1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-08-23 07:48:54

新しい小学校の今日が初日。 バスに乗るのは息子なのに、なぜか私が高揚感!やっとスタートだ〜...

テーマ:ブログ
2017-08-22 23:52:12

40か~、40・・・。 誕生日を迎えました。 四十、五十ははな垂れ小僧、 六十、七十は働...

テーマ:ブログ
2017-08-20 12:28:46

あと何年手をつないで歩けるだろう。 息子が保育園の頃、 保育園に二人を送ってから仕事に行...

テーマ:ブログ
2017-08-19 11:45:02

育児のイライラ3秒

テーマ:育児

カフェにいると、子どもを2人連れたお母さんが入っきて、

一人は抱っこされて、2歳になるかな。もう一人は年子のお姉ちゃんのような感じ。

 

お母さんの勢いがすごい。

 

カリカリ!カリカリ!

イライラオーラがバンバン伝わってきます。

 

 

 

ハイチェアを他の場所から持ってきて2人を座らせようと準備をするが、大人椅子に座ろうとしている子どもたち。

 

「ほら、こっちきて」

 

って、すぐに子どもを強めに引っ張って、

 

 

そんなにカリカリしないで、こんなにかわいい子じゃん。

今、動こうとしてたじゃん。

 

 

 

 

あっ・・・

 

 

この様子は俺と同じではないか・・・!?

俺、こんなことやっているような気がする・・・

 

 

 

子どもはそんな早口理解できないじゃん。

3秒待ってみようよ、たった3秒だよ。

 

 

俺のことか・・・

 

 

 

「ほら、こっちにきて」

 

1、2、3

 

 

言えるか、言おう。

今度から心の中で言ってみることにしてみよう。

 

3秒を待っても自分の人生に多大なる悪い影響を及ぼすわけがないし。

 

 

 

育児のもっとも大変なところは、自分の意思とは無関係に自分のやろうとしていたこと・したかった行動を子どもに遮られることの連続。

 

自分がやりたいことをしている途中で予定外に別のやらなければならないことが次々に舞い込むこと、どんどんフラストレーションが溜まるもの

 

 

これを下の記事で読んでから、イライラの仕組みがわかったので、自分がわかった人間になったような気がしたが、、、

 

今日の隣のお母さんの様子が、なぜか自分を見ているようで・・・ハッとさせられるわけです。

http://spotlight-media.jp/article/96466997226323648

 

 

 

さっそく家に帰ったら、イライラでも、3秒待ってみることにしよう(* ̄0 ̄*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-21 05:26:14

消せない電話帳。

テーマ:プライベート

1年前の6月21日、親友が亡くなりました。

 

想いを書き残そう残そうと思って1年が経ち、何かに記録しておこうと思っては込み上げてくるものがありすぎて、1年たった今でもこんなに込み上げてくるのかと、自分の感情が動揺していることが不思議。

 

 

この1年半前、2014年12月24日、親友から電話が。

数日前から極端に下腹部の調子が悪いとはLINEで聞いていたけど、開口一番「癌らしい、しかも相当悪いようだよ」。

 

絶句、そして電話をしながら鳥肌がざーーーっと。

 

 

私の父が2011年に胃がんで亡くなっているので、その闘病2年の徹底的に付き添い、セカンドオピニオンを渡り歩いたり、主治医と話をしたり、病院手配をしたり。

 

父の時の様子を話せるだけ話してあげて、希望を持って治療にのぞもう!と励ますだけ励ます。

 

 

 

その後、治療が始まり入退院を繰り返し、退院の度になるべく外に連れ出して、ランチをしたり、後半のほうは食事が取りづらくなっていたので、お茶のみに。

 

一昨年の2016年6月、私が海外に行く直前に御見舞に行きました。

急激な痩せ具合、顔色から、「もしかしたら、、、帰国した時にはもうダメかもしれない」そう私が感じたのは事実。

 

 

