livedoorのAtomAPIは
http://cms.blog.livedoor.com/atom/blog_id=XXXXX/entry_id=YYYYY

で個別記事情報が取得できるんだけれども、対象記事を書いたのが編集メンバーだった場合
オーナーユーザーでこれ取りにいっても403が返ってきて、ResponseBodyは
<error>Forbidden</error>

になる。
ちなみにパスワードが間違ってたりしてた場合は同じ403でも
<error>Invalid Login</error>

が返ってくる。
さらには同じエンドポイントに編集メンバーのid/passwordでアクセスしてもInvalid Loginになった。

まあ当然といえば当然なのかもしれないけど。

なお
http://cms.blog.livedoor.com/atom/blog_id=XXXXX

をオーナーで叩くと、編集メンバーの記事もとれる。
こっちは結局RSSなのでまあこれも当然か。

BlogWriterとかでオーナーのアカウントで入ると過去記事とれるのは後者の方のエンドポイント叩いてるってことなのかな。ちゃんと確認してないが。

この場合entry_id指定の方は、編集メンバーの書いた記事はどうやってもとれないってことになるんだろうか・・・?
AD

道具

テーマ:
「結局、Webって暇つぶしの道具なんだから、どう可処分時間を消費させるかってことしかないよね」

っていう言葉を最近聞いた。

まぁ現状ほぼそのとおりなんだけど。
それがWebの開発者側から出てきた言葉だってのは少し悲しかった。

それがマーケの人間とかなら、そういう考え方をすることこそが彼らの仕事だから正しいのだけど、
プロデューサー含め「作る側」の人間にはそういう考えは持ってほしくないなぁ、と思う。


僕自身もWebは単なる道具だと思ってる。
でも、人間が手に入れた「大きくて」「新しい」「道具」だと思ってる。

時代が変われば人間も変わるし、考え方も、生きる環境も変わる。
そしたら人間はそれに適応させた新しい道具を作る。

道具は新しい環境を人間に与え、人間をまた変える。
変わった人間は、また道具を作る。

街も、法律も、車も、コンビニも。


志村建世のブログ: ニコニコ動画で政治討論を見る
このエントリを見て、やっぱ何か変わりつつあるよ、って思うのは単なる気のせい?

僕自身は、Webという道具ができたその過渡期にそれを仕事にできたことはすごく幸せだと思ってる。
AD

Mokuji

テーマ:
このブログの目次

あまりに書いてなくて笑ったwww


最近ちょっとぱつってたので。

書くこと、ていうかネタのようなものは結構あるんだけど・・・

タイミングを逃すとなかなか書かないんだよなぁ
AD