。


今はすっかりいつもどおりで、かわいく笑ってますヒヨコ


先週の水曜はだんなが休みで、午前中は車で皮膚科へ。

それからお昼も外で食べたり、夕方からはだんなの実家へ行ったりで、うちへ戻ったのは夜の10時くらい。もう帰りの車ですっかり熟睡モードでかわいそうだけどお風呂へ入れた。お風呂から出て、おっぱいをあげてる途中から、泣きだして・・・いつもだったらお風呂→おっぱい→寝る、がちょっと時間はかかったとしても普通の流れなのに、その日はそれから夜中2時過ぎになっても寝ないで、ずーっと初めて聞く変な、なんか痛いのかな?というような泣き方を続けて。しかもおっぱいを口に当ててもくわえない。いつもは泣いてもおっぱいをくわえればとりあえず落ちつくのに。さすがに様子がおかしすぎるから、熱を測ったら37.9度とか38度後半。何度も測って、ばらつきはあっても、高い。表情もぼーっとしてる。どうしていいかわからなくて、とりあえず出産をした産院へ電話して聞いてみる。服を薄着にしたり、白湯を飲ませてみれば熱が下がるかも、という事を言われても、いつまで熱が下がるのを待てばいいのか不安すぎて。119に電話して夜間の小児科を聞いてみて、車で20分ほどの病院へ向かうことに。


夜中二時半くらいに着いて、いろいろ検査が終わったのは5時くらいかな。まず先生に「生後二ヶ月くらいの赤ちゃんが熱を出すことはあまりないんですよね」と言われて、それからはもうこわくてこわくて涙が止まらなかった。前日外へ連れ出したのが悪かったのか、とかいろいろぐるぐる考えて。

結局、検査入院ということに決まった。まさか入院なんて思わなかったので、また不安でどうしょうもなくなった。まだ検査結果ははっきりしないけど、「おしっこが見てわかるくらいにごっているから、ばい菌の尿路感染の可能性がある」と。その場の簡単な検査の結果を見ると、ウィルス感染ではなく、ばい菌の感染らしい。しかし、脳の方に感染してるとまずい、と。。。


それからは抗生剤を点滴しながら、検査結果を待つ日々。幸い(?)、病院がだんなの実家にとっても近かったので、そこから通いました。おっぱいもあげるし、お風呂も私が入れる。いくらちゃんは、入院してからは見た様子は普通に。おっぱいもちゃんと飲むし、うんちもするし。ただ、とても細い腕に点滴をしてる姿はかわいそうでなりませんでした。


で、入院して5日後に結果が出ました。先生はまず「いい結果です」何も出なかったと。

「少し疑問が残るけど、データが出なかった以上、風邪としかいえない」と。疑問が残るとか言わないでよ、と思いましたが・・・汗でも、ほんとにほんとに安心しました。

先生はこれからも普通どおりの生活で、毎日熱測ったりせず、あまり神経質にならないように、と言いました。まあ、私の性格からして、すごーく神経質にはならないけど、前よりぐずったりしたとき心配になっちゃうな。まずは、熱を測ってみることだな。


しかし精神的にどっと疲れました。だんなの実家住まいだったから、余計ドクロ

近いのは助かったけれど、ハイ。

お義母さん、面会に来た時、同室の人に「かわいい赤ちゃんですね~。何ヶ月ですかぁ」ってむやみに話しかけたり、他の赤ちゃんじろじろ見たり。やめてよ~パンチ!病院にはいろんな人がいて、話しかけてほしくない人だっていると思うし。いつも顔を合わすのは私なんだから。

とか、いろいろ。。。

一歩ひくのもやさしさなのを学んでほしい。むりだろうけどぉ手裏剣

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


最近むすめの肌の状態がかぁいそうな状態で。
ただの乳児湿疹だといいんだけど、だんなの体質もあるから心配、いや、かなりかなり心配。

先日行った皮膚科の医者に、薬を塗ったガーゼの上にバンダナなど巻いてと言われたのでやってみたけど(けっこうかわいいと思ってしまう。親ばか)、案の定すぐぐちゃぐちゃ。
またかきかきしちゃうので、治りかけてもすぐかき壊しちゃう(泣)どうしたらいいもんだか。


しかしこのお医者さん(だんなさんも診てもらっている)、「アレルギーが心配なんですけど」という私の発言に「大丈夫(首を横に振りながら)、離乳のとき卵・牛乳・大豆にちょっと気をつけて」と即答。 え?と思いつつ、あわただしい雰囲気に流されてそれ以上聞けずに診察が終わってしまった。

