福岡市が出資する第三セクター「博多港開発」(博多区)の人工島事業に絡むケヤキ、庭石購入事件で、商法違反(特別背任)罪に問われ、有罪判決を受けた元同市助役で元同社社長志岐真一被告(72)ら3人=いずれも上告中=に対し、同社が約7億8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、福岡地裁であった。増田隆久裁判長は「必要なかったのに購入した」として、3被告に約7億800万円の支払いを命じた。
 判決によると、志岐被告らは1999~2001年、具体的な利用計画がないのに、元同市議西田藤二被告(58)の関連会社を介し、ケヤキ400本と庭石1万トンを約7億7400万円で購入した。 

【関連ニュース】
青い森鉄道の申請許可=全国最長の地方鉄道に
政投銀、企業・三セクの支援強化=専門会社設立、500億円投資へ
札幌市三セクまた不祥事=テレビ塔運営会社、ずさん経理
サンタ列車に子どもたちが大喜び=兵庫県加西市〔地域〕
ムーミン列車が快走=いすみ鉄道

<火災>倉庫2棟を全焼 名鉄1時間運休 愛知・豊明(毎日新聞)
<日韓警察>トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)
公明 民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)
民主・輿石氏本人への行政指導も…農地無断転用(読売新聞)
首相動静(3月12日)(時事通信)
AD