講演者の皆様、「うちわ」をご活用ください

Theme: D2C藤田社長 HB
Wed, August 26, 2009

 先般ありました「うちわ」の件、使用方法を私のブログ「24時間30cm以内」 でご紹介しましたが、こちらでもご説明します。


●講演者の皆様へ

 本場のad:techは、講演者と聴講者のインタラクションに、非常に工夫を凝らしています。
私が参加した2008年のad:techサンフランシスコでは、聴講者にレーザーポインターを無料で配付(!)して、前方のスクリーンに表示された選択肢に向かって照射 して、聴講者の意志を把握していました。
(さすがに、リーマンショック以降は、レーザーポインターを無料で配付する企業は無いと思いますが・・・)


 「東京でやるなら、あの時の聴講者と講演者との一体感を再現したい」との思いから、日本らしく「うちわ」をD2Cがスポンサーになって制作し、皆様に使っていただこう、となったわけです。

ad:tech Tokyo Official Blog - アドテック東京オフィシャルブログ  ad:tech Tokyo Official Blog - アドテック東京オフィシャルブログ

 使用方法は皆様ご自由ですが、例えば・・・・

① 来場者に対して意見を求める時 → 賛成:青、反対:赤

② ディスカッション内容を掘り下げて欲しい、もっと聞きたいという意思表示(進め):青、

   次のトピックに変更して欲しいという意思表示(止まれ):赤

 です。


皆様のセッションをより活発に盛り上げるためにも、ぜひこのウチワをご活用いただければ幸いです。



●聴講者の皆様へ


 本場のad:techは、講演者と聴講者のインタラクションに、非常に大切にしてます。

講演者が、聴講者へ様々な働きかけを行いますから、その時は恥ずかしがらずに、リアクションを返しましょう!
 (私が参加した海外のad:techでは、いきなり起立させられ、隣の全く知らない人と名刺交換をしてください!という働きかけがありました。でも、その後、気軽にセッションの感想を言い合えるようになったので、効果アリでしたよ)


いよいよ半年を切りましたね!

Theme: D2C藤田社長 HB
Wed, March 04, 2009

 アドバイザリーボードの藤田明久(D2C )です。
 (ブログ やっています)

 

 ad:tech tokyo 開催まで、いよいよ半年を切りましたね!

 

 せっかくだから、面白いことを企画して、事務局に提案したいと思います!

 

 また、このブログを通じて、より多くの日本人に、ad:tech tokyo の開催意義を知ってもらうための、そして、参加したくなるためのお手伝いができれば、と思っています。


 どうぞ、よろしくお願いいたします!

Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み