海外に行ってからも頻繁にLINEをして、「返事なしで、既読のみでもいいからね!」と声をかけていたので、応答がある日もあれば、既読のみの日もあり。

 

「体調が悪いなー」という会話を最後に、数日既読がなくなり、

「明日帰国するよ!」とLINEをした数時間後、妹さんから1週間前に亡くなっている旨の返事が来ました、夜の20時過ぎ。

 

 

翌朝早朝の帰国便だったので、荷造りをやろうかと思った矢先のこと。

 

 

ボー然、身体が動かず。

荷造りは全く手がつけられず数時間、そして夜はほとんど寝れず、早朝便を迎えました。

 

 

 

帰国後すぐに弔問に行き、遺影の前に涙が止まらず。

そして何度かお会いしたこともあるお母さんと3時間くらい話もしました。

 

勤め先のことは本人は何も家族に話していないようだったので、

私がこれまで聞いていた話をしてあげて、昔話をして盛り上がりました。

通夜には400人も来たと聞き、これにはビックリ! 慕われていた証だな〜。

 

 

知り合ってから15年、大手生命保険会社勤め。

私は学生起業ゆえに就職経験がないので、特に人事や総務にまつわるコミュニケーションについていつも手探りであり、

 

そんなときに「うちの会社ではこうだよ、私の経験からもこうすればいいと思うよ」という従業員1万人もいる会社はさすがにその対応マニュアルとノウハウが整っており、的確なアドバイスは本当に助かり、いつも教えてもらっていました。

 

そしてファイナンシャルプランナーとして、会社と私の保険、資産運用に、自利利他で親身になってもらっていました。

 

 

 

40歳で亡くなった命。

早すぎる。結婚も控えていたのに。

 

私が今年で40になるので、 “もう終わる” と考えると、、、ありえない。

 

 

異動になってから仕事上の強いストレスの話はよく聞いていて、

でも本人は笑いながら話してくるわけです。

 

私は「それよく耐えられるね、耐え続けるの? 辞めるなり方法はないの? 」と本気で話してあげたくらいの状態。

 

 

 

その2年後、亡くなったわけです。

 

何でも相談できた親友を失う衝動は、父の死とはまた違うものがあります。

電話帳、LINE、これは今でも消せません。

 

 

この死はストレスだけが原因とは思いませんが、

お陰で今の私は、毎晩の晩酌もやめ、付き合い以外のお酒もやめ、食事コントロールもして、日々のトレーニングとジョギングを継続でき、さらに健康に強い意識が芽生え、今でも強い意思で継続できています。

 

これも親友のお陰なんだろうと思っています。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-05-06 11:48:13

大事なことは何か?

テーマ:プライベート
GWの前半休みで、実家がある福島県南相馬市に帰省。
原発被災地でもあります。


親は東日本大震災の時をきっかけに東京に来ているので、南相馬市に帰省するのは、婆さんに会うため。

92歳の婆さん。
腰が痛い、膝が痛い、胸が苦しいと言って、和室でずっと座っている毎日。
時々デイサービス。


背骨コンディショニングをやっている私からすると、見ていられないけど、どうしようもない・・・悲しい現実。


だいぶ認知症も入って、同じ会話を10回くらい繰り返し。
で、やっと記憶できる感じかな。
この5年で急激に衰えました。



小さい頃は、婆さんの家に毎日行って、学童代わり。

婆さんの家の前には寺子屋塾があって、塾が終わったら婆さんの家へ直行。
従兄弟たちも住んでいるから遊び相手に不足なし。

共働きの母のお迎えが来るまで、伸び伸び遊んできました。
婆さんの家に行かない日は無いくらい。


私がどのくらい馴染んでいるかは、
婆さんの家(叔父さんの家)の冷蔵庫を黙って今でも開けられる、というレベル。

これが、その家にどのくらい浸透しているかのバロメーターだと思っとります(* ̄0 ̄*)