どういう考え、意図でそう言ったのかよくわからないけど、次診てもらう時また聞こうと思う。でも、だんなも検査もなく?アレルギーではないと言われたらしく、あまり説明をしない医者らしい。その医者は、以前ネットで調べたら、ステロイドを使用しないことで有名らしいのだ。それでも賛否両論みたいだけどその評判を見てると悪い医者ではない気がする。でも、アレルギーに関して、納得のいかない考えを持ってるようなら、他の病院に行くつもり。


しっかし、、、

ムスメが心配なのはもちろん、だんなの肌状態がまたひどくて。入院した頃に比べたらよくなったものの、毎日「かゆい、痛い」とぼりぼり。皮が落ちるくらい。本人が一番かわいそうなのはわかってるけど、ムスメの近くでぼりぼりやられちゃうと、「ここでやらないで!」と強く言ってしまうし、授乳が終わってやっと寝られる、、、って時に、「背中掻いてくれる?」と言われると、ついイライラしちゃう。。。

かわいそうだけど、もうちょっと強くなってほしいのが正直な気持ち。だんなは、本来甘えるとこがあるから。


健康なことって、すばらしい。普通の時は考えもしないけど。

私まで、からだの具合わるくしないように気をつけなきゃ。



AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ最近、日中は今までのようにまとめて眠らなくなったいくらちゃん。

寝ても一時間、二時間とかかな?

それが正午から夕方四時くらいまでぐ~っすりだったので、ちょっと心配に。。。

なので、「いくらちゃん?」と声かけながらほっぺをぺちぺちしても・・・起きない!?

一瞬ひやっとして、ぺちぺちぺちぺちしたとこ、ふにゃ~っと口を動かした。


本気で、ぞっとしました。

びっくりさせないで、いくらちゃんよ。。。汗汗汗


私がそう感じたのも、あるブロガーさんの記事で、赤ちゃんが深い眠りに落ちると突然死につながることがある(簡単すぎる言い方でごめんなさい)というのを読んだからなのです。だから、夜中まとめて眠るようになっても、途中もぞもぞしたら起こして授乳したほうがいいというような。今度ちゃんと調べてみよう。


昨日、実家に帰って親戚にいぢられまくったので、疲れちゃったのかな?


ほんと、言葉を発せられない赤ちゃんは、こぁいよあせる

おならは発しまくりですが。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

約二ヶ月ぶりに、実家から我が家へ帰ってきました。

ちょっと不安だったけど、昼間はいくらちゃんの顔を見てるのもあきないので楽しいドキドキと言って、部屋がかたづかない、、、だって眠いんだも~ん。実家に甘えんぼ生活だったので、徐々に慣らしてかないと。母乳のためにもお昼寝もうまくとっていこう。


だんなさんと娘との三人の生活は心待ちにしていたのだけど、とーぜんながら里帰りする時より、荷物が増えて部屋がより狭いあせる新生活のイメージはもっときれいでかわいいものに囲まれてるはず~

赤さん用品はもちろん、お雛様も持って帰ったし。

真剣にマイホーム欲しいわ~。(その前に掃除しろと言われそう)

お隣へいくらちゃんの泣き声聞こえるのも気になるし、お隣の声が聞こえるのもイヤで。ひさしぶりに帰ってきたけど、相変わらずお隣のひとの声が大きいのか、いっつも話し声がつつぬけだとどうも落ち着かないパンチ!いくらちゃんがいるから言えないけど~


しかしいくらちゃんは、ずーっと訳もわからなく泣くってことはないです。ちょっとぐずるときは、たいていうんちがしたくて出なくて~ってかんじみたい。産まれてすぐの頃は、うんちやおしっこをすると泣いて「いい子だね~♪」とみんなに言わせましたが、今はしたら、すっきりぼ~っとたお顔ヒヨコ・・・ま、かわいくないニオイとぶりぶり爆音でわかるけどさ。それでもかわいいんだけどさ。産まれるまでは、自分がうんちやらをまともに見られるのだろうか?とか思いましたが、なんとかなるもんですね。


さ、いくらちゃんが寝てるうちにお昼ごはん食べようっと。

うちに帰ってきたしこれからは、前よりはまめに更新したいと思います。たぶん。

絵文字って前から使えました?知らなかった・・・


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。