国民新党の亀井静香代表は24日夜、都内の会合であいさつし、米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への移設方針について実現不可能との認識を示した上で、「実現するはずがないことで政権離脱と言って玉砕するのはナンセンスだ」と述べ、社民党は連立政権から離脱すべきではないとの考えを示した。
 亀井氏は、辺野古への移設方針について「辺野古の海から飛んでいった鳥が、また辺野古の海に帰ってくるなんてできるはずがない」と強調。社民党に対しては「(現実に)なりっこないことに体を張るなんてばかげた話。沖縄県民のためにどういう解決案があるのか、閣内にあって努力するのが政党としてのあり方だ」と助言した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

政府、24日午後に安保会議=米韓と連携確認へ(時事通信)
メンバー・日程、非公表 朝鮮学校無償化検討会議、異例の対応に(産経新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
<ライター>販売規制へ…安全機能を義務化(毎日新聞)
<強盗>ドラッグストアに刃物持った男、44万円奪う 埼玉(毎日新聞)
AD