「わが子は実験台!?」アドラーの勇気づけ子育てレポート&冒険できる子を育てるアドベンチャー★栃木県宇都宮市簗瀬

0~6歳児ママに読んでほしい!勇気づけ育児ブログ。 「本やセミナーで理論は分かっても、じゃー実際の声かけはどうやったらいいの!?」 そんな声に答えて、子ども達との実際の会話、やり取りの詳細をレポート。 冒険できる子を育てるためのヒント満載!

【やる気を引き出す勇気づけ】×【子ども専門外国人英会話】×【ベビー英語サイン】
ママと子どもをギュッと仲良くするお手伝いをしてます。

勇気づけの子育て実践ママと子供がどんな会話をしてるのか、本やセミナーじゃ分からない。
「どんな風に実践してるのか教えて!」の勇気づけの子育てを学び始めたママ達の声にお応えして、私と息子の会話をレポートします。

幼児の子育て真っ最中の、勇気づけの子育てママのリアルをつづったブログです。



テーマ:

【勇気づけの子育て】

 

16か月の娘が靴下を自分で脱げるようになりましたsei

 

やり方よりも本人のやる気を重視して、しばらくこのまま大笑いして見守ります目

 

 

おばあちゃん「アイリの靴下の脱ぎ方すごいね!キラキラ

 

そう言われてもピンと来なかった私??

 

気付くと靴下を履いていない事はあったので、脱げるようになった事は知ってましたが、そういえば脱ぐところは見た事なかった汗

 

おばあちゃんの撮った動画を見てびっくり、大笑い嬉

 

どうしても生で見たくて、アイリにお願い。

 

私「アイリ、靴下脱ぐ所見せてくれないかな?

 

アイリ「うんべび③ニコッ。

 

アイリに靴下をはかせて見ていると・・・

 

頭をつま先に近づけて、

 

口で加えて引っ張ってますびっくり

 
 
引っ張りすぎて足が持ち上がってもそのまま引っ張ってこれ↓
 
 
脱げた!!5

 

勢いあまって転んだ後、満面の笑みきゃはっ♪

 

 

大人たちは大笑い笑

 

本人はやり切った顔をしていますハート

 

口を使って脱ぐなんて、教えた事もないし、たぶん見た事もありません。

 

でも靴下を脱ぎたくて、考え付いたのでしょうね☆

 

 

娘は、「靴下を脱ぐ」という課題を誰にも頼らず自分でやり遂げました合格

 

出来ない事が出来るようになる事は、子どもの勇気やる気や自信につながります双葉

 

そして、次もまた出来ない事に挑戦する勇気につながりますキラキラ矢印

 

もし、口で靴下を脱ぐ事を「ダメよ、手で脱ぐのよ。お母さんがやってあげるね」と、

 

やり方を否定し、代わりにやってあげていたら、せっかくの子どものやり遂げた感が台無しですサゲ

 

 

 

アドラーは言いました鉛筆

 

「大切なのはなにが与えられているかではなく 、与えられたものをどう使うかである 」

 

人は課題を目にした時、

 

①出来ない言い訳を考えて課題から逃げる(勇気のない人)

 

②自分に出来る事を考えて課題に取り組む(勇気のある人)

 

どちらかの行動をとります人差し指

 

だから、子どもが自分の課題に取り組めるように、勇気づけをするんですねおんぷちゃん

 

娘は、手で脱げないという事を言い訳にして、泣いて大人に「脱がして欲しい」と要求する事も出来ましたが、

 

今の自分が持っているスキルを最大限に生かして自分の課題をクリアしましたキラキラ

 

 

 

こんな出来事をブログに書くと、「正しい方法はいつ教えるの?」と聞かれる事があります??

 

今回の出来事に関して言えば、私は正しい方法(手で脱ぐ)は教えなくて良いと思っています。

 

だって、周りの人が手で脱ぐところは見ているし、手が上手に使えるようになれば、口で脱ぐより手の方が簡単な事に気づくはずですグー

 

それがいつかは娘にまかせます花

 

私がやり方を教えてしまったら、自分で見て気づくチャンスを奪っちゃうので、教えちゃうなんてもったいないです笑

 

 

 

今回の娘の行動を見て、あらためて、子どもは元々向上心も、課題に取り組む勇気も持っている事を感じました好

 

そして、それをダメにしているのは、甘やかしなどの大人の対応だと汗

 

子育てをしていると、子どもに気づかされる事がとても多い毎日ですお天気サンサン

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(1)

テーマ:

【勇気づけの子育て】

 

「え、それ?こっちの方が良いんじゃない!?

