2009-12-21 23:24:51 テーマ:ブログ

砂糖の意外な効能。


これからクリスマス、年末年始等、

催し物が立て続けで、ウチのカミさんの

手伝いをする機会が増えてきます。

去年はお節の昆布巻を包丁で切っている時、

人差し指を軽く切ってしまいました。

今年はそんな事がないように

気を入れてお手伝いに臨みます。

慣れない事をすると、このように

包丁で誤って指を切る事がありますね。

慌ててバンドエイドを探すけど、

中々、こんな時に限って

見つからないんですよね。

こんな時、台所ならではの意外なもので

血を止める方法があるそうです。

それは調味料の砂糖を使えばいいそうです。

指を傷つけた時には砂糖を

傷口に塗ると出血が収まるそうです

傷口に砂糖をつけると速やかに

止血して化膿を抑える事が出来るそうです。

砂糖をつけたらよく抑えつけて

なじませるようにするそうです。

これは塩の方も効果はあるそうですが、

傷口がしみるので砂糖の方が

安心で効果的なのだそうです。

実は砂糖は傷薬として蜂蜜と共に

古くから使われた歴史があるそうです。

そして、砂糖は切り傷だけではなく、

打ち身等にも有効だそうです。

打った所に砂糖を水で薄めたものを塗ると

打ち身の腫れがひいてくるそうです。


この知識は刃物のプロの板前さん達には

実際に広く知られているそうです。

参考:KBCラジオ『パオーン』沢田じいちゃん


PR

コメント

[コメントをする]

1 ■無題

へえ~。

しかしなんでなんでしょうかね。
原理が気になります!

2 ■初めまして

  砂糖の効能私も知ってます。

コブ何かに付けるとたきめん効きます。

止血として生卵の内側の薄皮をはがして

傷口に付けて押さえておくとすぐ止まります。

3 ■無題

奥様のお手伝いをされるなんてすごいですねー
私の父は完璧に亭主関白な感じだったので男の人がお手伝いされるなんてビックリです!!
すごく尊敬しますww
私も実家に帰ったら手伝わないといけなくなると思います。
やっぱり年末は何かと忙しいですよねー
砂糖にそんな使い方があるなんて初めて知りました☆

4 ■こんばんは

砂糖にそのような使い方があったのですね。
知らなかったです。
もしもという時には役に立ちますね。
台所でつけるときに塩と間違えないようにしないといけませんね。
しかしなぜ塩ってしみてしまうんですかね?

5 ■なるほど

砂糖って料理以外の使い道があるなんてびっくりです
そう言えば、バンドエイドは地方によって呼び方が違うそうですよ
カットバン、バンドエイド、サビオ、ばんそうこう、リバテープなどがあるそうですよ

コメント投稿

[PR]気になるキーワード