テーマ:
10年に亘り、ASEANの中心国、シンガポールで生活し働いてきて、少しの振り返りをしてみた。実に感慨深い。

最近のASEANとシンガポールの動向を語るときに、EUROという経済体のことを思い出さずにはいられない。 EURO通貨が導入されたことによって、利益を享受した国、逆に不利益を被った国は何処だろうか?ギリシアや、その他の南ヨーロッパの国が得をして、主にドイツが損をしたと、私は思っている。財政難の国が、堅実経営の国を吸血しているようにしか見えないのである。 通貨が共通になって、ユーロという経済共同体(というのは聞こえの良い呼び方で、実際は不公平な共済会)が出来たおかげで、ドイツ国民は、賃金の安い他のヨーロッパの国(ブルガリア、トルコ、ギリシアなど)の労働力に、更に職を奪われる事になり、介護やゴミ回収などのハードシップを伴うとされる職場にドイツ人を見つけることは全く難しい。

過去20年余り、ドイツやその他のヨーロッパの国々を遠くから見てきた私としては、当地シンガポールの過去10年の変遷が、ヨーロッパでの実験結果を踏まえての綱渡りに見えるのである。 現在、外国人労働者の職を限定しようとするシンガポール政府の政策は、国家を護ろうとする当然の行為であり、そうすることでドイツの二の舞を回避する唯一の策である。既にシンガポールでは、職業に貴賎の差が有り(もちろん気持ちの上で)、自国民が就きたがらない職業というものが存在する。これはドイツと同じ状況である。これは、我々、人材紹介業に携わる人間にとっては、極めて日常的で関心の高い問題なのである。

大きな違いをドイツとシンガポールの間に見出すとすれば、それは敗戦国であるかどうかということである。ドイツでは、敗戦の影響が今も続いており、多くの不利な状況に立たされているが、シンガポールには、そのような負い目は無い。そもそも戦勝国である大英帝国の植民地であり、シンガポール人による近隣諸国への国家としての侵略の歴史は無い。域内で不利な条件を押し付けられることなく、自由に自国の外国人労働者に関するポリシーをコントロールできたことは、シンガポールの経済成長に多いに貢献した。

シンガポール国旗

職業に貴賎の差が出ること、国民の間の格差が大きく広がることなどのリスクに片目をつぶって、国家の経済成長を促進させるシンガポールの勇敢さには、大いに敬意を表するが、違う文化圏から来た日本人としては、自分の国が安易に他国の真似をすることはして欲しくないのである。日本が辿る道のりはシンガポールのそれというよりは、ドイツのそれに近くなるイメージがあるからだ。無理やり結論付けるようだが、その国その国に会ったポリシーというものがあり、それはシンガポールとドイツの例を出さずとも容易に理解できると思う。

しげまつ

追伸
6年に亘っての任務を終了し、日本に帰国します。お世話になった皆様、有難うございました。
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
前編はこちら

sunrise


後編のBGMはこちら
(本文の内容とは関係ありません)



「大学を卒業して1年目に総務課に配属なって雑用をやっていた。

その時にものすごく残っている言葉がある。

次の人の為に仕事をしなさい

あなたが80%の仕事しかしなかったら、次の人は120%やらなきゃいけない。
でももしあなたが120%の仕事をして、次の人も120%の仕事をして
またその次の人も120%の仕事をしたら160%の結果が出せるよね。
それって自分に返って来るから。

雑用なら雑用のプロになりなさい。
誰にも負けない雑用をやりなさい。』


前の会社のカントリーマネージャーから教えられた
現状を否定すること。

1年目に教えられた
次の人のために仕事をすること
雑用なら誰にも負けない雑用をすること

この3つが自分の中ではとても大きい。

良く聞きますよ。ローカルの採用で本社からの出向者との
待遇が違いすぎるむっっていう不満。

その不満は持っていてもいいけど、その不満を原動力にして
仕事を頑張る。
東南アジアにもっと詳しくなるとか。
パッションを持って取り組む。
そうしないと不満はずっと不満のままですから。
僕は自分で勝負して家も車も自分で手に入れられるということを証明したかった。

そのためにはとにかく信頼を醸成するのが大切。
言われた事はきちっとやるし
提案もする。
自分の重要度が高まれば
「これだけの対価をもらいたい」
と言えますし、言います。

「その待遇はちょっと難しいけどどうする?」と言われたら。

「じゃあその対価を頂けるところに行くしかないですね」と言うと会社は考えますよね。
その人が大事だと思えば。
待っていても給料は上がりません。」

「今覚悟しているのは子供のことですね。
子供もいずれ僕をおいてどこかに行ってしまうと思うんです。
でもそれを恨んだらいけない。
自分もそうして来たんだから。」


「影響力のある人間になりたいと思っている。
カントリーマネージャーやバリューチェーンを教えてくれた人。
色々な方の影響を受けて今の自分があるように
自分も陰ながら影響力のある人間になりたいと思っています。」

【鈴木幹彦さん略歴】
茨城県出身
General Manager - HR Admin, IT & Warehouse division
Tri-Net Logistics (Asia) Pte Ltd
2012年より現職
子供の頃の夢:鬼師(鬼瓦を作る職人)
茨城県人会に行くと会えるかも!

担当三上
Copyright © Aegis Recruitment Pte Ltd. All rights reserved.


PR
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


'Your Story ' 最終回は鈴木幹彦さんにお話を伺いました。
1990年代に駐在員として来星。
その後シンガポールにベースを持ちPRを取得。
現在はローカル採用として日系企業の副社長をされています。
詳細は後編のプロフィールで!

こちらのBGMと共にお楽しみ下さい。




「常日頃考えている事。

変化を恐れない。
今の形に満足したとき、それ以上のものに変わっていけない。

絶対に変わることを恐れてはいけないし
変わっていかなければいけないと思います。

当たり前のことを否定することによって
見えないところにある何かが見える。

変わり続けなければいけない。

自分がこれまで作り上げてきたシステムや体制を
次の世代の人達に練り直してもらう。
永遠に合い続けることはない。

そうしないと会社は続いていかないし
人生は続いていかない。

人事というのは基本的に嫌われる仕事で
最初はものすごいストレスでした。

『会社が決めたことだったら変えられますよね?
なんで変えないんですか?』

そのうちに気づいたんでしょうね。
結局何も変わらない。
反発し続けていても。

信念と情熱を持ってタイミングを見ながらやる。
それでも上手くいかないで不満が残ってしまうこともある。
でも変わっていかないといけない。
過去に囚われない。
今に生きているから。

もう一つ考えているのは
不可能はない、ということ。
人間がやっていることなんだから
できないことはない。
どこに行っても自分はできる、と言う自信を持っている。

常に自信を持つ事
常に学んでいく事
自分を限定しないこと
自分の幅を狭める必要は、ない。

自分がやれることをやれるチャンスがあるんだったら。」

「これをやる!メラメラっていう情熱がある人は強い。
リーダーになるのであれば覚悟がないと
ぶれてしまう。
これで社会に貢献しているんだ!っていう情熱がないと難しい。
タイミングを見ているとMaterialize 瞬間がくる。
それまで情熱を燃やし続けていられるかどうか。
ぼーっとしていると、そのタイミングに気づかない。
やりたい!実行したい!と言うパッションがないとだめ。」

後編に続きます!

後編はこちらから
PR
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード