アドベンチャーゲーム研究処

アドベンチャーゲーム(AVG・ADV)の旧作から新作まで、レビュー+紹介を主として取り上げるブログ。(更新は不定期)
取り上げる範囲は家庭用のみです。


テーマ:

【概要】

今回は表ルート5人をクリアしての印象と、実質前作である『街~運命の交差点~』との違いをみてみる。話の核心には触れていないと思うが、多少のネタバレを含むので注意。


【もくじ】

体験版レビュー

『街~運命の交差点~』を振り返る

クロスレビューオール10点の考察

レビュー 概要編

レビュー 街と428編

レビュー やりこみ編

まとめ


【レビュー】


表ルートのプレイボリューム


 未プレイの方が気になるであろう表クリアにかかるプレイ時間は、私の体感で約16~19時間程度。主要となる主人公が5人ということで、前作の8人と比べれば少ないうえに描かれる時間の次元も違うので、『街』と比べれば少ないものの普通のAVGとして考えれば相当なボリュームと言っていいだろう。また、隠しもあるためまだまだプレイボリュームは増えると予想される。



実質的な前作『街~運命の交差点~』との違い


 最初に言っておくべきことは、『』と『428』ではシステムは同じだが、やらんとしていること(テイスト)はかなり違うということ。解りやすく違う部分の実例を挙げれば、『428』の場合は人数が少ないことを生かしてザッピングポイントを絞ったり選択肢で隠してしまったり、あるいは2重にザッピングでロック(2人の人物に正しい行動させなければならない)することでバッドエンドへの遭遇率を上げゲーム性自体を上昇させることで、同時進行のドラマの緊迫した状況を上手く演出しており、登場人物がそれぞれのドラマと対自しつつ“不自然に”からみあう不思議さを演出していた『街』のザッピングとは趣がかなり異なっている。


 逆に人数を減らしシナリオの登場人物につながりを持たせるために、『街』の横に繋がる無意味な人間関係はあまり見受けられず、あの街にはあった「ミロのビーナス」的な「未完成だからこそ増してゆく人間関係を想像する楽しさ」みたいなものがなくなってしまっているという部分もある。とはいえ、これもまたテイストの差から生まれた違いに過ぎず、『428』と『街』は違う作品なのだからそれは当然とも言うべきかもしてない。


 このような二作のテイストの差を解りやすく例えるならば、壮大な世界観で無制限に広がる街という舞台で生きる人間の外側に広がるようなドラマを描いた『』は”太く長い棒”で、ひとつの事件を描くために人数こそ少なくなっているものの事件の終結へ向かっていくドラマ性を描いた『428』は“鋭く尖った針”と言ったところだろうか。両者共に欠点を持ちながらそれでいて長所をもち、その性格上使いどころも大きく違う。そのため私はどちらが良いとは考えないし、考える必要性もないと思う。


シナリオに関して


シナリオに関しては、「街を振り返る編」 で予想したように


アドベンチャーゲーム研究処-解りやすい?図 解りにくい図(1)『街』


上の図の様なそれぞれが個別にドラマを演じる『街』の様なアプローチ方法ではなく、


アドベンチャーゲーム研究処-解りやすい?図2 解りにくい図(2)『428』


 この図の様に、事件の解決へ向かってそれぞれの主人公が集約していく形となる。そのため、大量の伏線が張り巡らされており、中盤からは怒涛の伏線回収とどんでん返しが繰り返され「24を意識している」と言っていたのも納得の内容で、それほど矛盾もなく話としての完成度はかなり高い。しかし、5人の関わり合いや時間関係に整合性を持たせるために序盤に多少引き伸ばし的な展開もあるため、本格的に伏線回収が始まる14時ぐらいまでは多少退屈と感じてしまう人も居るかもしれない。


 あと、話の中には少数とはいえ矛盾がいくらか存在している。たとえば御法川の時系列がスピンオフ元の『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て』と明らかに矛盾しており、性格も元ネタとかなり異なっていることから後付でスピンオフにしたのではないかと変にかんぐりを入れたくなる。また、チュンソフト名物の変なパロディネタが各所で不意打ち的に用意されているので、気になる人はチェックしてみてはどうだろうか。


アドベンチャーゲーム研究処-おみくじ  アドベンチャーゲーム研究処-中村光一


【コメント】

 この次のレビューは、クリア直後では冷静な評価が難しいと思うのでちょっと時間を空けてから書くと思います。再利用となった図に関しては…まあ触れないで。

AD
いいね!(0)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。