今、会える時に、記憶がまだ確かな時に、会えるだけ会っておく。
そう決めて帰省の回数を多くしています。



2年前、東京に帰る別れ際に、

「おばあちゃんのこと忘れなんよ」

と婆さんに言われたのは記憶にしっかり残りました。
鮮明にあの時のシーンを覚えています。



そう、日々の忙しさから、
忙しさを言い訳に、本当は大事なことを忘れがちです。



仕事より、大事にしなくてはならないことが本当はあるのに。


大事なことは、
大事なことを、大事にすることです

あなたが思う大事なことを、本当に大事にしていますか?
今日、昨日、一週間前を思い出してください



天外塾という経営者向けの勉強会で、
こう問われて、この日から特に意識をするようになりました。


何のために働いているのか、仕事漬けにならない、家族・健康を最優先にする、こう決めました。
私の場合、今の優先順位は

1.育児
2.健康
3.仕事
4.家事
5.プライベート

この優先順位を死守するように
日々努力(* ̄0 ̄*)


でも実際は時間的に苦しい時もあり、もどかしい時もありますが、
株主でもあり顧問でもある北矢先生からは、


「育児は接触時間にこだわらない、質だ」


こう教えてもらいました。



「パパー!、これで遊んでー」
「パパー!、抱っこー」
「パパー!、@!$#%」


5歳と3歳なので、こんなにベタベタしてくれるのはあと何年?
ほんの数年のはず。

数年たてば、休みの日はお友達と遊びに行ったり、「パパうるさい・・・」って言われる時が来るはず。今のベタベタ育児の楽しさはあと数年しか残っていないはず( ̄∇ ̄;)


散歩



育児が大変なのは、自分がやろうとしていることを遮られるからだと思いますが、これでイライラしちゃうこともあります、やっぱり。

でも、「エッセンシャル思考」という書籍でこんなフレーズを知ってから、心の中で唱えます。



「 Win ! 」


勝つという意味ではなく、下の言葉の頭文字。


「 What's important now ! 」



今、大事なことは何か。
これも唱え続け、限られた時間で常にパフォーマンスを最大化できるように、日々鍛錬していきます!



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-01-29 11:15:39

1年の変化

テーマ:プライベート
昨年2015年で変えたこと、変わったこと。


2015年2月27日から、7年ぶりにトレーナーをつけての筋トレを再開
まもなく1年に。

オールアウトまでやるので、毎回毎回本当に辛い。
でも1年続いたのは、従業員含め、取引先にも「俺やります、やってます」と言っちゃってるから。
そして、毎月のボディスキャンの測定で数字を追いかけるから。


パーソナルトレーナーをつけて、
スポーツジムで数字を追いかける追い込みを週1回。

自宅でダンベル、ベンチ、腹筋用コロコロなどなど、自宅でも揃えて週2~3回。


曜日を固定してトレーナーを抑えて、この1年でジムを休んだのは出張の時以外は2回。いずれも子どもたちにうつされたウィルス性胃腸炎と風邪・・・。


毎月、測定があるのでこの数字を追いかけていると、どんどんハマっていき、食事への向き合い方も取り方も大きく変化。天ぷら、揚げ物、甘いもの、脂モノなど取らず。

ウエイトを増やしたいののに、体質的に量を食べることができないのもありなかなか増えず。



そして、これをキッカケに、晩酌をやめた

父が亡くなった後で「健康は大事だ~!」と思って、晩酌を止めていたもののお酒の量は減ったが、一時過ぎればまた続いてしまっていた。
クセモノは、ポテチと柿ピー。


トレーニングをスタートしてから、酒断ちを決断!
飲まないと寝れないとずっと思っていましたが、今は飲まない生活が普通に。

自身での外食時でも全く飲まなくなり、お付き合いで飲む時もこれまで飲めていたお酒の量が全然入らなくなってしまいました。



晩酌がなくなると、テレビの時間が全くなくなることにも気づいたわけです。

子どもたちは18時には早々と夕食を食べ終わっているので、子どもたちの風呂入れ後に私だけ夕食を取りながら、子どもたちのプリント学習を横で見てあげる。


食事が終わって、子どもたちを寝室にぶっこんだら、残った仕事に向かい、夜の筋トレへ。




そして、もう1つ。
「背骨コンディショニング」の矯正師を目指すべく勉強を開始

背骨コンディショニングとは


天外塾で、ゴッドハンドの日野先生を紹介してもらい、頭痛と腰痛に悩まされて頭痛外来にも通い画像診断もしても何もでない、整骨院の保険診療内でマッサージも通っても治らない、全く改善せずに悩んでいた20~30代はじめ。


日野先生に矯正をしてもらって、頭痛、腰痛とは無縁の体になったんです。

ただ、教えを守らず筋トレをサボっていたので、今度は育児による抱っこでとどめを刺されて、四十肩の始まりに(38歳ですけど)。



これ、もうまもなく腱板断裂しますよ



この最後通告で、昨年から筋トレを始めたのでした。
ただ、ゴムチューブでは長続きできなかったので、トレーナーをつけて時間枠を抑えて、環境を作って今に至ります。


そして、トレーニングを通して体のことを勉強すればするほど、背骨コンディショニングの考え方、矯正にも興味を持ち出し、この勉強を始めてみて、インストラクターは取れて、現在はパーソナルトレーナーの勉強中。

そして最後は、頭蓋骨矯正までしっかりできるように最後の最後まで勉強するつもり。



頭痛、腰痛、肩こりに悩まされている従業員のためにも、会社の福利厚生として私が見ます(* ̄0 ̄*)

矯正中

     ↑
フロアマットをまだ買っておらず新聞・・・( ̄∇ ̄;)




そして、美容室業界に、
髪だけの「美」ではなく、健康を包括した「美」を来店客にも提案するのが次世代のサロンだと思っており、どこかでコラボレーションできれば面白いとも思っています。


そして、現場で働く、腰痛や肩こりなどが辛い美容師の皆さんを治せるようにまで私自身が磨き上げてみたいとも思っています。



「育児で腰痛と肩の痛みが増しすぎて、動くのも辛い」という妹が連絡をくれて、先週末に家に呼んでみました。

症状を見て、ゆるめ体操をやってもらい、やれるだけの矯正をやってあげて、ゴムチューブでの筋トレも教えてやってもらう。


あれ???腰を反れなかったのに、反っても全然痛くない!!!!


と、その即効性にびっくりして感激して帰っていった。
健康あっての人生、健康あっての仕事と家庭、そしてプライベート。



食事、ゆるめ体操、矯正、矯正の啓蒙活動を、今年もさらに進めていきます(* ̄0 ̄*)



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2015-12-01 11:27:24

タクシーを降りると激しいもみ合い。世界共通か?日本文化か?

テーマ:気付き
カフェの窓越しから見えた光景。


タクシーを降りたおばさまたち御一行。


降りた途端に、


身内同士でのひったくりか!?

喧嘩か!?



と思うほど、
3人が激しくお互い腕を手で払って、絡み合わせてもみ合っている。



「いいわよっ!」

「いいわよ~~~!」

「私が払うわよ!」

「そんな、今日は私が払うわよ!!」



と、雰囲気からアテレコできる。



そして
レストランでも同様の光景を見ることもできる。


事件現場はだいたい、
立ち上がる寸前のテーブルで。
または、レジ前 ( ̄∇ ̄;)



世界共通か?
日本文化か?



中国では割り勘という意識がなく、
前回あなただったから今日は私が払うね
というのが暗黙であったな~(* ̄0 ̄*)





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-28 23:49:56

新たな結婚式のスタイルはどうだろうか。

テーマ:プライベート
今日は従兄弟の結婚式。

結婚式



中学に入るまでほぼ毎日遊び、土曜日はほぼ毎週泊まりに行き、
中学、高校になっても週に1回は必ず会っていた従兄弟。その3兄弟の次男。

従兄弟も両親が共働きで、同居のおばあちゃんに育てられたので、鍵っ子だった私も入り浸るわけです。


ちなみに、どのくらい入り浸っているかをわかりやすく説明すると、
伯父さん、叔母さんの了解を取ること無く、勝手に冷蔵庫を開けて適当に使います。今でも。


人んちの冷蔵庫を黙って開けられるかどうか
というのが、その家にどのくらい浸透してるかのバロメーターかと思っとります。



籍を入れてから2年ちょっとが経過しているので、改めて「おめでとー!」というのもむずがゆく、変な気分。

今風でいうと、

 やっちまった婚?
 おめでた婚?
 さずかり婚?

なんて言うか分からんですが、
こういう事情で子どもを抱っこしての新郎新婦です。


親戚の結婚式は良いもので、
なかなか会えない親戚たちに会えたり、実家の福島から御一行様も上京なので顔も見れたり、他の従兄弟たちとも最近どんな仕事してるの?話とかできるので。

やっぱり時間とお金をかけただけあって、今日のは素敵な結婚式でした。



さて、私も結婚式を90名ほど呼んでやったことがあるわけですが、その時にこんなことを考えて、やりました。

披露宴は徹底的におもてなししたい。
なので、余興とかスピーチとか友達にお願いするんじゃなくて全部自分たちでやろう!と。
頼まれる側の友達は、ずいぶん前からその日が来るのがソワソワして若干憂鬱な場合が多いはず。緊張してご飯もおいしく食べられないはず。

そして、友達がやる余興は、万人受けしないし、つまらなそうにしてる人も多い・・・。


だったらということで、私の結婚式の時は、これを全部自分で企画してやったわけです。

 ・生い立ち映像の作成
 ・余興2本
 ・二次会の企画、司会進行

さすがに、主賓挨拶と乾杯は主賓にお願いさせてもらいました。


余興は、お色直しを映像を使ったサプライズ仕掛けで。
そして、子どもにも爺さん婆さんにも万人受けする往年の「ドリフ」のヒゲダンス。

友達にみかんを投げてもらって、剣で刺す。
成功したら全力でヒゲダンスです。こういうことが恥ずかしくもなく全力でできる奴だと、私たちの人柄が見えるかなと~と思って。

この剣も、東急ハンズで材料買って、自分で作り上げました。


両家代表謝辞は、
当時、父が脳梗塞をわずらって退院したばかりだったので、血圧をあげたらまた病院送りだ・・・と危惧して、私が最後の新郎スピーチと兼ねて長々とやりました。



二次会の司会進行は、式前日に、矢野くんから電話がかかってきて

「誰が二次会仕切るの?」と。

「俺だけど。こういう事情を考えて。」

「バカヤロー、何言ってんだよ。そのくらい俺に任せろ!」

と前日に司会を交代し、当日に二次会企画を引き継ぎしたというありがたい申し出はありました。これは嬉しかった(* ̄0 ̄*)



今の結婚式、披露宴のスタイルはいつまで続くだろうか?
最近は親族のみとか、写真だけとか。
妹は、母を連れてハワイで3人だけの挙式兼新婚旅行をしてたし。



ちなみに、結婚式が始まる前に別室で必ず行われる「親族紹介」の儀式。
両家親族の前で、名前を呼ばれて一礼するだけですが、深みがないのでよく分からんです。



自分の経験から
こんな結婚式スタイルはどうだろうか。


やっぱり親族だけでお披露目会をというのをやって、
会社関係、友達は改めての別日で会費制でレストランで立食パーティーなんかがいいな~。


前日までに「ハングオーバー」的な儀式もいい。



親族だけのお披露目会では、食事をしながら
一人ひとりの親族紹介で、新郎新婦との昔の思い出話を一つ入れてくれると、改めて従兄弟への絆も深まるし、相手側には人柄、個性が伝わるし。
3時間くらいの食事会で。