 

大人は、子どもの決めた事に口を出しがちです汗2

 

でも、本人が良いって言ってるんだから、それって余計なお世話ですね苦笑

 

 

息子「メリーゴーランド乗りたい!!5

 

いとこちゃん家族と出かけた時、二人仲良く手をつないで入り口を入っていくと・・・

 

馬じゃなくて馬車にお座り馬車

 

係のおじさん「え、そこに乗るの?馬の方が楽しいんじゃない?それ、動かないよ!汗

 

息子「これが好ききゃはっ♪

 

係のおじさん「あっちの方にカッコいい馬もあるよ。本当にこれでいいの??

 

息子「うん、これ音符

 

せっかくお金を払って乗るんだし、大人には、当然上下に動く馬の方が魅力的に映ります目

 

そんな時、大人は自分の意見を子どもに押し付けがちです汗

 

でも、「子どもに楽しんでもらいたい」という気持ちから行動するのであれば、ここは子どもの意見を優先すべきですね人差し指

 

子どもが馬車に乗りたいのであれば、そうさせてあげましょうハート

 

大人が口出しする必要ありませんね嬉

 

 

 

いとこちゃんがベビーカーに乗り始めたのを見て、乗りたくなった息子。

 

息子「ねーねー、一緒に乗ってもいい?赤ちゃん

 

いとこちゃん「うんグー

 

自分より小さないとこちゃんの上に座る息子これ↓

 

 

いとこちゃんから特に文句はでません点

 

大人の価値観からすると、自分より小さな子の上に座るのは、ちょっとどうかなぁと思いますが、

 

本人同士了承済み花

 

ここも大人が介入する必要はなさそうですOK

 

 

 

子どもに、「自分で考えて行動出来る大人になって欲しい。自分らしく生きて欲しい。」と願うなら、大人の意見を子どもに押し付ける事はオススメしませんNO

 

伝えるなら、意見として伝えてみる事をおすすめしますハート

 

でも、それを受け入れるかどうかは子ども次第ですねおんぷちゃん

 

子どもの人生は、子どものものですから☆

 

 

 

我が家では、靴下の右左逆、洋服後ろ前逆、寒い日に半そでは日常です苦笑

 

ミスではなく、意思を持ってそうしているんだそうです双葉

 

一応「これ、逆だけどいいの? 寒そうだけど上着無しでいいの?」と確認しますが、「後ろ前逆だと、警察みたいでカッコいいんだ。」とか、「どっちの靴下も履きたいから片方ずつ履く」と、本人なりの理由がありますキラキラ

 

子どもが自分らしく生きていけるお手伝いをする事が私がしたい子育てだなぁと思っています笑Wハート

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

【告知】

アドラー心理学をベースとしたSMILE(愛と勇気づけの親子関係セミナー)開催のお知らせです。

勇気づけでやる気を引き出す英会話アドベンチャーイングリッシュで、2018年1月から、SMILE第4期(土曜コース)、第5期(水曜コース)、を開催を開催します。

 

リーダーのアンドリューズ美和子が3月中旬に第3子の出産予定のため、その後の開催時期は未定となります。受けたいと思っていた方、ぜひこの機会にどうぞ(^^)

 

人気の講座のため、定員締め切りになる可能性があります。

迷っている方は、メールやライン、お電話でご相談下さいね。

 

チラシ、右側の講座ですよ♪

-----2018年 1~2月 土曜コース(第4期)-----
日程:

第1章  1月06日 12:30~15:00

第2章  1月13日 12:30~15:00

第3章  1月20日 12:30~15:00

第4章  1月27日 12:30~15:00

第5章  2月03日 12:30~15:00

第6章  2月10日 12:30~15:00

第7・8章  2月17日 11:30~15:30

※最終日のみ時間が変わります

少人数開催の土曜日コースはオススメです!

 

-----2018年 1~2月 水曜コース(第5期)-----

日程:

第1章 1月10日 9:30~12:15

第2章 1月17日 9:30~12:15

第3章 1月24日 9:30~12:15

第4章 1月31日 9:30~12:15

第5章 2月07日 9:30~12:15

第6章 2月14日 9:30~12:15

第7・8章 2月21日 9:30~14:00 (30分の休憩あり)

 

 

場所:アドベンチャーイングリッシュの新教室

受講料:30000円+テキスト代5000円(+税)

   ※英会話会員の方、テキスト代は教室負担

再受講:19000円(+税)

   再受講は、他のリーダーのから学んだかたも受け入れOKです。

託児:水曜託児あり(1回1500円) 土曜ご相談ください

  ※ご自身でお子さんを見られる方はお子さん連れでの入室OKです。

定員:各コース12名

申込・ご相談方法:

  メール、LINEでのお申込み、またはアドベンチャーの教室で直接お話ください。

  メールで連絡

  LINEで連絡

 

楽しい子育ての輪が広がりますように★

 

HPリンク

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)