【ニューヨーク時事】米国内で複数の司法管轄区にまたがる訴訟を監督する米広域係属訴訟司法委員会は9日、「意図しない急加速」問題でトヨタ自動車を相手取った多数の損害賠償訴訟を併合し、カリフォルニア州の連邦地裁が予備的審理を行うと発表した。
 対象となる訴訟は、急加速が原因の死亡・負傷事故に関する案件のほか、急加速問題に伴う大規模リコール(回収・無償修理)の影響で、保有する車の価値が下がったとしてオーナーらが賠償を請求したもの。正確な訴訟件数は不明だが、全米で既に200件を超えるとの報道もある。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
空気清浄機87万台リコール=発煙・発火事故で
「欠陥隠し」に警告=トヨタ子会社幹部
ランサー2400台リコール=三菱自
JTBが首位、日本郵政4位=大学生の就職志望

高齢者の孤独死対策、支援内容の判断基準を策定―栃木県(医療介護CBニュース)
タクシー無賃乗車、売上金盗む=容疑で男子高生ら3人逮捕-警視庁(時事通信)
まるごと富津の海の幸、ご当地グルメ「海堡丼」(産経新聞)
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)
直嶋経産相、衆院選マニフェスト修正に含み(産経新聞)
AD