お祝いごとの宴会ができる和食ファミレスを利用して、肩肘張らずに。
このくらいなら新郎新婦が全額負担で。


でも、親族が手ぶらでは来ないだろうから、少しはお祝い持ってくるはず。
和食ファミレスでやるとわかれば、包む額もそれなりになるし、双方負担にならない。




会社関係、友達では、レストランでの立食パーティー7,000円くらいであれば、お祝いごとで飲み食いなら7,000円は負担にならないし、
スーツにワンピースといった比較的カジュアル服装でもOKとしておけば、女性もサロンに行ってセットするほどかしこまらないし。



「結婚しよう! そうだゼクシィ見よう!」はもういらん。形式的なものじゃなく、絆が深まるお披露目会を、次の親族の結婚式でやってもらいたい。



残るは、従兄弟あと2人だな(* ̄0 ̄*)



そういえば、今日のお色直しで
入場前に、急に配膳係が踊りだし、新郎新婦が登場して最後に一緒に踊るフラッシュモブがありました。


式が終わって、衣装を脱いでやってきた従兄弟を労いながら、本音の話が始まります。


「結構金かかったよね?総額いくらいった?」
とか
「最初の見積もりから1.5倍くらい膨らんでないか?」
とか
「フラッシュモブってあれ有料かい?」
とか。


5~6人のスタッフがフラッシュモブに参加するのに、オプション費用20万円!
そりゃないだろ・・・
ぼったくりだろ( ̄∇ ̄;)



俺らやってやったぞ!
兄弟、従兄弟合わせたら軽くその人数超えるぞ。


「みんな忙しいのに、頼むの悪くて・・・」


水くさい。
従兄弟のためなら、
そういうのは時間を割いてやりまくったのにな~(* ̄0 ̄*)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-23 13:00:00

2015年全社カンファレンス

テーマ:社内の様子
年1回の全メンバーが集まって開催するカンファレンス。

東京、福岡、熊本、鹿児島と拠点が点在しており、在宅勤務もいるわけで、日常はオンライン上でコミュニケーションが取れていますが、でも一同に皆が集まる機会をあえて設けて、勉強会を行います。



今年は、午前中にサロン業界の勉強会。

私たちの強みは何だ?提供している商品はどういう位置づけなのか?サロンにはどう役に立つべきなのか?を改めて意識合わせです。
カンファレンス2015_1



午後は、ほぼ全メンバーが集まっての部門間共有会。

営業部門とカスタマーサポート部門、総合管理部門は日常的な連携が必要なのでやり取りは密ですが、開発部門はUX・テクニカルサポート部門以外の他部門とのやり取りは本当に少ない。

なので、開発メンバーたちの「俺・私、今こんなことやってます!こんなことに苦労して、でもこんなことが楽しいんです!」を共有する時間。


「開発部門のエンジニア」と聞くと、大抵の場合、システム開発もアプリ開発もインフラも全部やっている人たちと括られ、誰が何を担っているのか分かれているとも思っていない、社内でもそんな誤解があるくらいです。

Windowsに超詳しい、Word、Excelも使いこなせる人!という誤解も生じます( ̄∇ ̄;)


社内コミュニケーション向上のための類人猿分類セミナー。

類人猿分類セミナーは、人は4分類の類人猿に分けて見ると、特徴が明確になって、よりコミュニケーションが円滑になって社内雰囲気から業務効率から向上に寄与するもの。社内に浸透させるべく勉強会です。
カンファレンス2015_2



そして、ボーリング大会。
カンファレンス2015_3



で、最後に懇親会。
カンファレンス2015_6


カンファレンス2015_4

カンファレンス2015_5



会社設立から15年を無事終え、16年目になりました。
メンバー全員からサプライズのプレゼントをもらい、ネット上で見れる寄せ書きまでいただき、感動です。
カンファレンス2015_7


2011年から会社の組織構造を大きく変更して、3社で協業して、運命共同体の強い連携で今の姿になっているわけですが、あの時の皆の決断と協力に本当に感謝です。


今年も非常に有意義な時間になりました(* ̄0 ̄*)







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。